飛行機内に持ち込める手荷物の数は?航空会社8つをまとめて紹介!

本記事は「飛行機内に持ち込める手荷物の数は決まってるの?」「JALやANAなどの一般航空会社とジェットスターなどのLCC(格安航空会社)では持ち込める数は違うのかな?」という疑問にお答えしていきます。

飛行機をよく利用する方なら慣れているので、スムーズに検査場を通過できます。一方で、飛行機を初めて利用する方や久しぶりに利用する方は、不安や戸惑いで何かと悩むことが多いですよね。

そこで、今回はJALやANA、ジェットスターなどの航空会社8社の手荷物の数やサイズ、重さなどをまとめて紹介していきますね。飛行機を利用する予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%B9%B3%E9%9D%A2-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F-%E9%9B%A2%E9%99%B8-%E7%A9%BA-50893/#content

スポンサーリンク

【一般航空会社】飛行機内に持ち込める手荷物数は3つ!

出典元:https://pixabay.com/photos/luggage-suitcases-baggage-bags-933487/#content

初めに紹介するのは、一般航空会社の飛行機内に持ち込める手荷物の数と種類についてです。

JAL(日本航空)やANA(全日本空輸)などの一般航空会社の場合は、機内に持ち込み可能な手荷物の数は基本的に3つです。(規定の重量をオーバーしなければ、3つ以上持ち込める可能性があります)

その3つの手荷物とは、「受託(じゅたく)手荷物」「身の回り品(機内持ち込み手荷物)」「その他(傘、お土産など)」になります。

手荷物の例
  1. 受託手荷物】:スーツケース、キャリーバック、大きめなバックパックなど
  2. 身の回り品】:ハンドバック、ショルダーバック、カメラなど
  3. その他】:傘、ジャケット、杖、医療御器具、お土産など

飛行機内に持ち込める手荷物は、各航空会社で大きさや重さ、個数などを決めています。

JAL(日本航空)やANA(全日本空輸)などの一般航空会社の場合、受託手荷物は20㎏までなら個数制限なく無料で預け入れでき、機内持ち込み手荷物も身の回り品と合わせて10㎏まで持ち込め可能なんです。

もし、規定以上の大きさや重さ、個数の場合は超過料金をお支払いするか、廃棄しなければならないのです。

次に、LCC(格安航空会社)の飛行機内に持ち込める手荷物の数と種類について簡単に解説していきすので、ぜひ事前に確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

【LCC】飛行機内に持ち込める手荷物数は2つ!

出典元:https://unsplash.com/photos/zwNi7Wf6P_Q

次に紹介するのは、LCC(格安航空会社)の飛行機内に持ち込める手荷物の数と種類についてです。

LCCとは、Low Cost Carrierの略称で、公立的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。

出典元:https://kotobank.jp/word/LCC-188774

JALやANAなどの一般航空会社の場合は、機内に持ち込み可能な手荷物は3つでしたが、ジェットスターやピーチなどのLCC(格安航空会社)では、機内に持ち込み可能な手荷物は2つなんです。

大きな違いは、「その他」として傘やお土産などが持ち込めないことです。持ち込み可能な手荷物は「受託(じゅたく)手荷物」「身の回り品(機内持ち込み手荷物)」の2つになります。

LCCであるジェットスターの場合、受託手荷物は個数制限なしで預けられるのですが、1つ目から追加料金が発生してしまいます。(各航空会社により異なる)

一般航空会社では、受託手荷物20㎏までなら個数制限なく無料で預けられるのに対して、とても厳しい制限規則なんです!なお、どうしてもの場合は追加料金を支払い預けて下さいね。

もし、お土産などを持ち込むのであれば受託手荷物であるスーツケース内に入れるか、身の回り品であるハンドバックなどの中に入れる必要があります。

また、スーツケースやハンドバックに収まらない場合は、受託手荷物として預け入れることは可能ですが、追加料金(超過料金)がかかります。

さらに、機内持ち込み手荷物と身の回り品合わせて7㎏と一般航空会社に比べて約3㎏も少ないので注意が必要です。

LCCを選んだが、手荷物の個数やサイズ制限が厳しいため、超過してしまう可能性が高いのです。割高な追加料金がかかり、思わぬ失費がかさむことになるんです!

そこで、LCCを使用するにあたり、機内持ち込み手荷物の数を少しでもお得に増やす方法について紹介しますね。

【LCC(格安航空)】手荷物の数をお得に増やす方法は?

