アメリカの首都「ワシントンDC」で買いたい個性的なお土産9選!

今回は、アメリカの首都であるワシントンDCで買えるお土産を9つ厳選して紹介したいと思います。

アメリカのお土産といえばいろいろな物が思い浮かぶかもしれませんが、その中でも人気の高いお土産を本記事では紹介するのでぜひ最後まで読んでみてください!

①~④ではワシントンDCならどこでも買えるものを、⑤~⑨では購入できる場所が限定されているものを紹介していきます。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3-dc-c%E8%A8%80%E8%AA%9E-%E5%B8%82-1624419/)

スポンサーリンク

ワシントンDCのおすすめお土産①:ハーシーズ

アメリカのお土産でチョコレートを買う方は多いですが、その中でハーシーズ(Hershey’s)はアメリカで最も有名なチョコメーカーです。1894年の創業以来、世界中で愛されています。

ハーシーズメーカーの商品は全て、人工的なものは一切使用せず、シンプルな原料で作られているので、添加物や人口甘味料を気にする方でも安心して食べることができます。

チョコの種類はチョコバーや一口サイズのもの、ドロップス、製菓など豊富で、味もたくさんあるので、何種類か違ったものを選んでみてください。

ワシントンDC限定の味や、パッケージのチョコも販売しているので、バラマキ用のワシントン土産としておすすめです。

スポンサーリンク

ワシントンDCのおすすめお土産②:バターフィンガー

ネスレが販売しているバターフィンガーは、チョコがコーティングされたピーナッツバター味のキャンディで、アメリカでは大人気のお菓子です。

種類はスティック型のものや、一口サイズに小分けされたものがあり、ワシントンDCのスーパーならどこでも買うことができます。

どこでも買える手軽さと、アメリカらしい味が特徴のバターフィンガーは、ハーシーズ同様バラマキ用のお土産としておすすめです。

ワシントンDCのおすすめお土産③:ノブクリーク

ワシントンDCでお酒を買うならやはりノブクリークがおすすめです。ノブクリークはケンタッキー州で製造されているお酒ですが、リンカーン大統領とゆかりのあるお酒です。

ノブクリークというネーミングはアメリカの第16代大統領であるリンカーンゆかりの土地名からもらっており、デザインは禁酒時代をモチーフしたフラスクボトル型になっています。

そんなリンカーン大統領とゆかりのあるノブクリークは、市内の免税店で買えるので手軽さも魅力の一つです。ウィスキー好きの方にお土産として渡してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワシントンDCのおすすめお土産④:Tシャツ

ワシントンDC市内にあるお土産ショップでは、観光名所やアメリカ政府のロゴマークが入ったTシャツがリーズナブルな価格で販売されています。

種類も豊富で、私服で使えるようなおしゃれなデザインのTシャツもあるので、お土産のみならず自分用に購入してもいいですね。

アメリカでTシャツを購入する際は、サイズが日本人仕様ではないため、サイズをよく見て購入するようにしましょう。

ワシントンDCのおすすめお土産⑤:スターバックスの限定商品

世界中に多くの店舗を展開している人気コーヒーチェーンの「スターバックス」が販売している都市限定の商品は、アメリカのお土産として定番です。

ワシントンDCのスターバックスで販売している商品は、ワシントンDCのロゴや有名観光地がデザインされたマグカップやタンブラー、トートバッグ、ギフトカードなどがあります。

これらはワシントンDC市内のスターバックスはもちろん、空港内のスターバックスでも購入できるので、あまりお土産を探す時間がなかった方にもおすすめです。

スポンサーリンク

ワシントンDCのおすすめお土産⑥:オーニーグッズ

オーニー(Owney)とは、1888年にニューヨークのとある郵便局に迷い込んだ一匹の野良犬のことです。心優しい局員が保護し、上司を説得し郵便局に連れて来る許可まで取り付け、オーニーと名付けたそうです。

