【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

「航空券って、どのサイトを使うのがおすすめなの?」

「初心者でも使いやすい航空券予約のサイトが知りたい。できれば初心者目線に立って教えて欲しいな。」

旅行に欠かせない交通手段の「飛行機」。旅費の大部分を占めることになりますし、安い買い物ではありません。そんな飛行機の航空券も、できるだけ安く手に入れたいですよね。

世の中にはいくつも格安航空券の予約サイトが存在しますが、これから初めて飛行機の予約をするという人には、どのサイトが使いやすくどのサイトがおすすめなのかわからないものです。

そこでこの記事では、初心者目線に立ち航空券の予約が初心者の人に使いやすいサイトをランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

格安航空券を購入する際のサイトの選び方

まずはじめに、格安航空券を購入する際のサイト選びで重要なこと・確認すべきことを紹介していきますね。後ほど紹介するランキングでは、この章の内容も踏まえていますので、よく読み込むようにしてください。

トップページが見やすいかどうか

まず注目して欲しいのは、トップページの見やすさです。「格安航空券」を取り扱っているサイトとはいえ、航空券だけではなくホテルやレンタカーの予約もできるサイトが多くあります。

出典:https://skyticket.jp/

例えばこちらは「スカイチケット」のトップページですが、上部のメニューバーに航空券の他にもホテルやレンタカーがあるのがわかりますよね。

初めて格安航空券を専用のサイトから購入しようと考えている人にとっては、「どこから予約すればいいの?」というのが大きな悩みの1つです。トップページが見やすいサイトの方が、利用者には非常に親切ですよね。

また、航空券の購入ページに訪れた時に「様々な区間のサンプルがあるか」という点にも注目してみてください。

出典:https://skyticket.jp/

このように主要都市のサンプルがあると、大体の値段の目安もわかりますね。また、利用したい区間のサンプルをクリックすることでカレンダーの中から搭乗日を選択できるので、探す際の手間が少し省けます。

全区間があるわけではないですが、主要区間がこのようにサンプルとして表示されていた方が確実に使いやすいので、初めて格安航空券の購入を考えている人は、サンプルがあるかどうかをチェックしてみてくださいね。

一括でプランが見られるかどうか

格安航空券が購入できるサイトは、1つの航空会社だけではなく複数の航空会社の航空券を取り扱っています。例えばスカイチケットならジェットスター、スカイマーク、JAL、ANAが取り扱われているといった具合ですね。

これらの航空会社の様々なプランが一括で見られるかどうか、というのが非常に大切です。

格安航空券が購入できるサイトの魅力の1つとして「複数の航空会社をハシゴしなくていい」というものがありますので、同一区間の中で格安の航空券を探すためにも、各航空会社のプランを一括で見られるというのは大事なことです。

検索ページが見やすいかどうか

最後に注目して欲しいのは「検索ページが見やすいかどうか」という点です。

出典:https://skyticket.jp/flights-in-japan/search_result.php?departure_airport_id=2&arrival_airport_id=3979&departure_date%5By%5D=2019&departure_date%5Bm%5D=5&departure_date%5Bd%5D=6&airline_id=0

例えばこちらはスカイチケットの検索ページなんですが、「スカイマーク」「スターフライヤー」「全日空」の航空会社の区別がわかりやすいですよね。

場合によっては航空会社の区別がわかりにくいことがあったり、離着陸の時間が見にくい場合もあったりしますので、使い慣れていない人にとってはストレスでしかありません。

見やすく使いやすい」というのは非常に大切な要素になりますので、検索ページの見やすさも注意してみてください。

スポンサーリンク

今すぐ格安航空券の調査・予約・購入を考えておくべき?

