【大分県】秋の厳選観光地9選!紅葉と日本一の温泉で癒されよう!

秋の大分県を観光するなら紅葉巡りがおすすめです!なぜなら、秋は寒さを感じるようになる時期であり、「日本一の温泉県」である大分県なら、紅葉シーズンに美しい紅葉と日本一の温泉を堪能できるからです。

紅葉シーズンに美しい紅葉と日本一の温泉を堪能できたら最高の観光になると思いませんか?

美しい紅葉巡りをして体が冷えたら、日本一の大分の温泉で体を温める。そんな素敵な観光プランにできるように、大分県の美しい紅葉スポットを9選まとめてみました。

秋の大分を温泉だけで終わらせることなく、この記事を参考に紅葉巡りも検討してみてください。

(出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%B4%85%E8%91%89&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja)

スポンサーリンク

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ① 深耶馬溪(一目八景)

出典:https://nakatsuyaba.com/?introduce=hitomehakkei

日本新三景に選定されている名勝地「耶馬渓」。数々の景勝が集まる耶馬渓の一部、「深耶馬渓」の中心地にある『一目八景』を最初に紹介します。

耶馬渓は火山活動によってできた台地であり、日本でトップクラスの絶景が魅力です。その中でも有名なのが「一目八景」なのです。

周囲の美しい8つの岩峰群が一望できることからこの名が付けられました。蕎麦屋や旅館などが点在するこの地の中心には「一目八景展望台」があり、辺り一帯の紅葉を堪能できます。

展望台だけではなく遊歩道もあり、歩いて散策することで、展望台から見渡す美しさとはまた違った、全身で一目八景を堪能することができますよ。

観光地情報
  • 【住所】大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
  • 【電話番号】0979-54-3111(耶馬溪支所地域振興課)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】中津耶馬渓観光協会

スポンサーリンク

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ② 奥耶馬渓(猿飛千壺峡)

出典:https://nakatsuyaba.com/?introduce=sarutobi

2つ目に紹介するのは、耶馬渓の景勝のうちの一つ「奥耶馬渓」の中にある『猿飛千壺峡』です。

長い年月をかけて自然が作り上げた大小無数の甌穴(自然が作る円形の穴)が約2㎞に渡って峡底に広がっており、紅葉の名スポットとなっています。

周辺には遊歩道が整っており、600メートルほど下流の方へ歩いていくと、切り立った岩の間を透き通った水が流れる「魔林峡」「念仏橋」といった神秘的なスポットも現れてくるのです。

紅葉の時期になると、山の木々から甌穴の草木まで色付き、上を見ても下を見ても美しい景色が広がりますよ

観光地情報
  • 【住所】大分県中津市山国町草本
  • 【電話番号】0979-62-3111(中津市山国支所地域振興課)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】中津耶馬渓観光協会

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ③ 九酔渓

出典:https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4738

3つ目に紹介するのは、2㎞に渡って続く断崖絶壁に原生林が広がる『九酔渓』です。

標高777mの九酔渓には、長さ390m、高さ173mという人が渡る吊り橋としては日本一高い吊り橋「九重“夢”大吊橋」が架かっています。

秋には吊り橋から辺り一面の紅葉や、近くにある九州有数の名瀑「振動の滝」を眺めることができ、自然の雄大さを感じることができるでしょう。

また、近くには「九酔渓温泉」があります。寒さを感じるようになってくる秋の紅葉シーズンに浸かる温泉は格別ですよ。

観光地情報
  • 【住所】大分県玖珠郡九重町大字田野
  • 【電話番号】0973-76-3150(九重町商工観光・自然環境課)
  • 【営業時間】1月〜6月、11月〜12月(8:30〜17:00)  7月〜10月(8:30〜18:00)
  • 【入場料金】吊り橋の入場料金:中学生以上500円、小学生200円、小学生未満無料
  • 【公式サイト】九酔渓

おんせん県大分へ行こう!オススメの観光地を9つ紹介!

