パタヤの夜を楽しめる観光地8選!遅くまで開いている施設も紹介!

「昼間はパタヤのビーチで遊ぶから、夜に観光地を巡りたいな…」

常夏で昼間は気温が高いパタヤ。涼を求めて、昼間はビーチで過したい方も多いのではないでしょうか。暑さが落ち着いてきた夜に観光をしたいという方、夜遊びをしたい方も多いと思います。

しかし、夜だとどんな観光地が開いているのか分からないですよね。そこで、当記事では夜も楽しめるパタヤの観光地を8つと治安について紹介します。

夜にパタヤを観光したい方や夜遊びをしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/コンサート-音楽-群衆-1149979/

スポンサーリンク

週末の夜は市場を観光「テパシットナイトマーケット」

テパシットナイトマーケットは、金・土・日の夕方から夜にかけて開催されているナイトマーケットです。ピーク時間の19時から21時くらいまでは多くの人で賑わっています。

当マーケットでは飲食や衣服、雑貨などの屋台が並んでいますよ。客層は7割ほどがタイ人なので、地元感を味わいたい人にもおすすめです。

食べ歩きも可能なのでお祭り感覚で行くのも、地元の人になりきって屋台を巡っていくのも楽しいですね。

スポンサーリンク

ニューハーフショーを鑑賞「ティファニーズ・ショー」

ティファニーズ・ショーは、ニューハーフが音楽に合わせて舞台上で踊っているショーを楽しめる施設です。パタヤで40年以上続く、歴史ある劇場ですよ。

豪華なステージ上で、綺麗なドレスを纏って踊る出演者たちは、元男性とは思えないほど美しいです。

「どうせニューハーフでしょ」と、偏見を持たずに1度は足を運んでみてはいかがでしょうか。見ていて飽きないショーが繰り広げられますよ。

さらに、ショーが終わったあとは出演者と一緒に写真を撮ることも出来ます。恥ずかしがらずに、写真をお願いすれば旅の思い出になりますね。

アクロバティックなショーが見られるパタヤの観光地「カーン」

出典:https://www.thailandtravel.or.jp/kaan/

カーンは、空中アクロバティックやプロジェクションマッピング、アクションと映画を組み合わせたステージパフォーマンスなどテクノロジーを駆使したエンターテインメントを楽しめる施設です。

タイの古典を現代風にアレンジしたショーからは目が離せません!独特な世界観で繰り広げられるショーを、あなたもぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。

最先端のテクノロジーを用いた演出や大勢のパフォーマーによるアクロバティックな演出は迫力満点ですよ。

スポンサーリンク

歴史的建造物のミニチュアを鑑賞できる観光地「ミニサイアム」

出典:https://www.thailandtravel.or.jp/mini-siam/

ミニサイアムは、バンコクの王宮をはじめとしたタイ全土に現存する建物や、世界各国の有名な建築物を1/25のスケールで再現している施設です。

屋外の施設ですが、夜になるとライトアップされ綺麗に見えるので必見ですよ!7時から22時まで営業されており、ライトアップされることや気温が低いという理由から、最近では夜に訪れる人も増えています。

世界各国の有名な建築物を見て回って、世界一周旅行の気分を味わってみてはいかがでしょうか。

パタヤの夜を楽しめる観光地「ウォーキングストリート」

ウォーキングストリートは、50件ほどのパブやバーなどがある歓楽街です。夜になると色鮮やかなネオンが光りだし、盛り上がりをみせます。

日本とは雰囲気が違うネオンの看板に、異国の地であることを感じられますよ。

当ストリートの中には、生バンドの演奏をしているバーやカフェ、シーフードを出してくれる飲食店などもあります。お酒が苦手な人でも、雰囲気を味わいに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、当ストリートは大道芸人が至るところで芸を行っています。歩いているだけでも、十分楽しめますよ。

スポンサーリンク

パタヤの夜を観光したいならディスコへ

パタヤの夜を騒いで過ごしたいのなら、ディスコに行ってみてはいかがでしょうか。ステージ上で行なっている、ライブやDJのプレイを聴けますよ。

ライブ感覚でお酒を飲みながら、過ごしてみるのも良いですね。ちなみにパタヤのディスコでは、各テーブルで盛り上がるスタイルとなっています。

パタヤのディスコ
  • INSOMNIA:ウォーキングストリートの奥(海側)
  • THE STONES HOUSE:ビーチロードからウォーキングストリートに入ってすぐ
  • LUCIFER:ウォーキングストリート内

パタヤのディスコは、23時ごろから人が多くなってきます。盛り上がっている時間に行きたい方は、23時すぎに行くと良いでしょう。

男性におすすめの夜の観光地「バービア」

バービアは、日本でいうガールズバーのようなお店です。お店の女の子と話しながら、お酒を飲むことができます。

そのため、男性におすすめの夜遊びとなっています。もし気に入った女の子がいれば、連れ出すことも可能ですよ。

バービアは基本的にお酒の提供のみとなっているので、つまみなどが欲しい場合は近くの屋台で頼むと良いでしょう。

パタヤのバービア
  • ソイ6:ビーチロードとセカンドロードの間にある小路
  • New Simon:ウォーキングストリート内

パタヤの夜を満喫するなら「ゴーゴーバー」

ゴーゴーバーは、下着や水着を着た女の子がお立ち台で踊っている様子を眺めながら、お酒を飲むことができるお店です。

もし気に入った子がいれば、隣に座らせてお喋りすることや店外に連れ出すこともできます。そのため、男性におすすめの夜遊びスポットです。

20時くらいまではハッピーアワーを行っているお店も多いので、安く済ませたい方は早めに行くと良いでしょう。

パタヤのゴーゴーバー
  • PALACE:ウォーキングストリート内
  • SENSATIONS:ウォーキングストリート内

夜のパタヤの治安は?

海外で夜に出歩くとなると、気になるのは治安ですよね。ではパタヤの治安はどのような感じなのでしょうか。

パタヤは海外の中では比較的治安が良い地域ですが、やはり日本よりは悪いので注意しましょう。夜になると酔っ払いのケンカやスリ、強盗などもあるので暗い道は避けた方が良いですね。

ディスコなどがあるウォーキングストリートの入口には、警察が10人くらい待機しているので何かあっても安心です。しかし、スリなどもいるので荷物から目を離さないようにするなど注意しましょう。

夜のパタヤビーチ沿いは、立ちんぼと呼ばれる娼婦の女性が並んでいます。一緒にホテルへ行ったら金品を盗まれたと事例もあるようなので、夜遊びをする男性は特に気を付けた方が良いでしょう。

パタヤの夜を楽しめる観光地まとめ

パタヤの夜を楽しめる観光地を8つ紹介しました。ウォーキングストリートには、バーやディスコ、バービア、ゴーゴーバーなどがありますので夜遊びをしたい人にはおすすめのスポットです。

最近では観光地化されており、入口には約10人の警察官もいるので安心しながら遊べるでしょう。

しかし、バービアやゴーゴーバーは女の子がいるお店なので、女性の方はうっかり入って気まずい思いをしないように注意してくださいね。事前に行きたいお店をチェックしておくと、安心ですよ。