オーニーは郵便袋のにおいが大のお気に入りで、郵便袋を持っていく職員とアメリカ中を旅することになりました。オーニーは旅路でいろいろな人に可愛がられ、訪れた郵便局で独自のタグを付けるようになります。

「Owney、Post Office、Albany、New York」と書かれた金属製のタグは流行となり、オーニーは鉄道郵便局の公式マスコットキャラクターにまで昇進しました。

そんなオーニーが再現された記念切手やぬいぐるみなどのグッズは、ワシントンDC土産としてとても人気が高いです。可愛らしいオーニーが気になる方はぜひ購入してみてください。

ワシントンDCのおすすめお土産⑦:ホワイトハウス関連の雑貨

ワシントンDCの中心部にあるホワイトハウスはアメリカの観光名所です。その近辺にあるギフトショップや、市内のデパートで買えるホワイトハウス関連の雑貨をお土産として買っていく方はとても多いです。

便利なアイテムから思わず笑ってしまうようなものまで品揃えが豊富で、お土産を渡す人に合ったものを見つけやすいのが人気の要因でしょう。

とくに人気なのが文房具で、幅広い年代にお土産として渡すことができます。アメリカ政府のロゴが入った文房具や、アメリカ大統領をパロディーした面白文房具は迷ったときにおすすめです!

ホワイトハウスの基本情報
  • 住所:1600 Pennsylvania Ave NW, Washington, DC 20500

ワシントンDCのおすすめお土産⑧:造幣局グッズ

アメリカ造幣局はワシントンDCにある国家機関で、そこで行われる無料のツアーは観光客に大人気です。

造幣局のギフトショップで販売しているグッズは、ワシントンDC土産として買う方も多く、その中でももっとも人気なのが未裁断のアメリカ1ドル札のシートです。

16枚つづりで約36ドル、32枚つづりで約61ドルで販売されている未裁断の紙幣シートは、自分でカットすれば紙幣として使用できます。

またそのほかにもキーホルダーや廃棄済みの紙幣など、紙幣にまつわるグッズが多数販売されているので、造幣局の見学終わりに記念として買ってみてください。

アメリカ造幣局の基本情報
  • 住所:300 14th Street Southwest, Washington, DC 20228
  • 営業時間:9:00~14:00
  • 定休日:日曜日
  • 料金:無料

ワシントンDCのおすすめお土産⑨:スミソニアン博物館グッズ

科学、産業、芸術、自然史などの博物館、研究機関が集まっているスミソニアン博物館は、子供から大人まで楽しめる見どころ満載の観光名所です。

そのスミソニアン博物館に併設されているお店では、NASAのロゴが入ったグッズや、宇宙食といった珍しいお土産が販売されています。

そんな中でも人気なのが、宇宙食アイスクリームです。アイスクリームという名前がついていますが、中身は固めのマシュマロのようなお菓子です。見た目にインパクトがあるので土産にはぴったりですよね。

またスミソニアン博物館限定の宇宙服を着たテディベアも人気商品です。可愛らしいテディベアはとくに女性に人気があるようですよ。

スミソニアン博物館の基本情報
  • 住所:600 Maryland Ave SW, Washington, DC 20002
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 料金:無料

まとめ

今回はアメリカの首都ワシントンDCで買いたいお土産9つを紹介しました。観光名所の多いワシントンDCには個性的なお土産が多いですよね。

筆者のおすすめはホワイトハウス関連の雑貨です。アメリカの大統領がパロディされた雑貨は、面白いだけでなく日常生活でも役に立つのでアメリカらしいお土産としておすすめです。

アメリカ旅行を考えている方は、旅のショッピングをより楽しくするためにもぜひ本記事を参考にしてみてくだい!

旅行に行かずにラスベガスのお土産を購入したい方は、ぜひ通販を利用してくださいね。現地まで行かなくても、お目当てのもが購入できるかもしれませんよ。

お土産を通販で買って海外旅行気分♪通販サイトを4つ紹介

2020年8月11日