【日本ープーケット】飛行機での行き方・乗り継ぎ方法を紹介!

「プーケットへ旅行に行きたいけど、日本から直行便の飛行機は出ているかな?」

プーケット旅行に行きたいと思っている方の中には、日本からのアクセス方法が気になるという人もいることでしょう。

そこで、この記事では日本からプーケットまでのアクセス方法や乗り継ぎ方法について紹介しますね。プーケット旅行をしたい・行く予定があるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/空港-トランスポート-女性-2373727/

スポンサーリンク

【日本ープーケット】直行便の飛行機はある?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/飛行機/

海外旅行に行くときは直行便があるのか気になりますよね。直行便なら乗り継ぎがないため、楽に移動することができます。では、日本とプーケット間で直行便は就航しているのでしょうか。

筆者が調べたところ、2020年2月現在では日本とプーケット間の直行便はありませんでした。

プーケットへ行くには、ドンムアン空港・香港国際空港・クアラルンプール国際空港・チャンギ国際空港・仁川国際空港のどこかで乗り継ぎをしなければいけません。

乗り継ぎができる空港が5つあると、どの空港を利用すれば良いのか迷ってしまいますよね。そのため、次の章で1日の便数や所用時間を紹介しますね。

スポンサーリンク

【日本ープーケット】飛行機はどこを経由するべき?

「どの空港を利用すれば良いのか決められない!」という方のために、1日の便数と所用時間を表にまとめました。日本の空港は、国際便で最も利用者数が多い成田空港を基準にしています。

所用時間は日本と乗り継ぎ空港間、乗り継ぎ空港とプーケット国際空港間の時間のみを記載しています。実際は表の所用時間以外に、乗り継ぎ便の待ち時間があるので注意しましょう。

日本ー乗り継ぎ空港の便数 乗り継ぎ空港ープーケットの便数 所用時間
ドンムアン空港 6本 25本 8時間15分
香港国際空港 17本 4本 8時間50分
クアラルンプール国際空港 5本 10本 9時間20分
チャンギ国際空港 5本 5本 9時間30分
仁川国際空港 25本 9本 9時間5分

日本と乗り継ぎ空港間で1番便数が多いのは、25本の仁川国際空港です。乗り継ぎ空港とプーケット国際空港間で1番便数が多いのはドンムアン空港です。

日本から仁川国際空港に行くまでは便数が多くて便利ですが、プーケット行きの飛行機が9本しかないので、待ち時間が長くなる可能性が高いので注意しましょう。

ドンムアン空港ならプーケット行きの飛行機が25本就航しているので、比較的待ち時間が短くすみますよ。さらに、所用時間も8時間15分と1番短いので、ドンムアン空港を利用するのがおすすめです。

【日本ーバンコク】飛行機の料金と所用時間は?

前章でタイのバンコクにあるドンムアン空港を経由するのが、おすすめと述べました。では、成田空港からドンムアン空港まで行く航空会社はどのようなものがあるのでしょうか。

筆者が調べたところ、成田空港とドンムアン空港間を就航している航空会社は、タイアジアX・タイライオンエア・ノックスクートの3つでした。

それでは各航空会社の料金と所用時間について紹介しますね。(料金は往復料金を、所用時間は往路のものを記載しています。)

料金 所用時間
タイアジアX 22,910円 6時間50分
タイライオンエア 31,020円 7時間15分
ノックスクート 22,500円 7時間15分

最も安い料金でいける航空会社は、22,500円のノックスクートです。最も早く行ける航空会社は、6時間50分のタイアジアXです。

タイアジアXとノックスクートの料金は、410円しか変わらないので少し時間の短いタイアジアXで行くのがおすすめですよ。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日
スポンサーリンク

【日本ーバンコク】飛行機は1日何便?

前の章で、タイアジアXで行くのがおすすめだと述べました。しかし、料金や所用時間ではなく、どの時間に発着しているのかによって決めたいという方もいますよね。

そこで、タイアジアX・タイライオンエア・ノックスクートの3つの時刻表を紹介しますね。

タイアジアX
  • 9:15発 / 14:05着
  • 14:25発 / 19:55着
  • 20:15発 / 1:25着

タイアジアXは、毎日3便就航しています。毎日就航しているのは、嬉しいですね。

タイライオンエア
  • 10:30発/15:45着

タイライオンエアは、毎日1便就航しています。タイアジアXよりも2便少ないことが分かりました。

ノックスクート
  • 9:35発/14:55
  • 13:55発/19:10着

ノックススクートは、毎日2便就航しています。タイアジアXよりも1便少ないことが分かりました。

最も成田空港とドンムアン空港間を行き来している航空会社は、タイアジアXです。

【バンコクープーケット】飛行機の料金と所用時間は?

次に、バンコクとプーケット間の飛行機について説明しますね。ドンムアン空港とプーケット国際空港間を就航している航空会社は、どのくらいあるのでしょうか?

筆者が調べたところ、タイエアアジアX・タイライオンエアの2つでした。各航空会社の料金と所用時間について、下記の表にまとめました。料金は往路料金を、所用時間は往路の時間を記載しています。

料金 所用時間
タイエアアジアX 5,752円 1時間25分
タイライオンエア 4,071円 1時間30分

料金が安いのはタイライオンエアですが、所用時間が短いのはタイエアアジアXでした。

スポンサーリンク

【バンコクープーケット】飛行機は1日何便?

