飛行機のチェックイン方法を紹介!~国内線を利用する場合~

飛行機に搭乗するときには、手続きが色々あります。その中で最初にしなければならないのがチェックインです。

はじめて飛行機に乗る場合や、前に乗ってから時間が経っている場合は、チェックインの方法がよく分からず、不安になってしまいますよね。

この記事では、国内線のチェックインの方法について解説しています。また、チェックイン時に別途手続きが必要な、領収書赤ちゃんと一緒に搭乗する場合についても取り上げているので参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/dOOGrK3zcUc)

スポンサーリンク

国内線の飛行機を利用する際のチェックインとは?

https://pixabay.com/photos/question-doubt-problem-mark-3385451/

国内線もしくは国際線の飛行機に乗る前に行うチェックインは、予約した飛行機に乗るための手続きのことです。チェックインすると、搭乗券を受け取ることができます。

チェックインは、当日空港で行うか、予約時に済ませてしまう方法の2つがあり、当日空港で行う場合は、カウンターもしくは、チェックイン機で手続きをします。

予約時にチェックインしておくと、当日の手続きが少し楽です。ただ、預け荷物がある場合は、カウンターで預ける必要があるので、あまり大差はありません。

預け荷物がない場合は、予約時にチェックインを済ませておくといいでしょう。予約時にチェックインをすることを各航空会社では「スキップサービス」や「タッチ&ゴー」と呼んでいます。これについては後述します。

スポンサーリンク

国内線の飛行機に乗る際のチェックインに必要なもの

https://pixabay.com/photos/bag-leather-goods-handbag-notebook-1565402/

国内線・国際線ともにチェックインに必要なものは、「ICカード・クレジットカード・おサイフケータイ」「確認番号と予約番号」「eチケットお客様控え」のどれかひとつです。

ICカード、クレジットカード、おサイフケータイは、航空会社の会員として予約した場合に必要になります。会員にはならずに予約した場合は、予約番号や、お客様控えでチェックインします。

予約番号やお客様控えは、印刷したり、購入画面をスマートフォンでスクリーンショットしたりして、空港に持ち込んでください。

チェックインカウンターやチェックイン機の見つけ方

https://pixabay.com/illustrations/choice-arrow-question-mark-path-3183317/

当日にチェックインをする場合は、カウンターチェックイン機で行います。国内線も国際線もカウンターやチェックイン機はどれでもいいわけではなく、自分が予約した航空会社の場所でなければいけません。

空港に着いたら、その日のフライト情報が表示されている電光掲示板を見つけてください。電光掲示板の「出発(Departure)」と書かれた場所に、自分が予約した飛行機の便名があります。

自分の予約した便名のところに、チェックインカウンターの番号が書かれているので、その番号のカウンターやチェックイン機を探してください。

場所がよく分からない場合は、インフォメーションカウンターや、近くにいる空港スタッフに聞いて教えてもらいましょう。

スポンサーリンク

これで飛行機に乗れる!国内線のチェックイン方法

https://www.pakutaso.com/20160351085post-7392.html

チェックインの方法を紹介します。チェックイン方法は国内線も国際線も同じですよ。カウンターの場合は、カウンターに行くとスタッフから手続きに必要なものを指示されるので、しっかりと提示しましょう。

チェックイン機の場合は、予約番号でチェックインするのか、お客様控えでチェックインするのかを、画面に表示されているボタンから選んでください。

その後は画面の表示に従って進んでいけば大丈夫です。スマートフォンの操作が問題なくできるのであれば、チェックイン手続きはそう難しくありませんので、安心してください。

領収書が必要な場合や、赤ちゃんと一緒に搭乗する場合は、チェックイン時に申告する必要があります。領収証や赤ちゃんと一緒に搭乗する場合の手続きについては、後述します。

