沖縄の平均気温は?季節にあった服装や観光地も紹介!

沖縄の気候は亜熱帯気候であり、本州とは気温が異なります。その為、旅行に行く際にどんな服装でいけば良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。

そこで当記事では、季節ごとの気温と服装、台風情報についてご紹介します。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/dl/?p_id=672589&sz=m&f=37f8689438ed5e3372e09adb7f15fde2)

スポンサーリンク

沖縄旅行に行くならいつ?!沖縄の平均気温は?

沖縄は日本で唯一、亜熱帯気候に属しています。その為、本州よりも平均気温が高いのが特徴です。しかし、気温が高いという事は分かっていても、詳しい気温は知らないという人が多いのではないでしょうか。

平均気温がどのくらい高いのか分からなければ、服装を考えるのも難しいと思うので沖縄の気温についてご紹介します。

 沖縄東京
1月175.8
2月17.15.7
3月18.910.3
4月21.414.5
5月2421.1
6月26.822.1
7月28.926.2
8月28.726.7
9月27.922.6
10月25.218.4
11月22.113.9
12月18.79.3

筆者作成
参考:http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2015&month=&day=&view=p1

表の平均気温は2015年の気温を参考にしています。8月の沖縄の平均気温は28.7℃であり、東京の8月の平均気温と比べると2℃しか変わりません。

しかし、1月の沖縄の平均気温は17℃であり、1月の東京の平均気温である5.8℃と11.2℃も気温差があることが分かります。そのことから、沖縄と東京は冬の時期の方が気温差が大きいと言えます。

スポンサーリンク

夏の沖縄の気温は?気になる服装もチェック!

先ほど平均気温について説明しましたが、正直平均気温だけではピンとこない人もいるのではないでしょうか。なので、夏の最高気温と最低気温についてもご紹介します。

 6月7月8月
最高気温29.431.831.5
最低気温24.826.826.6
平均気温26.828.928.7

海に囲まれている沖縄は、海風の影響もあり夏の平均気温がそこまで上がらないのが特徴です。

沖縄と東京では最高気温の差が2℃程なので、本州で夏を過ごしている時の服装と同じで大丈夫でしょう。

沖縄観光を思い切り楽しもう!熱中症にならないための対策!

夏の沖縄の気温が本州と余り変わらないと言っても、暑さ対策は行いたいところです。

せっかくの沖縄旅行なのに熱中症になったら悲しいですもんね。なので、熱中症対策についてご紹介します。

熱中症対策
  1. 涼しい格好
  2. 日陰を利用
  3. 日傘・帽子
  4. 水分・塩分補給

せっかくの旅行で熱中症にならない為にも、上記の4点に気を配りながら旅行すると良いでしょう。また、熱中症は二日酔いや寝不足の時に起こりやすいので、体調を整えることが大切です。

スポンサーリンク

南国気分を味わおう!夏の沖縄オススメ観光スポット!

沖縄の夏でオススメな過ごし方は、なんと言ってもマリンアクティビティです。

透明度の高い沖縄の海は南国特有の魚たちを身近で見ることも出来、とても楽しいですよね。なので、沖縄で人気なビーチをご紹介します。

サンマリーナビーチ

サンマリーナビーチはシェラトン沖縄サンマリーナリゾートの目の前にあるビーチです。

県内屈指の透明度を誇っており、全国に12か所しかないとされている「特に水質の良い海」にも認定されたAAランクの水質です。

また、遠浅のビーチは防波堤に囲まれているので、波が穏やかなのが特徴であり家族連れにもオススメ出来ます。

  • 【名前】サンマリーナビーチ
  • 【住所】沖縄県恩納村冨着66-1
  • 【電話】不明

【アクセス抜群】沖縄本島から車でOK!観光すべきオススメの離島3選

2019年4月13日

冬の沖縄の気温は?気になる服装もチェック!

沖縄の気温で1番気になるのは冬の気温ではないですか。本州と比べると暖かいので、どんな服装で行けば良いか迷ってしまいますよね。なので、冬の沖縄の気温と服装についてご紹介します。

 12月1月2月
最高気温21.219.519.8
最低気温16.314.614.8
平均気温18.71717.1

冬の沖縄の平均気温は18℃前後と比較的過ごしやすい気温です。本州の5月・10月と似た気温であり、長袖と羽織り物で十分でしょう。

しかし、曇りや雨の日のように陽が出ていない時は、肌寒く感じることがあります。なので、心配な方はカーディガンやストールなど温度調節が出来るものを持って行くのがオススメです。

本土とは一味違う!?沖縄のおすすめ温泉7つと効能を紹介

2019年5月18日
スポンサーリンク

過ごしやすい気温!冬の沖縄で観光を楽しもう!

