やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
長崎県

【長崎】夏に行きたい!おすすめな観光スポット&アクティビティ9選

夏といえば海水浴やマリンスポーツなどを想像すると思いますが、一緒に観光地巡りもしたい!という方には長崎県がおすすめですよ!

車でアクセス可能な離島でリゾート気分を味わいながら、花の名所や大自然でのドライブ、神秘的な景観を望める穴場スポットなど、長崎は魅力満載なんです!

本記事は、夏に行きたい!長崎県のおすすめの観光スポット9つを順番に紹介していますね。夏休みの思い出作りの旅を計画の際は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1820876?title=%E5%A3%B1%E5%B2%90%E3%81%AE%E5%B3%B6%E6%B5%B7%E5%B2%B8)

夏に行きたい!長崎の観光地「稲佐山展望台」

1つ目に紹介するのは、世界新三大夜景の「稲佐山(いなさやま)展望台」です。ここは、1,000万ドルの美しい夜景を望めることで有名なスポットなんです!

夏の稲佐山は、昼は緑豊かな山々と海に浮かぶ美しい島々を眺められ、日没の時間帯になると夕日が東シナ海や島々を茜色に染めあげ、昼間とは違った幻想的な空間を作り上げます!

また、近くに「稲佐山公園」があり、夏の時期になると噴水近くで水遊びができ、その他にもたくさんの遊具、広い芝生でのボール遊びやピクニックなど家族連れの方にもおすすめなスポットなんです!

昼間は公園で思い切り遊び、夕方は日没の様子を眺め、最後に夜景を心行くまで堪能する1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県長崎市稲佐町364
  • 【電話番号】095-861-7742
  • 【営業時間】8時00分~22時00分
  • 【料金】無料(※展望台へ行くロープウェイは有料)
  • 【公式サイト】稲佐山展望台

夏に行きたい!長崎の観光地「風頭公園」

2つ目に紹介するのは、長崎港を一望できる「風頭(かざがしら)公園」です。ここは、ハタ揚げの名所としても有名な場所なんです!

公園内は、初夏になると辺り一面にあじさいが咲き誇り、夏の暑さをやわらげる清涼感を味わえる花の名所でもあります。

また、幕末の英雄として有名な坂本龍馬の銅像があり、龍馬ファンの聖地としても有名な観光スポットなんです!

その銅像を夜の綺麗な夜景と一緒に”映える写真”を撮ってみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県長崎市伊良林3-4-510-6他
  • 【電話番号】095-829-1184
  • 【営業時間】24 時間営業
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】風頭公園

夏に行きたい!長崎の観光地「長崎新地中華街」

3つ目に紹介するのは、横浜、神戸と並び日本三大中華街の一つ「長崎新地中華街」です。ここは長崎の姉妹都市「福建省(ふっけんしょう)」の協力のもと建設されました。

本場の中華料理店や中国菓子、グッズなどを販売するお店が約40店舗立ち並び、長崎グルメとして有名なちゃんぽん皿うどんも食べられるおすすめなグルメスポットなんです。

夏の旅行で最大の敵になるのは、夏バテ!そんな夏バテ予防には、辛いものを食べて汗をかくことが非常におすすめです。

食べ歩きしながら、散策するのもありですが、本場の辛い料理を食べて汗をかくことも気持ちいですよ!ぜひ、腹ごしらえに行ってみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県長崎市新地町10-13
  • 【電話番号】095-822-6540
  • 【営業時間】10時00分~21時00分
  • 【平均予算】1,000~1,900円
  • 【公式サイト】長崎新地中華街

夏に行きたい!長崎の観光地「伊王島」

4つ目に紹介するのは、長崎港の南西に横たわるリゾートアイランド「伊王島(いおうじま)」です。日帰りでも十分楽しめますが、できれば泊りでゆっくり過ごすのがおすすめ!

2011年3月に本島と島をつなぐ伊王島大橋がかかり、車で気軽に行けるようになりました。そのため大変利便性のよい離島で、年々発展著しい魅力満載の穴場スポットなんです!

