やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
ヨーロッパ・中東

【初めてでも安心】パリの移動手段を5つ紹介します!

初めてのパリ観光の場合、どのような移動手段があるのか分からず、不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、当記事では実際にパリへ行ったことのある筆者が、パリの移動手段について紹介します。これからパリへ行く予定の方は、ぜひ参考にしてくださいね。(トップ画像出典:筆者撮影)

パリの移動手段は何があるの?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2981035?title=悩める若い女性

初めてパリへ行くという方は、どのような移動手段があるのか分からず不安に感じますよね。なので、パリの移動手段について紹介しますね。

パリの移動手段は、地下鉄メトロ・RER(電車)・バス・タクシー・ヴェリブ(レンタサイクル)の5つがあります。

次の章から、各移動手段について詳しく説明していきますので、読み進めてくださいね。当記事を読めば、パリの移動手段について理解することができますよ。

パリの移動手段①地下鉄メトロ

出典:筆者撮影

1つ目に紹介するのは、地下鉄メトロです。パリの地下鉄メトロは、東京と同じように縦横無尽に走っています。路線は1〜14号線まであり、全14路線が運行しています。

途中で乗り換えをすることで、様々なところにアクセスすることができます。パリで1番メジャーな移動手段は、地下鉄メトロでしょう。

切符はパリ市内の移動なら全線均一料金で1回券は1.9ユーロ(227円)、10枚セットの回数券は14.9ユーロ(1,773円)です。

8回以上利用する方は、回数券かあとで紹介するnavigoがおすすめですよ。

地下鉄メトロも次で紹介するRERも、1回券が基本となります。改札を出るタイミングを1回とカウントし、パリ市内の移動ならどこを行くにしても均一料金ですよ。

パリの移動手段②RER

※画像はイメージです 出典:https://pixabay.com/ja/images/search/電車/?pagi=2

2つ目に紹介するのは、RERです。RERは高速郊外鉄道であり、パリ市内の移動や郊外への移動をするときに便利です。ベルサイユ宮殿やシャルル・ド・ゴール空港などへ行くときにも役立ちます。

路線はA〜E線まであり、全5路線が運行しています。終点がいくつか枝分かれしているので、どの駅に止まるのか確認してから乗車しましょう。止まる駅はホームの電光掲示板で確認することができますよ。

切符はパリ市内の場合、1回券が1.9ユーロ(227円)、10枚セットの回数券は14.9ユーロ(1,773円)です。パリ市外へ行く場合は、目的地までの切符が必要になります。

パリの移動手段③バス

※画像はイメージです 出典:https://pixabay.com/ja/images/search/バス/?pagi=2

3つ目に紹介するのは、バスです。パリ市内に70ルートほど路線があるので、目的地の近くまで行くことができますよ。路線が複雑なので、ある程度の土地勘が必要になります。

地下鉄と違い、風景を楽しみながら移動できるというメリットもありますよ。

切符は地下鉄メトロと共通であり1回券が1.9ユーロ(227円)、10枚セットの回数券は14.9ユーロ(1,773円)です。最初に刻印機を通してから90分以内なら、自由に乗り降りすることができますよ。

車内でも切符を購入することはできますが、2ユーロ(238円)と少し割高になります。さらに、1度降りると90分以内であっても再び乗車することはできません。

そのため、地下鉄メトロの券売機であらかじめ購入しておくのが、おすすめです。

パリの移動手段④タクシー

※画像はイメージです 出典:https://pixabay.com/ja/images/search/タクシー/

4つ目に紹介するのは、タクシーです。タクシーは時間帯によってA・B・Cの料金に分けられています。初乗り運賃は2.6ユーロ(310円)であり、1kmごとに加算されます。加算される料金は、下記の通りです。

料金 時間帯
A料金 1.06ユーロ(127円) 月〜土:10〜17時
B料金 1.32ユーロ(158円) 月〜土:17〜10時、日:7〜24時、祝日:0〜24時
C料金 1.58ユーロ(189円) 日曜:0〜7時

時間帯によって1kmごとに加算される料金が異なるので、注意してくださいね。

また、トランクに荷物を入れる場合2個目から1ユーロ(119円)が、5人目の乗客から4ユーロ(476円)が加算されます。

最低運賃が7.1ユーロ(845円)なので、近場の場合でも最低7.1ユーロ支払う必要があります。

タクシーの中には無許可タクシーがあるので、屋根にランプを付けていないタクシーには乗らないようにしましょう。

パリの移動手段⑤ヴェリブ

5つ目に紹介するのは、ヴェリブです。ヴェリブとは、レンタサイクルのことです。パリ市内に約1,800の自転車置き場があり、観光客でも登録手続きを行えば利用することができますよ。

自転車置き場に登録手続きができる機械が置いてあるので、そこで手続きをしましょう!クレジットカードを登録する必要があり、現金しか持っていない人は利用できないので注意してくださいね。

