どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア

グランピングはどんな服がおすすめ?おしゃれな着こなし方も紹介!

普段着に近い服装で気軽に楽しめる「グランピング」。通常のキャンプと比べても“おしゃれ”を楽しみやすいので、女性からも高い人気を集めています♪

とは言うものの、グランピングが初めての方は、「どんな服装で行けば良いんだろう…」と悩んでしまいますよね。

そんな方のために、今回はグランピングの服装について紹介していきます。服を選ぶときのポイントやおしゃれな着こなし方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/女性-金髪-座る-座っている-691712/)

スポンサーリンク

グランピングはどんな服装で行けば良い?

グランピングには、テント・ヴィラ・トレーラーなど様々なタイプの施設があり、場所によってアクティビティーの種類も異なります。

なので、グランピングの環境に合わせて服を選ぶことが必要です。例えば、リゾートのような施設でBBQを楽しむなら、ワンピースやスカートでも気楽に過ごせそうですよね!

しかし、アクティビティーに参加してテントの中で過ごすとなると、動きやすいパンツの方が快適に過ごせられるでしょう。

服装に決まりはないですが、グランピングのタイプやアクティビティーの種類に合わせてコーデを考えるのがポイントですね!

スポンサーリンク

アウトドアグッズで“こなれ感”を出すとよりおしゃれに!

そもそもグランピングは、自然の中でリラックスするのが目的なので、きれいめよりもカジュアルに決めるのがおすすめ

アウトドアグッズをプラスして“こなれ感”を出せば、自然の雰囲気とマッチしたおしゃれなコーデに仕上がりますよ♪

例えば、「キャップ」や「サロペット」を合わせれば、アウトドアの雰囲気がグッと高まります。さりげなくアウトドア感を出すのがポイントですね!

また、近年のトレンドになっている「オーバーシルエット」や「スポーツミックス」で、ラフに着こなすのもおすすめですよ。

グランピングは季節に合わせてアイテムを選ぼう!

“気軽におしゃれを楽しめる”のがグランピングの魅力ですが、ファッション性と同じくらいに快適性も重要です。

おしゃればかりに気を取られると、「動きにくくて不便だった」「寒くて外にいられなかった」と後悔しちゃうこともよくあります。

季節によって気温や過ごし方も違うので、必要になるアイテムや着こなし方も変わってきます。

次の章からは、季節ごとの服装のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

春のグランピングの服装は“重ね着”が気温の変化に対応!

春のグランピングは、気温の変化が大敵なので、体温調節がしやすい“重ね着”がおすすめ。

ハイキングやBBQなど外に出ることも多いので、さっと羽織れる薄手の「シャツ」や「ジャケット」があると便利ですよ。

ボトムスは「ジーンズ」や「スカート」などで大人カジュアルに。「スニーカー」を合わせれば、グランピングにピッタリな抜け感のあるスタイリングに仕上がります。

また、春らしさを出すためにも、白色のトップスなど明るい色を意識して取り入れてみましょう!

春のグランピングの服装は?着こなし方やおすすめのアイテムを紹介!

2021年4月24日

夏のグランピングの服装は“動きやすさ”と“素材”がポイント!

夏のグランピングは、“シンプルで動きやすい服装”がおすすめ。夏は暑さが大敵なので、吸汗性に優れた「コットン素材」や通気性のある「リネン素材」など、素材選びもポイントになります。

トップスには動きやすい「カットソー」をチョイス。日焼けが気になる女性の方は、薄手の「シャツ」や「長袖Tシャツ」などで対応すると良いでしょう。

ボトムスは好みのスタイルで良いですが、アクティブに過ごす方は「ショートパンツ」もOK!「レギンス」を合わせれば、虫刺されや日焼けも防ぐことができますよ。

尚、女性の方は「キャップ」を使って紫外線対策も忘れずに!ファッションのアクセントにもなり、自然とアウトドアの雰囲気にマッチしますよ。

夏のグランピングの服装は?着こなしやおすすめアイテムも紹介!

2021年4月22日
スポンサーリンク

秋のグランピングは“寒暖差”に対応しやすい暖かい服装で!

秋のグランピングは、日中と夜の寒暖差に対応できる“重ね着”がおすすめ。場所によっては冬並みの寒さになるので、防寒性や保温性の高さも重要ですね!

