『志摩観光ホテル』著名人も御用達!空・海・森に包まれる極上の宿

今回紹介する『志摩観光ホテル』は、世界の賓客をもてなしてきた日本が誇るラグジュアリーホテル。

一流のおもてなしを体感でき、志摩ならではの絶景とここでしか味わえない美食には心打たれる人が続出!そんな贅を尽くした魅惑のホテルで、存分に癒やされてみてはいかがでしょうか?

この記事では、『志摩観光ホテル』の魅力をたっぷりと紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね!

出典:https://www.miyakohotels.ne.jp/shima//room/index.html/

スポンサーリンク

多くの賓客・著名人をもてなしてきた『志摩観光ホテル』

1951年(昭和26年)に開業した『志摩観光ホテル』は、伊勢志摩の迎賓館としても活躍してきた名ホテル。

昭和天皇をはじめ皇室に愛されてきた歴史もあり、2016年には「G7伊勢志摩サミット」の舞台となったことでも話題になりました。

そんな志摩観光ホテルが位置するのは、日本の原風景が残る志摩半島。

リアス式海岸で知られるこのエリアは、1946年には国立公園にも指定されているんですよ。

真珠の養殖が盛んな「英虞湾(あごわん)」に面していて、豊かな自然を満喫できるのもこのホテルの魅力ですね!

スポンサーリンク

志摩観光ホテルを構成する3つの素敵な館

約95,000㎡もの敷地を持つ志摩観光ホテルは、「ザ クラブ」「ザ クラシック」「ザ ベイスイート」という3つの館で構成されています。

それぞれの館によって趣が異なるので、簡単に特徴を紹介していきますね!

ザ クラブ

「ザ クラブ」は、開業当時の面影を色濃く残すパブリックスペース

クラシカルな空間で居心地が良く、日によってはジャズライブが行われることもあるんですよ。

2016年のリニューアル後には、カフェ&ワインバー「リアン」がオープン。

庭園を眺めながらカフェやランチを満喫でき、晴れた日にはテラス席でティータイムを楽しむのもおすすめですね!

また、サミット開催を記念したギャラリーも併設していて、実際にワーキング・ランチで使用されたサミットテーブルも展示されています。

自由に座ることができるので、ちょっぴり首脳気分に浸ることもできますよ♪

ザ クラシック

「ザ クラシック」は、2016年にリニューアルをしたモダンクラシックな高級ホテル。

日本を代表する建築家の1人・村野藤吾氏が設計していて、「ザ クラブ」と「ザ クラシック」は“環境との共存”をコンセプトにデザインされているんですよ。

屋外プール・庭園・フレンチレストランなどを備えていて、もう1つのホテル「ザ スイート」よりも比較的安価なのが特徴ですね!

ザ ベイスイート

「ザ ベイスイート」は、英虞湾を見下ろす丘に建つ全室スイートルームの最高級ホテル。

贅を尽くしたこのホテルは、「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019年版」において5レッドパビリオンを獲得。

屋上庭園・リゾートスパ・2つのレストランなどを備えていて、より贅沢なステイを満喫できるおすすめのホテルですね!

サミット時には首脳も滞在!ラグジュアリーな客室で非日常を満喫

志摩観光ホテルの客室は、「ザ クラシック」に114室、「ザ ベイスイート」に50室を用意。

「ザ ベイスイート」の方がより高級仕様となっていますが、どちらも趣のある客室で甲乙つけがたいのが悩ましいところ。

ざっくりと雰囲気や特徴を紹介するので、ぜひ客室選びの参考にしてみてくださいね!

ザ クラシックの客室

「ザ クラシック」の客室は、クラシカルな雰囲気と木の温かみを感じられる心地良い空間。

約28㎡の「コンフォートツイン」から約96㎡の「スイートルーム」まで幅広いタイプを備えていて、旅の用途に合わせやすいのも魅力の1つですね!

ベッドには高級ホテル御用達の「シモンズ社」を採用し、バスアメニティー・スキンケアセットには「ミキモト コスメティックス」を用意。

窓からは英虞湾の景色も眺められ、余すことなく優雅なステイを満喫できますよ。

ザ スイートの客室

「ザ スイート」の客室は、全室スイートルーム100㎡以上という豪華な仕様。

バス・トイレもセパレートとなっていて、2台の「大型ハイビジョンテレビ」や「マイナスイオンドライヤー」など、設備・アメニティーの質が高いのも特徴ですね!

ベッドには世界で人気を集める高級メーカー「シーリー」を採用し、バスアメニティー・スキンケアセットにはヨーロッパNo.1のスキケアブランド「クラランス」を用意。

より贅沢なステイを満喫したい方は、「ザ スイート」の客室もぜひ検討してみてくださいね!

客室タイプ・アメニティーの詳細:志摩観光ホテル
スポンサーリンク

サービスも無料!宿泊者専用ラウンジで優雅な一時を

「ザ クラシック」と「ザ ベイスイート」には、それぞれに宿泊者専用ラウンジを用意。(写真は「ザ クラシック」のラウンジ)

ソフトドリンクにアルコール、お菓子やおつまみも全て無料となっているので、午後のティータイムや食後の一息にぜひとも利用したいですね!

「ザ クラシック」のラウンジには、数百冊の書籍を備えた「リーディングルーム」も用意。

ゆったりとしたソファーで寛ぎながら読書の時間も楽しめますよ。

他にもCD700枚・レコード80枚のコレクションを備えた「リスニングルーム」も併設。

DALI社製(デンマーク)の高音質スピーカーも備えていて、じっくりと音楽鑑賞に浸ることができます。

こちらは「ザ ベイスイート」のラウンジ。最上階にあるラウンジからは、志摩ならではの絶景を望むことができるんです♪

サミット時に各首脳陣が集合写真を撮った「屋上庭園」にも続いているので、そちらにもぜひ足を運んでみてくださいね!

