【バンコク観光の日数】オススメのモデルコースを紹介します!

「バンコク観光を計画しているが、旅行の日数で迷っている。」「バンコク観光に、どれくらいの日数が必要かわからない。」という方に参考になればと思い、記事を書きました。

タイは温暖で過ごしやすい気候であり、東南アジアを代表する人気の旅行先です。特にバンコクは魅力的な観光スポットが多く、リーズナブルな値段でグルメやショッピングを楽しめます。

 今回はバンコクを初めて観光する方向けに必要な日数、モデルコースを記事にまとめました!初めてバンコクを観光する人は、ぜひ最後までご覧くださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/bangkok-ayutthaya-1808265/)

スポンサーリンク

バンコク観光日数を決めるためのフライトスケジュールを確認

バンコク観光のスケジュールを決めるためには、まずフライトスケジュール把握しておくと計画を立てる上でスムーズです。

バンコクへ行くには、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港のどちらかを利用します。もし可能なら市内へのアクセスも良く、2006年に新しくできたスワンナプーム国際空港を選択しましょう。

国内の主要な空港(成田国際・羽田・関西国際・中部国際・新千歳・福岡)から、バンコクへ行くときに利用するスワンナプーム国際空港まで、直行便が就航しているためアクセスが良いです。

参考までに羽田空港、成田国際空港、関西国際空港からスワンナプーム空港への直行便をいくつか紹介します。シーズンによって金額や時間も変動しますので、あくまで参考資料(2020年3月現在)としてくださいね。

【羽田空港-スワンナプーム国際空港(全日空)
便名/会社 出発時刻 到着時刻 所要時刻 値段
NH847往路 10:50 15:30 6時間40分 約73,000円

※エコノミー

NH878復路 13:55 22:15 6時間20分

 

【羽田空港-スワンナプーム国際空港(タイ国際航空)
便名/会社 出発時刻 到着時刻 所要時刻 値段
TG683往路 10:35 15:05 6時間30分 約63,000円

※エコノミー

TG682復路 22:45 6:55(翌日) 6時間10分

 

【成田国際空港-スワンナプーム国際(全日空)
便名/会社 出発時刻 到着時刻 所要時刻 値段
NH807往路 17:00 21:40 6時間40分 約67,000円

※エコノミー

NH808復路 0:20 8:40(翌日) 6時間20分

 

【成田国際空港-スワンナプーム国際(タイ国際航空)
便名/会社 出発時刻 到着時刻 所要時刻 値段
TG643往路 12:00 16:30 6時間30分 約58,000円

※エコノミー

TG640復路 22:10 06:20(翌日) 6時間10分

 

やすたび編集部
関東エリアは成田国際空港、羽田空港の2つ空港があり、発着が多いためフライトの選択肢も多くて便利です。逆に関西エリアはある程度限られているため、迷う必要がないですね。
【関西国際空港-スワンナプーム国際空港(日本航空)
便名/会社 出発時刻 到着時刻 所要時刻 値段
JL727往路 0:45 4:40(翌日) 5時間55分 約59,000円

※エコノミー

JL728復路 0:25 7:45(翌日) 5時間20分

 

やすたび編集部
LCC(格安航空会社)や経由便を使用すれば、時間や空港の選択肢は減りますが、バンコクまでの往復を3万円程度まで安くすることができますよ!!
スポンサーリンク

バンコクは少ない日数でも密度の濃い観光の予定を組める

日本からバンコクへは、直行便だと約6、7時間もあれば到着可能です。

全日空やタイ国際航空などの直行便は一定数の発着があるため、旅行の計画に応じたフライトの選択も可能です。LCC(格安航空会社)という選択肢もあるため、日本からのアクセスが良いと言えます。

バンコクは交通網が発達しています。BTS(スカイトレイン)MRT(地下鉄)は初心者でも利用しやく、町を歩けばタクシートゥクトゥク(三輪タクシー)の台数が多く、簡単に見つかりやすいです。