2019年8月13日
スポンサーリンク

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ④ 立羽田の景

出典:https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4535

4つ目に紹介するのは、天に向かって突き通すように起立する奇岩が印象的な『立羽田の景』です。

切り立った岩峰の麓には民家や田園風景が広がり、どこか懐かしさを感じる景観が造り上げられています。

紅葉の時期になると、迫力のある岩峰の周りを色鮮やかな木々が囲み、さらに力強さを感じる姿へと変化するのです。

この岩峰を取り囲む紅葉は1㎞も続き、力強い岩峰だけでなく、一帯の絶景も人気となりたくさんの人が訪れています。

観光地情報
  • 【住所】大分県玖珠郡玖珠町古後
  • 【電話番号】0973-72-7153(玖珠町商工観光振興課)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】大分県観光情報公式サイト

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ⑤ くじゅう連山

出典:https://www.nihon-kankou.or.jp/kouyou/searchDetail.jsp?ken__=oita&shi__=44208&id__=K4409

5つ目に紹介するのは、標高1,700m級の山々が連なる、九州で一番の高さを誇る高山地帯『くじゅう連山』です。

秋には、山肌が燃えるような赤や黄色に彩られ、見ごたえ十分な風景が広がります。

誰でも登れるような手軽な登山地としても人気で、紅葉で彩られた山を登っていく楽しみ方も人気ですよ。

遠くから連山を見渡したり、麓まで来て間近で木々に触れたり、山に登って紅葉の絶景の中に入っていったり、自分好みの方法で紅葉を堪能してみてください。

観光地情報
  • 【住所】大分県竹田市久住町
  • 【電話番号】0974-76-1117 (竹田市久住支所 地域振興課)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】竹田市観光情報

スポンサーリンク

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ⑥ 陽目渓谷(白水の滝)

出典:http://www.i-oita.net/spot/coast_rivers_famous-water/taketa/10956.html

6つ目に紹介するのは、美しい紅葉と大きな岩の間から湧き出る「白水の滝」を見ることができる『陽目渓谷』です。

白水の滝の近くには、「陽目の里 名水茶屋」というお店があり、紅葉を見ながら郷土料理が食べられたり、お土産を買ったりすることができます。

このお店から白水の滝に向かう途中に遊歩道が整備されており、ここを歩きながら紅葉を楽しむこともできますよ。

また、周辺にはコテージが並ぶキャンプ場もあり、紅葉の中でのキャンプも楽しめます。このキャンプ場は、「陽目の里 名水茶屋」で管理されているので、キャンプも楽しみたい方は問い合わせてみてください。

観光地情報
  • 【住所】大分県竹田市荻町陽目371
  • 【電話番号】0974-68-2210 (陽日の里 名水茶屋)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】iナビおおいた

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ⑦ 白馬渓

出典:https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4567

7つ目に紹介するのは、谷間に植えられた数百本のモミジが美しく色付く『白馬渓』です。

モミジの木が多く見られる白馬渓では毎年11月中に「白馬渓もみじまつり」が開催され、甘酒が振舞われます。開催日に関しては後述してある電話番号を利用して問い合わせるか、公式サイトから確認してください。

また、白馬渓は登山道が整備されています。標高差があるので、道を登っていくほど紅葉の色付き具合も変わってきて、赤と緑の美しいグラデーションを楽しめます。

小さな子供でも登れるくらいのちょっとした登山を楽しみながら、山道の紅葉を堪能してみてはいかがでしょうか?

観光地情報
  • 【住所】大分県臼杵市前田馬代
  • 【電話番号】0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】大分県観光情報公式サイト

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ⑧ 由布岳

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%94%B1%E5%B8%83%E5%B2%B3&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

8つ目に紹介するのは、日本有数の人気温泉地「由布院温泉」を見下ろすようにそびえる標高1,584mの山『由布岳』です。

平地の中にそびえる姿がとても美しく、紅葉の時期にはたくさんの登山家が足を運びます。

秋に近付くとまずは山頂から紅葉がはじまり、日を追うごとに麓まで紅葉が進んでいきます。

山頂から麓までグラデーションとなる紅葉が、秋だけの絶景を創り出しているのです。

観光地情報
  • 【住所】大分県由布市湯布院町、別府市
  • 【電話番号】0977-85-4464 (由布院観光総合事務所)
  • 【営業時間】24時間
  • 【入場料金】無料
  • 【公式サイト】全国観るなび

秋の大分県は紅葉が美しい観光地へ⑨ 富貴寺

出典:https://www.showanomachi.com/spots/detail/139

最後に紹介するのは、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝にも指定されている『富貴寺』です。

