海外のフリーWi-Fiはどこで使える?3つの注意点もあわせて紹介!

海外旅行の際、フリーWi-Fiを利用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。無料で使えるので、気軽にインターネットに接続できますよね。

今回は、フリーWi-Fiの使える場所や注意点を紹介していきます。海外旅行に行かれる方は、ぜひ読み進めてくださいね。

トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/X0EtNWqMnq8

スポンサーリンク

海外のフリーWi-Fiはどこで使えるの?

出典:https://unsplash.com/photos/KRAk_61pgTo

旅先での移動方法やお店を探すときに利用する「インターネット」。海外で日本と同じようにインターネットを使うと料金が高額になることから、フリーWi-Fiを使う人も多いのではないでしょうか。

そうなってくると気になるのは、フリーWi-Fiがどこで使えるのかということですよね。海外旅行先でフリーWi-Fiを使えるところは、基本的に以下の通りです。

フリーWi-Fiが使えるところ
  • 空港
  • ホテル
  • レストラン
  • カフェ
  • ショッピングモール
  • 旅行代理店の支店

フリーWi-Fiは基本的にパスワードなしで使用できますが、中にはパスワードを入力しないとWi-Fiが使えないところもあるんです。

次の章では、パスワードが設定されているフリーWi-Fiについて詳しく説明しますね。

スポンサーリンク

パスワードが設定されている海外のフリーWi-Fiもある

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/セント-レストラン-バイエルン-826688/

Wi-Fiが利用できるマークがある施設でも、Wi-Fiが繋がらない場合があります。そんな時は1度、パスワードがあると考えた方が良いでしょう。

レストランやカフェならメニューにパスワードが載っていることもありますが、なければ店員さんに聞くと良いですよ。

実際に筆者がパリのカフェに行ったときは、店員さんに声をかけないとパスワードを教えて貰えない仕組みでした。

「Wi-Fiを利用したい」ということを伝えられるか不安な方は、旅行の前に現地の言葉で何と言うのか調べておきましょう!

紙やスマホのメモ欄に書いておけば、発音できなくても伝えることができますよ。

また、筆者がグアムに行った際は、日本の旅行代理店の支店でWi-Fiを利用したのですが、このときもパスワードを教えてもらう仕組みでした。

旅行代理店でWi-Fiを使う際は、その代理店で旅行パックを購入していることが前提条件ですので、注意してくださいね。

【海外旅行】フリーWi-Fiの注意点とは?

出典:https://unsplash.com/photos/ZuQnhpFjvHI

フリーWi-Fiは無料で使えることから、旅費を安く抑えたい人にとってはとても魅力的ですよね。

しかし、フリーWi-Fiを使う際の注意点もあるので、よく考えたうえで、旅先でフリーWi-Fiを使うかを決めた方が良いでしょう。フリーWi-Fiの注意点は主に以下の3つです。

フリーWi-Fiの注意点
  • セキュリティに問題がある
  • Wi-Fiが弱いことが多い
  • エリアが限られている

次の章からフリーWi-Fiの注意点について、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

海外でフリーWi-Fiを使う際の注意点①セキュリティ

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/ハッカー-ハッキング-1944688/

1つ目の注意点は、「セキュリティに問題がある」ということです。誰でもアクセスできることから、パスワードやSNSのアカウント情報が盗まれる事件が起きています。

情報が盗まれることにより個人情報を知られたり、なりすまして買い物をされたりします。さらに詐欺に使われることもあり、知らない間に犯罪に巻き込まれることも。

Avast Sofftwareが行った実験によると、空港でフリーWi-Fiを利用している人の6割以上の端末や身元を特定することができたそうです。

他人ごとだと思わず、フリーWi-Fiを利用すると個人情報を盗まれることがあるということを認識しておきましょう。

海外でフリーWi-Fiを使う際の注意点②Wi-Fiが弱い

2つ目の注意点は、「Wi-Fが弱い」ということです。まず、前提としてWi-Fiは回線が混んでいると(使っている人数が多い)と、通信速度が遅くなります。

なので、多くの人が使っているフリーWi-Fiは、おのずと速度が遅くなってしまうのです。それが、「Wi-Fiが弱い」と感じる原因です。

通信速度が遅いと、ページや画像が読み込めなくことも。アクセス方法やお店を調べたいのに、調べることができないという事態に陥る可能性もあります。

スポンサーリンク

海外でフリーWi-Fiを使う際の注意点③エリアが限られている

3つ目に紹介する注意点は、「エリアが限られている」ということです。前述しましたが、フリーWi-Fiはホテルやカフェなどにしかありません。

なので、アクセス方法や次に行くお店を調べたくても、すぐには探すことができません。

旅行前やフリーWi-Fiが飛んでいるところで、まとめて調べておく必要があります。ただ、フリーWi-Fiは通信速度が遅い場合が多く、ページが開けないこともあるので、旅行前に調べておいた方が良いでしょう。

ネット接続がフリーWi-Fi頼みなら観光ブックは必要!

