パリのおすすめ観光地9選!実際に行った筆者が穴場スポットも紹介

エッフェル塔や凱旋門などの人気観光地があり、日本人にも人気のパリ。街並みも素敵なので、1度は行ってみたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、当記事では実際にパリへ行ったことのある筆者が、おすすめな観光地を9つ紹介します!これからパリに行く人や行きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。(トップ画像出典:筆者撮影)

スポンサーリンク

エッフェル塔を正面から見られる観光地「トロカデロ広場」

出典:筆者撮影

トロカデロ広場は、エッフェル塔を真正面から見ることができる広場として有名な観光スポットです。広場とエッフェル塔の間には遮る建物がないので「エッフェル塔を眺めたい!」という方におすすめなスポットですよ。

広場にはサンドウィッチやクレープなどが売っている売店があるので食べ物を買って、トロカデロ広場にあるベンチで食べながらエッフェル塔を眺めるのもおすすめですよ。

天気の良い日は、ピクニック気分でトロカデロ広場を訪れてみてください!

また、日没後は1時間ごとに「シャンパンフラッシュ」という、エッフェル塔がチカチカ光り輝く演出が行われます。たった5分間しか行われないので、この時間を目掛けて行くのもおすすめですよ。

筆者

トロカデロ広場からエッフェル塔までは徒歩10分くらいなので、エッフェル塔鑑賞を楽しんだあとは塔に登るのもおすすめですよ。

出典:筆者撮影

上記の写真は通常のライトアップです。シャンパンフラッシュは、写真で見るより実際に見た方がとても綺麗なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

シャンパンフラッシュは、毎時00分に行われます。00分とは、例えば18:00ちょうどということです。

スポンサーリンク

オペラだけでなく建物も楽しめる観光地「オペラガルニエ」

出典:筆者撮影

オペラガルニエはナポレオン3世が建築を命じて、1875年に完成した劇場です。当施設ではバレエやオペラの公演も楽しめますが、「言葉が分からないから興味ない!」という方には内部見学がおすすめです。

バロック様式と古典様式の建物は、豪華絢爛!大理石の柱や天井のフレスコ画、シャンデリアなどまるで王宮に訪れた気分を味わえますよ。

よりオペラガルニエの内部を楽しみたい方は、スマートフォンを利用したオーディオガイドツアーがおすすめです。日本語も対応しているので、外国語が分からなくても安心ですね。

静かに鑑賞できるパリの美術館「オランジュリー美術館」

出典:筆者撮影

「美術館に行きたいけど、人が多いところはゆっくり見られなくて嫌だな」という方におすすめなのが、「オランジュリー美術館」です。クロードモネが描いた8枚の連作『睡蓮』などを見られますよ。

『睡蓮』はとても大きな額縁に飾られており、その美しさに目を奪われることでしょう。8作品は色使いが似ていますが、1つひとつ違った印象を与えてくれます。

カメラでの撮影がOKなので、あなたもぜひ名画『睡蓮』とともに写真に写ってみてはいかがでしょうか。

オランジュリー美術館は『睡蓮』以外に、ピカソやルノワール、セザンヌなどの作品も飾ってあります。人が少なく比較的静かな美術館なので、ゆっくり周れますよ。

筆者

睡蓮以外にも様々な絵画を見ることができたので、満足できました!コートや荷物を預けることができるので、身軽に移動できますよ。

出典:筆者撮影

スポンサーリンク

豪邸を楽しめるパリの美術館「ジャックマールアンドレ美術館」

出典:筆者撮影

ジャックマールアンドレ美術館は、パリ屈指の豪邸を利用した美術館です。イタリアルネッサンス美術から18世紀のフランス絵画などが飾られています。

1階は部屋ごとに調度品が飾られており、インテリアや調度品好きにはたまらない空間です!部屋ごとにテーマが異なるので、眺めているだけでも楽しめますよ。

筆者

当施設では、以前ここに住んでいたジャックマールとアンドレ夫妻の業績を紹介するビデオも上映されています。

筆者は外国語が分からないので見なかったのですが、興味のある方はぜひビデオも鑑賞してみてくださいね。

出典:筆者撮影

パリを代表する寺院!「サクレクール寺院」

出典:筆者撮影

サクレクール寺院は、普仏戦争の犠牲になった市民を慰霊するために建てられた、ロマネスクビザンチン様式の寺院です。建物内は厳かな作りになっており、心が浄化されるような雰囲気が漂っています。

