【日本ーオーランド】飛行機の料金・所用時間や移動手段を紹介!

今回は、『日本ーオーランド間の飛行機料金や所要時間や移動手段』を紹介します。

初めて海外旅行に行かれる方ですと、直行便の乗り方、直行便で乗れなかった時の乗継便での乗り方などが分からないですよね。なので、こちらの記事を見ていただければ幸いです。

ぜひとも初めてのオーランドに行かれる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC-%E3%83%BB-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E5%9F%8E-978134/

スポンサーリンク

【日本ーオーランド】直行便の飛行機はあるのか?

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F-%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-983991/

こちらの章では、日本からオーランドまでの直行便をご紹介します。2020年3月7日現在、日本からオーランドまでの直行便の運航は、ありません。

ですので日本の空港から、一回乗継ぎをしてオーランド国際空港に行く形になります。ただオーランド国際空港側として、将来的にアジアへの直行便の開設を目指した誘致活動を活発化させています。

オーランドがあるアメリカのフロリダ州にとって、日本は貿易相手国第4位と地位を占めており、バーガーキングなどの企業が日本に進出しています。

将来的に、日本の空港とオーランド国際空港の直行便が出来れば、ウォルト・ディズニー・ワールドやユニバーサル・リゾートなどのレジャー施設があるため、すぐに楽しめることができるでしょう。

スポンサーリンク

日本ーオーランド】乗継便の飛行機はどこを経由するのか?

日本からオーランドまでの直行便がないとなると、どこを経由すれば時間短縮になるのか気になる方が多いと思います。

日本からオーランドまで乗継便を利用する場合は、以下の通りになります。

乗継便一覧
  • 成田空港(東京)→モントリオール ピエールエリオット・トルドー国際空港→オーランド国際空港
  • 関西国際空港(大阪)→サンフランシスコ国際空港→オーランド国際空港

乗継が1回の場合であれば、日本の主要の空港からアメリカ国内を経由して、そのあとにオーランド国際空港に到着する形になります。

【日本ーオーランド】飛行機(乗継便)の所要時間はどのくらい?

直行便がなく乗継便に乗る以上、飛行時間などが必然的に長くなります。乗継の場合ですと、飛行時間は以下の通りになります。

乗り継便所要時間
  • 成田空港(東京)→モントリオール ピエールエリオット・トルドー国際空港→オーランド国際空港:約18時間40分
  • 関西国際空港(大阪)→サンフランシスコ空港→オーランド国際空港:約17時間50分

乗継する途中の空港で待ち時間が2時間から3時間ほど発生します。慣れない土地での移動は、やはりなれない部分があると思います。また日本と時差も違うため、乗継便に乗る際には、間違わないようにしましょう。

スポンサーリンク

【日本ーオーランド】飛行機の料金はいくら掛かる?

こちらの章では、実際に飛行機に乗った際の料金について紹介します。

飛行機の料金
  • 成田空港(東京)→モントリオール ピエールエリオット・トルドー国際空港→オーランド国際空港:104,600円
  • 関西国際空港(大阪)→サンフランシスコ空港→オーランド国際空港:195,000円

こちらは、スカイチケットという料金比較サイトで比較して出しています。

飛行機は、時間帯や早割や乗るシーズンによって、料金が変わります。また乗る場所によっても、料金も変わりますので、ぜひとも比較して乗ることをおすすめします。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

【日本ーオーランド】飛行機のスケジュールは?

こちらの章では、『日本ーオーランド間の飛行機のスケジュールについて』ご紹介します。上記にある空路の順番で紹介します。

運行スケジュール
  • 成田空港~モントリオール国際空港:1日4便
  • モントリオール国際空港~オーランド空港:1日10便
  • 関西国際空港~サンフランシスコ空港:1日6便
  • サンフランシスコ空港~オーランド国際空港:1日18便

日本から海外に行く便が、1日の本数が少なめとなっています。時間帯が合わないと、乗継便に間に合わず、時間をロスする可能性もありますので、綿密なスケジュールを計画しましょう。

スポンサーリンク

飛行機から降りて市内中心部までの移動①【路線バス

空港からまず市街地までの移動手段として、最初にあげられるのが路線バスです。オーランド国際空港から、市街地までの料金は約$2です。(約210円)

バス乗り場が4か所あり、市街地行きが2か所、インターナショナルドライブ行きやフロリダモールシーワールド行きが1か所あります。

時間帯は、朝の5:00から夜の23:30までの間で運行しており、5分から60分間隔で運行しております。市街地まで約1時間程度で行ける距離なので、バスで移動するのも一つの手でしょう。

路線バスの運行サイトなどもあるので、こちらで常に運行状況を把握しましょう。

飛行機から降りて市内中心部までの移動②【タクシー】

続いて、タクシーで市街地まで移動する手段についてご紹介します。タクシーは、メーター制となっており、4人乗りのタクシー以外に、9人まで乗車が可能であるバンタイプなどもあります。

市街地までの料金は、相場として$38(約3,931円)~70(約7,241円)ぐらいで、時間としては約40分から60分程度です。

また大きな荷物を運ぶ際には、1個につき$1が加算されます。チップの目安は、15%~20%程度です。

タクシーに乗る際には、ドライバーと基本的に英語でコミュニケーションをとらないといけませんが、英語が出来なくても住所を書いてあるものを見せれば大丈夫です。

飛行機から降りて市内中心部までの移動③【レンタカー】

公共交通機関で市街地まで移動がするのが面倒に感じるのであれば、レンタカーで移動することもできますよ。

オーランド国際空港の1階にレンタカーが利用できるカウンターがあり、シャトルバスに乗る必要もなく借りることができます。

レンタカーカウンターは5社あり、相場としては1日あたり約20,000円ほどです。返却する際には、空港敷地内の駐車場にて返却します。

注意事項は、オーランドは日本と比べて事故の件数が多いということです。慣れない土地で無理して運転をすると、大変な目にあうかもしれないので、事前にカーナビを用意しておきましょう。

日本とオーランドの時差はどれぐらいあるのか?

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F-%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%E5%B7%9E-%E6%97%A5%E6%B2%A1-3915622/

日本とオーランドの時差は、14時間です。またサマータイム期間中は、時差が13時間となります。

日本の方が時間が進んでいるので、日本の時間から14時間また13時間を(サマータイム時)を引けば、オーランドの時間が分かります。

通常時間:時差14時間(12月〜2月) 日本が20日の夜19時の場合、オーランドの時間は20日の朝5時
サマータイム:時差13時間(3月〜11月) 日本が20日の夜19時の場合、オーランドの時間は20日の朝6時

サマータイムの期間は、3月の第2日曜日(午前2時)から11月の第1日曜日(午前2時)までです。

3月から11月にオーランドへ行く方は、時間を間違えないように気をつけましょう。

まとめ

今回は、『日本とオーランド間の飛行機の行き方』についてご紹介しました。2020年3月現在、直行便がないため必ず乗継便を利用する形になります。

乗継便がうまく乗れないと時間をロスしてしますので、綿密に旅行のスケジュールを立てておきましょう。

空港について市街地に行く際には、値段を安く済ませたいのであればバスがおすすめです。移動時間はかかりますが、200円ほどで移動ができます。

オーランドの風景を楽しみながら、移動するのも良いですね。ぜひともこちらの記事を参考にして、オーランドの旅行を楽しんでみてください。