しっかり計画を立て、効率の良い移動ができれば、2泊3日でもたっぷりバンコクを堪能することができます。次からはバンコク観光のモデルケース(羽田空港を利用)を紹介していきますね。

バンコク観光の日数2泊3日のモデルコース:1日目

1日目の計画
  • 9:00   羽田空港に到着
  • 10:50 羽田空港を出発(NH847:全日空)
  • 15:30 スワンナプーム国際空港に到着
  • 17:30 ホテル到着
  • 18:00 ホテルで荷ほどき、休憩
  • 19:00 アジアティーク観光 

10:50 羽田空港を出発

よく言われているのが、空港の2時間前到着。余裕をもつなら3時間前には到着しましょう。多くの航空会社はチェックイン締め切り時間を60分前に設定しています。

15:30 スワンナプーム国際空港到着

事前に出入国カードとパスポートの準備をして、入国審査へ向かいましょう。そのあとは掲示板に表示してある便名を見て、荷物受け取り場所を間違わないようにしましょうね。

旅行前の両替がベストです。事前に両替する時間がなかった方は、空港での両替(手数料が一般的に高い)は、最低限必要な分だけにして、後でバンコク市内で良いレートでの両替をオススメします。

やすたび編集部
旅行前に両替をしておくなら、外貨宅配サービスか金券ショップでの両替を利用すると、両替に必要な手数料を抑えて、良いレートで両替できる可能性が高いです。

17:30 ホテル到着

ホテルに到着したら一段落。荷ほどきをして、シャワーを浴びたら、夜の観光に備えましょう。バンコクの日本語が通じるオススメのホテルは、下記の記事を参考にしてくださいね。

バンコクの日本語が通じるホテル5選!外国語が話せなくても安心!

2019年11月16日

19:00 アジアティーク観光

バンコクを流れるチャオプラヤー川沿いの巨大な商業施設「アジアティーク・ザ・リバー・フロント」。バンコクで一番大きなナイトマーケットです。

無料のシャトルボート(運行時間は16時~23時30分、運行時間は約30分に1本)を利用して行くのがオススメ。BTS(高架鉄道)サパーンタクシン駅に船着き場があります。約10分の船旅を楽しんでください。

東京ドーム2.5個分の敷地内には、1,500以上もの雑貨屋やレストラン、マッサージ店といった店舗が並んでいます。敷地内は夜景が美しくインスタ映えするポイントが沢山ありますよ。

飲食店はカフェを含めて40店舗以上あり、どこで食べるか迷います。老舗のキャバレー「カリプソ・キャバレー・バンコク」もあります。タイ名物のニューハーフショーを、楽しむのも良いですね。

基本情報
  • 名称:アジアティークリバーサイドフロント
  • 住所:2194 Charoen Krung Rd, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120 タイ
  • 営業時間:16:00~0:00

スポンサーリンク

バンコク観光の日数2泊3日のモデルコース:2日目

2日目の計画
  • 7:00 水上マーケット
  • 13:00 ワットポー、ワットアルンを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 ラチャダー鉄道市場を観光

7:00 水上マーケット

2日目の朝は少し早起きして水上マーケットに行きましょう。タイの伝統的な水上生活を体験できますよ。水上マーケットは、船に乗ったままで食事や買物ができるので、朝ご飯を食べずに行くことをオススメします。

水上マーケットの中でも最大規模ダムヌンサドゥアックがオススメです。英語が通じやすく観光客が多いため、マーケットの人も観光客慣れしています。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの現地で申し込むツアーは、日本語ガイド付きの半日ツアー約4000円程度。人気の観光スポットのためか、やや高いような気もしますが、是非申し込みましょう。

やすたび編集部
ツアーを申し込まずダムヌンサドゥアックへ行き、現地でボートを手配すると1隻約5,000円程度かかります。人数が多いと一人当たりの金額を下げれるため、大人数で観光するならツアーに申し込まず、現地で交渉してボートを確保するのも良いかもしれません。

小舟に揺られながら、水上で行う買い物と食事は貴重な経験になります。日本ではあまり見かけない風景で、世界中の観光客に人気の観光スポットです。

基本情報
  • 名称:ダムヌンサドゥアック
  • 住所:Damnoen Saduak, Damnoen Saduak District, Ratchaburi 70130 タイ
  • 営業時間:7:00~17:00

