おすすめの容量・プランは?海外Wi-Fiレンタルの選択目安を紹介!

海外Wi-Fiレンタルを検討しているあなたは、「どれくらいの容量が必要か分からない」と悩んでいるのではないでしょうか?

基本的にデータ容量が多いほど料金が高くなるので、中には「結局どの容量・プランがおすすめなの?」と気になっている方もいると思います。

この記事では、海外旅行におけるデータ容量の目安や海外Wi-fiレンタルの選び方について紹介していきます。無料Wi-Fiについても解説するので、是非参考にして下さい。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/テキスト-メッセージ-携帯電話-1490691/)

スポンサーリンク

海外Wi-Fiレンタルのプラン

出典:https://pixabay.com/ja/photos/電話-スマート-フォン-ソニー-958066/

海外Wi-Fiレンタルのプランは、データ容量に限度がある「制限プラン」、データ容量に限度が無い「無制限プラン」の2つに分けることができます。

各社によってサービス内容・データ容量が異なりますが、この記事では海外Wi-Fiレンタルの大手である「GLOBAL WiFi」「イモトのWiFi」を引き合いに出して紹介していきます。

プランGLOBAL WiFi
(1日当たりの容量)
イモトのWiFi
(1日当たりの容量)
通常プラン300MB400MB
大容量プラン600MB500MB
超大容量プラン(GLOBAL WiFi)
ギガプラン(イモトのWiFi)
1.1GB1GB
無制限プラン無制限

尚、国によって利用できるプランが異なるので注意が必要です。各国ごとに対応しているプランは、公式サイトから確認することができます。

ちなみに「イモトのWiFi」の場合、「通常プラン(400MB)」に対応している国が少ないので、基本的に「大容量プラン(500MB)」以上のプランから選択するケースが多いです。

スポンサーリンク

海外Wi-Fiレンタルの容量は「通常プラン」では足りない?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone-6-アップル-458159/

海外Wi-Fiレンタルの料金は、「データ容量」「通信システム」「利用日数」などによって変動します。

少しでも料金を抑えたい方は、データ容量を少なくしたり、通信速度が遅い通信システムを選んだりするのが基本です。

データ容量を少なくし、料金が安い「通常プラン(約300MB)」を検討する方も多いですが、「容量が足りなくならないか心配」と不安に思う方も多いようです。

結論を述べると、「通常プランでも過ごすことは可能ですが、共有する人数や利用目的によっては物足りなさを感じることが多いでしょう。次の章からは、通信容量・プランの目安について紹介していきます。

海外Wi-Fiレンタルの容量目安

出典:https://pixabay.com/ja/photos/インターネット-whatsapp-3113279/

海外Wi-Fiレンタルを使用する上で知っておきたいのが、ネットやアプリ使用時に発生する「通信容量」です。

「イモトのWiFi」の公式サイトには、以下のような利用目安が記載されています。(1日のデータ容量が「500MB」の場合の目安。また、各使用目的のみで使用した場合の使用可能回数。)

500MB/日の利用目安
  • Webサイト:閲覧約2,500回(Google表示/1回)
  • メール:送受信約5,000通(100文字/1通)
  • Facebook:投稿約200回(2.4MBの写真/投稿1回)
  • LINE:送信約1万通(1通/50KB)・音声通話約13時間(3MB/5分)
  • Instagram:投稿約250回(1.5MB/投稿1回)
  • Twitter:投稿約500回(1回/1MB)
  • TikTok:投稿約50回(15秒の動画/1回10MB)
  • Skype:音声通話約20時間(2MB/5分)
  • Googleマップ:検索約160回(約3MB/検索1回)
  • 乗り換えアプリ:検索約1,450回(検索1回)
  • Youtube:閲覧約33分(標準画質480p)
  • 参照:イモトのWiFi(500MBのアプリ別使用目安)

※写真を添付したり、フィードを表示したりすることによってデータ量も大きく変動します。また、接続環境などによってもデータ量は変動するので目安として参考にして下さい。

スポンサーリンク

海外Wi-Fiレンタルの容量目安①通常プラン

この章からは、各プランの選択目安について紹介していきます。データ容量が少ない「通常プラン(約300MB)」は、以下のような人たちにおすすめのプランです。

通常プランの選択目安
  • たまに現地の情報を調べたり、連絡を取ったりする
  • 主に現地にある無料Wi-Fiを利用する
  • グループ内にレンタルWi-Fiを持っている人がいる

ほとんどネットやアプリを使わない人・ホテルなどにある無料Wi-Fiで事が足りてしまう人は、通常プラン(約300MB)で十分でしょう。

近年は無料Wi-Fiを利用できる国が増えてきており、空港・ホテル・カフェなどあらゆる場所で利用することが可能です。

また、動画視聴・写真の送信など通信容量が大きい作業は無料Wi-Fi困った時の連絡・情報検索はレンタルWi-Fi」というように使い分けると良いでしょう。

海外Wi-Fiレンタルの容量目安②大容量プラン

続いて紹介するのは、通常プランよりも2〜3倍のデータ容量となる「大容量・超大容量プラン(約500MB〜1GB)」です。(イモトのWi-Fiは「ギガプラン」=「超大容量プラン」)