ラウンジの詳細:志摩観光ホテル

首脳陣も唸らせた志摩観光ホテルの絶品料理!

志摩観光ホテルの真骨頂とも言えるのが、三重の厳選した素材で作られるシーフード料理

「ザ クラシック」には「ラ・メール ザ クラシック」、「ザ ベイスイート」には「ラ・メール」というレストランがあり、どちらのレストランでも“海の幸フランス料理”を堪能できます。

様々なコースやアラカルトを用意しているので、特におすすめのメニューを3つ紹介しますね!

こちらは志摩観光ホテル伝統の「鮑ステーキ」。写真からでも十分に美味しさが伝わってきますね!

バターの香りが香ばしく、カリッとした表面が食感をより楽しませてくれますよ。

志摩ホテルの人気メニューと言えば、「伊勢海老クリームスープ」。

サミットでも首脳陣に提供され、一口飲んだ瞬間に議論がストップしてしまったとも言われている絶品スープなんですよ!

こちらは伊勢海老を丸ごと使った「伊勢海老アメリカンソース」。

伊勢海老の旨みもさることながら濃厚なアメリカンソースも絶品と評判!心もお腹も満たしてくれる至極の一品です。

他にも魅力的なメニューやダイニングを用意しているので、予約する際はぜひチェックしてみてくださいね!

ダイニングの詳細:志摩観光ホテル
スポンサーリンク

女性におすすめ!贅沢なリゾートスパで心も体もリフレッシュ♪

志摩観光ホテルには、宿泊者専用のスパ「オー・スパ・バイ・クラランス」を併設。

このスパでは、ヨーロッパNo.1プレミアムスキンケアブランド「クラランス」を使用したトリートメントメニューを用意しています。

クラランスのサロンの特徴は、一切器具を使わずにセラピストの手のみで行うこと!“手は肌と会話する美の道具”と考えていて、温かい感触や細やかな感覚を大切にしているんですよ。

2019年には世界トップクラスのスパを選出する『WORLD LUXURY SPA AWARD 2019』を受賞。

また、2020年には同部門でアジアNo.1となる『BEST Luxury Historical Hotel Spa in Asia』も受賞している上質なスパなんですよ!

「日頃の疲れが中々取れない」「最近肌の調子がイマイチ」という女性の方は、スパの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

スパの詳細:志摩観光ホテル

アクティビティーに参加して志摩の魅力を堪能しよう!

志摩観光ホテルまたはホテル周辺では、志摩の魅力を堪能できるアクティビティーが盛り沢山!

こちらは洋上のラウンジから英虞湾を間近に楽しめる「チャータークルーズ」。(1艘22,000円〜・乗合運航1人3,500円)

中でも「サンセットクルーズ」が人気で、“日本の夕陽百選”にも選ばれた英虞湾の夕焼けをじっくりと眺めることができるんです♪

波の音や爽快な風を感じながら、贅沢な一時を満喫してみてはいかがでしょうか?

他にも「星空観察会」「シーカヤックツーリング」「真珠のアクセサリー作り」などもあるので、ぜひアクティビティーの方もチェックしてみてくださいね!

アクティビティーの詳細:志摩観光ホテル

志摩観光ホテルの宿泊料金はどれくらい?

公式サイトを見てみると、「ザ クラシック」は約15,000円〜、「ザ ベイスイート」は約32,000円〜となっています。(上記の宿泊料金は、2名1室利用・朝食付)

高級ホテルでありながらも良心的な金額となっているのは魅力的ですね!安く快適に過ごすなら「ザ クラシック」、リッチなステイを楽しむなら「ザ ベイスイート」を検討してみると良いでしょう。

他にも「早期割引60日・90日」「スパ45分・60分付」「選べる夕朝食」など様々なプランがあるので、1度宿泊プランを見比べてみるのがおすすめですね!

志摩観光ホテルの基本情報とアクセス

最後に、志摩観光ホテルの基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:三重県志摩市阿児町神明731
  • 電話番号:0599-43-1211
  • チェックイン:ザ クラシック14:00・ザ ベストスイート15:00
  • チェックアウト:ザ クラシック11:00・ザ ベストスイート12:00
  • 公式サイト:志摩観光ホテル

志摩観光ホテルへのアクセスですが、各方面から近畿日本鉄道「賢島(かしこじま)駅」へと向かいます。

「賢島駅」からホテルまでは、「ザ クラシック」の宿泊者はシャトルバスを、「ザ スイート」の宿泊者はホテルの送迎サービスを利用できますよ。(無料)

送迎サービス・その他のアクセスの詳細については、公式サイトの方から確認してみてくださいね!

自然と美食に癒やされる『志摩観光ホテル』のまとめ

今回は、三重県志摩市にあるラグジュアリーホテル『志摩観光ホテル』を紹介しました。

志摩半島の絶景や三重ならではの絶品シーフード料理など、ここでしか味わえない魅力がたっぷりでしたね!

多くの賓客をもてなしてきたこともあり、サービスの質は一級品。存分に“贅沢な時間”を満喫したい方にピッタリなホテルです!

仕事を頑張っている自分へのご褒美に、贅沢な一時をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

三重のオススメ観光地9選!伊勢神宮だけじゃない魅力を紹介

2019年7月4日