 

13:00 ワットポー、ワットアルンを観光

ワットポー寝釈迦像は一見の価値ありです。大きすぎて写真におさめることができません。その他ラーマ王4世の仏塔、座釈迦像など見どころは沢山あります。

ワット・ポーでは、タイ古式マッサージスクールの学生さんがマッサージ(1時間:約1500円)をしてくれます。学生さんとはいえ、本格的な教育を受けた方の古式マッサージを受けれるのは嬉しいですね。

基本情報
  • 名称:ワットポー
  • 住所:2 Sanam Chai Rd, Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200 タイ
  • 営業時間:8:00~18:30

 

ワットアルンは、「暁の寺院」という別名があります。チャオプラヤ川のほとりに建つワットアルンは、その名の通り夕暮れ時がとても美しいです。

ワットアルンは本堂のタンシン王像や門番の2体のヤックなど、思わず目を奪われる迫力の像があります。屋根や壁面には、モチーフが飾られ、絵がびっしり描かれており、独特の世界に引き込まれます。

ライトアップされたワットアルン人気です。入場は17時30分までですが、ライトアップは21時までされます。

基本情報
  • 名称:ワットアルン
  • 住所:158 Thanon Wang Doem, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok 10600 タイ
  • 営業時間:7:30~17:30


メモ
  • 「ワット・プラケオ」
  • 「ワット・ポー」
  • 「ワット・アルン」

この3つの寺院はバンコク3大寺院と呼ばれ、世界中から人気の高い寺院です。

16:00 ワットパクナムを観光

バンコク観光の中で、人気上位の観光スポットがワットパクナムです。バンコク観光でワットパクナムは外せないでしょう。

大仏塔5階のエメラルドの仏塔(仏舎利奉安塔)がとても幻想的で美しいです。天井画プラネタリウムのようです。宇宙空間のような異空間に、誰もが虜になります。

基本情報
  • 名称:ワットパクナム
  • 住所:300 ถนน Ratchamongkhon Prasat Alley, Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok 10160 タイ
  • 営業時間:8:00~18:00

18:00 ターミナル21で夕食

ターミナル21はバンコクのアソークエリア(BTSアソーク駅直結)にある、シンボル的な建物で有名な巨大なショッピングモールです。フードコートやレストラン街のフロアがあり、何を食べるか迷っていまします。

お土産を買うにも最適なお店が多く、比較的リーズナブルな価格のショップが多いです。ダイソーもあるため、忘れ物がある人や、買い忘れがある人はダイソーで買うのも良いでしょう。

やすたび編集部
ターミナル21の敷地内はフリーのwi-fiが使えるため、wi-fiのレンタルをしていない人は嬉しいですね。
基本情報
  • 名称:ターミナル21
  • 住所:88 Soi Sukhumvit 19, Khlong Toei Nuea, Thawi Watthana, Bangkok 10110 タイ
  • 営業時間:10:00~22:00

19:30 ラチャダー鉄道市場を観光

インスタ映えすると、最近大人気の観光スポットがラチャダー鉄道市場です。雑貨エリア、飲食エリア、パブエリエと様々なお店があり、見て回るだけでワクワクします。

オシャレなお店が多くリーズナブルな料金で美味しい料理が食べられます。帰国後に自分が身に着ける物や雑貨、お土産を買うにも便利ですよ。コスパの良いお店が多く、人気の観光スポットである理由がわかります。

基本情報
  • 名称:ラチャダー鉄道市場
  • 住所:Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok 10400 タイ
  • 営業時間:17:00~23:00

 

バンコク観光の日数2泊3日のモデルコース:3日目

最終日の計画
  • 8:30   ホテルをチェックアウト
  • 9:00     ヘルスランドで2時間のタイマッサージ
  • 12:00 スワンナプーム国際空港に到着
  • 13:55 スワンナプーム国際空港を出発(NH878:全日空)
  • 22:15 羽田空港に到着 

