静岡観光で玉露茶の産地藤枝へ行こう!定番スポット9選!

静岡の藤枝と言えば玉露茶の三大地ですが、他に何か観光地があるのかパッと浮かぶ人は少ないのではないでしょうか。なので、当記事では藤枝の観光地についてご紹介します。

トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1368292?title=%E7%9C%9F%E3%81%A3%E7%9B%9B%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%97%A4%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%80%8004

スポンサーリンク

静岡・藤枝の自然を楽しめる観光地「蓮華寺池公園」

蓮華寺池公園(れんげじいけこうえん)は桜や藤棚、池に浮かぶ蓮華など四季折々の花を楽しむことが出来る公園です。

当施設は、花・水・鳥・笑顔をテーマにしています。園内にはジャンボすべり台、こども広場、日本庭園、野外音楽堂などの施設があり年齢問わず楽しめる施設でしょう。

8月には花火大会が開催され約5,000発の花火が打ち上げられ、11月中旬から2月中旬にはイルミネーションが飾られます。

  • 【名前】蓮華寺池公園
  • 【住所】静岡県藤枝市岡出山1-11-1
  • 【電話】054-643-3487

身も心も温まる静岡県藤枝市の「蓮華寺池公園」に行ってみた!

2018年11月30日
スポンサーリンク

歴史を学べる静岡の観光地「藤枝市郷土博物館・文化館」

藤枝市郷土博物館・文化館は、蓮華寺池公園内にある藤枝市の歴史を学ぶことが出来る施設です。

模型やパネル展示がある博物館、藤枝市を代表する4人の文学者をメインに紹介している文化館があります。文化館では小説家である小川国夫の書斎を再現した展示もあります。

  • 【名前】藤枝市郷土博物館・文化館
  • 【住所】静岡県藤枝市若王子500
  • 【電話】054-645-1100
  • 【営業】9:00~17:00(月曜定休)
  • 【料金】大人:200円、中学生以下:無料

静岡・藤枝の有形文化財「岡部宿大旅籠柏屋」

岡部宿大旅籠柏屋(おかべしゅくおおはたごかしばや)は江戸時代に建てられた歴史ある建造物です。

旅籠とは江戸時代に発達した宿泊施設です。当施設ではみせの間、台所、客室など当時の旅籠の様子を見学することが出来ます。

1階は日本庭園を眺めながらゆっくり出来る休憩コーナーがあり、2階にはパネル、モニター、ジオラマなどが展示されています。

  • 【名前】岡部宿大旅籠柏屋
  • 【住所】静岡県藤枝市岡部町岡部817
  • 【電話】054-667-0018
  • 【営業】9:00~17:00(月曜定休)
  • 【料金】大人:300円、中学生以下:無料
スポンサーリンク

日本庭園で静岡・藤枝をのんびり観光「玉露の里」

玉露の里は道の駅が併設された施設です。本格的な数寄屋作りの茶室「瓢月亭」では、特産品である玉露を飲むことが出来ます。

お茶の作法を知らない人も、正座が苦手な人も美しい日本庭園を眺めながらお茶を飲めるので、1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、道の駅が併設されている事もあり、ここでお土産を買うのもオススメです。

  • 【名前】玉露の里
  • 【住所】静岡県藤枝市岡部町新舟1214-3
  • 【電話】054-668-0019
  • 【営業】瓢月亭 9:30~17:00、食事処 11:00~14:30、物産館 9:00~17:00

在原業平も詠んだ⁈静岡・藤枝の観光地「蔦の細道」

蔦(つた)の細道は、ツタがおい茂っている細道で、特に宇津ノ谷峠を指します。

かつて在原業平(ありわらのなりひら)が伊勢物語の中で「駿河なる宇津の山べのうつつにも 夢にも人にあはぬなりけり」と詠ったことでも有名です。

現在はハイキングコースとして整備されているので、天気の良い日に歩いてみてはいかがでしょうか。

  • 【名前】蔦の細道
  • 【住所】静岡県藤枝市岡部町岡部~静岡市駿河区宇津ノ谷
  • 【電話】不明
スポンサーリンク

落差70mの迫力ある滝!藤枝が誇る観光地「宇嶺の滝」

宇嶺の滝(うとうげのたき)は別名「お君の滝」とも呼ばれており、東海名瀑の1つとして数えられています。落差は約70m程ありその迫力は圧巻です。

早朝に訪れると滝全体に朝日が差し込み、綺麗な虹を眺めることが出来ます。

また大規模な崩落により現在は土砂に埋め尽くされています。今後も崩落が起きると景観が変わる恐れがあるので、景観が変わってしまう前に1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 【名前】宇嶺の滝
  • 【住所】静岡県藤枝市瀬戸ノ谷
  • 【電話】不明

静岡・藤枝の自然が味わえるハイキングコース「滝ノ谷不動峡」

滝ノ谷不動峡(たきのやふどうきょう)は、滝ノ谷川の上流にあります。つり橋や水車小屋、公園、農産物直売所などがあり、のどかな雰囲気を味わえる観光地です。

11月から12月にかけては紅葉が見ごろなので、紅葉狩りに行ってみてはいかがでしょうか。ただし、滝ノ谷不動峡に行くまでの道が狭く、車がすれ違えない箇所もあるので注意して運転しましょう。

  • 【名前】滝ノ谷不動峡
  • 【住所】静岡県藤枝市瀬戸ノ谷
  • 【電話】不明

天然の岩に彫刻した仏像⁈「磨崖仏」

磨崖仏(まがいぶつ)は、滝ノ谷不動峡の岩肌に彫刻された高さ10m、幅7mの仏像です。不動明王の磨崖仏としては、日本一の大きさを誇ります。

藤枝市に工房を構える杉村孝さんが、地元に恩返しをしたいという気持ちから約8年の長い年月をかけて作成されました。頭上にあるブロンズ像が原型となっています。

岩肌に彫られた磨崖仏は、とても神秘的なので滝ノ谷不動峡に行った際にはぜひご覧ください。

  • 【名前】磨崖仏
  • 【住所】静岡県藤枝市瀬戸ノ谷
  • 【電話】不明

明治期のレトロなトンネルを観光!「明治のトンネル」

明治のトンネルは、名前の通り明治9年に開通した日本初の有料トンネルです。1997年5月には現役のトンネルとして初めて国の登録有形文化財になりました。

全長は207m、幅3.2m、高さ3.5mのレンガ造りとなっています。現在は歩行者専用として利用されており、等間隔に吊るされている照明が明治の雰囲気を醸しだしています。

  • 【名前】明治のトンネル
  • 【住所】静岡県藤枝市岡部町岡部
  • 【電話】不明

静岡・藤枝観光まとめ

静岡の藤枝は玉露茶の日本三大地です。玉露の里で日本庭園を眺めながらのんびりお茶を楽しむのも良いですね。

また、蔦の細道や滝ノ谷不動峡などはハイキングコースとしても人気があるので、天気の良い日にはハイキングを楽しむのもオススメです。緑の小道を歩けば日頃の疲れもリラックスされるのではないでしょうか。

その他にも、岡部宿大旅籠柏屋や明治のトンネルなど、歴史を感じる観光地も多くありますので1日中楽しめるでしょう。