夏といえば海!マリンアクティビティであるSUP(スタンドアップパドルボード)やシーカヤックなど充実しており、小さなお子さんでも安心して楽しめるプールもありますので、家族連れには最適!

また、素晴らしい眺めを楽しめる天然温泉「島風の湯」もおすすめです!一日遊びつくした後の贅沢なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

伊王島
  • 【住所】長崎県長崎市伊王島町1-116
  • 【電話番号】095-898-2211
  • 【営業時間】24時間営業
  • 【入場料金】不明
  • 【公式サイト】伊王島

【海を眺めながらゆったり】長崎県のおすすめ温泉8選海が近く、江戸時代は西洋をつなぐ唯一の窓口だったため、異国の文化が多く残されている長崎県。そんな長崎県には、実は多くの温泉スポットがあり...

夏に行きたい!長崎の観光地「九十九島パールシーリゾート」

5つ目に紹介するのは、「九十九島(くじゅうくしま)パールシーリゾート」です。九十九は島の数ではなく、「たくさん」という意味で使われており、実際の島の数は208もあるんです!

ここは、九十九島の玄関口であり、幻想的なクラゲのドームのある水族館きらら九十九島を巡る遊覧船など園内には、魅力的なスポットやアクティビティがたくさんあります!

夏休み時期になるとマリンアクティビティも豊富なんです!海水浴はもちろん、セール操作や舵とり体験なども行えるヨットセーリング、無人島上陸、マダイへのエサやり体験などがあります。

また、ご当地グルメの佐世保バーガーや、あごだしラーメンなどを食べられる飲食店もあり、一日中遊んでも遊びきれない大満足スポットですよ!

施設情報
  • 【住所】長崎県佐世保市鹿子前町1008
  • 【電話番号】0956-28-4187
  • 【営業時間】9時00分~18時00分
  • 【入場料金】大人(高校生以上)¥1,470、小人(4歳~中学生)¥730
  • 【公式サイト】九十九島パールシーリゾート

夏に行きたい!長崎の観光地「島原まゆやまロード」

6つ目に紹介するのは、「島原まゆやまロード」です。美しい景観の中を走るドライブコースで、たくさんのドライバーを魅了し続けている有名な場所なんです!

ここは、ジオパークに登録されている雲仙普賢岳や平成新山、眉山(まゆやま)など壮大な自然を間近で感じられます。

夏の時期には緑豊かな山々と、火山によって山肌が剥がれ落ちた山とのコントラストは、ここでしか味わえない幻想的な雰囲気を漂わせます。

さらに、夜景や満点の星空が美しい夜のドライブは、カップルに非常に人気なんです!車を停め、外へ出て美しい景色を堪能しつつ、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県島原市島原まゆやまロード
  • 【電話番号】0957-63-1111(内線212,214)
  • 【営業時間】24 時間営業
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】眉山(島原まゆやまロード)

夏おすすめ!長崎のアクティビティ「かづさイルカウォッチング」

7つ目に紹介するのは、イルカとの遭遇率99%の「かづさイルカウォッチング」です。約300頭の野生イルカを船上から間近で観賞できます!

また、家族連れにはありがたい0歳のお子さんでも、抱っこ紐着用で乗船可能ですので、海水浴のできないお子さんでも楽しめますよ!

夏におすすめな理由は、全力で楽しめるからです!一年中観賞することはできますが、冬は非常に寒いので夏の時期に涼しさを感じながら鑑賞するのが一番おすすめですよ!