秋と言えば、紅葉や焚き火も楽しみな季節。火を使うときは耐熱性に優れた「デニムパンツ」、防寒には保温性が高い「フリース」などが活躍してくれます。

よりアクティブに過ごすなら、多機能を備えた「ウインドブレーカー」や「アウトドアパンツ」も便利。ファッションにこなれ感を出すこともできますよ。

尚、リゾートのような施設なら「ニット」などで大人カジュアルにまとめてみてもOK!ベージュなど落ち着いた色味を加えれば、より秋の雰囲気にマッチしますよ。

秋のグランピングの服装は?おしゃれコーデやおすすめアイテムも紹介!

2021年4月24日

冬のグランピングは“防寒対策”を意識した重ね着コーデを!

冬のグランピングは、効率的に体温を温められるように、「ベースレイヤー(下着)」「ミドルレイヤー(中間着)」「アウトレイヤー(上着)」と3層に分けてコーデを考えてみましょう。

下着には「ヒートテック」のような体温維持に優れたもの、中間着には「フリース」のような保温性が高いものがおすすめですね!

上着は風・雨・雪などから身を守るのが目的なので、防寒性に優れた「ダウンジャケット」や雨風を凌げる「マウンテンパーカー」が重宝しますよ。

ホテルライクの施設なら「ニット」や「コート」でも過ごせますが、外でBBQや星空鑑賞を楽しむなら、アウトドアグッズを取り入れたカジュアルコーデがおすすめです。

冬のグランピングに合う服装は?基礎知識やおすすめのアイテムも紹介!

2021年4月22日

女性の方は要注意!グランピングにおすすめできない服装とは?

グランピングは、服の選び方を間違えると、「1人だけ浮いてしまった」「アウトドアを楽しめなかった」と残念な時間になってしまうことも。

そんなことにならないためにも、以下の3つのポイントには注意してみてくださいね!

おしゃれすぎる服装

グランピングは、“気軽に楽しめるアウトドア”なので、きれいな服でまとめすぎると浮いてしまう場合も。

アウトドアグッズを使ったり、オーバーシルエットを取り入れたりと、多少のラフさを加えた方が雰囲気にマッチしやすいですよ。

また、自然の中でアクティブに過ごすなら、ストレッチ性のあるものなど動きやすい服装がおすすめですね!

歩きにくいシューズ

自然の中は街中と違い、ほとんどの道が凸凹しています。高いヒールや厚底だと、転倒して怪我をする場合があるので危険です。

より快適に過ごすためにも、「アウトドアシューズ」や「スニーカー」など、歩きやすいシューズをチョイスしましょう!

露出度が高い服装

露出度が高い服装だと、BBQの火の粉で火傷をしたり、虫に刺されたりすることもあります。

また、紫外線で肌を傷めてしまうこともあるでしょう。より安全に楽しむためにも、過度な露出は控えたいところですね!

もし、ショーツやノースリーブを着こなすなら、肌を隠せるアイテム(レギンスやシャツなど)や日焼け止めクリームなどもお忘れなく。

グランピングにおける服装の注意点

最後に、グランピングにおける服装の注意点を3つ紹介していきます。

以下のポイントも意識しながら、改めて自分に合った服装を考えてみてくださいね!

高機能のアイテムは必要ない

通常のキャンプと違い、グランピングには本格的なウェアが必要ありません。

高機能のアイテムは値段も高くなるので、たまにアウトドアを楽しむなら“安くておしゃれなアイテム”がおすすめです。

安ければ費用を抑えることができ、おしゃれなものならデイリーユースでも活躍してくれますよ!

汚れと火の粉に注意

アウトドアには汚れと火の粉が付き物。お気に入りのアイテムを着こなしたい気持ちもありますが、シミになったり、穴が空いたりする場合もあります。

好きな服が汚れるとショックも大きいので、もしもの場合も想定しながら服を選んでくださいね!

気温の変化に注意

自然の中は気温や気候が変わりやすく、体調を崩してしまう場合もあります。

アウトドアは、体温調節がしやすい「重ね着」が基本。おしゃれも気になるところですが、着脱しやすい服装で出掛けるようにしましょう!

グランピングに合う服装で快適なアウトドアライフを♪

今回は、グランピングの服装について紹介しました。改めて紹介した内容を簡単にまとめてみますね!

グランピングの服装選びのポイント
  • 施設やアクティビティーのタイプに合わせてコーデを考える
  • アウトドアグッズで“こなれ感”を出すのがポイント
  • きれいめよりもカジュアルコーデがおすすめ
  • トレンドや季節感を取り入れるとよりおしゃれに

グランピングの服装に決まりはないですが、上記の点を意識すれば、よりアウトドアにマッチしたおしゃれなコーデを楽しめますよ♪

この記事も参考にしてもらい、自分に合ったスタイルでグランピングを楽しんでみてくださいね!