宮崎観光は冬でもイケる!厳選6スポットと名湯3選をご紹介!

「冬の宮崎って観光する所あるの?」と思っている方は多いのではないでしょうか。

そうですよね。宮崎といえばマンゴーやチキン南蛮、夏に行きたい高千穂峡など、冬のイメージはあまりないですから。

そこで今回はむしろ冬にこそ行きたい宮崎の観光スポット6選と、冷えて疲れた体に染みる名湯3選をご紹介します! ぜひこの記事を参考にして、冬の宮崎を観光してみてくださいね。

(出典:https://pixabay.com/images/id-1768107/)

スポンサーリンク

冬に行きたい宮崎の観光スポット①天岩戸神社

天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)」は日本神話に登場する、天岩戸という岩の洞窟を奉る神社です。天照大御神(あまてらすおおみかみ)が隠れたとされる、岩戸隠れの伝説で有名ですね。

いわと‐がくれ〔いはと‐〕【岩戸隠れ】

天照大神(あまてらすおおみかみ)が、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の乱暴を怒って天(あま)の岩屋戸に隠れたため、天地が真っ暗になり昼がなくなったという神話。困りはてた神々が、祝詞や舞などで大神を招き出すと天地は再び明るくなったという。後半を「岩戸開き」といい、合わせて「天の岩屋戸神話」を構成する。
 
(出典:コトバンク デジタル大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E5%B2%A9%E6%88%B8%E9%9A%A0%E3%82%8C-436992)

太陽神である天照大御神が再び現れた場所で初詣をすると、なんだかご利益がありそうです。そのまま初日の出を見るのも、良いゲン担ぎになるかもしれませんね。

境内には他にも「天安河原(あまのやすかわら)」や「古代銀杏(こだいいちょう)」、御神木である「招霊(おがたま)の木」などがありますので、ぜひ巡ってみてください。

歴史を感じつつ冬の宮崎で初詣をするなら、天岩戸神社が断然オススメです。興味がある方は、ぜひ行ってみてくださいね。

天岩戸神社
  • 住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1
  • 電話番号:0982-74-8239
  • 営業時間(社務所):8:30~17:00
  • 公式サイト:天岩戸神社

スポンサーリンク

冬に行きたい宮崎の観光スポット②えびの高原

えびの高原」は九州南部の山々に囲まれた、盆地状の高原です。「えびの」という名前の由来は、秋のススキ野が葡萄色(えびいろ、ぶどうのような赤紫色)になるからだそうですよ。

えびの高原では12月上旬~3月上旬まで「えびの高原アイススケート場」が開かれます。ここでは雄大な山々を背景に、氷の上を滑ることができますよ。子供連れやカップルの方にもオススメです。

他にも「足湯の駅 えびの高原」や「白鳥温泉」など温まれる場所も多く点在するので、冷えて疲れた体を癒すこともできます。

冬にしかできないスケートとその後の温泉を楽しみたいなら、ぜひえびの高原に寄ってみてくださいね。

えびの高原
  • 住所:宮崎県えびの市
  • 電話番号:0984-33-3002(自然公園財団えびの支部)
  • 料金:無料
  • 公式サイト:霧島・えびの高原

冬に行きたい宮崎の観光スポット③フローランテ宮崎

フローランテ宮崎」は宮崎市にある植物園で、広い敷地内に多くの見所がありますよ。

子どもたちが遊べる「フラワー機関車」や、コニファーが生育された「ロックガーデン」など15の施設があり、四季折々の花々を見て楽しむことができます。

特に冬場はパンジーやビオラ、クリスマスローズなどを見られるでしょう。他にも無料のガーデニング講習も行っているので、楽しむだけでなく学ぶこともできますよ。

また12月上旬~1月中旬頃にかけて、イルミネーションイベントを行っています。きらめく美しい景色を見に、全国から観光客が来るそうですよ。当然写真映えもするので、良い旅の思い出を形に残せますね。

宮崎一の植物園とイルミネーションを見るなら、フローランテ宮崎に決まりです。ぜひ家族やカップルと一緒に、ロマンティックな景色を楽しんでいってくださいね。

フローランテ宮崎
  • 住所:宮崎市山崎町浜山414-16
  • 電話番号:0985-23-1510
  • 開園-閉園時間:午前9:00~午後5:00(イベントにより変更あり)
  • 入場料金:大人310円、小中学生150円、未就学児無料
  • 公式サイト:フローランテ宮崎

