大阪の夏の観光と言えばココ!定番から穴場まで厳選8選

大阪の夏の観光地と言えば、どこを思い浮かべますか?USJやグリコのマークを真っ先に思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

大阪には、買い物スポットや遊べるスポットが数え切れないほどあるので、旅行前にしっかりとプランを立てておくことが大切です。

この記事では、大阪出身の私が、夏の大阪観光を楽しむことができるスポットを定番から穴場までの8つに厳選して紹介していきたいと思います。

更に、大阪の観光地を巡る際にお得になるチケットなどもまとめているので、是非、最後まで読んでみてくださいね。

(アイキャッチ画像:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/06/06/17/36/japan-363606_1280.jpg)

スポンサーリンク

大阪の夏の定番観光地 あべのハルカス

あべのハルカスは、2014年の3月に日本で最も高いビルとして誕生しました。その高さ、なんと300メートルにもなります。

ビルの中には、ショッピングフロアや美術館、ホテルまであり、最上階は展望台として解放されています。更に、こちらの展望台は夏にも快適な屋内型なので、夏の暑さを気にする必要がなく、ゆっくりと楽しめます。

あべのハルカスの周辺には、大きな「キューズモール」と呼ばれるショッピングモールや映画館、てんしば公園があるので、一日中楽しむことが出来ます。ぜひ、大阪にある日本一のビルに訪れてみてくださいね。

あべのハルカス
  • 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
  • 電話番号:06-6621-0300
  • 営業時間:地2階~3.5階は朝10時→夜8時30分 4階~11階は朝10時→夜8時
  • 展望台料金:大人1500円 中高生1200円 小学生700円 幼児500円
  • 公式ホームページ:https://www.abenoharukas-300.jp/index.html

スポンサーリンク

大阪の夏の定番観光地 新世界・通天閣

通天閣とは、大阪の新世界エリアのシンボルとして、凱旋門をモチーフとした建物の上に、エッフェル塔をモチーフにした鉄塔を乗せた、ユニークな建物です

通天閣は四季に応じてイルミネーションに飾られます、夏のイルミネーションを見ながら大阪の雰囲気を楽しむにはとっておきの場所です。

新世界エリアのマスコットキャラクターと言えば「ビリケンさん」です。足を撫でるとご利益があると言われていて、多くの観光客がビリケンさん目当てにやってきます。

更に、このエリアは大阪名物「串カツ」の老舗のお店が軒を連ねていることも特徴です。安くて旨い、大阪らしい食事を楽しむなら、是非一度訪れることをお勧めします。

通天閣
  • 住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
  • 電話番号:06-6641-9555
  • 営業時間:9:00~21:00 最終入場20:30 定休日なし
  • 展望台料金:大人(高校生以上)800円 子供400円 その他団体割引・障害者割引あり
  • 公式ホームページ:https://www.tsutenkaku.co.jp

大阪の夏の定番観光地 海遊館

大阪の海遊館は、屋内水槽の大きさが世界最大級と言われ、屋内水槽の大きさは世界でも第5位にもなります。現在、年間230万人以上が訪れる、大阪の大人気観光スポットです。

海遊館では、魚を鑑賞するだけではなく、見て、聞いて、触れる新感覚エリアや、生き物のお食事タイム、ガイドツアーなど、様々な楽しみ方ができることもお勧めポイントです。

夏の観光は、暑く、体力が消耗しやすい傾向にあります。海遊館のような屋内の施設なら、快適に観光ができることも魅力的ですね。

更に、海遊館に隣接する、天保山マーケットプレイスや観覧車では、大阪のご飯や景色を楽しむことが出来ます。海遊館で疲れた時には、休憩がてらにたこ焼きなどいかがですか?

海遊館
  • 住所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
  • 電話番号:06-6576-5501
  • 営業時間:10:0020:00(※ 最終入館は閉館の1時間前まで)定休日無し
  • 入館料:大人(高校生以上)2300円 子供1200円 幼児600円 シニア(60歳以上)2000円
  • 公式ホームページ:https://www.kaiyukan.com

スポンサーリンク

大阪の夏の定番観光地 万博公園

万博公園は、1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備した公園です。シンボルの「太陽の塔」を中心に民族博物館や異本庭園、ショッピングモールがあります。

公園内には、巨大遊具や森の空中観察路、平安から現代の各年代を表す日本庭園もあり、子供から大人まで一日中飽きない程の見所で満載です。

夏になると、辺り一面が新緑の木々で覆われ、心が晴れやかになること間違いなしです。こまめに休憩をとりながら、是非、万博公園で大阪の夏を感じてみてくださいね。

万博公園
  • 住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
  • 電話番号:0120-1970-89
  • 営業時間:9時30分から17時 入園時間は閉園の30分前まで
  • 定休日:毎週水曜日(4、5月のゴールデンウィーク、10、11月は無休)
  • 公式ホームページ:https://www.expo70-park.jp

大阪の夏の定番観光地 空中庭園展望台

空中展望台は、大阪の中心にある、梅田スカイビルの屋上にあります。梅田スカイビルは、高さ173メートルの高層の連結ビルで、2008年に「世界の建築トップ20」にランクインしました。

あべのハルカスの展望台とは違い、梅田スカイビルの展望台は屋内だけではなく、屋外からも景色を楽しめることが特徴です。晴れた日には、六甲山や万博記念公園を見ることが出来ます。

夏には、屋外展望台の一角で天体観測のイベントが行われるなど、きっと大阪の夏で忘れられない思い出が作れるはずです。大阪の中心地から眺めることができる景色は決して他では味わえません!

