【グローバルWi-Fi】旅行先で盗難に遭ったときどうすればいい?

今回はグローバルWi-Fiが盗難に遭ったときの連絡方法や保証内容、保証に未加入だった場合の弁済費用を取り上げました。

海外の観光地では、観光客をターゲットにした犯罪が起きています。特に盗難や強盗は多いです。旅行用にレンタルしたものを盗難されてしまうと、高額な弁済費用が発生することも…。

この記事では、盗難に遭ったあとの手続きも解説しましたので、旅行先でトラブルが起きた時に備えたいときは、参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB-2846221/)

スポンサーリンク

海外用Wi-Fiの大手「グローバルWi-Fi」

旅行で不安な人

海外用Wi-Fiをレンタルしたいけど、どこを選んだらいいだろう?トラブルにも柔軟に対応している所がいい!

グローバルWi-Fiは世界中の通信会社と提携しているため、「旅行先でネットがつながらない!」ということが少なく使いやすいです。

私は過去に海外旅行に行くときにグローバルWi-Fiを利用しました。「ネットがつながらないのでは?」と思うような場所でも問題なく使えたので、次回もレンタルを考えています。

グローバルWi-Fiは盗難に遭ったときの連絡方法や手続きもしっかりしているので、これから1つずつ解説しますね。

スポンサーリンク

盗難に遭ったときのグローバルWi-Fiの連絡先は?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2211849?title=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7)

旅行先で盗難に遭ったときは、まずはグローバルWi-Fiに連絡しましょう。グローバルWi-Fiへの連絡方法は次の4つです。

盗難に遭った場合の連絡方法
  • 電話:海外+81-50-5840-9686/ 国内0120-510-670
  • LINE:@global_wifi
  • Skype:vm-info
  • メール(専用サイトより)

グローバルWi-Fiでは、基本24時間365日問い合わせを受け付けているので、時差は気にせず連絡することができます。電話が使えない場合は、LINEやSkypeも利用できるので安心ですね。

グローバルWi-Fiの盗難保証は3種類

グローバルWi-Fiでは、Wi-Fiレンタル時に盗難保証をオプションで申し込むことができます。盗難保証は「安心補償パック」という名称で、ミニ、フル、MAXの3種類から選べます。

グローバルWi-Fiの盗難保証
種   類 保証内容 修理代金の弁済費用
安心補償パック ミニ
  • 故障・水没・紛失・盗難
  • 代替機の機器配送サービス
80%まで保証
安心補償パック フル
  • 故障・水没・紛失・盗難
  • 代替機の機器配送サービス
100%保証
安心補償パック MAX
  • 故障・水没・紛失・盗難
  • 代替機の機器配送サービス
  • 携帯品、傷害死亡保証等付
100%保証

(参考:https://townwifi.com/price/hosho/)

安心補償パックミニでは、盗難保証が100%適用されません。そのため、旅行でトラブルによる弁済費用を払いたくない場合は、安心補償パックのフルかMAXのどちらかを選択した方が良いでしょう。

安心補償パックのフルとMAXの違いは、日用品の盗難保証や飛行機遅延による損害保証がつくか、です。詳細は別の記事で紹介していますので、こちらをご覧ください。

【旅行前に確認しよう】グローバルWi-Fiの保証はどこまで?

2020年3月27日
スポンサーリンク

グローバルWi-Fiで盗難保証を受けるための条件

(画像出典:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/shinagawa197161494_TP_V.jpg)

旅行先で盗難に遭った場合、必要書類を提出しないと安心補償パックを申し込んでいても弁済費用が発生します。

盗難保証を受けるためには、現地の警察で発行された盗難届が必要となります。日本でも盗難保証を受けるためには、警察の盗難届の提出が必要になりますので、同じと考えましょう。

日本の盗難届は手続きが終わればすぐに発行されますが、現地の警察ではスムーズにいかない可能性もあります。

盗難届が提出できない場合、通信機器の修理代金または再調達費用の50%の支払いが必要になるので注意しましょう。

盗難届を取得したあとの手続きは?

現地の警察で盗難届を取得できたら、グローバルWi-Fiのカスタマーセンターへ盗難届取得完了の連絡をしましょう。帰国後に盗難届をカスタマーセンターへ提出し完了です。

安心補償パックのミニは、弁済費用の最大80%まで保証になるため、弁済費用の残りを支払う必要があります。そのため、帰国後の手続きが完了したあとにグローバルWi-Fiより請求が届くので注意しましょう。

安心補償パックのフルとMAXはWi-Fiの弁済費用は100%保証されるので、手続き完了後に請求等はありません。

スポンサーリンク

盗難にあったときの弁済費用は?