出典元:https://pixabay.com/photos/luggage-bags-suitcase-baggage-1436515/#content

次に紹介するのは、LCC(格安航空会社)で機内持ち込み手荷物の数を少しでもお得に増やす方法について紹介します。

LCCは、JALやANAなどの一般航空会社に比べチケット代金は安いのですが、機内に持ち込める手荷物の制限が厳しく追加料金(超過料金)がかかりやすいのです。

たとえば、LCCである「ジェットスター」では、出発当日にチェックカウンターや、搭乗ゲートにてお手続きをする場合は3,000~5,000円程の割高な追加料金が必要になります。

その割高な追加料金を回避するには、ネットで事前予約する際に預け入れる手荷物の数を増やしたり、重量を増やしたりと手荷物追加オプションをあらかじめ予約することで1,000円前後に抑えられます。

旅行先に向かうときは手荷物制限をクリアできたが、旅行先でお土産をたくさん購入することで、手荷物が増える可能性が非常に高いのです。

なので、帰りのチケットのみ「手荷物追加オプション」をネットで事前予約しておくことで、追加料金は格段に抑えられますよ!

次の章で、「飛行機内に複数個の紙袋(お土産袋など)を持っている方を見かけます…規則違反ではないのか?」という疑問にお答えしていきますね。

手荷物の「その他(お土産など)」について簡単に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

飛行機内に複数個の手荷物(紙袋)をもっている方はOK?

出典元:https://pixabay.com/photos/shop-shopping-bags-gift-brown-791582/#content

飛行機内に複数手荷物(お土産袋など)を持っている方が見かけますが規則違反ではいのかについて簡単に解説していきますね。

JALやANAなどの一般航空会社の機内に持ち込める手荷物は、スーツケースなどの受託手荷物とハンドバックなどの身の回り品、お土産などの手荷物の3つとされています。

しかし、複数のお土産などの紙袋をもって搭乗されている方がたくさんいます。

それは、チェックイン後に空港内で購入したお土産は、本人の許容範囲内であれば複数個の持ち込みが許されているからです。よって、規則上の手荷物に加え複数個のお土産を持って搭乗可能なのです。

LCC(格安空港会社)では、機内持ち込み可能なのは受託手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の2つのみです。

空港内で購入されたお土産を手にもっての搭乗は止められてしまいますので、必ず「受託手荷物」「身の回り品」2つにまとめておきましょうね。

次に、一般航空会社であるJALやANAなどに加え、LCC(格安航空会社)であるジェットスターなど8つの航空会社の手荷物規則を一つ一つ簡単にまとめました。

飛行機を使用する予定のある方は、ぜひ事前に確認しておいてくださいね。

なお、今回は国内線を例に出してまとめましたので、ご了承ください。国際線につきましては公式サイトも貼っておきますのでご確認くださいね。

【JAL】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.jal.co.jp/

1つ目に紹介するのは、大手航空会社である「JAL(日本航空)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

JALの強みは、国内線に非常に強く、品質やおもてなしの精神を常にもち、上質なサービスなどを売りにしています。

そんなJALの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料(※ファーストクラスご利用の方は45㎏まで無料)
  • 【超過料金】1㎏超過で200円~400円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)50㎝×60㎝×120㎝以内
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ・100席以上】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)
  • 【身の回り品のサイズ・100席未満】3辺(縦×横×高さ)の和が100㎝以内(45㎝×35㎝×20㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

スポンサーリンク

【ANA】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.ana.co.jp/

2つ目に紹介するのは、大手航空会社である「ANA(全日本空輸)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

ANAの強みは、国際線に強いという特徴があります。また、近年では便数を大幅に拡大することで、より利便性の高い交通手段を実現し、日本のトップに君臨しています。

そんなANAの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料(※プレミアムクラスご利用の方は40㎏まで無料)
  • 【超過料金】1,500円~4,500円(※10㎏毎に金額UP)
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の合計が203㎝以内
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ・100席以上】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)
  • 【身の回り品のサイズ・100席未満】3辺(縦×横×高さ)の和が100㎝以内(45㎝×35㎝×20㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【スカイマーク】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.skymark.co.jp/ja/

3つ目に紹介するのは、豊富な割引き制度がある「スカイマーク(SKY)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

JALやANAに次いで利用者の多い航空会社であり、大手一般航空会社とLCC(格安航空)の中間的位置づけになっております。

そんな比較的リーズナブルにご利用できるスカイマークの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料
  • 【超過料金】10㎏超過毎に1,000円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)50㎝×60㎝×120㎝以内(※スキー板やサーフボードなどの長尺物は、280㎝までお預かり可能)
身の回り品について
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【スターフライヤー】機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.starflyer.jp/

4つ目に紹介するのは、MCC(中堅航空会社)である「スターフライヤー(SFJ)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

スターフライヤーは、北九州を本拠地とする日本の航空会社です。運賃やサービスは、JALやANAとほぼ変わらないレベルですが、LCC(格安航空会社)に分類されることも多い航空会社です。

そんなスターフライヤーの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料
  • 【超過料金】2,500円~4,500円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の合計が203㎝以内
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【ソラシドエア】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.solaseedair.jp/

5つ目に紹介するのは、MCC(中堅航空会社)である「ソラシドエア」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