9:00     ヘルスランドで2時間のタイマッサージ

タイ旅行中、一度はタイ古式マッサージを体験してみたいですよね。タイでは上質なマッサージリーズナブルな価格で受けることができます。とても大きく清潔感のある施設です。

オススメは日本人観光客からも、タイ人からも絶大な人気を誇るヘルスランドです。ヘルスランドはバンコク、パタヤで計10店舗ありますがアソークエリアが便利です。

様々なコースがありますが、タイ古式マッサージの価格は2時間で約2000円。旅の疲れを最終日にしっかり癒してくださいね。

基本情報
  • 名称:ヘルスランド アソーク店
  • 住所:55/5 Asok Montri Rd, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
  • 営業時間:9:00~0:00

12:00 スワンナプーム空港に到着

スワンナプーム空港について、時間と体力に余裕があるなら、空港内を探検しましょう。少し前になりますが、2012年インスタグラムに投稿された空港ナンバー1に輝いています。

レストランやカフェが充実しており、免税店も多いです。お土産の買い忘れがあるときは、空港内のショップで買いましょう。意外とリーズナブルな価格で良い買い物ができますよ。

スポンサーリンク

バンコク観光の日数が3泊4日ならアユタヤ遺跡に行きたい

3日目(3泊4日)の計画
  • 8:00 アユタヤ遺跡ツアー集合場所へ
  • 15:00 アユタヤ遺跡ツアー解散
  • 16:00 カオサン通りで買い物、夕食

8:00 アユタヤ遺跡ツアー集合場所へ

3泊4日ならバンコクから約80キロ、約2時間で行くことができるアユタヤ遺跡への観光がオススメです。

世界遺産アユタヤ遺跡は主要な遺跡が少し離れているため、現地ツアーでの観光効率的です。現地ツアーは内容にもよりますが、スタンダードなツアーだと約6000円程度(入場料、日本語ガイド付き)です。

14~18世紀に王都として繁栄した古都アユタヤは見どころ沢山あります。特にオススメなのがワット マハタートで、「木の根の間に埋め込まれた仏像の頭」や、「頭部がない仏像」などは必見です。

基本情報
  • 名称:アユタヤ遺跡 ワットマハタート
  • 住所:Naresuan Rd, Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000 タイ

16:00 カオサン通りで買い物、夕食

カオサン通りバックパッカー(旅人)が集まる聖地と呼ばれる場所です。約300mの通りに色々な屋台や安宿が立ち並びます。

街中には、様々な国のバックパッカーが沢山いて活気があります。カオサン通りはシルバーアクセサリーと手作りの絵が有名です。雑貨も魅力的な物が、びっくりするほど安く店頭に並びます。

カオサン通りの屋台は安くて美味しいお店が多いです。サソリやコオロギなどの珍しいグルメも見られますよ。

やすたび編集部
カオサン通りでは、30分約400円程度のマッサージが沢山あります。質はともかく安いのは嬉しいですね。
基本情報
  • 名称:カオサン通り
  • 住所:Khwaeng Talat Yot, Khet Phra Nakhon Krung Thep Maha Nakhon 10200タイ

バンコク観光の日数が4泊5日なパタヤへ行こう

4日目(4泊5日)の計画
  • 8:00 パタヤへ出発
  • 11:00 パタヤ到着、昼食
  • 18:00 パタヤで夕食
  • 20:00 パタヤ出発

8:00 パタヤへ出発

バンコクから約150㎞、車で約2時間30分のところにパタヤがあります。パタヤはビーチタウンなので、マリン系のアクティビティーが充実しています。

パタヤビーチでお酒を飲みながら、ゆっくり過ごすのも良いですね。朝から夕方まで、ビーチサイドではチェアの貸し出し(1脚約400円)があります。

パタヤは夜になるとネオンがギラつき始め、アジア最大の歓楽街となります。男性向けのお店がほとんどです。男性は、歓楽街でお金を使い過ぎないようにしましょうね。パタヤで一泊するのも良いですね。

