ハマカードのポイント還元率は0.5%。お得に賢く貯める方法とは?

「横浜インビテーションカード」=通称「ハマカード」は、横浜観光プロモーションより認定を受けた、魅力的なサービスが満載のクレジットカードです。

貯まったポイントを利用して豪華なアイテムと交換したり、ANAマイルなど他社のサービスへ変換したりと使い勝手の良いラブリィポイントが貯まるハマカード。

今回はそんなハマカードで貯められる「ポイント」の制度を紹介していきます。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-1520400/)

スポンサーリンク

ハマカードは¥200で1ポイント貯まる「ラブリィポイント」

株式会社ジャックスが発行している「横浜インビテーションカード」=通称「ハマカード」に貯まるポイントは、「ラブリィポイント」というものが関係してきます。

70枚以上のクレジットカードを発行している株式会社ジャックスでは、多くのカードに共通して「ラブリィポイント」が貯められるようになっています。

利用料金¥200につき1ポイントが貯まるラブリィポイントは、カード利用料金から値引きができたり、他社のポイントへ変換できたりと、使い道が多くあるのも特徴の1つです。

ポイント還元率を見てみると、リクルートカードの1.2%は非常に魅力的ですよ。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%!お得に賢く貯める方法とは?

2019年7月21日
スポンサーリンク

利用金額で変わる「ラブリィ☆アップステージ」とは?

ハマカードに貯められるラブリィポイントには、「ラブリィ☆アップステージ」と言う制度が設けられています。まずはこちらの画像をご覧ください。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/4

年間の利用金額によって、翌年のポイントアップ率が変わると言う仕組みです。

ポイント還元率の計算の仕方

今回は、通常のポイント還元率0.5%・年間利用金額の合計が300万円以上(ポイントアップ率100%)だったと仮定します。

  •   0.5 + (0.5×100%)
  • =0.5 + 0.5
  • =1

ポイントアップ率が100%だった場合には、通常のポイント還元率に「0.5%」分が追加されます。

もともと¥200につき1ポイント還元(還元率0.5%)のところ、ポイントアップ率100%であれば「+0.5%」、ポイントアップ率50%であれば「+0.25%」のポイント還元率が追加されると覚えておきましょう。

例えば
  • 年間300万円以上利用した場合:翌年のポイント還元率は1%(通常のポイント還元率0.5% + ポイントアップ率分の0.5%
  • 年間50万円~100万円以下の利用だった場合:翌年のポイント還元率は0.75%(通常のポイント還元率0.5% + ポイントアップ率分の0.25%

公式サイトには「ポイントアップ率が何を示しているのか」についての具体的な説明はありませんでしたが、問い合わせてみたところポイント還元率が追加されると言うことがわかりました

ハマカードに貯まったポイントの3つの使い道

ハマカードに貯まったポイントの使い道は、「カード利用料金請求時の値引き」、「商品との引き換え」、「他社サービスへの変換」の3つあります。それぞれについて紹介していきます。

カード利用料金請求時の値引き

カード利用料金請求時の値引きは、「Jデポ」と言う制度を利用します。事前に付与された金額(Jデポ金額)が差し引かれるシステムのことです。

例えば「Jデポ¥1,000」が貯まっていたら、Jデポの有効期限内にハマカードを利用して¥10,000の買い物をすると、カード料金支払い時に¥1,000分が値引きされ¥9,000の支払いとなります。

貯まったラブリィポイントをそのまま反映できるわけではありません。ラブリィポイントをJデポに変換する必要があります。

商品との引き換え

貯まったラブリィポイントを使って、様々な商品と引き換えることができます。ハマカードに限らず、多くのクレジットカードは貯まったポイントを商品と引き換えられるのが、魅力の1つですよね。

商品と引き換える方法は3種類あるのですが、この3つの方法に関しては後ほど紹介します。

他社サービスへの変換

貯まったラブリィポイントは、ジャックスが提携している他社のポイントやマイルに変換(移行)することができます。

変換可能なポイントやマイルの一例
  • ANAマイル
  • JALマイル
  • au Wallet ポイント
  • dポイント
  • Tポイント

他社サービスへポイントを変換する場合には、会社によってポイントの変換方法が異なります。また、ポイントの移行レートも変わってきます。詳しい内容は後ほど記述しますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

貯まったポイントで引き換えられる超お得アイテム

それではここで、貯まったポイントで引き換えができる超お得なアイテムを、一部紹介していきます。今回紹介しているアイテム以外にもありますので、ぜひカタログをご覧ください。

