【迷ったらここに行こう!】雨でも遊べる北海道観光地10選を紹介。

日本の最北端の北海道。観光地として非常に魅力的ですが、せっかく北海道に着いたのに天気が雨ということもありますよね。

そこで今回は、雨だからこそ楽しめる北海道の観光地を10箇所紹介します。雨の日に行ける観光地を探している人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

雨でも楽しめる北海道観光地①:サッポロビール博物館

ビールといえば『サッポロビール』が思いつく方も多いのではないのでしょうか?そのサッポロビールを作る過程を見学できるのが『サッポロビール博物館』です。

サッポロビール博物館は、日本で唯一のビール博物館でありサッポロビールの歴史を紐解くことができます。

博物館内では、有料で見れる『プレミアムツアー』というものがあります。これは、サッポロビールの歴史を見れるツアーがあり、ツアー終了後には、『復刻札幌製麦酒』や『黒ラベル』のどちらかを試飲できます。

ビールを飲んだ後は、くれぐれも運転はしないようにしてください!ビールを飲む際には、公共交通機関で電車で行き札幌駅から函館本線に乗り、苗穂駅で降りてから歩いていきましょう。

サッポロビール博物館 基本情報
  • 住所:北海道札幌市東区北7条東9-1-1
  • 電話番号:011-748-1876
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 入場料金:工場見学無料。
スポンサーリンク

雨でも楽しめる北海道観光地②:JRタワースリーエイト

北海道で一番の高さがある『JRタワースリーエイト』。名前にある通り地上38階、高さ160メートルの展望台です。

やはり高さ160メートルから見る札幌市内の景色は本当に綺麗で、特に冬の季節は、雪化粧をした夜の札幌の景色を見ることができます。360℃に広がるパノラマも観光客に人気があります。

展望室内には、『T’CAFE』というカフェがあり、お酒や手作りケーキ、ドリンクなどを選ぶことができるので、夜景を見つつお酒を飲むのもよいですね。

JRタワーT38
  • 住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目5−番地 受付:JRタワーイースト6F(札幌ステラプレイス イースト6F JRタワ 38F)
  • 電話番号:011-209-5500
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 入場料金:大人1名700円~

雨でも楽しめる北海道観光地③:札幌らーめん共和国

昔ながらの昭和の雰囲気を醸し出す店内で、札幌の人気ラーメン店8店舗の味を楽しめる『札幌らーめん共和国』。

北海道3大ラーメンと言われている札幌、旭川、函館のラーメンを楽しめるのが特徴です。3大ラーメンのそれぞれの特徴を以下にまとめてみました。

北海道3大ラーメンの特徴
  • 札幌ラーメン:味噌ベースにコーンやバターが入っているラーメン
  • 函館ラーメン:塩ベースで具もシンプルなラーメン
  • 旭川ラーメン:醤油ベースで熱々のラードを使うラーメン

地方によって味も違えば、具も違うのが北海道の文化でもありラーメンの特徴です。札幌らーめん共和国で、ラーメンを食べ比べするのも面白いですね。

札幌らーめん共和国 基本情報
  • 住所:北海道札幌市中央区 北5条西2丁目 エスタ 10階
  • 電話番号:011-209-5031
  • 営業時間:11:00~22:00
  • 入場料金:入場無料
スポンサーリンク

雨でも楽しめる北海道観光地④:雪の美術館

北海道旭川市にある『雪の美術館』は、中世ヨーロッパをモチーフにした外観の美術館です

エントランス、螺旋階段、氷の回廊などは、映画『アナと雪の女王』の世界観が漂っています。

また『スノークリスタルミュージアム』は、顕微鏡撮影した約200枚の雪の結晶を、天井からステンドグラス状に展示しており、雪が降ったり、気温が下がったりするとその雪の結晶が変わります。

変わった姿は唯一無二であり、どれも芸術作品として、幻想的な風景を見ることができます。

雪の美術館 基本情報
  • 住所: 北海道旭川市南が丘3丁目1−1
  • 電話番号:0166-73-7017    
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 入場料金:大人1名700円

雨でも楽しめる北海道観光地⑤:山の水族館

『山の水族館』は、日本の北の大地”北海道”をテーマにした水族館です。展示している魚は、北海道に生息している魚や世界の熱帯淡水魚が中心となっており、合わせて3,000匹以上展示してます。

水族館内には日本初の『滝つぼの水槽』があり、魚が激流に流されないように泳ぐ力強い姿を見ることができるのです。

また日本最大の1メートル級『イトウ』を展示しており、世界初の『冬の季節になると凍る水槽』もあります。

この水槽は外にあるので、北海道の冬の外気の気温が氷点下に下がることで、水槽が凍る仕組みになっています。その氷の下で、魚が必至に耐える姿を見られるのはここだけです。

山の水族館 基本情報
  • 住所:北海道北見市留辺蘂町松山1−4
  • 電話番号:0157-45-2223  
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 入場料金:大人1名670円~
スポンサーリンク