この記事を読んでいる人の中には「搭乗日が近くなったらまた調べればいいか」と思っている人もいるでしょう。しかし、実は今すぐにでも調べて予約をしておいた方がいい理由があります。

今すぐ格安航空券購入サイトを使った方がいい7つの理由
  1. 直前の航空券代金は高くなりやすいため、数ヶ月前から予約をしておいた方がいい
  2. 直前に予約をするとなると焦ってしまい見落としが発生しやすい
  3. 銀行振込に行く時間がない場合には、手数料がかかりさらに航空券1枚当たりの料金が高くなる
  4. 座席が選べない場合があるので、複数人で行く場合には隣に座れないこともある
  5. 想定していた離着陸の時間の便がない場合があるため、旅程を組み直す必要が出てくることも
  6. 離着陸時間に合わせて、前泊をする場所・移動手段の確保も必要になるため、航空券以外の調査・予約が必要になる
  7. 事前告知なしでキャンペーンを実施することもあるため、さらにお得に予約するチャンスを逃すことになる

直前の航空券代金は高くなりやすい

1ヶ月前や1週間前など直前になってくると、どの航空会社でも航空券代金が高くなる傾向にあります。それは例えLCC(格安航空)であっても同様です

LCCは確かに安いので国内旅行の場合に使う人も多いことでしょう。距離や時期にもよりますが航空券を¥3,000台~¥10,000台で購入できるため、予算も抑えられます。

しかし、直前になるとLCCであっても¥12,000を超えてくることもありますし、高騰すると¥30,000にまで膨れ上がることもあります。

¥30,000まで膨れ上がると、予算オーバーになることもありますし予算に合わせて旅程の組み直しも必要になってくるでしょう

旅行に出かけるのはまだ何ヶ月以上も先だし、もうちょっと近づいたらまた調べ始めればいいかな。

こんな風に「今じゃなくてもいいかな」と思っていると、思わぬ打撃を受けることになってしまいます。予算を抑えるためにも今すぐ予約をしておきましょう。

直前に予約をすると焦ってしまう

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%A8%88%E7%AE%97%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F-%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E6%8A%80%E8%A1%93-820272/

どの格安航空券予約サイトであっても、確かに1ヶ月前1週間前など、直前に予約をすることはできますが、直前になると予約の際に焦ってしまいがちになります。

本当にこの便でいいのかな?
明日になればもっと安い便があるんじゃないかな。

「格安航空券」とは言え、航空券は安い買い物ではありませんよね。安い買い物をするときとは違い「本当にいいのかな」と焦ってしまうことになるでしょう。

焦っている状況になると冷静に物事を判断できなくなってしまい、見落としも発生します。場合によっては、離陸時間が予定していたものとは違ったり、搭乗日を間違えてしまうという事態も十分に考えられます。

冷静に周りをしっかりと見ながら予約をするためにも、早め早めの行動を心がけましょう。数ヶ月先の航空券であっても、今から値段を調べて予約ができますよ。

見落としをなくすためには、「今すぐ予約をする」というのも大事なことなんです。

銀行振込以外の場合には、手数料が痛い出費になる

航空券の予約をして料金を支払う時には、「クレジットカード支払い」「コンビニ払い」「銀行振込」などの中から支払い方法を選択して支払うことになります。

最も楽チンなのは「クレジットカード支払い」ですが、サイトによってはクレジットカードを使った場合には手数料が1枚あたり¥1,000以上かかります。家族4人で予約する場合には、¥4,000以上の手数料となりますので、痛手ですよね。

多くの格安航空券予約サイトは「銀行振込」が最も手数料を安く抑えられます。振込手数料だけで済む場合が多いんです。

ただ、銀行振込に行く時間がない場合にはクレジットカードでの支払いが多くなりますが、手数料で無駄な出費がかさんでしまいます。銀行振込に行く時間を確保するためにも、早め早めの予約がおすすめです。

スカイチケットを利用した場合の事務手数料

  • クレジットカード:航空券1枚当たり¥1,500
  • Pay-easy、ネットバンク:航空券1枚あたり¥1,080
  • Amazon Pay:航空券1枚当たり¥1,500
  • 銀行振込:振込手数料のみ