旅行前に行きたいお店や観光地をピックアップしても、調べていたところは全部周りきってしまうこともありますよね。

そんなときは調べ直すこともあると思いますが、フリーWi-Fiが飛んでいないところでは調べることができません。そんな時に役立つのが、観光ブックです。

様々なお店や観光地が載っているのでインターネットに接続していなくても調べることができますし、路線図が載っているのでアクセス方法も調べることができます。

筆者がグアム旅行に行ったときはフリーWi-Fiが頼りだったのですが、Wi-Fiがないところでは観光ブックを重宝していました。

レンタルWi-Fiを持っていくのがおすすめ

観光ブックを持っていくのがおすすめですが、中には「カバンに入らない」「荷物が重くなるのが嫌」という方もいるでしょう。そんな人には、レンタルWi-Fiがおすすめです。

Wi-Fi機器本体だけなら軽くて、パスポートよりも小さいので嵩張りません。

筆者もレンタルWi-Fi会社である「イモトのWi-Fi」でレンタルをしたことがありますが、ポシェットサイズの小さいカバンでも入れることができました。

日本国内で使えるWi-Fiルーターは、基本的に海外で使えないので注意してくださいね。

Wi-Fi機器をレンタルできる会社は?

「フリーWi-Fiの3つの注意点を踏まえるとレンタルWi-Fiを持っていくのが良いけど、どの会社が良いのかな」と悩む人もいますよね。

中には「海外用のWi-Fi機器をレンタルしている会社が分からない」と言う方もいるのではないでしょうか。この章では、人気が高い会社を2つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiは、業界でもトップクラスの安さを誇る会社です。国や容量などによって料金は異なりますが、韓国の場合1日の基本料金は790円(1GB/日)です。

容量がなくなった場合でも、追加で容量を増やすことができるので安心ですよ。ただし、日本時間の当日までしか利用できないので、追加するときは1度考えた方が良いでしょう。

※基本料金以外に、受け取り手数料が加算されます。早割を活用すれば、もっとお得にレンタルすることができます。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、Wi-Fi機器の受け渡し場所が豊富にある会社です。羽田空港や関西国際空港など主要空港以外で受け取りを行いたい時などにおすすめです。

国や容量などによって料金は変わりますが、韓国の場合1日の基本料金は1,170円(1.1GB/1日)です。さらに早割を活用したり、韓国の空港で受け取ったりすると通常価格よりも安くなりますよ。

イモトのWi-Fi同様に容量がなくなても、追加で容量を増やすことができます。グローバルWi-Fiの場合は、追加した容量があまったら翌日に繰り越すことができます。

レンタルWi-Fiは、いくつかの容量プランが設定されています。どのプランを選べば良いのか分からない方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

おすすめの容量・プランは?海外Wi-Fiレンタルの選択目安を紹介!

2020年5月25日

海外のフリーWi-Fiまとめ

海外のフリーWi-Fiについて紹介しました。フリーWi-Fiは空港や駅、ホテル、カフェ、旅行代理店などで利用することができます。

無料で使えるので嬉しい反面、3つの注意点があるので利用するときはよく考えてから使いましょう。

フリーWi-Fiの注意点
  • セキュリティに問題がある
  • Wi-Fiが弱いことが多い
  • エリアが限られている

特にセキュリティ面はよく考えた方が良いでしょう。最悪の場合、犯罪に巻き込まれる可能性があります。

「Wi-Fiは使いたいけど、フリーWi-Fiはデメリットが大きい」という方は、海外用のWi-Fi機器をレンタルするのがおすすめです。安心を買うと思えば、高い金額ではないでしょう。

料金について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

海外Wi-Fi料金はどれくらい?レンタルの料金システムを徹底解説!

2020年5月25日