スポンサーリンク

冬に行きたい宮崎の観光スポット④こどものくに

こどものくに」は宮崎市にある、約17万平方メートルの遊園地です。他の遊園地よりかは遊具数などが少ないですが、入場料が無料というのが格別に良い所ですね。

「こどものくに」にはアドベンチャーランドやツリーハウスなど、子供たちが遊びたくなるような遊具があります。またセグウェイやカヌーなどのアクティビティを体験することもできますよ。

冬場にはツバキやカンヒザクラが咲くので、遊ばずにゆったりと過ごすのもオススメ。食事処やお土産屋さんもありますので、一日居られるスポットですよ。

冬の宮崎に行こうと思っている家族連れの方には、「こどものくに」がオススメです。ぜひお子さんと一緒に遊んで体を温めたり、冬の植物を楽しんでみてくださいね。

こどものくに
  • 住所:宮崎県宮崎市青島1-1-1
  • 電話番号:0985-65-1111
  • 営業時間:9:00-17:00
  • 入園料:無料
  • 公式サイト:こどものくに

冬に行きたい宮崎の観光スポット⑤道の駅 フェニックス

道の駅 フェニックス」は宮崎市の日南海岸沿いにある、ビュースポットとしても知られている道の駅です。ちなみにフェニックスとは、ヤシ科の樹木であるカナリーヤシのことです。

この道の駅では南国チックなカナリーヤシと一緒に、名勝である堀切峠を一望することができますよ。また堀切峠では「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩が有名で、海の干潮時には上を歩くこともできちゃいます。

道の駅フェニックスには毎年、初日の出を見に多くの人々が押し寄せます。日南海岸の向こうから上がってくる朝日は、きっと新年最初の絶景として記憶に残ることでしょう。

車で簡単に行き、停めることもできるので、手軽に初日の出を見たい方にオススメです。元旦はぜひ、道の駅フェニックスに寄ってみてくださいね。

道の駅フェニックス

スポンサーリンク

冬に行きたい宮崎の観光スポット⑥鵜戸神宮

鵜戸神宮(うどじんぐう)」は日南市にある神社で、一帯が国の名勝「鵜戸」として指定されているスポットです。鵜戸神宮では縁結びや夫婦和合、安産などの信仰があるそうですよ。

鵜戸神宮は日向灘(ひゅうがなだ)に面しており、荒々しい岩々と海の絶景を見ることができます。鵜戸神宮の20の名所の1つである「千鳥橋」という朱塗りの橋から、記念写真を撮る方も多いとか。

また大晦日には大祓式や除夜祭といった伝統的な行事が行われ、翌年元日には歳旦祭などが行われますよ。冬場は他にも30以上の行事がありますので、年末年始以外もオススメです。

鵜戸の名勝を見ながら参拝できるのは、鵜戸神宮だけです。風景が好きな方にもオススメですので、ぜひ行ってみてくださいね。

鵜戸神宮
  • 住所:宮崎県日南市大字宮浦3232
  • 電話番号:0987-29-1001
  • 開閉門時間:6:00-19:00(4~9月)、7:00-18:00(10~3月)
  • 公式サイト:鵜戸神宮

疲れに染み渡る宮崎の名湯①こばやし温泉 美人の湯

ここからは冬の観光で冷えて疲れた体に染み渡る、宮崎の名湯3選についてご紹介させていただきます。

まずは小林市にある「こばやし温泉 美人の湯」からご覧ください。こちらは天然温泉かけ流しで、いつでも綺麗な源泉に浸ることが可能ですよ。

泉質は炭酸水素塩で、神経痛筋肉痛疲労回復などに効きます。大浴場や露天風呂など豊富な種類の温泉があるので、好みの場所でゆったり過ごすのがいいですね。

また温泉以外にも無料で利用できる「グラウンドゴルフ場」や、お手頃な価格で料理をいただけるお食事処「柿の木茶屋」もあります。

純粋に温泉が好きな方にもオススメですので、ぜひ旅の途中に利用してみてくださいね。

こばやし温泉 美人の湯(公衆温泉)
  • 住所:宮崎県小林市堤4378番地
  • 電話番号:0984-22-3333
  • 営業時間:10:00-22:00(最終受付21:00)
  • 入浴料:中学生以上500円、3歳~小学生300円
  • 公式サイト:こばやし温泉 美人の湯