ルンバ

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/8

こちらは、自動で部屋の中を掃除してくれるお掃除ロボット「ルンバ」です。

面倒な掃除を代わりに引き受けてくれるルンバ。部屋の隅々まで自動で掃除してくれるので、テレビを見ながらゆっくりとしているだけでも部屋を綺麗にしてくれますよ。

引き換えには46,200ポイントが必要となります。(インターコムクラブ経由なら、もっとお得になります。)

IH 炊飯ジャー

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/8

こちらは、日本人には欠かせない「炊飯ジャー」です。お米が主食の日本人にとっては炊飯器が必需品ですよね。

引き換えには20,450ポイントが必要となります。(インターコムクラブ経由なら、もっとお得になります。)

衣類スチーマー

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/8

こちらは、服のニオイを消したりシワを取ってくれる「衣類スチーマー」です。

引き換えには12,800ポイントが必要となります。(インターコムクラブ経由なら、もっとお得になります。)

ハマカードのポイントは他社サービスへの変換も可能!

先ほども話した通り、ハマカードに貯まったラブリィポイントは、他社サービスへの変換も可能です。実際に変換できる他社サービスを”全て”紹介します。

変換可能なポイントやマイル
  • ANAマイル
  • JALマイル
  • au Wallet ポイント
  • dポイント
  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Gポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • nanaco ポイント
  • Pontaポイント

航空会社のマイルのほか、普段よく利用するコンビニや楽天のポイントへと変換できるんです。なお、各サービスへ変換する際の移行レートは以下の通りとなっています。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/20

例えば、ラブリィポイント1,000ポイント分を変換する場合には、ANAマイルの場合には600マイルに、JALマイルの場合には500マイルに変換される、といったように、会社によって変わります

ラブリィポイントの移行レートに関しては、上記画像をよくご覧ください。

「ポイントの移行期間」も目安が掲載されていますので、余裕を持って変換することをおすすめします。
スポンサーリンク

ハマカードで貯まったポイントの引き換え方法

ここまではハマカードに貯められるラブリィポイントを利用することで交換できるアイテムや、変換可能な他社サービスなどを紹介してきました。

ポイントをアイテムに交換したり、他社サービスへと変換するためには当然引き換えを行う必要があるのですが、ラブリィポイントの場合には、引き換えの方法が3つあります。

最も使い勝手がいいのがインターネット上でできる「インターコムクラブ」なのですが、今回は3つ全ての引き換え方法について紹介していきます。

後ほど詳述しますが、ラブリィポイントには有効期限があるので注意してください。

【利用推奨】インターコムクラブで引き換える

まず1つ目は、インターネット上のサービス「インターコムクラブ」を利用する引き換え方法です。

インターコムクラブとは、月々のカードの利用金額や、ポイントの確認、会員限定のキャンペーンを確認することができるサイトです。

インターコムクラブを利用してラブリィポイントを引き換えると、「割引」になるんですよ!詳しい内容は、まずはこちらの画像をご覧ください。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/

インターコムクラブから申し込むと、お得に引き換えができることがわかりますよね?ただ、アイテムを引き換える際には「一律〇%分お得になる」という決まりはないようです。

郵送や電話から申し込む場合と、インターコムクラブを利用して申し込む場合では、同じアイテムでもどのくらいポイントがお得になるかは、インターコムクラブのページを見てみなければわかりません。

ただ、ラブリィポイントについて紹介している資料にもインターコムクラブから申し込むとお得になるとの記載がありますので、ラブリィポイントを引き換える際にはインターコムクラブを利用しましょう。

インターコムクラブ会員しか引き換えられない、限定のアイテムもあるようですよ。

郵送で引き換える

2つ目は、「郵送」を利用して引き換えるという方法です。専用の申し込み用紙や応募用紙を利用して、郵送によって申し込みを行います。

パソコンの使い方に慣れていないという人や、自分のペースでゆっくりと引き換えの手続きをしたいという人におすすめです。

インターコムクラブ会員でなくても、郵送でポイントを確認することが可能です。

電話で引き換える

3つ目は、「電話」を利用して引き換えるという方法です。自動音声を利用して申し込みを行います。

パソコンの使い方に慣れていない人や、郵送する手間が面倒だなと感じる人にとっては、電話での引き換えがおすすめです。

インターコムクラブ会員でなくても、電話でポイントを確認することが可能です。

毎年引き換え可能なアイテムは入れ替わる!

