【日本ーニューオーリンズ】直行便は?飛行機の料金・移動時間も紹介

ルイジアナ州ニューオーリンズは、ジャズやグルメが溢れる人気観光都市です。観光へ行くとなると、飛行機の料金や日本から直行便があるのか気になりますよね。

本記事では、ニューオーリンズへの移動手段や飛行機の料金について紹介していきます。

他にも日本との時差や空港からのアクセスも紹介するので、ぜひ最後までご覧下さい。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ニユー-・-オーリンズ-通り-344633/)

スポンサーリンク

【日本ーニューオーリンズ】直行便はある?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/日本-ジャパン-飛行機-1464056/

ニューオーリンズへ行くとなると、日本から直行便が運航しているか気になりますよね。

2020年3月現在、日本からニューオーリンズへの直行便は運航していません。

ニューオーリンズへの行き方は、アメリカの都市を経由し、国内線へ乗り換えるのが一般的です。長時間の移動となるので、時間には余裕を持っておきましょう。

次の章では、日本からニューオーリンズまでの経路、飛行時間について紹介します。

スポンサーリンク

【日本ーニューオーリンズ】経由・乗り継ぎの飛行機

紹介する経路は、日本からニューオーリンズのルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港(MSY)までの経路です。

経由・乗り継ぎが1回の経路であり、各経由地までは直行便が運航しています。

経路 飛行時間
日本→アトランタ→ニューオーリンズ 約14時間10分
日本→シカゴ→ニューオーリンズ 約14時間10分
日本→ダラス(フォートワース)→ニューオーリンズ 約13時間10分
日本→デトロイト→ニューオーリンズ 約14時間30分
日本→ヒューストン→ニューオーリンズ 約13時間20分
日本→デンバー→ニューオーリンズ 約13時間20分
日本→ロサンゼルス→ニューオーリンズ 約13時間50分

飛行時間は変動するので、目安として参考にして下さい。また、上記の飛行時間には、乗り継ぎ時間が含まれていません。

飛行機を予約する際、乗り継ぎ時間の確認は必須です。空港での混雑や天候による影響もあるので、ゆとりのあるスケジュールを立てておきましょう。

日本とサンフランシスコ・ダラス間の飛行機については、以下の記事を参考にしてくださいね。

【日本ーダラス】飛行機の料金・所要時間・空港からの移動手段を紹介

2020年3月9日

【日本ーサンフランシスコ】飛行機の料金・移動時間を紹介!

2020年3月6日

【日本ーニューオーリンズ】飛行機の料金

出典:https://pixabay.com/ja/photos/乗客-航空会社-席-椅子-行-519008/

飛行機に掛かる料金は、予約する時期やシーズンによって大きく変動します。目安として参考にして下さい。

下記の料金は、アメリカでの移動に便利な米系航空会社の往復料金です。(2020年3月:Expediaで検索)

往復料金
  • アメリカン航空:154,470円
  • ユナイテッド航空:163,060円
  • デルタ航空:152,940円

航空券の早割を受けたり、観光シーズンを避けたりすれば、往復10万円を切ることも可能です。

また、格安航空券を購入する方は、サーチャージ代を必ず確認しましょう。

航空券がものすごく安い場合、サーチャージ代が別となっていることがよくあります。

表示されている料金だけでなく、内訳を確認することが大切です。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

スポンサーリンク

【日本ーニューオーリンズ】コードシェア便とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/交通機関-飛行機-空港-航空機-3190760/

