飛行機内で眠れない人必見!機内で眠れるようになるコツを9つ紹介!

飛行機は長時間の移動になることもあり、機内で眠れないと暇ですし寝不足になることもあります。

しかし、飛行機では横になることが出来ず、なかなか眠れないという人もいますよね。

そんな飛行機で眠れなくて困っているというあなたのために、当記事では飛行機で眠れるコツを9つ紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/睡眠-疲れて-座っている-3499608/

スポンサーリンク

飛行機で眠れない人は座席選びからこだわってみよう

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/飛行機/

飛行機で眠れない方は、座席選びからこだわってみると良いでしょう。席によって比較的揺れずらいところや静かな席があり、睡眠がとれやすくなりますよ。

飛行機で揺れづらい席は、主翼がある真ん中あたりです。真ん中の席が取れなかった場合は、前の方を取るようにしましょう。

1番揺れるのは後ろの席ですので、座席指定出来るときは真ん中~前方で予約するのがおすすめです。

1番騒音が大きい席は、エンジンが近くにある後ろの席です。飛行機内で最も、音が響いてきます。

座席選びのポイント!
  • 1番揺れない席は真ん中の座席であり、1番揺れるのは後方の座席
  • 1番音がうるさいのは、エンジン近くの後方の座席

揺れが原因で寝れない方は真ん中の座席を、音が原因で寝れない方は前方の座席を指定しましょう!

飛行機の座席でおすすめな場所は⁈シーンや希望ごとに紹介

2019年10月23日
スポンサーリンク

飛行機で眠れない人は服装を気を付けよう!

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/服/?pagi=2

飛行機で眠れない方は、服装選びにも気を付けましょう。おすすめの服装はゆったりした服で、締め付け感のないものです。

スウェット生地や伸縮性のある素材、そのほかにも着心地の良い服装を身にまとうことでリラックスしながら眠れることでしょう。

また、飛行機内は22度から26度に設定されていることが多く、身体が冷えてしまうことがあります。

そのため、足元を冷やさないよう厚手の靴下を履くか持っていくと良いでしょう。身体の冷えは睡眠の妨げにもなってしまいますよ。

飛行機で眠るには搭乗前のストレッチが大切

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/ストレッチ/

飛行機で寝れない方は、搭乗前にストレッチをするのも大切です。ストレッチをすることによって、筋肉がゆるみ血流がよくなったりリラックスしたときに優位になる副交感神経を高めてくれたりします。

身体の余計な力が抜けるので、眠りやすくなりますよ。ストレッチをするときは、力任せなどやってはいけないことがあるので注意しましょう。

ストレッチの注意点
  • 力任せにやってはいけない
  • 反動をつけてはいけない
  • 呼吸を止めてはいけない

特に呼吸を止めてしまうと筋肉がリラックス出来ないので、深呼吸や腹式呼吸をしながらストレッチを行いましょう!

スポンサーリンク

ネックピローを使用して飛行機内で眠ろう!

ネックピローは重たい頭を支えてくれるので、首周りの負担をサポートしてくれます。首周りの負担を軽減してくれるので、眠りやすくなりますよ。

ネックピローは首の後ろに巻いて使用するものですが、前に巻いて使用することによって、睡眠中に首がカクンと落ちて目覚めるのを防止してくれる効果も!

途中で目が覚めるのが嫌な方は、前に巻いて使用してみるのも良いですね。

ネックピローはクッションタイプのものから、空気を入れるタイプのものまで様々なものがあるので、自分にあったものを見つけてみましょう!

飛行機で眠れない人はアイマスクを持参すべし!

夜のフライトの場合は飛行機内の照明も落とされますが、昼間だと明るいままですよね。

周りが明るくて寝付けないという方は、アイマスクを持って行くと良いでしょう。光が遮断されるので、明るい機内でも入眠しやすくなりますよ。

さらにアイマスクを利用することにより、目の周りが温められて眼精疲労が軽減するという嬉しい効果もあります!

花王さんが出している蒸気温めてくれる”めぐリズム”は、お手荷物・お預け荷物ともに持ち込み可能です。

スポンサーリンク

飛行機で眠れない人も心地よい音楽で快眠♪

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/音楽/

飛行機内で眠れないという方は、心地よい音楽を聴いてみるのも良いですね。周りの雑音がシャットアウトされて、眠りやすくなりますよ。

歌詞が付いている曲の場合、言葉に意識がいってしまうのでリラクゼーション系の音楽を聴くようにしましょう。個人的には雨の音を聴いていると眠りやすくなります。

心地よいと感じる音は人それぞれなので、飛行機に乗る前にリラックス出来る音楽を探しておくのがおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンで周りの音をシャットアウト!

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/イヤホン/

音楽を聴いていると周りの声は消えるけど、エンジン音が気になって寝付けないという方におすすめなのがノイズキャンセリングイヤホンです。

耳栓よりも消音効果が高いので、ゴーというエンジン音もほとんど消してくれますよ。静かな状態で眠りたいという方はぜひ利用してみはいかがでしょうか。

さらに、エンジン音を消してくれるので機内で映画を見る方も、映画に集中しながら鑑賞が出来ますよ。

飛行機で眠れない人はフットレストを利用しよう

ずっと座っている体勢が辛くて寝付けないという方は、フットレストを使用すると良いでしょう。フットレストとは、前の座席に付いている足を置けるスペースのことです。

フットレストを利用することによって、比較的足を伸ばして過ごせますよ。

出典:https://www.jal.co.jp/dom/baggage/inflight/

フットレストが付いていない飛行機もあるかと思いますが、自分の荷物をフットレスト代わりに使用するのはダメですよ。荷物は座席の下か収納棚に入れてくださいね。

飛行機で眠れない人はカフェインやお酒を控えよう

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/カフェイン/

飛行機で眠れない方は、カフェインやお酒の摂取を控えましょう。カフェインは覚醒効果や利尿作用があるので摂取しないようにしてくださいね。

個人差はありますが、眠りたい時間の4時間前からはカフェインを控えた方が良いですよ。

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/お酒/

お酒を飲むことで入眠しやすくなるため、眠れない方の中にはお酒に頼る人もいるのではないでしょうか。

お酒を飲むこと事態は特に問題はありませんが、上空は地上に比べて3倍ほど酔いやすくなっています。そのため、いつものペースで飲んでいると悪酔いする可能性があります。

悪酔いしてしまうと気持ち悪くなったりと、睡眠どころではなくなるので飲む量には気を付けてくださいね。

まとめ

飛行機内で眠れない方のために、眠れるようになるコツを9つ紹介しました。

  1. 座席は真ん中~前方を利用
  2. 服装はゆったりした着心地の良いものを着る
  3. 搭乗前にストレッチを行う
  4. ネックピローを使用する
  5. アイマスクを利用する
  6. リラクゼーション系の音楽を聴く
  7. ノイズキャンセリングイヤホンでエンジン音を遮断する
  8. フットレストを利用する
  9. カフェインやお酒の摂取を控える

筆者が飛行機に乗るときは、アイマスクを使用して、音楽を聴きながら眠っていますよ。

しかし、エンジン音がどうしても気になってしまうので、ノイズキャンセリングイヤホンの購入を検討しているところです。

飛行機内で眠れない方は、この記事で紹介してきたコツを実践してみてくださいね。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日