座席が選べず、複数人で行く場合には隣に座れないこともある

基本的に格安航空券予約サイトであっても、希望の座席を指定することができます。

席のアップグレードなどで料金がかかる場合もありますが、直前の予約になってしまうと座席も埋まってくるため、複数人で利用する際には隣に座れないということも起こり得ます

僕は2人で旅行に行く際に、1週間前に成田ー那覇間の予約をしたのですが、隣同士の2席が空いていたのが1箇所しかありませんでした。

旅行は現地に着いてからスタートするわけではありません。機内で同行者と話をしたり空港が見えてきた時のウキウキした気分も、大切な旅行の醍醐味の1つですよね。

直前の予約になると隣同士で座れないことが十分にあり得ますので、旅行に行く日が決まったその瞬間からサイトで調査・予約を行うことをおすすめします。

想定していた離着陸の時間の便がないかも

当然のことではありますが、飛行機は電車やバスとは違い、次から次へと出発をしているわけではありません。電車は東京であれば2~3分に1本の間隔で来ますが、飛行機はもっと時間が開いてしまいます。

そのため離陸時間の調査は、あらかじめ入念にしておく必要があるんです。例えば「10時くらいの便に乗りたいな」と思っていても、8時の便や15時の便しかない、なんてことも十分に考えられます。

しかも、同じ曜日であっても運行本数や時間は異なるため、実際に調べるまではどの時間に離陸する便があるかわからないんです。

10時の便に乗れば13時には着くから、空港へのお迎えは14時くらいでいいかな

あなたがもしこんな風に「10時の便に乗って13時に着く」という想定をしていても、場合によってはその時間帯の便がないことも十分にあり得ます。そうなると、必然的に旅程の見直しが必要になるんです。

旅程の見直しをするにしても、直前になってからではホテルへの送迎やレンタカーの予約・アクティビティの予約のキャンセル・変更は非常に大変です。場合によっては追加料金が必要になることも。

前泊の場所・移動手段の確保など、航空券以外の調査が必要に

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%B8%82-%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B9-%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2-4094885/

離着陸の時間によっては空港の近くへの前泊が必要になることがありますし、移動手段の確保も必要になります。

ホテルに前泊をする場合にはホテルの予約も必要になりますし、基本的にホテルも前々から予約をしておいた方が安く済むケースがほとんどです。

空港までの移動手段も、離着陸の時間に合わせて確保しなければなりません。

東京駅から成田空港へ行くバスは非常に混み合うので、事前予約がおすすめ。

直前になればなるほど値段は高くなりますし、最悪の場合にはホテルやバスなどの交通手段が確保できないということも十分にあり得ます

航空券の予約が直前になるだけで、飛行機以外の予約・料金に大きな影響を与えることになるため、航空券の予約は搭乗日が決まったその日のうちに済ませてしまいましょう。

事前告知なしでキャンペーンを実施することもある

格安航空券予約サイトにもよりますが、場合によっては事前の告知なしでキャンペーンを実施することがあります。例えば「¥〇〇〇〇 OFFクーポン」の発行などが、キャンペーンに当たります。

スカイチケットの場合には、クーポンが事前の告知なしに配布されます。しかも定期的なわけではなく不定期なため、いつ頃発行されるのか予測が立てずらいという側面もあるんです。

クーポンやキャンペーンを利用することで、格安の航空券がさらに格安で予約することもできるため、もっともっとお得になりますが、クーポンやキャンペーン情報をゲットするためには、逐一サイトをチェックし続ける必要があります。

ですので、今のうちから会員登録をしたりサイトの使い方に慣れておくことで、いざという時に行動しやすくなるのです。

おすすめの購入時期は搭乗日の3ヶ月前!