大容量プランまたは超大容量プランは、以下のような人たちにおすすめです。

大容量・超大容量プランの選択目安
  • SNSやアプリを多用する
  • 現地で目的地や店舗情報などを確認することが多い
  • 3人以上のグループ

無料Wi-Fiが無い場所でネットやアプリを多用するなら、大容量・超大容量プラン(約500MB〜1GB)を選択すると良いでしょう。

但し、グループで1つのWi-Fiを共有する場合、1人当たりの使用量が少なくなるので注意が必要です。

例えば、データ容量が「500MB/日」のWi-Fiを3人で共有する場合、1人当たり「約160MB/日」しか利用できない計算となります。

データ容量が心配な方は、大容量プラン(約500MB)よりもデータ容量が多い超大容量プラン(約1GB)も検討してみましょう。

スポンサーリンク

海外Wi-Fiレンタルの容量目安③無制限プラン

最後に紹介する「無制限プラン(データ容量の使用制限なし)」は、以下のような人たちにおすすめです。

無制限プランの選択目安
  • 海外旅行が初めての人
  • 移動時間が長い
  • 現地に無料Wi-Fiの設備が整っていない
  • 頻繁にネット・アプリを使用する

他のプランよりも割高となりますが、データ容量を気にせず使えるのはとても心強いです。

特に海外が初めての場合や観光時の移動時間が長くなる場合は、何かとネットやアプリを使用する機会が多くなります。

また、無料Wi-Fiには「電波が弱い」「移動中に利用できない」というデメリットがあるので、自由にWi-Fiを使いたい方にはおすすめです。

海外Wi-Fiレンタルのデータ容量(使用量)の抑え方

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ぼかし-スマート-フォン-1853302/

無制限プラン以外を選択すると、1日に利用できるデータ容量が限られてしまいます。以下のような工夫をすれば、比較的通信容量を抑えることが可能です。

データ容量を抑える方法
  • 「動画視聴」「テレビ電話」「写真の送信」などを控える
  • 無料Wi-Fiを利用する
  • 現地へ行く前に情報を確認しておく

海外には日本では見られない景色やイベントが沢山あり、見た時の感動は大切な人に伝えたくなりますよね。

しかし、「動画」や「写真」が伴う作業は通信量が大きく、利用回数が多いとすぐに規定量に達してしまいます。

通信量が大きい作業は、なるべく無料Wi-Fiがある場所で行うこと方がおすすめです。「無料Wi-Fiのセキュリティが心配」という方は、予めデータ容量を多めにしておくと良いでしょう。

海外旅行に行く前に「無料Wi-Fi」がある場所を確認しよう!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/自然-ぼかし-wifi-ロゴ-2564502/

ここまで海外Wi-Fiレンタルについて解説してきましたが、海外へ行く時は無料Wi-Fiがある場所を確認しておくことが大切です。

国によって無料Wi-Fiを利用できる場所が異なり、中にはほとんど利用できない国も存在します。

万が一、海外Wi-Fiレンタルが利用できなくなった場合にも備えて、事前に現地の情報を確認しておきましょう。

尚、アメリカやヨーロッパでは無料Wi-Fiを利用できる場所が多く、主に以下のような場所で利用することが可能です。(利用できない地域もあるので、参考までに目を通して下さい。)

主に無料Wi-Fiが利用できる場所
  • 空港
  • 宿泊施設(通信環境のあるホテルなど)
  • 公共施設(図書館・公園など)
  • カフェ・レストラン

データ容量を追加できる「チャージ機能」もおすすめ!

何となく海外Wi-Fiレンタルについて理解できたかと思いますが、中には「無制限プランは必要ないけど、データ容量が足りなくならないか心配」という方もいると思います。

冒頭でも紹介した「GLOBAL WiFi」「イモトのWiFi」には、データ容量が追加できる「チャージ機能」のサービスが行われているので安心できますよ。

プランGLOBAL WiFi
(追加データ量・料金)
イモトのWiFi
(追加データ量・料金)
通常プラン500MB(650円)
1,100MB(1,250円)
500MB(500円)
大容量プラン500MB(500円)
1,100MB(1,000円)
超大容量プラン
(GLOBAL WiFi)
ギガプラン
(イモトのWiFi)
500MB(400円)
1,100MB(750円)

尚、「GLOBAL WiFi」では追加したデータ容量の未使用分を、翌日以降に繰り越すことができます。

データ容量不足が心配な方は、「GLOBAL WiFi」「イモトのWiFi」の利用を検討してみましょう。

海外Wi-Fiレンタルは3G・4Gどちらにすべき?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone-スマート-フォン-410311/

海外Wi-Fiレンタルを利用する上で、「通信システム」について気になる方も多いと思います。主に「3G」と「4G」のプランがあり、通信速度が速い「4G」の方が料金が高くなります。

快適にネットを利用したいのであれば、4Gプランがおすすめです。特にグループでの共同利用となると通信速度が遅くなってしまうので、通信速度の速い4Gを選んだ方が使い勝手が良いでしょう。

但し、国や地域によっては4Gに対応していない場合もあり、必然的に3Gとなる場合もあります。4Gほど快適ではありませんが、3Gでもメールやアプリを問題なく利用することができます。

また、頻繁にネット・アプリを利用しないのであれば、3Gでも特に問題はないでしょう。人によって利用目的は異なるので、渡航先の通信環境・海外での利用状況に応じて選択しましょう。

海外Wi-Fi容量のまとめ

今回は、海外Wi-Fiレンタルのデータ容量を中心に紹介しました。近年は無料Wi-Fiがある地域が増えてきており、比較的快適に観光できるようになっています。

但し、「電波が弱い」「セキュリティが万全ではない」といったデメリットもあり、無料Wi-Fiだけに頼るのは得策とは言い難いです。

現地で情報を検索したり、緊急時に連絡したりする時は、レンタルWi-Fi持っていた方が非常に心強いです。あまりネット・アプリを利用しない方も、1度海外Wi-Fiレンタルを検討してみると良いでしょう。