(画像出典:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MOK_ichimanensatu2mai_TP_V.jpg)

「海外旅行に行く時は保険などに入っておいた方がいいと聞くけど余分なお金を払いたくないなあ…。そんなに必要なの?」と思う人もいるでしょう。

公式サイトにも安心補償パックに加入・未加入だった場合の弁済費用が掲載されています。そこでグローバルWi-Fiの安心補償パックに未加入で盗難に遭った場合の弁済費用をシュミレーションしました。

弁済費用のシュミレーション①:Wi-Fi本体

Wi-Fi本体が盗難された際の弁済費用は、Wi-Fi本体とSIMカードの2つになります。レンタル時点でWi-FiにSIMカードがセットされているので、その分も弁済費用が発生することに注意しましょう。

Wi-Fi本体の弁済費用
盗難された機器 金    額
Wi-Fi本体 15,000円
SIMカード 10,000円

弁済費用は25,000円となります。Wi-Fi本体を盗まれただけでも高額な弁済費用になりますね。

弁済費用のシュミレーション②:Wi-Fiのセット一式

Wi-Fiのセット一式が盗まれた場合は、先ほどのWi-Fi本体とSIMカードに加えて充電コードや専用ポーチなども弁済となります。

Wi-Fiのセット一式の弁済費用
盗難された機器 金    額
Wi-Fi本体 15,000円
SIMカード 10,000円
コンセント変換プラグ 2,000円
充電用アダプター 1,000円
ポーチ 1,000円

Wi-Fiのセット一式が盗難された場合は、弁済費用が29,000円となります。旅行先によりレンタル品が変わるので、弁済費用が29,000円より増える可能性もあります。

トラブルが起きる前提で安心補償パックを申し込んでおいた方が、万が一盗難に遭っても高額な弁済費用を払わずに済むので安心ですね。

グローバルWi-Fiの弁済費用は安い?

海外用Wi-FiはグローバルWi-Fi以外にも数社ありますが、グローバルWi-Fiは他社よりも弁済費用が安い点が特徴の1つです。

JRの各駅などに広告を出しているA社とグローバルWi-Fiの弁済費用を比較しました。

弁済費用はレンタル品を同じものにして算出しました。(※旅行先によりレンタル品は変わるので、同じものをレンタルして弁済が必要になった場合の金額です。)

A社とグローバルWi-Fiの弁済費用比較
レンタル品 A社 グローバルWi-Fi
Wi-Fi本体 20,000円 15,000円
SIMカード 20,000円 10,000円
充電用アダプター 4,000円 1,000円
USBケーブル 1,000円 1,000円
USBポート 3,000円 3,000円
コンセント変換プラグ 3,000円 2,000円
ポーチ 1,000円 1,000円
合計 52,000円 33,000円

Wi-Fi本体とSIMカード弁済費用のみで比較しても15,000円の差があります。その他Wi-Fi周辺機器についても、グローバルWi-Fiは弁済費用が安いですね。

万が一、安心補償パックを申し込んでいても弁済費用の支払いが必要になった場合は、グローバルWi-Fiの方が安く済ませることができるので財布にも優しいですよ。

グローバルWi-Fiは紛失でも保証は受けられるの?

海外旅行では注意していたつもりだけど、荷物を紛失してしまうことがあります。日常生活でも「あれをどこかに置き忘れたけど、場所が思い出せない…。」となりますよね。

  • 盗難・・・金品を盗まれた場合のこと。
  • 紛失・・・何かに紛れて、なくなったりなくしたりした場合のこと。

グローバルWi-Fiでは、荷物の盗難だけでなく、荷物の紛失でも保証を受けることができます。安心補償パックに紛失の保証も含まれているので、自分の不注意で無くしてしまった場合でも安心ですね。

紛失による保証を受ける場合は、盗難と同様で紛失届を現地の警察で発行してもらう必要がありますので、覚えておきましょう。

海外旅行では盗難・紛失保証をつけておくべき

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2651027?title=%E3%81%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%82%8A)

ここまでグローバルWi-Fiの盗難保証について解説しました。日本では起きないようなトラブルが海外では当たり前のように起きます。

海外旅行では、トラブルが起きる前提で準備しておきましょう。日用品は盗まれても現地で調達するなど方法はありますが、パスポートは盗まれたら帰国できず、再発行に時間がかかります。

グローバルWi-Fiでは、安心補償パックに盗難・紛失時の日用品やパスポート再発行手数料も保証対象に含まれています。

「常に注意していれば大丈夫だろう。」と思わず、旅行を楽しむためにも最低限の保証をつけておいた方が不安も減りますよね。

まとめ

今回はグローバルWi-Fiの盗難保証や盗難に遭った場合の手続きを解説しました。私は海外旅行でグローバルWi-Fiを利用し、Wi-Fiの弁済費用は払わずに済むように安心補償パックのフルを申し込みました。

旅行中はトラブルが何も起きず、機器の故障も無かったので旅行を楽しめたので結果的に良かったです。しかし、「万が一盗難などに遭ったら…。」と考えると保証をつけて損はありません。

Wi-Fiのレンタル料金に千円程度上乗せするだけで、旅行中に起きたトラブルに伴う弁済費用など支払わずに済みます。保証をつけるか悩んだら「これだけは起きてほしくない!」と思うものにつければいいでしょう。

せっかくの旅行ですから、不安を抱えていては楽しめません。必要な準備をして旅行を楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

シドニー

都内の会社で事務員してます。 ペンギンがいる水族館にいくことが趣味。イワトビペンギンがいれば興奮。キックボクシング修行中。スイーツは何でも食べてしまう。 資産運用大好きな変人。投資はFX、ロボアド、投資信託、株式、海外銀行など何でもします。