宮崎旅行で外せない観光地9選!自然と歴史を満喫しよう!

宮崎といえば、阿蘇山の火山活動によって出来た高千穂峡が有名ですが、その他の観光地を知っていますか?

宮崎には自然溢れる観光地や歴史を感じられる観光地などがあります。なので、当記事では宮崎旅行で外せない観光地を9つ紹介します。

トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/dl/?p_id=991923&sz=m&f=091ba52016f240bba5ab0781052654b1

スポンサーリンク

自然に癒される観光地「高千穂峡」

高千穂峡は、阿蘇山の火山活動で噴出した火砕流によって出来た渓谷です。高千穂峡にある「真名井の滝」は、日本の滝百選にも選ばれており、約17mの高さから流れ落ちる滝がシンボルにもなっています。

高千穂峡の見どころは高さ50~100mの柱状節理です。木々の緑、水の青、岩肌のコントラストが美しいので一見の価値あり!また、岩肌をよく見ると、水に削られてギザギザしているのが見えます。

なお、高千穂峡では貸しボートを利用することが出来るので、遊歩道からとは違う景色を楽しむことが出来ます。間近で見る真名井の滝は迫力満点ですよ。

基本情報
  • 【名前】高千穂峡
  • 【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
  • 【電話】0982-73-1213(高千穂町観光協会)
スポンサーリンク

八百万の神が神議していた地⁈宮崎の「天安河原」

出典:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/detail.php?log=1337317286

天安河原は、八百万(やおよろず)の神が集まって神議されていたと伝えられる洞窟です。いつの頃からか、訪れる人々の手により石が積み上げられてきました。

無数に積みあがる石が、現在では天安河原の幻想的な風景の一つとなっています。

なお、近くには川が流れており、洞窟内はひんやりとしているので、夏に行くのがオススメの観光地です。

基本情報
  • 【名前】天安河原
  • 【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸
  • 【電話】0982-74-8239(天岩戸神社)

南国の雰囲気漂う神社!宮崎の「青島神社」

出典:https://aoshima-jinja.jp/history/

青島神社は、彦火火出見命・豊玉姫命・塩筒大伸を祀っている神社です。亜熱帯植物が植えられており、境内の中は南国の雰囲気が漂っています。

当神社では「天の平か投げ」を行っており、磐境(いわさか)と言われる祭壇に入れば願いが成就し、天の平かが割れれば厄払いになります。

また、当神社は縁結び・安産・航海安全のご利益もあるので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】青島神社
  • 【住所】宮崎県宮崎市青島2-13-1
  • 【電話】不明
スポンサーリンク

世界最大級のプラネタリウムがある観光地「宮崎科学技術館」

宮崎県科学技術館は、外にそびえ立つロケットとプラネタリウムのドームが特徴的な施設です。

館内は生きている地球、太陽の都市・宮崎、宇宙への夢、科学の不思議の国など7つのエリアと、プラネタリウムに分かれています。

飛行機の離発着を行える装置や惑星上での音の伝わり方を試せる装置など、体験できる装置も多くあるので飽きずに館内を周れるでしょう。

また、世界最大級のプラネタリウムもあるので、ぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】宮崎科学技術館
  • 【住所】宮崎県宮崎市宮崎駅東1-2-2
  • 【電話】0985-23-2700
  • 【営業】9:00~16:30
  • 【料金】大人:540円(750円)、子供:210円(310円)カッコ内はプラネタリウム込みの価格(子供が何歳までなのか記載なし)

モアイ像が見られる観光地⁈宮崎の「サンメッセ日南」

出典:https://www.kankou-nichinan.jp/tourisms/291

サンメッセ日南は、村おこしと世界の平和を願って設立された施設です。

イースター島の倒れたモアイを立ち上げることに協力したため、世界で唯一モアイ像の完全復刻が認められ、7体のモアイ像が掘り上げられました。

施設内にはモアイ像だけでなく、温泉施設や食事処もあるので満足出来るでしょう。

あなたも世界の七不思議の1つである、モアイ像を完全復刻したサンメッセ日南に足を運んでみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】サンメッセ日南
  • 【住所】宮崎県日南市大字宮浦2650
  • 【電話】0987-29-1900
  • 【営業】9:30~17:00(水曜定休)
  • 【料金】大人:800円、中学生:500円、4歳以上:350円
スポンサーリンク

洞窟内に本殿が鎮座する「鵜戸神宮」

鵜戸神宮は、日向灘に面した断崖の洞窟内に本殿が鎮座する神社です。洞窟の中は高さ8.5mであり、本殿の屋根がぴったり収まっています。

本殿へは崖に沿って作られた、階段を下って参拝を行います。海のすぐ傍に建てられた神社のため、階段からは海が広がる絶景を眺めることが可能です。

基本情報
  • 【名前】鵜戸神宮
  • 【住所】宮崎県日南市大字宮浦3232
  • 【電話】0987-29-1001
  • 【営業】4月から9月 6:00~19:00、10月から3月 7:00~18:00
  • 【料金】不明

武家屋敷の趣きを残す観光地「飫肥城下町」

飫肥(おび)城下町は、1588年から明治初期まで飫肥藩の城下町として栄えていました。武家屋敷を象徴する門構えや漆喰塀が残る情景を見られる観光地です。

城下町では買い物や食べ歩きをしながら、楽しく散策出来ますよ!また、甲冑や刀剣、武具、古文書が展示された飫肥城歴史資料館もあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】飫肥城下町
  • 【住所】宮崎県日南市飫肥
  • 【電話】0987-67-6029(飫肥城下町保存会)

工場見学が出来る観光地!宮崎の「グリーンパークえびの」

出典:https://www.ccbji.co.jp/plant/ebino/

グリーンパークえびのは、コカ・コーラ社の工場見学や歴史を楽しめる施設です。コレクションギャラリーでは、130年のコカ・コーラ社の歴史を感じることが出来ます。

実際にアメリカで使われていた機材やボトルなど、レトロなコレクションが展示されています。

工場見学は予約不要で行くことが出来るので、ふらっと立ち寄ってみても良いですね。

基本情報
  • 【名前】グリーンパークえびの
  • 【住所】宮崎県えびの市東川北有留1321-1
  • 【電話】0984-25-4211
  • 【営業】9:30~17:00(月曜定休)
  • 【料金】無料

日本初の国立公園内にある観光地「えびの高原」

えびの高原は標高1,200mの高原であり、日本初の国立公園である霧島屋久国立公園内に位置しています。

トレッキングスポットとしても人気の高い韓国岳・甑岳(こしきだけ)も含まれており、秋には紅葉を楽しめますよ。

また、火山湖である不動池は酸性度の高さにより、美しいコバルトブルーの湖面が特徴です。3つの火山湖を巡る「池めぐり」のうちの1つなので、白紫池・六観音御池と併せて周ってみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】えびの高原
  • 【住所】宮崎県えびの市末永
  • 【電話】0984-35-3838(宮崎県えびの市観光協会)

宮崎の観光地まとめ

宮崎には自然や歴史を感じられる観光地が多くあります。自然の中でのんびり過ごしたいという方にオススメなのが、高千穂峡・天安河原・えびの高原です。

歴史ある建築物や展示を鑑賞したい方は、青島神社・宮崎科学技術館・サンメッセ日南・鵜戸神社・飫肥城下町・グリンパークえびのに行くと良いでしょう。

当記事を参考にして、ぜひ宮崎旅行を楽しんでくださいね。日常を忘れてゆっくりと過ごすことが出来ますよ。