パタヤで穴場スポットを楽しみたい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

パタヤ観光の穴場スポットを9つ紹介。定番だけじゃ物足りない人へ。

2019年12月3日
基本情報
  • 名称:パタヤビーチ
  • 住所:Pattaya City, Banglamung, Chonburi 20150 タイ

効率の良い移動がバンコク観光のポイント

電車での移動

スワンナプーム空港とバンコク市内への移動は、「ARL(エアポートリンク)」がオススメです。特に帰る際の空港に向かうときはARL(エアポートリンク)が良いですね。車だと渋滞により、時間が読みにくいです。

各駅停車は20分間隔、特急は1時間間隔で運行しています。各駅停車で所要時間30分、料金は約180円。特急だと時間が半分(約15分)で料金が倍(約360円)です。

スクンビット線、シーロム線の2つの線があり、バンコク市内のショッピングセンターや観光地などへのアクセスに良い「BTS(スカイトレイン)」。4~8分間隔で運行し、料金も100円前後で使いやすいですよ。

MRT(地下鉄)」もオススメです。ルンピニ公園、ファラムポーン駅などに繋がっているため、BTSとの相性が良いです。同じく4~8分間隔で運行し、料金も100円前後でリーズナブルです。

やすたび編集部
「ARL」、「BTS」、「MRT」の3つを乗りこなせば、バンコク市内のほとんどの観光地を網羅できますよ。

タクシーでの移動

バンコク市内には法人タクシー個人タクシーの2種類があります。タクシーを停めるときは手を下で振りましょうね。行先は日本語で伝えても、だいたい理解してくれます。

運賃はメーター制。初乗り料金が約140円、その後1キロ毎約8円ずつ課金されます。チップは入りませんが、コインのおつりは受け取らないのが一般的のようです。

タクシーに乗ったら、メーターが動いているか確認しましょう。トラブル、ぼったくられる原因になります。

トゥクトゥク

タイ旅行で一度は乗ってみたいのが、屋根つき三輪タクシー「トゥクトゥク」です。アトラクション感覚で新鮮ですよ。

渋滞をすり抜けられ、細い路地まで入って行ける点がメリットです。ただエンジンの音が大きく、渋滞のときは排気ガスにまかれるのがデメリットですね。

バンコクを観光するときに知っておきたいこと

宗教への敬意

寺院への参拝のときは宗教への敬意が必要です。露出の高い服装はやめておきしょう。また女性は僧侶に触れてはいけません。男女が寺院で手をつないだり肩を組むことも控えた方が良いです。

寺院によって短パンサンダル厳禁の場所もあります。寺院観光時にはカーディガンと長ズボンを用意し方が良いでしょう。室内での冷房対策や日焼け対策にもなりますね。

飲料水

タイでは生水を飲むことは厳禁です。お腹を壊してせっかくの観光が台無しになります。食堂やレストランなどでは一度沸騰させた水を出してくれる処も多いですが、ミネラルウォーターの方が安心ですよ。

持ち物

電源プラグは「C」タイプや「BF」タイプ、もしくは日本と同じ「A」タイプです。ただ電圧は日本と異なる220Vのため、場合によっては変圧器必要です。デジカメや携帯の充電はしっかりしておいてくださいね。

旅に慣れている人は常備しているかもしれませんが、日焼け止めや虫除け、除菌グッズ等も持参した方が良さそうです。

【バンコク観光の日数】オススメのモデルコースまとめ

以上、「【バンコクの観光日数】オススメのモデルコース」でした。バンコクでは神秘的なパワースポットも多く、リーズナブルに買い物、グルメも楽しめます。

また少ない観光日数でも、しっかり計画通りに観光すれば2泊3日でも濃密な旅行ができます。4泊5日だとバンコク以外も観光することができるので、かなり充実した旅行になります。

バンコクの暑さは、相当なものです。水分をしっかりとって、しっかり暑さ対策をとってくださいね。スリや置き引き、盗難などにも注意してください。

この記事がバンコク旅行の参考になれば幸いです。バンコクで素敵な旅の思い出を作ってくださいね。