『東京ステーションホテル』駅直結!名だたる文豪も宿泊した伝統の宿

今回紹介する『東京ステーションホテル』は、東京駅・丸の内駅舎の中にあるエレガンスなホテル。

100年以上の歴史を持ち、名だたる文豪も宿泊した“超名門ホテル”なんですよ!時代を超えて愛される有名なホテルで、「国の重要文化財に泊まる」というスペシャルな体験をしてみませんか?

この記事では、東京ステーションホテルの魅力をたっぷり紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典:https://www.ikyu.com/00001833/)

スポンサーリンク

伝統とモダンが交錯する『東京ステーションホテル』

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

東京ステーションホテルは、1915年(大正4年)に開業した高級ホテル。名前からも分かるように、“東京駅に直結”したアクセス抜群のホテルですね!

当時の東京には宿泊施設がとても少なく、国内外の賓客を迎える場として「東京ステーションホテル」が誕生したんですよ。

尚、ホテルがある「丸の内駅舎」は、2003年(平成15年)に国の重要文化財に指定。

そんな歴史ある場所に泊まるとなると、自然とワクワクしてきますよね♪

スポンサーリンク

ドームが見える客室も!エレガンスな空間で特別な一時を満喫

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

東京ステーションホテルでは、全150室の客室を用意。現代にもフィットする洗練されたデザインで、ヨーロピアンクラシックなインテリアも特徴ですね!

こちらの上品な客室は、広さが52㎡以上もある「パレスビュープレミアムツイン」。丸の内側にある客室で、ダイナミックな景観も楽しめますよ。

他にも「メゾネット型」や「スイートルーム」など多彩なタイプがあるので、用途に合わせて選んでみてくださいね!

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

東京駅の雰囲気をより楽しみたい方は、「ドームサイド」という客室がおすすめ!

ここからはドーム内のレリーフや行き交う人々も間近に見られ、いつもとは違う視点から東京の景色を楽しめます。

特にドーム内の装飾が見所で、8つの干支の彫刻や復元されたレリーフなど美しいディテールが見られますよ。

より東京駅を楽しみたい方は、「TOKYO STATION CITY」から駅の見所をチェックしておくのもおすすめです!

東京ステーションホテルの設備・アメニティーは?

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

初めて泊まるホテルとなると、室内設備やアメニティーも気になりますよね。

東京ステーションホテルには「テレビ」「無料Wi-Fi」「セーフティーボックス」など、最低限の設備は一通り揃っています。

特筆すべきはバスアメニティーで、スイートルーム以外の客室にはホテルオリジナルの「Est. 1915(エスト イチキュウイチゴウ)」を用意。

フランスのフレグランスブランド「HISTOIRES de PARFUMS(イストワール ドゥ パルファン)」が、1年以上を掛けて作り上げたバスアメニティーなんですよ!

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

スイートルームにはイタリアの高級ブランド「ブルガリ」のバスアメニティーを用意。

また、女性が気になる「ドライヤー」「ヘアブラシ」「コットン」なども置いてあり、貸し出し備品には「レディース コスメセット」も用意していますよ。

公式サイトには設備・アメニティーの詳細が載っているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

設備・アメニティーの詳細:東京ステーションホテル
スポンサーリンク

東京ステーションホテルにはフィットネス・スパも併設

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

リラクゼーションを満喫したい方は、「フィットネス・スパ(有料)」の利用もおすすめ!

地下1階にある「SPA TOKIONE(スパ トキオネ)」では、ロンドン発のラグジュアリースパテラピー「ELEMIS(エレミス)」のトリートメントを受けられますよ。

「最近、疲れが中々取れない」「肌の調子があまり良くない」という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

また、フィットネス・スパエリアには「温浴施設」も用意していて、“美肌の湯”とも言われる「人工炭酸泉」や「人工温泉」も楽しめます。

「ドライサウナ」や「スチームサウナ」なども付いているので、しっかりとリフレッシュできますよ♪

ホテルには最新マシンを備えた「フィットネスラウンジ」もあるので、軽く運動をしてからゆっくり浸かるのも良さそうですね!(トレーニングウェアなどの無料レンタル有)

フィットネス・スパの詳細:東京ホテルステーション

どこで楽しむ?東京ステーションホテルはダイニングが多彩!