雨でも楽しめる北海道観光地⑥:サンピアザ水族館

北海道札幌市にある『サンピアザ水族館』は、1万種近くの魚が飼育されています。

2階建ての水族館で、1階に『タッチングプール』というヒトデやカイをまじかで触ることができたり、暖かい海の魚、冷たい海の魚などを見ることができたりします。

2階では、水族館の人気者である『ゴマフアザラシ』を中心に、ペンギンやカワウソなどのかわいい動物を展示しています。

また2000匹の魚に、餌をあげるマリンガールの餌付けショーや、コツメカワウソのふれあいタイム、ペンギンガイドツワーなどのショーもあるので、大人も子供楽しめます。

サンピアザ水族館 基本情報
  • 住所:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7−5
  • 電話番号:011-890-2455    
  • 営業時間:10:00~18:30
  • 入場料金:大人1名1,000円~

雨でも楽しめる北海道観光地⑦:白い恋人パーク

『白い恋人パーク』は、北海道で有名な白い恋人を作ることができる施設です。

特におすすめが、実際に白い恋人を作れる『スイーツルーム』、一個ずつチョコレートが作れる『チョコレートパーク』です。

そして園内には子供が楽しめるアトラクションが多くあります。小さなお店やリアルおままごとを楽しめる『ガリバータウン・ポッケ』、また子供たちが遊びながら学べる道具がある『キッズタウン・ピッケ』が人気です。

また『チョコトピアファクトリー』では、白い恋人やバウムクーヘンの製造の過程をガラス越しに見ることができるので、子供だけではなく大人でも楽しめます。

白い恋人パーク 基本情報
  • 住所:北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
  • 電話番号:011-666-1481
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 入場料金:入場無料

雨でも楽しめる北海道観光地⑧:ロイズチョコレートワールド

北海道に本社がある『ロイズチョコレートワールド』ですが、なんと新千歳空港の中にロイズチョコレートのお店があります。

新千歳空港の3階にある『ロイズチョコレートワールド新千歳空港店』では、ロイズチョコレートを作る工程を見られるのです。

館内では最初に、4000年に渡るチョコレートの歴史を見ることからスタートになり、そのあとにロイズチョコレートを一から作るところが見れて、最後にはデコレーションの実演も見られます。

また2メートルの大きさで、チョコレートにデコレーションされた熊も最後に見られます。飛行機に乗らなくても行けるスポットですので、ぜひとも家族連れで休みの日に行くのはいかがですか?

ロイズチョコレートワールド 基本情報
  • 住所:北海道千歳市美々987−22 新千歳空港ターミナルビル 3F
  • 電話番号: 050-3786-3771
  • 営業時間:8:00~20:00
  • 入場料金:入場無料

雨でも楽しめる北海道観光地⑨:ドラえもんわくわくスカイパーク

新千歳空港のロイズチョコレートワールドと同じフロアにある『ドラえもんわくわくスカイパーク』。

特に人気があるのが、『パークゾーン』です。パークゾーンには、3つの『プレイエリア』、『ふしぎ体験エリア』、『グリーティングエリア』があります。

どのエリアでも、ドラえもんの道具を使った体験や、ミニゲームを楽しむことができます。最後には、ドラえもんと写真撮影をすることができるので、子供連れに非常にオススメです。

ドラえもんわくわくスカイパークもロイズチョコレートワールドと一緒で、飛行機に乗らなくても行ける施設です。新千歳空港3階にありますので、ロイズチョコレートワールドと一緒に楽しむのもよいですね。

ドラえもんわくわくスカイパーク 基本情報
  • 住所:北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル 連絡施設3F
  • 電話番号:0123-46-3355
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 入場料金:大人1名600円

雨でも楽しめる北海道観光地⑩:五稜郭タワー

北海道函館市にある五稜郭タワーでは、107mの高さから360度一面に広がる函館市内を眺めることができます。

名前の中にある『五稜郭』も五稜郭タワーから見ることができます。五稜郭の星の形は、夜に見たり雪のシーズンに見たりするのがおすすめです。

また五稜郭タワーの広場『アトリウム』は、全面ガラス張りで植栽などもあります。アトリウム内には、焼き立てパンがおいしいお店の「Food & Drink 107」があります。

こちらでは、チョコクロワッサン、バター、あんこなどのパンが用意されており、それ以外にも北海道の食材にこだわったソフトクリームなどもあります。函館観光で疲れた際には、この広場で休むのもおすすめです。

五稜郭タワー 基本情報
  • 住所:北海道函館市五稜郭町43−9
  • 電話番号:0138-51-4785
  • 営業時間:8:00~19:00
  • 入場料金:大人1名900円

まとめ

北海道で雨の日でも遊べる観光地を10箇所紹介しました。北海道は、食に関する観光地が多く『サッポロビール博物館』でサッポロビールを楽しんで、『札幌らーめん共和国』でラーメンを堪能するのもよいでしょう。

またJRタワースリーエイト、五稜郭タワーで札幌、函館の風景を楽しむのも北海道の観光の醍醐味でしょう。

このように北海道には、魅了ある観光地が多いです。雨の日でも観光を楽しんでくださいね。

北海道の人気観光地9選!エリアごとに紹介するから分かりやすい!

2019年9月6日

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。