ここまでは「今すぐ航空券の予約をするべき」理由について7つ紹介してきました。紹介してきた中で「3ヶ月前から」という言葉が何度か登場したのですが、おすすめの購入時期は搭乗日の3ヶ月前です。

3ヶ月ほど前に購入をしておくと、直前の予約と比べて70%以上安くお得に航空券を購入することができます。そもそも3ヶ月先であれば旅行の日程も詳しく決められますし、旅費も抑えられるためベストなタイミングと言えますよね。

特にゴールデンウィークやお盆、年末年始など世間的に長期休暇に入る時期は飛行機も混雑しますし、値段が高騰してきます。

航空会社によって「早割」が用意されている場合もありますので、長期休暇の旅行の際に早割を利用するためにも、3ヶ月前を目安に調査・予約・購入を進めていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめランキングを絶対に参考にしてほしいその理由

この次の章からおすすめランキングを紹介していきますが、格安航空券の予約サイトを使ったことがない人は、絶対に参考にしてください

僕自身は既に何回か利用しており、使い方にも慣れていますし「このサイトが使いやすいな」という実感を持っています。

もちろん最終的にはあなた自身が使いやすいサイトを利用してもらうことになりますが、初心者やパソコンの操作・画面の見方に慣れていない人の目線で紹介していくので、非常に参考になるはずですよ。

なお、次のランキングでは冒頭で紹介した「格安航空券を購入する際のサイトの選び方」の中の3項目も踏まえて、ランキング化していきます。

格安航空券ならここ!おすすめランキング1位「スカイチケット」

出典:https://skyticket.jp/

それではおすすめのランキングに入っていきましょう。

堂々の1位となったのは「スカイチケット」です。非常に認知度も高いので、知っている人も多いのではないでしょうか。

スカイチケットはトップページの見やすさ・検索ページの見やすさにおいて高評価としました。

初心者の人でも「どこのボタンをクリックすればいいのか」「どの航空会社の便が表示されているのか」「どの航空会社が安いのか」がわかりやすいので、非常に利用しやすいでしょう。

  • トップページの見やすさ:◎
  • 一括でプラン比較可能かどうか:可
  • 検索ページの見やすさ:◎

航空券予約と一緒の”ページ内”でホテルの予約もできますので、総合的な使いやすさで見てもスカイチケットがNo.1です。

スカイチケットとは?特徴・注意点を網羅!国内最大級の格安航空券予約サイト

2018年7月14日
スポンサーリンク

格安航空券ならここ!おすすめランキング2位「エアトリ」

出典:https://www.airtrip.jp/

2位になったのは「エアトリ」です。エアトリはスカイチケットと比べても遜色はないのですが、個人的に使いやすさや見やすさを加味した時に、スカイチケットに劣る印象でしたので2位としました。

  • トップページの見やすさ:◎
  • 一括でプラン比較可能かどうか:可
  • 検索ページの見やすさ:◯

またスカイチケットに比べると知名度的にも劣ってしまい、なかなか手が出しにくいサイトでもあるかもしれません。

エアトリは本当に安い?クーポンが多くてお得?利用者の評判・レビューをまとめました

2018年8月14日

格安航空券ならここ!おすすめランキング3位「エクスペディア」

出典:https://www.expedia.co.jp/air

3位としたのは「エクスペディア」です。CMでもよく放映されているため、エアトリよりも知名度としては高いかもしれません。ただ、トップページの見やすさや検索ページの見やすさにおいて前者に劣るため、3位としました。

  • トップページの見やすさ:◯
  • 一括でプラン比較可能かどうか:可
  • 検索ページの見やすさ:×

エクスペディアは検索ページがかなり見にくい印象です。以下の画像が、エクスペディアの検索ページの画像です。

出典:https://www.expedia.co.jp/Flights-Search?flight-type=on&starDate=2019%2F05%2F06&endDate=2019%2F05%2F15&mode=search&trip=roundtrip&leg1=from%3A%E6%9D%B1%E4%BA%AC%2Cto%3A%E6%B2%96%E7%B8%84%2Cdeparture%3A2019%2F05%2F06TANYT&leg2=from%3A%E6%B2%96%E7%B8%84%2Cto%3A%E6%9D%B1%E4%BA%AC%2Cdeparture%3A2019%2F05%2F15TANYT&passengers=children%3A0%2Cadults%3A1%2Cseniors%3A0%2Cinfantinlap%3AY

このように、航空会社の違いもわかりずらいですし、預け入れ手荷物も含まれているのか含まれていないのかがわかりにくいなと感じました。

航空券以外の項目が豊富にある点や、知名度なども踏まえて3位にランクインしています。

格安でホテルと航空券の予約ができる【エクスペディア】とは?