元気に飛び回るイルカの大群と穏やかな海、長崎の島々を一挙に観賞する素敵なひと時を堪能してみてはいかがでしょうか。

なお、受付は「かづさイルカウォッチング」という名前の店舗で行います。

施設情報
  • 【住所】長崎県南島原市加津佐町251-11
  • 【電話番号】0957-87-4640
  • 【営業時間】8時30分~17時00分
  • 【乗船料金】大人(13歳~64歳)¥3,000、シニア(65歳以上)¥2,500、小人(7歳~12歳)¥2,000、幼児(4歳~6歳)¥1,000、未満児(3歳以下)無料
  • 【公式サイト】かづさイルカウォッチング

夏に行きたい!長崎の観光地「七ツ釜鍾乳洞」

8つ目に紹介するのは、国の天然記念物の「七ツ釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)」です。長崎で唯一の鍾乳洞であり、洞内は全長1,050m以上もあります。

夏におすすめな理由は、洞内の平均気温は14~16度と清涼感溢れる天然クーラーが心地よく、避暑地として最適な場所だからです!

また、洞内には美しい清水が所々に流れ、高さ約10mの清水の滝や約4mの大石柱など自然が作り出した神秘的な空間は、まるでゲームの世界を冒険しているみたいなんです!

また、ガイド付きの地底探検ツアーなどもあり、通常は入洞禁止になっている区域を進むことができます!汚れてもいいような服装と滑らない靴を持参し、トライしてみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県西海市中浦北郷2541-1
  • 【電話番号】0959-33-2303
  • 【営業時間】9時00分~17時00分
  • 【入場料金】大人(高校生以上)¥520、中学生¥310円、小学生¥210円、幼児(4歳以上)¥100
  • 【公式サイト】七ツ釜鍾乳洞

夏に行きたい!長崎の観光地「魚津ヶ崎公園」

9つ目に紹介するのは、五島市(ごとうし)の「魚津ヶ崎(ぎょうがさき)公園」です。四季折々の花を楽しめ、磯釣りやキャンプ場などもあり、大自然を満喫できる場所が豊富なんです!

五島市は五島列島最大の島、福江島にあります。2004年に福江市、南松浦郡富江町、玉之浦町など7つが合併し、五島市となりました。アクセス方法は博多と長崎からフェリーが運行しております。

五島市へのアクセス方法及び五島市の交通についてはこちらになりすので、関東・関西方面からお越しの方は、参考にしてみてくださね。

ここは、夏の時期になるとひまわりが辺り一面に咲き誇り、快晴の日の青い空との相性は抜群なんです!景観に優れた場所でのひと時は、心の底から癒されリフレッシュできます!

また、公園から望む夕日は、空と海と緑豊かな島々を茜色に染め上げ、徐々に暗くなるにつれて見えてくる無数の星といった贅沢な景色を一度に味わえる場所なんです!

さらに、周辺には「浜田海水浴場」もあり、子どもから大人まで楽しめるバナナボートジェットスキーシュノーケリングなどマリンアクティビティ豊富なので心行くまで遊べますよ!

なお、長崎港から福江港まで高速便で1時間半ほどかかりますが、船旅をゆっくり堪能しつつ、非日常を味わってみてはいかがでしょうか。

施設情報
  • 【住所】長崎県五島市岐宿町岐宿1234-1
  • 【電話番号】0959-82-1111
  • 【営業時間】不明
  • 【入場料金】不明
  • 【公式サイト】魚津ヶ崎公園

まとめ

本記事では、夏に行きたい長崎県の観光スポットを9つ紹介してきました。夏といえば海水浴やマリンスポーツをイメージしますが、それ以外にも魅力的な場所がたくさんあるんです!

今回紹介した9つは、厳選に厳選を重ね選んでおりますので、選ばれなかった観光スポットや海水浴場など長崎にはまだまだありますよ!

ぜひ、夏休みやお盆休みなど長期的な休みを利用して旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

なお、熱中症対策は水分・塩分補給は大事ですが、楽しい日々が続き寝不足も増えると思いますが、しっかり寝て、しっかり食べて全力で楽しんでくださいね!

ABOUT ME
たあしべー
たあしべーと申します。 理想の生き方を目指し、ライティング奮闘中!本業の放射線技師業務と何か副業で稼げるようなスキルを身につけたい!肩書は「本業以外を学ぶ!」特技は朝起きてからの行動力と辞めずにマイペースで継続することです。好きなものは、靴です。謙虚で、情深く素直な方が好き!