空中展望台
  • 住所:大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル
  • 電話番号:06-6440-3855
  • 営業時間:9:30~22:30(最終入場30分前) 定休日無し
  • 展望台料金:大人1500円 4歳~小学生700円 その他障害者割引あり
  • 公式ホームページ:https://www.skybldg.co.jp

【家族連れ必見!】大阪にあるおすすめ日帰り温泉8選!

2019年7月9日
スポンサーリンク

大阪の夏のイベント 天神祭(奉納花火)

大阪の天神祭と言えば、日本の三大祭りと呼ばれるほどたくさんの人で賑わう祭りです。毎年、7月の24日の宵宮、25日の本宮の二日間に渡って行われます。

2日目には、大川を挟み、2箇所から打ち上げられる約5000発の奉納花火と、100隻近い大船団が大川に浮かぶため、迫力は満点です。きっと忘れることが出来ない夏になるでしょう。

また、天神祭の前日の23日には、大阪の三大商店街の1つの「天神橋筋商店街」でギャルみこしと呼ばれるものが行われます。天神祭に華を添える行事として有名です。

次からは、大阪の穴場とされる観光地について書いて行きます。ぜひ、チェックしてみてください。

大阪の夏の穴場観光地 中之島公園

中之島公園は、大阪の北区のオフィス街にある公園で、土佐堀川と堂島川の2つの川に挟まれていることが特徴です。夏前や秋前にはバラが公園一面に咲くため、デートスポットとしても有名で多くの人が訪れます。

何故、夏におすすめかというと、中之島公園には、芝生広場や、川沿いでバーベキューを楽しむことができるお店があるからです。芝生で寝転がって友達とゆったり過ごすことや、わいわいバーベキューが出来ます。

夏に見られる新緑を横目に、ピクニックやバーベキューが出来るのはとても魅力的ではありませんか?ぜひ、中之島公園に訪れてみてくださいね。

中之島公園
  • 住所:〒 530-0005 大阪市北区中之島1
  • 電話番号:06-6312-8121

大阪の夏の穴場観光地 箕面公園

箕面公園は、大阪府箕面市の山地で、標高100m〜600mに広がる国定の自然公園です。多くの観光客のお目当ては、「日本の滝百選」に選ばれたほどの大滝です。

夏の暑い日でも、滝を見ていると涼しく感じることが出来ます。また渓谷沿いに2.8kmのハイキングコースがあるので、夏を感じながら散歩をするのも素敵ですね。

また、近くには足湯や茶屋があるので、ハイキングで疲れた足を休めるにもぴったりです。ぜひ、箕面公園で、夏の自然を感じてみてくださいね。

箕面公園

お得に大阪観光をする方法

たくさんの都道府県の中から、大阪観光をお勧めする理由の1つとしては、大阪は観光地がまとまっていて、各観光地へのアクセスに時間がかからない点です。

そこでお勧めしたいものは、大阪市営の公共交通機関の一部が乗り放題になるチケットや、観光スポットで割引が受けられるチケットです。以下で紹介して行きたいと思います。

エンジョイエコカード

有効区間

Osaka Metro・大阪シティバス全線(地下鉄と私鉄の相互運行の場合は利用不可)

購入可能場所

  • 大阪市営の駅の券売機
  • 定期券売り場
  • 売店
  • 大阪市営バスの車内
  • 大阪市営バスの営業所

価格

大人800円(土日祝600円)  小児300円(土日祝の価格は同じ)

お勧めポイント

このカードは、路線は限られていますが、大阪市内の移動だけなら追加料金なしで移動でき、観光スポットの割引も適用されるので、かなりお得に観光できます。

大阪周遊パス

有効区間

Osaka Metro・大阪シティバス全線(一部路線除く)および、大阪市域の阪急・阪神・京阪・近鉄・南海

購入可能場所

  • インターネット(大阪の観光案内所で引き換えが必要)
  • 大阪市営の定期券売り場、案内所
  • 大阪の観光案内所
  • 私鉄主要駅の駅窓口
  • 取り扱いのある観光ホテル

価格

一日券2700円 二日券3600円(小児価格は無し、一日券と二日券の有効区間は同じ)

お勧めポイント

大阪市内の電車ならどの路線でも使えるので、行きたい観光地に、より最寄りの駅まで行くことができます。更に観光スポット40箇所が無料で楽しめる特典もあるので、値段の分かなりお得となっています。

これらのチケットには観光施設やショップで割引を受けることができる特典もついているので、使えば使うほどお得になります。これらのチケットを活用して、効率よく大阪の観光を楽しんで頂けたらと思います。

まとめ

大阪には、まだまだたくさんの観光地があります。しかし、夏に大阪へ旅行に行くなら、夏を感じることができるスポットに行きたいですよね。

今回お勧めした観光スポットは、夏だけではなく、どの季節に訪れても楽しむことができるので、是非、大阪観光の参考になればと思います。

大阪の観光をよりお得にする為に、予定をしっかりと立てて、目的に合う割引チケットを購入しましょう。また、体調に気をつけながら大阪観光を楽しんでくださいね。最後まで読んでくださりありがとうございました。

大阪に来たらここに行け!オススメ観光地を目的別に18ヶ所紹介‼︎

2019年7月10日