飛行機出発前に慌てない!当日チェックインを省略できるサービス

https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/checkin/skip/

当日空港でのチェックインを省略する場合の、「スキップサービス(ANA)・タッチ&ゴー(JAL)」(以下、まとめて「サービス」と表記する。)について紹介します。

サービスは、航空券を予約するときに、座席指定などを一緒に済ませてしまう形になります。予約の時点で手続きを済ませることで、当日の手続きを省略できるのです。

サービスを利用するときには、チケット購入後に予約詳細画面から利用します。画面の案内に従って手続きをしてください。

やすたび編集部
予約詳細画面にサービス名の表記がない場合は、サービスに対応していないので通常通りチェックイン機かカウンターでのチェックインになります。

また、サービスを利用する際は、搭乗するときに改札機で使うバーコードの取得が必要です。バーコードの取得については各航空会社の公式サイトから行ってください。

スポンサーリンク

領収書は国内線のチェックイン時に発行する

https://pixabay.com/photos/receipt-office-payment-vintage-4312362/

出張で飛行機を利用した際に交通費を経費にしてもらう場合は、領収書が必要になります。国内線の領収書の発行は、チェックインをするときに手続きをします。

カウンターでもチェックイン機でも領収書を発行することができます。カウンターで発行する場合は、スタッフに領収書が必要な旨を伝えてください。

チェックイン機で領収書を発行する場合は、チェックインが完了すると「領収証」ボタンが表示されるのでタッチしましょう。

やすたび編集部
国際線の領収証は、チケット予約時の確認メールにPDFファイルとして添付されているケースが多いです。印刷して利用してください。

また、コンビニでの支払いの場合はコンビニで受け取る受領証が領収書の代わりとなります。旅行会社でチケットを購入した場合は、旅行会社から領収書を発行してもらってください。

当日空港で領収書の発行を忘れてしまった場合も、航空会社の公式サイトから発行できる場合があります。

飛行機の利用で領収書を発行する方法~搭乗証明書についても解説~

2019年10月21日

国内線に赤ちゃんと一緒に乗る時はチェックイン時に手続き

https://www.pakutaso.com/20181153326post-18629.html

国内線で赤ちゃんと一緒に搭乗する場合も、チェックインする際に手続きが必要となります。国際線の場合も同様なので覚えておくといいでしょう。

ここで紹介する手続きは、「赤ちゃんを抱っこして搭乗する場合」の手続きです。赤ちゃんが座席を使う場合は、大人と同様に赤ちゃんのチケットを発券します。

カウンターとチェックイン機のどちらでも手続きが可能です。カウンターやチェックイン機で、「幼児券」を発行してください。不安な場合はカウンターでやってもらうといいでしょう。

国内線は飛行機のチェックインが終わったら大きな荷物を預ける

https://www.pakutaso.com/20170101018post-10035.html

国内線でチェックインした後は大きな荷物を預けます。カウンターでチェックインする場合は、チェックインと一緒に手続きを進めてもらえますよ。

チェックイン機やチェックインを省略するサービスを利用した場合は、カウンターに行って荷物を預けます。

預ける荷物は、20㎏以内でなければいけません。20㎏を超えると、超過料金がかかったり、自分で宅配便を手配しなければいけなくなるので注意してくださいね。

また、預ける荷物の重量制限は各航空会社によって違うので、飛行機の利用が決まったら各航空会社の公式サイトなどで規定を確認するようにしましょう。

やすたび編集部
国際線を利用する場合も、チェックイン後に荷物を預けます。

飛行機に乗るときの手荷物の大きさは?各航空会社の規定を紹介!

2019年10月21日

チェックインは飛行機出発の何分前にすればいい?

https://pixabay.com/photos/time-timer-clock-watch-hour-371226/

国内線のチェックインはフライト時間の30~40分前までに完了していなければいけません。飛行機がきちんと出発予定時刻に出発できるように、各航空会社が定めているんです。

この時間に間に合わないと搭乗できなくなるので、なるべく早めの行動を心がけてください。

ただし、規定は各航空会社によって異なるため、飛行機を利用する際は各航空会社の公式サイトで確認するようにしましょう。特に、格安航空会社は一般航空会社よりも時間規定が厳しいので注意してください。

やすたび編集部
国際線の場合は、フライト時間の60分前までにチェックインを終える必要があります。

まとめ

飛行機を利用する際のチェックインについて、必要なものチェックインする場所、チェックイン時に手続きが必要なケースなどを紹介してきました。

チェックインで特に気を付けなければいけないのは、時間制限です。間に合わないと飛行機に搭乗できなくなってしまうので、連休や長期休暇の際は時間に十分なゆとりを持つようにしてください。

また、時間の規定などは各航空会社によって少しずつ違うので、自分が利用する航空会社の規定を確認するようにしましょう。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

ABOUTこの記事をかいた人

あっしー

脱サラ目指してwebで執筆中。旅行、金融、インテリアに関するメディアで執筆しています。読者の視点に立った丁寧な記事作りを得意としており、SEOライティングでGoogle検索順位10位以内を多数獲得。「ハートは熱く、頭はクールに」「悪あがき上等」がモットー。あっしーという名だが、いわゆる「アッシー君」ではない。車は助手席に乗っているほうが好き。