ドンムアン空港に到着する時間を考えて飛行機を選択すると良いと述べましたが、各航空会社の出発時間が分からないと予約の仕様がないですよね。

そこで、タイエアアジアXとタイライオンエアの時刻表を紹介します。

タイエアアジアX
  • 7:50発/9:15着
  • 9:45発/11:15着
  • 11:20発/12:50着
  • 12:45発/14:10着
  • 13:30発/15:00着
  • 14:20発/15:50着
  • 15:20発/16:50着
  • 17:15発/18:45着
  • 18:20発/19:50着
  • 19:55発/21:10着
  • 21:05発/22:05着
  • 21:15発/22:40着
  • 22:00発/23:25着

タイエアアジアXは、1日に13便就航しています。1、2時間に1本くらいのペースで就航しているので、乗り継ぎ時の待ち時間が少なくてすみますね。

タイライオンエア
  • 4:45発/6:15着
  • 5:05発/6:35着
  • 6:00発/7:30着
  • 6:45発/8:10着
  • 9:40発/11:05着
  • 11:45発/13:10着
  • 13:10発/14:35着
  • 14:50発/16:15着
  • 16:15発/17:40着
  • 18:40発/20:15着
  • 21:35発/23:00着
  • 23:05発/00:35着

タイライオンエアは、1日に12便就航しています。早朝の便が充実しているので、夜遅くにドンムアン空港に到着する場合は便利ですね。

乗り継ぎ便は到着時間の何時間後に予約するべき?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/時刻表/

前の章で、飛行機の到着時間を考えながら飛行機を選択すると良いと述べましたが、実際到着から何時間後の飛行機を予約すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そのため、ドンムアン空港に到着してから、何時間後の飛行機を予約すれば良いのか紹介しますね。

基本的には、乗り継ぎ時間の目安は最低2時間、余裕を見て3時間ほどです。なぜ3時間ほど時間を取った方が良いのか、理由は3つあります。

天候やトラブルにより飛行機が遅れる可能性があるから

1つ目の理由は、「天候やトラブルにより飛行機が遅れる可能性がある」からです。飛行機は天候やトラブルにより、出発時間が遅れることがあります。

例えば、偏西風(日本発の場合向い風)が強いと、抵抗が増え飛行時間が長くなってしまうということです。

そのため、乗り継ぎの時間を1時間ほどしか取っていないと、飛行機に乗れなくなってしまう可能性もあります。

空港内で移動に時間がかかる・迷子になる可能性があるから

2つ目の理由は、「空港内で移動に時間がかかる・迷子になる可能性がある」からです。場合によっては、飛行機を降りたあとバスや電車でターミナル間を移動することがあります。

また、英語が分からない人だと、案内が読めず迷子になってしまうこともあります。

セキュリティチェックを受けなくてはいけないから

3つ目の理由は、「セキュリティチェックを受けなくてはいけない」からです。ドンムアン空港に到着したあとは、入国審査場の手前でバンコクまでとプーケットまでの搭乗券を見せる必要があります。

そこでシールを貰い胸に貼ったら、その先にある入国審査場でセキュリティチェックをする必要があります。

セキュリティチェックがどのくらい並んでいるのかは分からないので、余裕をみて乗り継ぎ時間を3時間取るようにしましょう。

【日本ープーケット】ドンムアン空港での乗り継ぎ方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/空港/

ドンムアン空港での乗り継ぎで困らないために、乗り継ぎ方法を紹介しますね。

乗り継ぎ方法
  1. 次に乗る飛行機の出発ゲートを確認
  2. 入国審査を行う
  3. 出発ゲートへ向かう

基本的には、上記の手順で乗り継ぎを行います。飛行機を降りたあとは、通常の入国審査場に行くのではなく、乗り継ぎカウンターの後にある入国審査場へ向かってくださいね。

乗り継ぎ案内の看板にしたがって進めば、乗り継ぎカウンターに行くことができますよ。

空港内にはフードコートなどもあるので、入国審査などを済ませたあとはそこで過ごすことができますよ。

乗り継ぎの飛行機に間に合わなかった場合は?

飛行機の遅れにより乗り継ぎ便に間に合わなかった場合、どうなるのかということも気になりますよね。そのため、飛行機の遅れにより乗り継ぎ便に乗れなかった場合、どうなるのかを紹介します。

飛行機の遅れにより間に合わなかった場合でも、持っている搭乗券により対応は異なります。

下記の対応はエアアジア(タイエアアジアXの親会社)のものです。タイライオンエアの対応に関する記事は、見つかりませんでした。

単一の予約番号の搭乗券を持っている場合

まず初めに紹介するのは、単一の予約番号の搭乗券を持っている場合です。単一の予約番号の搭乗券を持っているときは、空席がある最も早い飛行機に搭乗することができます。

直行便をそれぞれ予約した場合

直行便をそれぞれ予約している(予約番号の違う搭乗券が2枚ある)場合、発生した問題の原因を元に対応が決定します。

つまり、その時にならないとどのような対応になるのか、分からないということです。

航空会社によって対応が異なるので、心配な方はあらかじめ確認をしておくと良いでしょう。

【日本ープーケット】飛行機まとめ

日本とプーケット間の飛行機について紹介しました。2020年2月現在、直行便が就航していないので乗り継ぎをする必要があります。

乗り継ぎができる空港は5つありますが、筆者のおすすめは乗り継ぎ便が多く就航しているドンムアン空港です。

また、航空会社は便数が多いタイエアアジアXがおすすめですよ。搭乗券を予約する際は、成田空港・ドンムアン空港・プーケット国際空港をまとめて購入しましょう(同一予約番号)。

同一予約番号の場合は、飛行機の遅れで乗り継ぎ便に乗れなくても、空席がある最も早い飛行機に乗ることができるのでおすすめです。