2019年4月17日

【僕的おすすめ】格安航空券選びで知っておいてほしいコト

ここからは、ぜひ参考にしてほしい格安航空券選びの際に知っておいてほしい2つのコトを紹介していきます。完全に僕の主観ですので、参考程度にご覧ください。

更に安く手に入れるために「支払い方法」のチェックも忘れずに

「今すぐ格安航空券の調査・予約・購入を考えておくべき?」の章でも触れましたが、支払い方法のチェックは忘れずに行うようにしてくださいね。

クレジットカードやコンビニ支払いの場合には、銀行振込に比べて手数料がかなり高くかかりますので、無駄な出費となってしまいます。

航空券1枚の値段と比べると手数料は高く感じないかもしれませんが、予約した航空券の枚数に応じてどんどんと手数料は加算されていき、思っていた以上の出費になってしまいますよ。

離着陸する空港は要チェック

特に関東近郊に住んでいる人への注意なのですが、格安航空券予約サイトによっては「東京(羽田・成田)」を一括で検索できる場合があるのですが、便を一覧で表示してくれるページでは空港が別々に表示されます

出典:https://skyticket.jp/flights-in-japan/search_result.php?departure_airport_id=4&arrival_airport_id=3979&departure_date%5By%5D=2019&departure_date%5Bm%5D=04&departure_date%5Bd%5D=28

こちらの画像を見てもわかるように、ジェットスターとJALの便は成田、ANAの便は羽田となっていますね。

しっかりと確認をしておかないと、「羽田」で搭乗するつもりで予約した便が本当は「成田」の便だったなんて事態も起こります。

チェックインが簡単なおすすめ航空会社【LCC編】

続いて、チェックイン(搭乗手続き)が簡単なおすすめの航空会社を紹介していきます。なお今回は、LCCのみの紹介です。

ジェットスター、ピーチ、バニラエア

ジェットスターやピーチ、バニラエアはチェックインが比較的簡単です。各航空会社のカウンターに行き、自動チェックイン機を利用するか、人のいるカウンターに並び航空券を発見してもらいます。

機内に持ち込まない、預ける手荷物は別途手続きが必要ですが難しいことは何もありません。

「スカイマーク」は少し面倒

スカイマークは、チェックインの手続きが少し面倒なので実はあまりおすすめできません。

スカイマークは自動チェックイン機があるものの、「航空引換証」の提示が必要となるので、その手間が少し面倒です。スマートフォンで表示するか、プリントアウトする必要があります。

なお、スマートフォンで表示する場合にはカメラ機能で撮影した画像は、無効になってしまいますので注意してください。

まとめ

格安航空券の予約サイトを、独断と偏見でランキング化して紹介してきました。

この記事を最後まで読んでくれた人の中には、当然「初めて」格安航空券予約サイトを使うという人もいますよね。初心者の人にとって使いやすいサイトを、初心者目線で紹介してきたので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは最後にこの記事の概要をまとめて紹介しますので、再度確認をしてください。

  • 予約サイトは「トップ画面の見やすさ」「一括でプランの比較ができるかどうか」「検索ページの見やすさ」が重要。
  • 格安航空券の調査・予約・購入は”今すぐ”しておくべき。
  • ランキングの1位はスカイチケット。使いやすさ、画面の見やすさ共にNo.1。

あなたが楽しみにしている旅行が、この記事を通じてさらにさらに楽しい旅行になることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。