飛行機を探している時、「コードシェア便」という言葉を見かけると思います。

コードシェア便(共同運航便)とは、2社以上の航空会社が1つの飛行機を共同運航している便のことです。

実際に運航しているのは1つの航空会社であり、他の航空会社は共同運航する飛行機の座席を販売して利益を得ます。

購入先 運航会社 乗務員・サービス チェックイン
JAL・アメリカン航空 アメリカン航空 アメリカン航空 アメリカン航空

航空券を「JAL」で購入し、運航会社が「アメリカン航空」の場合は、乗務員や機内サービスもアメリカン航空のものとなります。

また、チェックインもアメリカン航空のカウンターとなるので注意が必要です。

JALが運航する便であれば、JALの機体・サービスを利用することができます。

飛行機の次は?空港からのアクセス①路線バス

空港から市内中心部までは、Jefferson Transitが運行する路線バス「エアアポート・ダウンタウン・エクスプレス【E2】」で移動することができます。

乗り場は、ターミナル2階の出口外(デルタ航空カウンターの近く)にあります。

降りる場所にもよりますが、市内中心部までの所要時間は約30〜50分です。料金は2ドルとなります。

支払いは乗車時に行いますが、小額紙幣が必要となるので事前に準備しておきましょう。

スポンサーリンク

飛行機の次は?空港からのアクセス②エアポートシャトル

エアポートシャトルは、中心部のホテルや目的地まで移動ができる乗り合いのバンです。

バスと比べると割高ですが、目的地まで楽に移動ができます。ただし、同乗者によっては遠回りになることもあるので注意が必要です。

到着ターミナルの手荷物引取所のカウンターでチケットを購入します。料金は24ドルです。(往復割引あり)

手荷物は、1人3つまで無料となっています。荷物が多い方は、乗車前に追加料金を確認しましょう。

公式サイト:エアポートシャトル

飛行機の次は?空港からのアクセス③タクシー

タクシーを利用すれば、目的地まで一直線に移動することができます。乗り場は、到着ターミナルの手荷物引取所を出た場所です。

市内中心部(ビジネス地区やフレンチクオーターなど)までは定額制となっており、2人までの乗車なら均一料金です。(1人または2人で乗車する場合、料金は36ドル)

3人以上で乗車する場合、1人につき15ドル掛かります。また、荷物の追加料金が掛かる場合があるので、乗車前に料金を確認しておきましょう。

日本とニューオーリンズ時差はどのくらい?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/アメリカ-ニューオーリンズ-1644525/

日本とニューオーリンズの時差は、15時間です。サマータイムの期間は、14時間となります。

日本の方が時間が進んでいるので、日本の時間から15時間または14時間(サマータイム )を引けば、ニューオーリンズの時間が分かります。

例えば、日本が「20日の昼12時」の場合、ニューオーリンズは「19日の夜21時」です。サマータイムなら「19日の夜22時」となります。

サマータイムとは、日照時間が長くなる時期に時間を1時間進め、日光を有効的に使うことを目的とした制度です。

アメリカでは「Daylight Saving Time」と呼ばれています。

サマータイムの期間は、3月の第2日曜日(午前2時)から11月の第1日曜日(午前2時)までです。

飛行機に乗る前に!アメリカ入国には「ESTA」が必要

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ダウンタウン-ショッピング-人間-3732/

海外へ行く時、パスポートの有効期限・ビザの要否を確認しますよね。

アメリカに入国するには、ESTA(電子渡航認証システム)の取得が必要です。

アメリカは、入国審査が厳しい国なので、以下のことには注意しましょう。

注意事項
  • ESTAの未所持・未更新(有効期限は2年)
  • オーバーステイ(90日以上)
  • 観光または商用目的以外での入国
  • 中東国(シリア、イランなど)への渡航歴
  • 頻繁にアメリカへ渡航

一般的には、1年間に3回の入国、滞在日数の合計は180日以内となっています。また、2ヶ月以内の再渡航も控えておきましょう。

ESTAの申請は、出発する72時間前までに行うことが必要です。公式ウェブサイトから申請することができ、申請に掛かる料金は14ドル(約1,400円)です。

アメリカ観光にビザって必要?ESTA(エスタ)ってなに?解説します!

2020年3月3日

【日本ーニューオーリンズ】飛行機まとめ

日本からニューオーリンズまでは、直行便が運航していません。経由便・乗り継ぎ便での移動となるので、到着するまでに時間が掛かります。

航空券の料金も大切ですが、乗り継ぎ時間の確認も大切です。乗り継ぎが1回でも、航空会社や経由する空港などにより、時間は大きく変動します。

特に格安航空券は注意が必要です。乗り継ぎ時間が長かったり、サーチャージ代が含まれていなかったりする場合もあります。

乗り継ぎに掛かる所要時間や料金の内訳なども必ず確認しましょう。