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

ホテルステイの楽しみと言えば、何と言っても“食事”ですよね!

東京ステーションホテルには、「レストラン」「バー」「ラウンジ」を合わせて計11のダイニングがあるんですよ。

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

ディナータイムには「フランス料理」や「イタリア料理」、日本人にお馴染みの「寿司」「鳥料理」「鉄板焼」などを楽しめますよ♪

ディナーを満喫した後は、バータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホテルには「ワインバー」「ウイスキーバー」「カフェ&バー」と3つのバーがあるので、気分に合わせて選ぶことができますよ。

ロビーラウンジでは、「ホテルオリジナルスイーツ」や「アフタヌーンティーセット」などカフェメニューも用意。

滞在中に一息つきたくなったときは、ぜひ利用してみてくださいね!

スポンサーリンク

宿泊しないと味わえない拘りの朝食ブッフェ!

ゲストラウンジ「アトリウム」では、100種類以上の料理が揃う「朝食ブッフェ」を楽しめますよ。

“本当に美味しい朝食を届けたい”という総料理長の想いから、シェフ自らが素材を厳選。バラエティーに富んだ拘りの料理を余すことなく堪能できます。

朝食の中で最も人気なのが、シェフが目の前で調理する「卵料理」。

こちらは人気メニューの「エッグベネディクト」で、見るからに美味しさが伝わってきますよね!

マフィンの代わりに「アボカド」を使っているので、ヘルシーに楽しめるのも魅力的です。

また、ホテル名物「黒毛和牛ビーフシチュー」をソースにした「オムレツ」も大人気!

オリジナルスタイルの卵料理は、ぜひとも食べておきたい一品ですね♪

東京ステーションホテルのお土産はスーベニアショップで!

出典:https://www.ikyu.com/00001833/

南ドームの1階には、東京土産を販売する「丹波屋」というショップがあり、ホテルオリジナルのアイテムやスイーツを販売しています。

こちらはホテルの歴史をモチーフにした「文豪セット」。かつて東京ステーションホテルには、「江戸川乱歩」「川端康成」「松本清張」など名だたる文豪たちが宿泊していたんですよ!

他にもホテルオリジナルの「フレーバーティー」や、ホテルの旧文字デザインを復刻した「トートバッグ」などもあるので、旅行の記念に購入してみてはいかがでしょうか?

東京ステーションホテルの宿泊料金はどれくらい?

公式サイトを見てみると、「【ベストレート】 シンプルステイ(朝食付)」という宿泊プランで、2名1室47,710円〜となっています。(上記は消費税・サービス料込、2021年2月時点の宿泊料金)

一般的なホテルよりは高めの設定ですが、立地やサービス内容を踏まえると良心的な価格にも感じられます。

何よりも“重要文化財に泊まる”という貴重な体験ができるので、ボーナスなどを利用して特別な体験をしてみてはいかがでしょうか?

尚、「女性向け」「期間限定」「早割」など様々なプランがあるので、予約するときは見比べてみるのがおすすめですよ。

東京ステーションホテルの基本情報とアクセス

最後に、東京ステーションホテルの基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
  • 電話番号:03-5220-1111
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00
  • 公式サイト:東京ステーションホテル
アクセス
  • JR「東京駅」丸の内南口改札→改札から南ドーム内直結
  • JR「東京駅」新幹線中乗換口→丸の内南口改札まで徒歩約1分→改札から南ドーム内直結
  • 東京メトロ丸ノ内線「東京駅」→丸の内南口改札方面徒歩約3分

駅直結の名門ホテル『東京ステーションホテル』のまとめ

今回は、東京駅・丸の内駅舎の中にある「東京ステーションホテル」を紹介しました。伝統とモダンが調和した素敵なホテルでしたね!

“駅直結”というアクセスの良さに加えて、国の重要文化財に泊まれるのはとっても魅力的なポイント♪

東京にはたくさんのホテルがありますが、これほどスペシャルな体験をできる所はそう多くありません。

入れ替わりの激しい東京で100年以上も続くのは、多くの人から愛されている証拠。ぜひ東京ステーションホテルに泊まって、特別な一時を過ごしてみてはいかがでしょうか?