福山雅治が登場したアサヒスーパードライのCMのロケ地となったこともあり、福山雅治ファンがこぞって訪れる地でもあります。

紅葉の中に建つお寺は風格があり、その美しさからロケ地に選ばれたことも納得できるでしょう。

そして、例年11月下旬頃からライトアップがされ、紅葉とライトに包まれた大堂が幻想的な雰囲気を醸し出します。

観光地情報
  • 【住所】大分県豊後高田市田染蕗2395
  • 【電話番号】0978-26-3189
  • 【営業時間】8:30~16:30
  • 【入場料金】拝観料:一般・高校生300円/小・中学生150円
  • 【公式サイト】豊後高田市公式観光サイト

大分県のおすすめ温泉地

ここまで大分県の紅葉が美しい観光地を紹介してきましたが、これらの地に訪れて紅葉に見入っていると、秋の冷たい空気で体が冷えてしまうもの。

ここからは、冷えてしまった体を温めてくれる「日本一の温泉県」おすすめの温泉地を3つご紹介します。

秋の大分県をより一層楽しむために、今から紹介するおすすめの温泉地も参考にしてみてください。

別府温泉

出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%88%A5%E5%BA%9C%E6%B8%A9%E6%B3%89&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

最初に紹介する温泉地は、源泉数、湧出量ともに日本一の『別府温泉』です。写真の温泉は、別府市の市営温泉「竹瓦温泉」です。

別府温泉がある別府市には、あちこちに温泉や旅館があり、「温泉都市」として知られています。日本の温泉地の中でも知名度が高いので、温泉名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

また、別府温泉とは別府八湯(8つの代表的な温泉の総称)に含まれる温泉であり、付近には他にも「鉄輪・明礬・観海寺・亀川・柴石・堀田・浜脇」の7つの温泉地が点在しています。

他の温泉地にも近く、様々な温泉や温泉街を楽しむことができるのも別府温泉の魅力ですよ。

温泉地情報

由布院温泉

出典:http://www.yufuin.gr.jp/

2つ目に紹介する温泉地は、先程も紹介した標高1,584mの「由布岳」の麓に広がる温泉地『由布院温泉』です。源泉数、湧出量ともに別府温泉に次ぐ全国2位の豊富な湯量を誇ります。

温泉の効能の高さ、周囲の温泉街の景観、交通の便など、様々な観点から高い評価を受けた温泉地である証「国民保養温泉地」にも指定されているのです。

付近の温泉街には、しゃれた雑貨屋やレストランが並び、美術館まで点在しています。おしゃれな温泉街を歩きたいという方には由布院温泉がおすすめですよ。

温泉地情報

湯平温泉

出典:https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4513

3つ目に紹介するのは、室町時代から続く歴史深い温泉地『湯平温泉』です。湯平温泉は、由布院温泉の近くに位置し、同じく「国民保養温泉地」に指定されています。

湯平温泉は、室町時代にはあったことが明らかとなっていますが、伝承では「鎌倉時代から続いているのではないか」とされているのです。

それほど長い歴史を持つ湯平温泉には、昔ながらの雰囲気が残る温泉街が広がり、江戸時代に作られた石畳が敷かれた通りが続いています。

どこか懐かしさを感じる温泉街はゆったりとした時間が流れ、温泉と共に身も心も癒してくれますよ。

温泉地情報
  • 【所在地】大分県由布市
  • 【公式サイト】湯平温泉

大分の1度は行きたい温泉地9選!おんせん県を満喫しよう♪

2019年8月12日

まとめ【大分の秋は紅葉と温泉に癒されよう】

本記事では、大分県の紅葉が美しい観光地を9選まとめてみました。どれも写真を見るだけで分かる絶景ばかりでしたよね。

そして大分県は、日本一の温泉県でもあります。紅葉が美しい秋は気温が急に下がり、寒さを感じるようになる時期なので温泉もぴったりです。

大分県の観光の際には、紅葉を楽しみつつ、温泉にも浸かって体を癒してみてはいかがでしょうか。

その時にはこの記事を参考にして、厳選した美しい紅葉を見に行ってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

もこ

ライティングとブログに目覚めたトマト農家です。 大好きなゲームを我慢しながらライティングの勉強をしています。 冬はトマトが休みなので、ゲームとライティングの両立の日々です。