1日パスの基本料金は5ユーロ(595円)、1週間パスの基本料金は15ユーロ(1,785円)です。基本料金の他に、利用した時間に応じて金額が加算される仕組みとなっています。

時間ごとに加算される料金は、下記の表の通りです。ヴェリブを利用したいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

1日パス・一般自転車 1日パス・電動自動車 1週間パス・一般自動車 1週間パス・電動自転車
基本料金 5ユーロ(595円) 5ユーロ(595円) 15ユーロ(1,785円) 15ユーロ(1,785円)
最初の30分 無料 1ユーロ(119円) 無料 1ユーロ(119円)
30〜60分 1ユーロ(119円) 2ユーロ(238円) 1ユーロ(119円) 2ユーロ(238円)
60分以降 30分ごとに1ユーロ(119円) 30分ごとに2ユーロ(238円) 30分ごとに1ユーロ(119円) 30分ごとに2ユーロ(238円)

空港に着いたらnavigoを買おう!

出典:筆者撮影

パリの移動手段について5つ紹介しましたが、パリで地下鉄メトロやRER、バスを利用するなら「navigo」を購入するのがおすすめですよ!

navigoとは有効期限内なら地下鉄メトロやRER、バスが乗り放題になる磁気カードです。

どのゾーンを利用するかにより値段は異なりますが、1〜5ゾーンの利用で1週間パスが22.8ユーロ(2,713円)です。(ゾーンについては次の章で説明します)

navigoは月曜始まりなので、到着する日によってはあまり活用できない場合もありますが、乗り放題なので毎回切符を買うよりも便利ですよ。カード作成時に手数料として5ユーロ(595円)と顔写真が必要です。

筆者
筆者

毎回切符を買うストレスもなく、交通費を気にせず移動できるので、筆者的にはnavigoが重宝しました。

月曜から日曜までを1週間としているので、パリ到着日によっては買うか迷うかもしれません。そんな時は、1日に電車やバスを使用する回数を計算して、1日券を買うのとどちらが良いか考えると良いですよ。

また、navigoは3cm×2.5cmの顔写真が必要です。空港でも写真を撮ることはできますが、日本で準備しておく方が楽ですよ。

メトロやRERのゾーンとは?

出典:https://www.ratp.fr/en/visite-paris/ribenren/harishineijihijinjiaonoguanguang

navigoの説明時に「ゾーン」という言葉を使用しました。ゾーンが分からないという方のために、この章で説明しますね。

ゾーンはパリ市内を中心に1から5まで円状に伸びている範囲であり、パリから離れるほどゾーンの数字が大きくなっていきます。どのゾーンまで行ける切符かによって、値段が変わってくることもあります。

そのため、どのゾーンまで行きたいかを確認してからnavigoなどを購入するのがおすすめですよ。

例えば、1ゾーンの中しか移動しないのに、1〜5ゾーンまで移動できるnavigoなどを購入するのは勿体ないです。

ゾーン 主な観光地・施設
1ゾーン エッフェル塔・ルーブル美術館・凱旋門・オペラ座・オルセー美術館
2ゾーン ヴァンセンヌ城
3ゾーン グランダルシュ
4ゾーン ヴェルサイユ宮殿・オルリー空港
5ゾーン シャルルドゴール空港

パリ市内はすべて1ゾーンです。そのため、パリ市内しか観光しない場合は、1と2ゾーン内を移動できるものを選択すると良いですね。

navigoは、ゾーン1のみという設定がありません。そのため、1と2ゾーン内を利用できるものを選択しましょう。

番外編!観光しながら移動できるクルーズ船を利用しよう

出典:筆者撮影

パリの移動手段について紹介してきましたが、時間に余裕があればセーヌ川をクルージングしながら移動するのもおすすめですよ。

電車などに比べてスピードは遅いですが、景色や食事を楽しみながら移動するので楽しいですよ。料金はクルーズによって異なりますが、セーヌ川を渡るので基本的にコースは似ています。

サービス内容などを比べながら、どのクルーズ船を利用するか決めてくださいね。セーヌ川沿いの景色を楽しみながら、クルージングを満喫しましょう!

パリの移動手段まとめ

パリの移動手段について紹介しました。主な移動手段は、地下鉄メトロ・RER・バス・タクシー・ヴェリブの5つです。

パリは交通量が多いため、バスやタクシーの場合渋滞に巻き込まれる可能性が高いです。そのため、地下鉄メトロかRERを利用するのがおすすめですよ。

行き先によって、地下鉄メトロとRERを使い分けると良いでしょう!到着する曜日によって使用できる日数は異なりますが、パリに来たのなら空港でnavigoを購入するのがおすすめですよ。

ABOUT ME
nakagawa saori
旅と純喫茶巡りが好きです。 21都道府県、5カ国を旅した経験を元に、記事を書いています。 旅先で純喫茶に入るのが、趣味です。