【東日本】冬になると行きたくなる、暖炉があるホテル9選

冬になると暖かい物は欠かせないです。そんな時に思い出すのが暖炉だと思います。

今回は東日本中心に9個の暖炉があるホテルを紹介します。家族、友達、恋人と泊まるホテル選びの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

『暖炉のあるホテル』①中札内農村休暇村フェーリエンドルフ

1つ目に紹介する暖炉があるホテルは、北海道にある「中村内農村暇村フェーリエンドルフ」コテージホテルです。

ドイツ人が設計をしていて北ヘッセンの民家をモデルにしています。ぬくもり感と素朴感を掛け合わせた建物です。

フェーリエンハウス(コテージ)は森の中に建てられていて、呼吸をすれば森の香りで癒されますよ。稀にリスが寄ってきたり、キツツキが木を突いてる姿が見られたりします。

2階建てで暖炉とバーベキューテラスが部屋についています。家族みんなで暖炉で暖まってはいかがでしょう。

スポンサーリンク

『暖炉のあるホテル』②ホテル 二ドム

2つ目に紹介暖炉があるホテルは、北海道にある「ホテル ニドム」です。

新千歳空港とニドムリゾート間で無料送迎バスが運行しているのでレンタカーを借りる必要はありません。(バスの予約は必要です)

自然豊かな環境は、都会を忘れるぐらいの贅沢を体験できます。すべての客室に暖炉とフィンランド産の本格ログハウスで、木のぬくもりに包まれながら、暖炉の前でゆっくり過ごすのは最高の贅沢です。

  • 北海道苫小牧市字植苗430
  • TEL.: 0144-55-8000
  • テェックイン:14:00〜
  • テェックアウト:〜11:00
  • 公式サイト ホテル ニドム

『暖炉のあるホテル』③アンヌプリ・ヴィレッジ

3つ目に紹介する暖炉があるホテルは、北海道にある「アンナプリ・ヴィレッジ」です。

ニセコの大自然に囲まれながら、家族や友達とのんびり過ごすことができますよ。

敷地内にある各別荘には暖炉があります。キッチンなど生活に必要なあらゆる設備も整えられていて、暮らすように過ごすことができます。きっと帰りたくなくなる、オススメな空間です。

  • 北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ
  • TEL: 0136-59-2111
  • テェックイン:15:00〜20:00
  • テェックアウト:〜11:00
  • 公式サイト アンナプリ・ヴィレッジ

スポンサーリンク

『暖炉のあるホテル』④柏木平レイクリゾート

4つ目に紹介する暖炉があるホテルは、岩手県にある「柏木平レイクリゾート」です。

予約をすれば山菜・きのこ採り、釣り、バードウォッチングなど、アクティビティを楽しむことができます。

コテージA棟には10月下旬〜5月下旬まで、薪を購入すると暖炉を使うことができます。思いっきり遊んだ後は、暖炉がある部屋でぬくもりを感じながらゆっくり時間を過ごすのがおすすめです。

  • 岩手県遠野市宮守町下鱒沢28-125
  • TEL.:0198-67-2885
  • テェックイン:15:00〜
  • テェックアウト:〜10:00
  • 公式サイト 柏木平レイクリゾート

『暖炉のあるホテル』⑤おとぎの宿 米屋

5つ目に紹介する暖炉があるホテルは、福島県にある「おとぎの宿 米屋」です。

暖炉の暖かい灯りと温泉で疲れが取れる当ホテルは、東京から車で約3時間の場所にあるのでアクセスが良いです。行ってみる価値はすごくあります!

中に入れば吹き抜けのロビーからおしゃれな空間が広がっています。客室には暖炉だけでなく、露天風呂もついていますよ。トロトロでお肌に優しい温泉です。

  • 福島県須賀川市岩渕字笠木168-2
  • TEL:0248-62-7200
  • テェックイン:15:00〜
  • テェックアウト:〜11:00
  • 公式サイト おとぎの宿 米屋

 

 

スポンサーリンク

『暖炉のあるホテル』⑥高原のホテル ラパン

6つ目に紹介する暖炉のあるホテルは、群馬県にある「高原のホテル ラパン」です。

群馬県嬬恋村にある四阿山の麓に広がるバラギ高原は、夏は緑の木々、冬は白銀の雄大な自然風景に包まれていているので自然を感じれます。

ホテル自慢のフレンチやアンティーク家具によって味わえる異国情緒とロビーにある暖炉の炎が、非日常を演出していて贅沢なひと時を送ることができます。

  • 群馬県吾妻郡嬬恋村 大字干俣2401
  • TEL: 0279-96-1122
  • テェックイン:15:00~18:00
  • テェックアウト:〜11:00
  • 公式サイト 高原のホテル ラパン

『暖炉のあるホテル』⑦里山十帖

7つ目に紹介する暖炉があるホテルは、新潟県にある「里山十帖」です。

10月は森全体が赤色に染まる様子が、冬には雪景色を楽しむことができますよ。四季折々の情景を楽しめるので、何度来ても飽きることはないでしょう。

フロント前にある暖炉では、お芋を調理してくれます。お芋を食べながら流れる時間は、日々の疲れを癒すのにうってつけです。

  • 新潟県南魚沼市大沢1209−6
  • TEL: 025-783-6777
  • テェックイン:15:00〜18:30
  • テェックアウト:〜11:00
  • 公式サイト 里山十帖

『暖炉のあるホテル』⑧那須温泉 TOWAピュアコテージ

8つ目に紹介暖炉があるホテルは、栃木県にある「須磨温泉TOWAピュアコテージ」です。

宿泊特典に、須磨ハイランドパーク無料で入れる特典が付いてきます。冬になればリゾートハウスで完全プライベートな状態で、四季折々に魅せる自然を五感で満喫できますよ。

暖炉がついているコテージにはマシュマロも用意されているので、焼きマシュマロを食べられます。是非自然感じながら家族友達と思い出に残る時間をお過ごしください。

『暖炉のあるホテル』⑨蓼科親湯温泉

最後に紹介する暖炉があるホテルは、長野県にある「蓼科親湯温泉」です。

数多の作家達に束の間の休息とひらめきを与えてきた、思索と安らぎの最高の空間です。

3万冊の蔵書があるラウンジは明治、昭和初期にタイムスリップした感覚になります。ロビーにある暖炉の側で選んできた本を読みながら過ごす時間は、心が安らぐことでしょう。

  • 長野県茅野市北山蓼科4035
  • TEL: 0266-67-2020
  • テェックイン:14:00~18:00
  • テェックアウト:〜10:00
  • 公式サイト 蓼科親湯温泉

『暖炉のあるホテル』まとめ

この記事では、暖炉のあるホテル9選をご紹介させていただきました。気になるホテルは見つけましたでしょうか?

暖炉に薪を入れてパチパチと火花が散りながら燃え上がる炎を眺めながら過ごす時間は、日常を忘れることができます。日々の疲れを癒すために、ホテルに泊まるのも良いですね。

暖炉のあるホテルは、東北地方を中心に存在しています。冬の時期は寒さが厳しいですが、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

是非この記事を参考にして今年の冬に最高の思い出作りしてみてください。