前章にてラブリィポイントを引き換える3つの方法について紹介してきました。「インターコムクラブ」、「郵送」、「電話」の3つ全てに該当することですが、引き換え可能な期間が決まっています。

引き換えが可能な期間は、毎年2月16日~翌年1月31日まで、となっています。2月1日~2月15日までは引き換えができないようになっているので注意してください。

この引き換えができない期間中は、ラブリィポイントによって引き換えられるアイテムを入れ替えている最中なのです。

要は、毎年引き換え可能なアイテムが変わっていると言うことなんです。欲しいアイテムがある場合には、1月31日までに引き換えを行うようにしてくださいね。

お得に賢くハマカードのポイントを貯める方法

ハマカードのラブリィポイントの使い道や変換方法がわかったところで、ここからはお得に賢くポイントを貯める方法を紹介していきます。ぜひ実践してみてくださいね!

毎月の固定費をハマカードで支払う

きっと誰しもが、携帯電話料金や水道光熱費など、毎月毎月必ず支払う”固定費“があるでしょう。この固定費の支払いをハマカードに統一するのが、1つ目のお得に賢くポイントを貯める方法です。

あなたは毎月の支払いを、水道局やガス会社からの請求書で支払っていませんか?毎月毎月期日までに支払いに行くのは面倒ですよね。

そんな時は、ハマカードを利用してみてください。毎月の固定費の支払いをハマカードにまとめてしまえば、ハマカードの利用料金の毎月の引き落とし日に支払えばいいので、管理が楽チンです。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/cardservice/month/

毎月必ずある支払いだからこそ、ハマカードを利用しておくと毎月一定のポイントが貯まってお得ですよ。

「JACCSモール」を利用する

2つ目のお得に賢くラブリィポイントを貯める方法は、「JACCSモール」を利用する、と言う方法です。

JACCSモールは、インターコムクラブ会員限定のポイントアップサイトです。JACCSモールを経由して普段の買い物をすると、最大で利用料金の12%分がポイントとして還元されます。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/cardservice/shopping/jaccsmall/

JACCSモールを利用すると、同じ買い物でも多くのポイントが還元されるのです。(※還元率は提携先によって異なります。)

インターネットショッピングのサイトだけではなく、電気ショップやドラッグストアなど街のお店もJACCSモールには登録されているので、普段からJACCSモールを経由する習慣をつけておくといいですね

この使い方はポイントが貯まらない!

ポイントはお得に賢く貯めることができますが、場合によってはポイントが貯まらないケースもあります。

ポイントが貯まらないハマカードの使い方は以下の通りです。よく確認しておいてくださいね。

  • Edyチャージ
  • nanacoチャージ
  • キャッシングサービス
  • カード年会費

特に、コンビニや喫茶店などで使えるEdyや、セブンイレブン系列のお店で使えるnanacoのチャージは、ポイント付与の対象外となるので注意が必要です。

なお、ハマカードだけではなく、楽天カードやBooking.comカードでも、Edyチャージやnanacoチャージ利用時は、ポイントが付与されません。

Edyチャージやnanacoチャージが、ポイント付与の対象外となるクレジットカードは多いようです。

リクルートカードを使ってnanacoにチャージすればポイント還元!

2019年8月24日

ハマカードのポイントの有効期限は?

では最後にハマカードに貯められるラブリィポイントの有効期限について紹介しておきますね。

ポイントの有効期限はポイント獲得月から2年(24ヶ月)後の末日までです。有効期限を迎えたポイントは、1ヶ月単位で順次失効となります。

出典:https://www.jaccs.co.jp/service/point/webt/HTML5/pc.html#/page/4

  • 2019年7月10日:500ポイント獲得
  • 2021年7月31日:500ポイントの有効期限
  • 2021年8月31日:500ポイント失効

ポイントは、1ヶ月単位で順次失効となるため、上述した例を元に紹介していくと、2021年7月31日~2021年8月31日まではポイント自体は残っています。

失効されていないため実質ポイントは残っていることになりますので、貯まっているポイントは失効する前に使ってしまいましょう。

まとめ

今回は、全国17万件以上の優待サービスがついている「横浜インビテーショナルカード」=通称「ハマカード」のポイント制度について紹介してきました。

ハマカードに貯められる「ラブリィポイント」は、¥200につき1ポイントと、還元率だけを見てみると0.5%と低いようにも思えるかもしれません。

しかし「JACCSモール」を利用したり、利用金額によってポイントが優遇される「ラブリィ☆アップステージ」と言う制度もあるので、ポイントをお得に賢く貯めることは十分に可能です。

普段の買い物からハマカードを利用するようにして、お得に賢くラブリィポイントを貯めていきましょう。貯まったポイントを利用して、あなたの欲しい豪華アイテムを手に入れてくださいね。

ハマカードが旅行好きにおすすめなワケ。特徴・魅力・評判を徹底調査。

2019年7月17日

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。