飛行機の中にカメラは持ち込める?三脚やバッテリーについても紹介

旅行に行くときは、旅先の景色などを撮るためにカメラを持っていく方も多いですよね。

しかし、持ち込み荷物とお預け荷物どちらに入れれば良いか分からない方もいるのではないでしょうか。

そのため当記事ではカメラバッテリーなどカメラ周辺機器と共に、飛行機内にカメラを持っていけるかどうかについて紹介するので参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/女性-フォト-撮影-画像-642118/

スポンサーリンク

カメラは飛行機内に持ち込み?お預け荷物?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/カメラ/

旅行先にカメラを持っていく人は多いかと思いますが、持ち込み荷物とお預け荷物どちらに入れれば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

筆者が調べたところ、国内線・国際線ともに持ち込みも預け入れも可能でした。

預け入れも禁止されていませんが万が一、破損や紛失等が起きても航空会社では責任を負ってくれません。切なカメラは機内に持っていく方がおすすめです。

スポンサーリンク

フィルムカメラは手荷物検査で注意が必要

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/フィルムカメラ/

カメラは機内持ち込みをした方が良いが、預け入れも可能と先ほど述べました。しかし、フィルムカメラのときはお預け荷物に入れると壊れてしまう可能性があるので、機内持ち込みを強く勧めます

お預け荷物は、手荷物検査のときよりも強いX線を照射して検査をします。フィルムカメラの場合、X線を受けたときに感光(化学変化)してしまう可能性が預け荷物の方が高いです。

そのため、フィルムカメラを持っていくときはX線が弱い、機内持ち込みにした方が良いですよ。

カメラを飛行機内に持ち込むときは重量に注意

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/重量/

カメラを飛行機内に持ち込むときは、重量に注意しましょう。カメラの重さは、本体とレンズを合わせて1㎏から2.6㎏ほどあります。

飛行機内に持ち込める重さは国内線・国際線ともに10㎏までなので、カメラを複数持っていくときは10㎏を超えないように気を付けましょう。

規定の重さである10㎏を超えると、別途で料金が掛かりますよ。

スポンサーリンク

カメラは収納棚と座席の下どちらに置いておくと良い?

カメラは機内持ち込み荷物に入れると良いと述べましたが、収納棚と座席の下どちらに入れた方が良いのでしょうか。

収納場所について正解はないのですが、おすすめは座席の下に置いておくことです。

収納棚に入れた場合、取り出したときに落下して破損してしまう可能性もあります。そのため、落下の心配のない座席の下に入れて置くのが安心ですよ。

また、揺れなどの衝撃に備えてカメラ用のバッグに入れるとさらに安心です。カメラ用バッグは家電量販店などで販売していますが、もし買う時間がなければバスタオルなどを巻くことで対応しましょう。

Bluetooth・Wi-Fi搭載カメラは電波を発信させない

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/カメラ/

カメラを持ち込んだときの注意点があります。それは、BluetoothやWi-Fiが搭載されたカメラでは電波を発信してはいけないということです。(飛行機の機種により機内限定で発信可能な場合もあります)

最近のカメラは本体にBluetoothやWi-Fiが搭載されており、スマートフォンの専用アプリに写真のデータを送れるようになっています。

データを送ったときにBluetoothやWi-Fiの電波が飛んでしまうので、飛行機内ではデータを送らないようにしましょう。

飛行機の機種の中には、機内の中に限り無線通信が許可されている機種もあります。どうしてもデータを送りたい場合は、CAさんに確認をとってから行いましょう。

スポンサーリンク

カメラの三脚・一脚は飛行機内持ち込み?お預け荷物?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/三脚/

カメラが大好きな人の中には、三脚や一脚も持って行く人もいますよね。三脚や一脚は機内持ち込み荷物と、お預け荷物どちらに入れれば良いか分からないのではないでしょうか。

ANAによると、カメラの三脚・一脚は畳んだ状態で長さ60㎝以下の場合は機内に持ち込めるようです。

ただし60㎝を超えるものは機内に持ち込めないので、預けるようにしましょう。

カメラのバッテリーは飛行機内に持ち込み?お預け荷物?

カメラ好きの方の中には、旅先にバッテリーをいくつか持っていく人もいますよね。

バッテリーを持って行きたいと思ってはいるものの、機内持ち込み荷物とお預け荷物どちらに入れれば良いか分からないと困ってはいませんか?

筆者が調べたところカメラのバッテリーは、預け入れ禁止となっているとわかりました。ですので全て機内に持ち込みましょう。(カメラ本体にバッテリーが入っている場合は、預け入れ出来ます)

ただし、持ち込みには制限がかかる場合があるので注意してくださいね。

バッテリーの機内持ち込み制限
  • 100wh以下:制限なし
  • 100wh以上~160wh以下:1人あたり2個まで
  • 160wh以上:持ち込み禁止

パソコンは飛行機内に持ち込める?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/パソコン/

カメラで写真を撮る人の中には、リタッチをするため旅先にパソコンを持っていく人もいると思います。

パソコンを持って行きたいと思ってはいるものの、持ち込み荷物とお預け荷物のどちらに入れれば良いか分からない人も多いのではないでしょうか。

筆者が調べたところ、パソコンは持ち込みも預け入れも可能でした。飛行機内に入れられるパソコンは、160wh以下なので注意しましょう。

パソコンの持ち込み制限
  • 160wh以下のパソコンのみ飛行機内に持ち込み・預け入れ可

持ち込み・預け入れともに可能と述べましたが、万が一破損や紛失などがあったとき航空会社は責任を負ってくれません。

そのため、高価なものであるパソコンは機内に持ち込むことをおすすめします。

パソコンは、機内では電源をオフにするか機内モードに設定しましょう。

飛行機の中で写真を撮っても大丈夫?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/写真/

カメラを飛行機内に持ち込むと、つい写真を撮りたくなってしまいますよね。では、飛行機の中で写真を撮るのは可能なのでしょうか?

飛行機の中では、起動時に電波を発信しなければ使用することは可能です。そのため、カメラの撮影も禁止ではないです。ただし、BluetoothやWi-Fiでデータを飛ばすのはダメですよ。

機内で写真を撮るときは他のお客さんの邪魔にならないようフラッシュを焚かない、大きなシャッター音を鳴らさないなどマナーを守って撮影しましょう。

まとめ

飛行機の中にカメラやカメラ周辺機器を持ち込めるか紹介しました。機内に持ち込めるものと預け入れしなければいけないものは、下記の表の通りです。

荷物持ち込み預け入れ
カメラ
三脚・一脚(畳んだ状態で60㎝以下)
三脚・一脚(畳んだ状態で60㎝以上)×
バッテリー(100wh以下)×
バッテリー(100wh以上160wh以下)1人あたり2個まで×
バッテリー(160wh以上)××
パソコン(160wh以下)
パソコン(160wh以上)××

カメラやパソコンは持ち込みも預け入れも可能ですが、破損や紛失したときに航空会社の補償がないので飛行機内に持って行った方が良いでしょう。

また、カメラは落下したときの衝撃で破損してしまうこともあるので、カメラ用のバッグに入れて機内の座席の下に置いておくと良いですよ。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日