疲れに染み渡る宮崎の名湯②湯之元温泉

湯之元温泉(ゆのもとおんせん)」は西諸県郡(にしもろかたぐん)にある温泉旅館で、その歴史はなんと明治35年からになります。温泉そのものの由来は、日本神話が生まれる前まで遡るそうですよ。

湯之元温泉の湯は高濃度炭酸泉で、「ラムネのお風呂」と呼ばれるほどのシュワシュワ感を味わうことができます。高濃度炭酸による血行促進の効果からか、湯上りでもポカポカだそうですよ。

食事は地元食材をふんだんに使った会席料理や、黒豚のしゃぶしゃぶなどが食べられます。また朝食はバランスのよい和食をいただけるそうで、胃腸に優しいのも嬉しいポイントですね。

全国でも珍しい高濃度炭酸泉やおもてなしに癒されたい方は、ぜひ湯之元温泉に行ってみてくださいね。きっと晴れ晴れとした気持ちで、次の朝を迎えることができるでしょう。

湯之元温泉
  • 住所:宮崎県西諸郡高原町湯之元
  • チェックイン:15:00〜22:00
  • チェックアウト:〜10:00

疲れに染み渡る宮崎の名湯③極楽温泉 匠の宿

極楽温泉 匠の宿」は西諸県郡にある温泉旅館で、日本神話の天孫降臨伝説が息づく高千穂峰(たかちほのみね)のふもとにありますよ。

てんそん‐こうりん〔‐カウリン〕【天孫降臨】

日本神話で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、天照大神(あまてらすおおみかみ)の命を受けて葦原の中つ国を治めるために高天原(たかまがはら)から日向(ひゅうが)国の高千穂峰に天降(あまくだ)ったこと。
 
(出典:コトバンク デジタル大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E5%AD%AB%E9%99%8D%E8%87%A8-102534)

匠の宿の敷地内は美しい風車や自然など、目に見える癒しでいっぱいです。また宿自体も風情ある佇まいで、タイムスリップしたかのような錯覚を覚えてしまいますね。

匠の宿の極楽温泉はにごり湯百選にも選ばれ、それを満たす一彫刻風呂も名物の1つですよ。ちなみに一彫刻風呂とは、20トンもの大岩からくりぬいたお風呂のことです。

食事は九州山河料理と呼ばれる、九州各地の源泉食材を用いた料理を味わうことができますよ。地鶏やヤマメ料理などに、舌鼓を打つこと間違いなしです。

天孫降臨の地ということですが、歴史好きの方以外にもオススメの旅館です。旅館そのものも美しい佇まいですので、きっと良い旅の思い出になることでしょう。

極楽温泉 匠の宿
  • 住所:宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田7449
  • チェックイン:15:00-17:00
  • チェックアウト:10:00 または 10:30 まで(プランによって異なる)
極楽温泉 匠の宿(日帰り温泉・大浴場)
  • 営業時間:6:00-22:00
  • 定休日:年中無休
  • 入泉料:大人1回450円、小人1回200円

【グルメだけじゃない!?】宮崎県のおすすめ温泉と宿5選

2019年8月21日

まとめ

出典:https://pixabay.com/images/id-1768107/

今回は冬に行きたい宮崎の観光スポット6選と、疲れに染み渡る名湯3選をご紹介させていただきました。

宮崎には年末年始に訪れたい神社や、遊べるスポットなどが盛りだくさんです。家族や恋人と見に行きたいイルミネーションイベントもありますよ。

旅の最後には炭酸泉に浸かって、冷えや疲れを取るのもオススメです。紹介したうち2つは旅館ですので、そのまま泊まってもいいですね。

最後に今回ご紹介した観光スポットと名湯を、表形式で載せておきます。冬の宮崎を観光する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

観光スポット6選住所
天岩戸神社宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1
えびの高原宮崎県えびの市
フローランテ宮崎宮崎市山崎町浜山414-16
こどものくに宮崎県宮崎市青島1-1-1
道の駅フェニックス宮崎県宮崎市内海381-1
鵜戸神宮宮崎県日南市大字宮浦3232
名湯3選住所
こばやし温泉 美人の湯宮崎県小林市堤4378番地
湯之元温泉宮崎県西諸郡高原町湯之元
極楽温泉 匠の宿宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田7449

宮崎旅行で外せない観光地9選!自然と歴史を満喫しよう!

2019年8月17日

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。