グランピングを楽しむなら自然豊かな静岡で決まり!厳選8選を紹介

「グランピングをしてみたいけど、静岡でおすすめの場所はどこかな?」「グランピングの特徴を知りたい!」といった悩みをお持ちではないでしょうか。

今回は「静岡の自然豊かなグランピング施設を8つ」紹介しています。

この記事を読めば、あなたにぴったりなグランピング施設が見つかりますよ。最後までご覧くださいね。

(出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2376989/)

スポンサーリンク

①静岡でホテルライクのようなグランピングができる!

https://www.img-ikyu.com/contents/common/image/acc9/00050429/0/org/11042178.jpg?auto=compress,format&lossless=0&fit=clamp&w=1280

1つ目にご紹介するのは「藤乃煌(ふじのきらめき)」です。「キャンプの楽しさとホテルライクな快適空間で」がコンセプト。

藤乃煌に到着すると、フロントスタッフがお出迎え。敷地に足を入れる瞬間から特別な体験ができます。

また、ディナーはホテルのルームサービススタイルを採用。スタッフがご飯の準備から片付けまで全て行ってくれますよ。

四季折々の表情を見せる富士山を横目に食べるBBQは、旅の思い出として忘れることはないでしょう。特別な贅沢体験ができる、グランピング施設です。

基本情報
  • 住所:静岡県御殿場市東田中3373-25
  • 電話番号:0550-75-9111
  • IN:15:00~19:00 OUT:11:00
  • 公式サイト:藤乃煌

スポンサーリンク

②1日1組だけの特別なグランピングを静岡で体験

2つ目に紹介する「ヴィラ阿多古(あたご)」は、1日1組限定の本格ヴィラタイプのグランピング施設施設内全てが、プライベートスペースとして利用できるのが最大の特徴です。

利用できる施設
  • 薪ストーブ
  • 調理器具一式
  • 食器類一式
  • ダッチオーブン・BBQ用グリル
  • 焚き火台
  • アウトドア用品(スキレット・ランプ等)

「とことん優雅に自然を楽しむ」をコンセプトにしている施設。歩いて徒歩1分の場所には、平成の名水100選に選ばれた「阿多古川」があります。

家族や友達と、優雅で特別な体験をするのに最適な場所でしょう。

基本情報
  • 住所:静岡県浜松市天竜区石神1458
  • 電話番号:080-2624-5152
  • IN:13:30〜20:00 OUT:10:00
  • 公式サイト:ヴィラ阿多古

③ノスタルジックなグランピング体験を静岡で!

https://www.img-ikyu.com/contents/common/image/acc4/00050594/0/org/11268140.jpg?auto=compress,format&lossless=0&fit=clamp&w=1280

3つ目に紹介する「UFUFU VILLAGE(ウフフビレッジ)」は、3つの宿泊タイプから選べるグランピング施設です。

ウフフビレッジは「テント型」「ドーム型」「トレーラーハウス型」の3つから選ぶことができます。どのタイプも冷暖房は完備されているので、いつ足を運んでも快適に過ごすことができます。

毎日夜19時半からはキャンプファイヤーを実施しており、ゆらゆら炎を眺めたり「スモア」を堪能することができますよ。

https://www.img-ikyu.com/contents/common/image/acc4/00050594/4/org/11904480.jpg?auto=compress,format&lossless=0&fit=clamp&w=1280

スモアとは、アメリカやイギリスの伝統的なお菓子。マシュマロとチョコレートを炎で溶かし、ビスケットに挟んで食べるものです。

夜になると各テントが明かりを灯し、ノスタルジックな雰囲気を堪能できますよ。

基本情報
  • 住所:静岡県伊豆市月ケ瀬425-1
  • 電話番号: 0558-99-9750
  • IN:15:00~18:00(最終19:00) OUT:10:00
  • 公式サイト:UFUFU VILLAGE

スポンサーリンク

④静岡の公園に佇むフォトジェニックな球体型テント体験を!