ソラシドエアは、九州方面に強い航空会社として知られております。運賃が安く、大手航空会社に比べて遜色のないサービスを提供していることで有名な航空会社です。

そんなソラシドエアの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料
  • 【超過料金】1,500円~4,500円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の合計が203㎝以内
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【エア・ドゥ】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.airdo.jp/

6つ目に紹介するのは、機内サービスが充実している「エア・ドゥ(AIRDO)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

エア・ドゥは、北海道を本拠地とする航空会社で、JALやANAと比べると運賃が割安であることから、近年ではLCC(格安航空会社)に分類されることもあります。

そんな北海道民にとって欠かせないエア・ドゥの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 【受託手荷物の重さ】お一人様20㎏まで無料
  • 【超過料金】2,500円~4,500円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の合計が203㎝以内
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】10㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【ジェットスター】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.jetstar.com/jp/ja/jetstar-connect/info

7つ目に紹介するのは、LCC(格安航空会社)である「ジェットスター(JetStar)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

ジェットスターは国内最大級のネットワークを誇るLCCです。低運賃で様々な都市への空の旅をご提供しており、国内だけでなく国外への拡大も進んでいます。

そんなLCCを代表するジェットスターの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 受託手荷物の預け入れ料金】1個目から有料(※コースで料金設定は異なる)
  • 【超過料金】1,000円~5,000円
  • 【受託手荷物のサイズ】不明
身の回り品(機内持ち込み手荷物)
  • 【手荷物の個数】お一人様1個まで
  • 【手荷物の重さ】受託手荷物+身の回り品で7㎏まで
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)23㎝×36㎝×56㎝以内

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

【ピーチ】飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズは?

出典元:https://www.flypeach.com/

8つ目に紹介するのは、LCCである「ピーチ(Peach)」の機内に持ち込める手荷物の数や大きさ、重さなどの詳細情報についてです。

ピーチは2019年10月27日にLCC・バニラエアと統合し、新たな体制にて運営しております。ピーチの最大の特徴の一つが、就航成功率の高さです。

ピーチの就航率は99.8%とLCC(格安航空会社)だけではなく、全ての航空会社の中でも断トツの高さなんです!

そんなほぼ確実にフライトを成功させるピーチの受託(じゅたく)手荷物と身の回り品(機内持ち込み手荷物)の持ち込み可能な数やサイズ等の詳細は以下に簡単にまとめました。

今後、飛行機に乗る予定のある方は、ぜひ確認しながら荷物の準備をしてみてくださいね。

受託手荷物について
  • 【受託手荷物の個数】制限なし(※規定とされている重さを越えなければOK!)
  • 受託手荷物の預け入れ料金】1個目から有料(※シンプル・バリュー・プライムの3コースで料金設定は異なる)
  • 【超過料金】600円~5,500円
  • 【受託手荷物のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の合計が203㎝以内
身の回り品について
  • 【身の回り品の個数】お一人様1個まで
  • 【身の回り品の重さ】受託手荷物+身の回り品で7㎏まで
  • 【身の回り品のサイズ】3辺(縦×横×高さ)の和が115㎝以内(55㎝×40㎝×25㎝以内)

なお、詳しく知りたい方は公式ホームページも下に貼っておきますので、こちらから確認してみて下さいね。

まとめ

本記事は、主要航空会社8つの飛行機内に持ち込める手荷物の数・サイズなどについて紹介してきました。

一般航空会社(JAL、ANA)とLCC(格安航空会社)では、持ち込める数や重さ、サイズなどに違いがあることはわかっていただけたでしょうか。もう一度手荷物の数についておさらいしていきますね。

受託手荷物の個数
  • 【一般航空会社】:受託手荷物1つ+身の回り品(機内持ち込み手荷物)1つ+その他(お土産など)1つの3つ
  • 【LCC(格安航空会社)】:身の回り品1つ+機内持ち込み手荷物1つの2つ

※一般航空会社、LCC共に規定の重量内なら受託手荷物の個数制限がありません。ただし、LCCの場合は、受託手荷物は1つ目から有料になる会社もあります。

LCCであるジェットスターやピーチは、個数制限・サイズ制限などが厳しく制限を超えてしまうと割高な追加料金(超過料金)を支払うことになりかねませんので注意が必要です。

各航空会社の手荷物詳細を渡航前にもう一度確認し、事前準備の段階で超過する恐れがあればプラン変更をしたり、手荷物の量を考え整理したりすることがとても重要ですね。

充実した空の旅を堪能するために、飛行機に乗る予定がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

たあしべー

たあしべーと申します。 理想の生き方を目指し、ライティング奮闘中!本業の放射線技師業務と何か副業で稼げるようなスキルを身につけたい!肩書は「本業以外を学ぶ!」特技は朝起きてからの行動力と辞めずにマイペースで継続することです。好きなものは、靴です。謙虚で、情深く素直な方が好き!