沖縄県の冬は本州よりも気温が高いため、過ごしやすいと言えるでしょう。その為、冬の時期に沖縄へ旅行に行く人もいると思います。なので、冬の沖縄でオススメな観光地をご紹介します。

青の洞窟でシュノーケリング・ダイビング

青の洞窟とは沖縄本島でも有数のシュノーケリング・ダイビングスポットです。

洞窟内は石灰質の白い海底に太陽の光が屈折することにより、青く光っています。その景色は神秘的であり、観光客の人気スポットになっています。

シュノーケリングやダイビングを行う際は、ウェットスーツを着用するので冬でも海に入ることが出来ます。夏の時期よりも空いているので、観光に行ってみてはいかがでしょうか。

  • 【名前】沖縄ダイビングセンター
  • 【住所】沖縄県国頭郡恩納村前兼久29-1
  • 【電話】098-965-4700
  • 【料金】コースにより異なる

最高気温が19.5℃!冬の沖縄は海に入れる?

沖縄と言えば透き通った海のイメージですよね。せっかく沖縄に来たのなら海に入りたいと思う人もいるのではないでしょうか。そこで、冬の沖縄で海に入ることが出来るのかご紹介します。

出典:https://www.photo-ac.com/dl/?p_id=152849&sz=s&f=8498ab63959e5bfb2022155584081dbd

沖縄は1月でも平均気温が19.5℃ありますが、海に入ることは出来ません。基本的に12〜2月のビーチは閉鎖されていると考えた方が良いでしょう。

沖縄本島の場合は、3月から4月にかけて海開きが行われます。2019年の海開きで1番早い沖縄本島のビーチは、3月3日(日)の万座ビーチです。

しかし、石垣島など離島の場合は年中遊泳可能な地域もあります。その為、行きたいビーチの海開きがいつなのか調べておくのがオススメです。

沖縄の台風は威力が凄い⁈発生シーズンを紹介

沖縄へ旅行に行く際は、何としても台風を避けたいですよね。沖縄の場合は海上で成長した台風が、威力を保ちながら上陸します。

その為、台風が近づくと天気が荒れてしまい観光どころではなく、ホテルに缶詰になる場合もあるでしょう。では、台風の発生シーズンはいつ頃なのかご紹介します。

気象庁によると2018年から2015年にかけて台風が沖縄に近づいた日数は以下の通りになります。(300km以内に接近した場合を近づいた日数として計測しています。)

 2018年2017年2016年2015年
1月     
2月     
3月     
4月     
5月   11
6月2   2
7月431210
8月41128
9月21418
10月121 4
11月1   1
12月     

年によって台風の接近数が多い月にバラつきがあるものの、7月が1番多いことが分かります。その他にも、8月と9月も比較的台風の接近が多いので、心配の方は7月から9月の台風シーズンは避けた方が良いでしょう。

旅先で困らないために!台風が接近した時の対処法を紹介

台風の発生シーズンを避けて旅行に行ったとしても、必ずしも避けられるとは限らないですよね。

なので、旅行の日程と台風の接近が被ってしまった時に、困らないように対処法についてご紹介します。

出発前に台風が接近した場合

欠航が高確率で見込まれる際は、1~2日前からキャンセル料なしで便変更やキャンセルを行うことが出来る可能性があります。

もし旅行のスケジュールを変更したい場合は、1度航空会社に問い合わせてみると安心です。

また、ホテルのキャンセルは、ホテルやツアー内容によって異なりますので、自分で確認してみましょう。

旅行中に台風が接近した場合

レンタカーなら移動出来ると考えがちですが、海の近くを走る場合は事故が起きる可能性が高いです。地元の人でも台風の際は運転を控えるので、ホテルなど宿泊施設で過ごしましょう。

また、シュノーケリングやダイビングは海が荒れている場合は中止になります。キャンセル料については、各施設によって異なりますので確認した方が良いでしょう。

最終日に台風が接近した場合

旅行最終日に台風が接近した場合は、先ほど説明したように便変更やキャンセルが出来る可能性があります。

しかし、飛行機が飛ばず沖縄に延長で滞在することになった場合、ホテルまでの移動費や滞在費は旅行者の負担となります。

台風で足止めになった場合は「台風料金」として、通常より安く泊まれる場合もあるのでホテルに確認してみると良いでしょう。

欠航だと思っていた便が飛んだ場合

こちらは滅多にないと思いますが、欠航だと思って空港に行かなかったのに飛行機が飛んだ場合です。この場合は、航空代は返ってきません。

なので、欠航が決まっていない場合は取り敢えず、空港に向かった方が良いでしょう。

沖縄の気温まとめ

沖縄の8月の最高気温は28.7℃であり、東京の8月の平均気温と2℃しか変わりません。その為、服装も本州の夏と同じで良いでしょう。

しかし、沖縄の1月の平均は17℃であり、1月の東京の平均気温と11.2℃も異なってきます。17℃は東京の5月・10月頃の気温と同じであり、服装に注意が必要です。

冬の沖縄の場合、長そでと羽織り物が1つあれば十分であり、荷物が軽減されるのが嬉しいですね。ただし、太陽が出ていない日は肌寒いので温度調整の為に、カーディガンやストールを持っていくと安心です。

また、沖縄では7月から9月に掛けて台風が多く接近します。台風が接近している際は、外に出ることは難しいのでよく考えて旅行の計画を立てる事をオススメします。

1度は行きたい沖縄の観光地9選!人気スポットを紹介!

2019年5月17日

沖縄本島の「一生に一度は泊まりたい」ホテル10選【車でアクセス可】

2019年4月13日

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日