ハノイの絶対外せない観光地9選!歴史的建造物や市場を紹介!

ハノイ旅行に行くものの、どの観光地へ行けば良いのか迷っていませんか?ハノイは歴史的建造物や市場など、様々な観光地があって悩んでしまうのも分かります。

そこで、当記事では絶対に外せないハノイの観光地を9つ紹介します。旅行の計画を立てる際に、参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/公正です-人-女性-オレンジ-1505686/

スポンサーリンク

ベトナム王朝の遺跡がある観光地「タンロン遺跡」

タンロン遺跡は、人類の歴史上重要な時代を証明する建築物として2010年に世界遺産に登録された、ベトナム王朝の王城跡です。

15世紀から残っている建物は「端門」と「龍の階段」の2つのみ!端門はタンロン遺跡のイメージ写真に使われている場所であり、見所の1つですよ。

当施設は王城跡ですが、フランス統治時代に建てられた西洋建築物も残っています。ベトナムの統治の歴史が分かっていると、異なる建築様式の建物が建っていることも理解できてより楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

人形ショーを楽しめる観光地「タンロン水上人形劇場」

タンロン水上人形劇場は、水面が舞台の人形劇を見られる劇場です。ベトナムの伝統や昔の生活を題材にしたショーが行われており、伝統楽器の生演奏とともに繰り広げられるのでベトナム語が分からなくても楽しめます。

コミカルに動く人形や生演奏、火を使った演出などがあり、あっという間に時間が過ぎ去っていきます。

上演時間は50分ほどであり、夏は1日に4公演、冬は1日に6公演行われますよ。ただし夏と冬の期間が書かれておらず、日によっては公演回数が少なくなることもあるので現地で確認してみると良いですね。

ハノイで買い物を楽しめる観光地「ドンスアン市場」

ドンスアン市場はお土産品や衣服、飲食店などの店が並んでいる屋内型市場です。1階は食品やお菓子類、2階はアオザイなどの衣服類、3階は子供服などが販売されています。

市場の周りにも屋台が並んでおり、花やフルーツを売っている路面店やフォーを格安で食べられる屋台なども立ち並んでいます。晴れていれば周りに広がっている屋台も訪れると、より楽しめるでしょう。

ハノイの市場の中では観光色が強く、雑貨など外国人観光客向けのお土産も並んでいますよ。ドンスアン市場で、お土産を購入するのも良いですね。

スポンサーリンク

ハノイの夜を楽しめる観光地「ナイトマーケット」

ナイトマーケットは、旧市街のホアンキエム湖から徒歩1分のところで開催されているマーケットです。金・土・日の19時から24時まで行われています。

ハンダオ通りからドンスアン通りまでの300mの間に、飲食店や雑貨屋、衣服店などの屋台が並んでいますよ。食べ歩きをしながら、ナイトマーケットを回ってみるのも楽しいですね。

ナイトマーケットでは、スリなどの被害が出ています。マーケットに行く際は、ズボンの後ろポケットに財布や携帯を入れないようにしましょう。

財布や携帯などの貴重品はカバンに入れて、前がけにすると被害に遭う確率が下がりますよ。

古き良き街並みを残している観光地「ハノイ旧市街地」

ハノイ旧市街地は「ハノイ36通り」とも呼ばれている、古き良き街並みを残したエリアです。旧市街地には、人気観光スポットでもある「ホアンキエム湖」もありますよ。

ハノイ旧市街地を観光するなら、徒歩移動がおすすめです。街並みを眺めながら歩けば、昔ながらのベトナムを感じることができるでしょう。

通りにはカフェやスパ、フォーのお店、オーダーメイドでアオザイを作ってくれるお店などがありますので、気になるお店があれば立ち寄ってみるのも良いですね。

カフェの中には眺めの良いテラス席を置いているもあるので、景色を楽しみたい方はテラス席のあるカフェに行くのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

浮島に建つ観光地「玉山祠」

玉山祠は(ぎょくさんじ)は、ホアンキエム湖の浮島「玉山島」に建つ寺院です。玉山島へは、朱色が美しいフク橋を渡って向かいます。

この施設は、元(ゲン)と戦った英雄「チャン・フン・ダエ」と三聖人が祀られています。玉山祠に行ったら、ぜひ合掌をしてくると良いでしょう。

また、玉山祠には神剣を運んできたと言われる大亀の剥製が鎮座しています。大きさは2mほどで、重さはなんと200kg超え!亀の大きさに驚いてしまうことでしょう。

ベトナムで亀は神聖なものとして崇められているので、あなたもぜひ亀の剥製を見ていってみてはいかがでしょうか。

入場無料の観光地「ハノイ大教会」

教会ハノイ大教会は、フランス統治時代を象徴する教会です。2本の塔がある当施設は、厳かなネオ・ゴシック建築となっています。100年以上の歴史がある建築物であり、目の前に建てば厳粛な気持ちになりますよ。

中に入ると、イタリアから輸入されたステンドグラスがあなたを出迎えてくれます。とても美しいので一見の価値ありです。入場料が無料となっているので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ハノイ大教会の敷地内は、禁煙・脱帽でありノースリブ等の服装は禁じられているので注意しましょう。カメラはフラッシュを焚かなければ、使用可能です。

シルクロードと呼ばれる観光地「ハンガイ通り」

ハンガイ通りは、シルクを取り扱う生地屋さんやオーダーメイドの洋服屋さんが多いことからシルクロードと呼ばれている通りです。

ほとんどのオーダーメイドのお店が48時間以内に洋服を仕立ててくれるので、旅の思い出として1着頼むのも良いですね。

ハンガイ通りは洋服屋さんの他にも屋台やアートギャラリー、商店などが並んでいるので気になるお店があったらフラッと入ってみるのもおすすめです。

たまたま入ったお店で、素敵な出会いがあるかもしれませんね。ショッピングを楽しみたい人に特におすすめな観光地です。

ハノイ最古のお寺「鎮国寺」

鎮国寺は、548年に建立されたハノイ最古のお寺です。何十にも連なる赤色の塔はレンガ造りとなっており、異国情緒を感じられます。当施設はベトナム・タイ・インドの建築様式が融合した造りです。

本堂の中は装飾が豪華で、釈迦像や菩薩像も鎮座しているので見応え十分です。本堂では、玉山祠と同じく「チャン・フン・ダエ」を祀っています。

この施設は湖の浮島に建てられており(徒歩で向かうことが可能)、湖越しに見る姿は青々と茂る木々とのコントラストで美しいんですよ。

入場無料なので敷地内も観光してもらいたいのですが、湖越しの姿も眺めてから帰るのがおすすめです。

ハノイの観光地まとめ

ハノイの観光地を9つ紹介しました。ハノイは、ベトナム王朝が栄えていた時代やフランス統治時代など、そのときの支配者により建築様式も異なっています。

そのため、どの時代に建てられた建築物なのかを意識しながら、タンロン遺跡や玉山祠、ハノイ大教会、鎮国寺を見学するのも楽しいですよ。

観光地建てられた時代支配者
タンロン遺跡15世紀ごろ/フランス統治時代ベトナム諸王朝/フランス
玉山祠13世紀ベトナム諸王朝
ハノイ大教会1886年フランス
鎮国寺548年ベトナム初の独立王朝

ハノイ観光で穴場のスポット5選を、口コミを踏まえて徹底解説。

2019年12月5日

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。