4つ目に紹介するのは、泊まれる公園「INN THE PARK(インザパーク)」です。

インザパークは、広さ約600,000m2の自然あふれる敷地で、30年以上続いた少年自然の家をリノベーションしたグランピング施設です。

広大な敷地にたたずむ、球体型テントが特徴的です。夜になるとフォトジェニックなスポットに早変わり。自然を身近に感じられる施設です。

基本情報

⑤日本初の新感覚グランピングを静岡で体験

5つ目に紹介する「伊豆シャボテンヴィレッジ」は、「テント・トイレ・バスルーム」を連結した日本初の新感覚グランピング施設です。

伊豆シャボテンヴィレッジのお部屋は、ドームテントに連結したキャビンタイプのバスルームが備え付けられていることが特徴です。

これにより、お手洗いやお風呂などでの移動がなく、プライベート空間を確保できます。

ゆっくりとした、プライベート空間を満喫したい方におすすめのグランピング施設です。

基本情報

スポンサーリンク

⑥自然と調和する木の温もり感じるグランピングを静岡で体験

https://www.img-ikyu.com/contents/common/image/acc0/00002150/1/org/11848867.jpg?auto=compress,format&lossless=0&fit=clamp&w=1280

6つ目に紹介する「ゆとりろ熱海」は、木の温もりあふれるグランピング施設です。

ゆとりろ熱海の宿泊施設は、新国立競技場の設計等を手がける有名建築家の「隈研吾」とアウトドアブランドで有名な「SnowPeak」がコラボして建設。

室内外のデザインは、自然と調和する木が特徴的。各客室には「木」にちなんだ漢字が付けれられています。

自然豊かな木の温もりと焚き火の揺らぎを、満喫できるグランピング施設です。

いざ『隈研吾』の世界へ!行けば必ず楽しめる特徴的な建築作品10選!

2020年10月8日
基本情報
  • 住所:静岡県熱海市伊豆山1173−534
  • 電話番号0570-055-666
  • IN:15:00〜17:00 OUT:11:00
  • 公式サイト:ゆとりろ熱海

⑦静岡でリゾートのようなグランピングができる!

7つ目に紹介する「マヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ」は、ハワイアンテイスト溢れるグランピング施設です。

客室内には、ハワイアン家具やインテリアが充実しており、足を運ぶだけで南国気分を味わうことができます。

施設内にあるお風呂は、源泉の貸切露天風呂を利用します。また、客室内には、源泉の足湯が完備されており、24時間利用可能です。

南国気分とグランピングを1つの施設で楽しむことができる場所ですよ。

基本情報

⑧家族連れにおすすめ!グランプピングを日帰りで気軽に楽しめる

最後に紹介する「馬飼野(まかいの)牧場」は、日帰りで楽しめるグランピング施設です。

まかいの牧場のグランピングは、BBQの食材が特徴的です。富士山麓のブランド牛である「岡村牛」のステーキを堪能することができます。

また敷地内には、アスレチックやスポーツ広場、動物ふれあい体験を行っています。グランピングと合わせて利用すると、より一層楽しめますよ。

基本情報
  • 住所:静岡県富士宮市内野1327-1
  • 電話番号:0544-54-0342
  • 利用時間:11:00~15:00
  • 公式サイト:馬飼野牧場

グランピングを楽しむための必要品を紹介

https://pixabay.com/photos/checklist-goals-box-notebook-pen-2589418/

グランピングをより楽しむために、さまざまなアイテムを持参することで旅行がもっと充実します。

施設によっては、必要のないものがあるかもしれませんが、チェックリストとして参考にしてくださいね。

必要品まとめ
  • スマホ・携帯の充電器
  • 着替え・ルームウェア
  • 洗面用具
  • 飲み物・食べ物
  • 虫除けスプレー
  • 雨具
  • ウエットティッシュ
  • その他アイテム(コーヒーポット、バトミントンなどのアクティビティ)

上記を参考にグランピングを楽しむをアイテムを持参し、最高の旅行にしてくださいね。

【必見】グランピングに必要な持ち物は?あると便利なアイテムも紹介!

2021年4月19日

まとめ

今回は「自然豊かなグランピングが楽しめる静岡の厳選8選」を紹介しました。

静岡は富士山が見えるグランピング施設や、自然溢れる施設が多いのが特徴です。普段の生活と離れ、特別な自然体験はあなたを虜にすることでしょう。

今回紹介した中でのおすすめは「藤乃煌」です。あえて何もしない贅沢体験は、あなたの旅行を特別なものにするでしょう。

この記事を参考に、特別な思い出に残るグランピング体験を楽しんでくださいね。