室内は薄暗いですが、その分美しいステンドグラスが際立っています。天井には絵画が描かれているので、室内全体を眺めてみるのがおすすめですよ。

サクレクール寺院は丘の上に建っているので、建物を出た時の眺望も素晴らしいです。建物を見学し終えたら、パリの街並みを眺めるのも良いですね。

筆者が行ったときは路上ライブを行なっている人がいたので、素晴らしい音楽と眺望を楽しむことができました。

出典:筆者撮影

筆者

建物の入り口周辺では、ミサンガの押し売りをしている人たちがいました。話に応じるとなかなか抜け出せないので、無視して通りすぎましょう。

スポンサーリンク

静かに楽しみたい人におすすめの観光地「マドレーヌ寺院」

マドレーヌ寺院は、1842年に建設されたキリスト教の寺院です。古代ギリシア神殿を連想させる佇まいです。

室内に入ると正面にはルメール作の『最後の審判』の彫刻が飾られています。いくつも並んでいる照明と相まって、つい引き寄せられてしまいますね!

出典:筆者撮影

当施設には日本の教会ではなかなか見られない「懺悔室」もあります。「みんなどんな懺悔を行なっているのかな?」などと考えながら鑑賞してみると、違った視点で楽しめるかもしれないですね。

出典:筆者撮影

筆者

サクレクール寺院よりも人が少ない、穴場スポットです!静かに過ごしたい人には特におすすめですよ。

パリの人気観光地「シテ島」

出典:筆者撮影

セーヌ川の上に浮かんでいる「シテ島」。川沿いには出店やカフェなどが多くあるので、歩いているだけでも楽しい観光地です。

パリの街並みを楽しみながら、散策してみてはいかがでしょうか。カメラを持って歩けば、美しい景色を写真に収めることができますよ。

シテ島には、有名な観光地「ノートルダム大聖堂」もあります。2019年4月の火災により、2020年2月現在も観光することができませんが、工事をしている様子を近くから見ることができますよ。

出典:筆者撮影

パリと言ったらここ!人気観光地「シャンゼリゼ通り」

凱旋門を起点に、コンコルド広場まで伸びている「シャンゼリゼ通り」。ジョーダッサンの『オーシャンゼリゼ』という曲が有名なので、名前を知っている人も多い大通りです。

ブランド店やカフェが軒を連ねているので、買い物を楽しみたいという人におすすめですよ。

初夏は新緑、秋は紅葉、冬はイルミネーションが綺麗なので、歩いているだけでも楽しいです。歩き疲れたら、カフェで一休みするのも良いですね。

出典:筆者撮影

筆者

マカロンで有名な「ラデュレ」の本店も、シャンゼリゼ通りにあるんですよ!店内はレトロで可愛いらしいので、店内でマカロンを食べるのがおすすめです。

パリの景色を楽しみたい人におすすめ!「アレクサンドル3世橋」

出典:筆者撮影

アレクサンドル3世橋は、ロシア皇帝から友好の証として寄贈されたパリで1番美しいと言われている橋です。

橋には、石柱の女神像と彫像があるので、ぜひ注目してみてくださいね!「橋なのに、こんなに豪華なんだ!」と、びっくりすることでしょう。

また、橋の上からはエッフェル塔を眺めることができます。エッフェル塔を正面から見るのも良いですが、パリの街並みに溶け込んでいる姿も風情があっておすすめですよ。

出典:筆者撮影

番外編!スーパーマーケット「モノプリ」

観光地ではないのですが、パリに来たならぜひ行ってもらいたいのがスーパーマーケットである「モノプリ」です。

パリ市民になった気持ちで、買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。大きな店舗なら、チーズやお肉売り場などがとても大きくて見応え十分です。

お土産なども売っているので、宿泊地の近くにあるモノプリへ行って、お土産を購入するのもおすすめですよ。さらに美味しいワインが1本5ユーロ(約600円)ほどで売っているので、ワイン好きにはたまりません!

ホテル内での晩酌用のお酒やおつまみ、お土産を購入するために、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

出典:筆者撮影

筆者

モノプリはパリ市内の至る所にあるので、気軽に立ち寄れますよ!1,500円ほどのお寿司なども売っているので、日本との価格の差を見るのも面白いですね。

パリの観光地まとめ

パリの観光地を9つ紹介しました。美術館や寺院など様々な観光地がありますが、中でもおすすめはサクレクール寺院です。

厳かな雰囲気であり、天井の絵画やステンドグラスなど見ているだけでも楽しいですよ。また、丘の上に建っているので、建物を出るとパリ市内を一望できるのもおすすめポイントです!

パリ市内は古き良き建物が建っているので、近くの観光地を巡るときは景色を楽しみながら歩いて移動するのが良いですよ。

乗り降り自由!?パリの観光バス【ビッグバスツアー】の特徴とは

2020年3月13日

【初めてでも安心】パリ観光でおすすめな日数とは?モデルコースも紹介

2020年2月24日