アメリカでおすすめなレンタルWi-Fi5選!現地でも快適に過ごすためには?

アメリカへ旅行に行くとなると、日本とはネット環境が違うため、『日本の携帯キャリアを利用するよりも、レンタルWi-Fiは借りるほうが良いのかなぁ・・・』と思いますよね。

こちらの記事では、アメリカで使える5社のレンタルWi-Fiを紹介しつつ、各社のレンタルWi-Fiの特徴をお伝えします。

旅行を楽しむために、最適なレンタルWi-Fiを見つけて、快適に旅行を行けるようしましょう!

スポンサーリンク

アメリカ旅行にレンタルWi-Fiは必要?現地のネット事情

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%AE-wifi-wifi-1563024/

アメリカ旅行にレンタルWi-Fiは必要です。特に現地でレンタカーを利用してのアメリカ旅行だと、車内で過ごす時間も多くなり、スマートフォンを利用する機会が増えてくるでしょう。

また日本と同様な使い方を利用すると、帰国後に莫大な携帯料金が請求される可能性があります。

そういった意味も含めて、現地で快適に旅行を行うためにも旅行先に合わせてのレンタルWi-Fiが必要です。

上記のことを踏まえると、レンタルWi-Fiを持って行った方が安心といえるでしょう。

スポンサーリンク

フリーWi-Fiを利用するメリット

こちらの章では、フリーWi-Fiを利用するメリットについてご紹介します。

一般的にフリーWi-Fiは、駅や空港、ホテル、カフェや飲食店など様々な場所に設定しており、モバイルルーターを使わず手軽にインターネットに接続ができるという点です。

スマホやタブレット、携帯ゲーム機などの無線LAN対応機器で利用することができます。

しかし、海外でフリーWi-Fiを使うとなると日本と比べても安全性が低かったり、日本と比べて複雑な手順があったりします。次の章では、フリーWi-Fiのデメリットについて紹介いたします。

フリーWi-Fiを利用するデメリット

https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E5%88%87%E6%96%AD-wifi-525700/

フリーWi-Fiは、旅行をする人にとっても心強いメリットでありますが、使用時のデメリットもあるので確認しましょう。

フリーwifiのデメリット
  • 接続をするのに手間がかかる
  • 電波・通信速度が遅い
  • 市街地周辺でしか利用することができない(カフェなど)
  • 場合によっては個人情報が盗まれる

ただレンタルWi-Fiのギガ数が足りなくなったなどの場合も考えて、フリーWi-Fiを利用することも一つの手です。

ギガ数が足りなくなったことも考えて、フリーWi-Fiを使える場所を確認することも良いでしょう。

次の章では、アメリカで使えるレンタルWi-Fiを5社紹介します。

スポンサーリンク

アメリカで利用できるレンタルWi-Fiを5つ紹介

こちらの章では、アメリカで使えるレンタルWi-Fiサービスを5つ紹介していきます。アメリカで使えるレンタルWi-Fiサービスは以下の通りです。

アメリカで使えるレンタルWi-Fi
  • GLOBAL Wi-FI
  • U.S.DATA
  • WiHo!
  • JALABC
  • イモトのWiFi

5つのレンタルWi-Fiサービスはデータ量、料金がそれぞれ異なっています。またサポート体制もレンタルWi-Fiごとに内容が変わってきます。

次の章から、5つのサービスが実際に提供している内容を解説していきます。アメリカへ旅行へ行く際のWi-Fiサービスを選ぶ参考にしてくださいね。

アメリカで使えるレンタルWi-Fi①GLOBAL Wi-Fi

1つ目に紹介するものとして、レンタルWi-Fiサービスの大手である『GLOBAL Wi-Fi』です。アメリカで利用できるプランは以下になります。

プラン内容
  • 通信容量:300MB・600MB・1.1GB・無制限/日
  • 通信速度:4G
  • 料金:643円/日(300MB)・644円/日(600MB)・665円/日(1.1GB)・952円/日(無制限)※特別価格
「早割」が適用されると、各プラン200円/日の割引になります。(早割の詳細:GLOBAL Wi-Fi

GLOBAL Wi-Fiは、自分に合ったプランから選択ができます。都市部だけではなく、郊外や地方都市などでもつながりやすいです。

またサポート体制に関しても、LINEなどで問い合わせるすることができますので、初めて利用する方でも安心して使える環境です。

公式サイト
スポンサーリンク

アメリカで使えるレンタルWi-Fi②U.S.DATA

2つめに紹介するのは、『U.S.DATA』です。アメリカ国内専用の4G対応回線で、700MBかデータ量無制限で利用できます。アメリカで利用できるプランは以下になります。

プラン内容
  • 通信容量:700MB・無制限
  • 通信速度:4G
  • 料金:552円/日(700MB)・744円/日(無制限)

U.S.DATAのWifiに関しては、出発の前日までにお申し込みすることができ、そのうえで、日本全国の往復送料も無料なのが特徴です。

海外に旅行に行く時も、U.S.DATAであれば役に立つケースがでてきます。

公式サイト

アメリカで使えるレンタルWi-Fi③Wi-Ho!

3つ目に紹介するのは、『テレコムスクエア』が提供している、『Wi-Ho(ワイホー)』です。アメリカで利用できるプランは以下のようになります。

プラン内容
  • 通信容量:300MB/日・500MB/日・1GB/日・無制限/日
  • 通信速度:4G
  • 料金:644円/日(300MB)・645円/日(500MB)・666円/日(1GB)・953円/日(無制限)

Wi-Ho!は、現地の通信会社の回線を優先して用意しているので、アメリカならアメリカの通信回線をつながるようにしており、4GWiFiもつながりやすい環境が魅力的です。

公式サイト

アメリカで使えるレンタルWi-Fi④JALABC

4つ目に紹介にするのは、『JALABC』です。航空会社のJALが運営しており、WiFiをレンタル1台につき、JALマイレージが200マイル貯まるなど、JALを利用す方にとっては優遇されています。

また料金プランに関してもシンプルで1個だけですので、非常にわかりやすいものです。

プラン内容
  • 通信容量:無制限/日
  • 通信速度:4G
  • 料金:1000円
お申込み方法として、空港受取か宅配かのどちらかになります。空港の場合は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港などで受取ができます。宅配の場合は、配送費用が763円かかるので注意が必要です。
公式サイト

アメリカで使えるレンタルWi-Fi⑤イモトのWiFi

5つ目に紹介するのは、CMで知名度がアップしている『イモトのWiFi』です。アメリカで利用できるプランは下記になります。

プラン内容
  • 通信容量:500MB/日・1GB/日・無制限/日
  • 通信速度:4G
  • 料金:790円/日(500MB)・940円/日(1GB)・1190円/日(無制限)

イモトのWiFiは、30日前、45日前、60日前に予約することによって、10%から20%の割引も入ります。

もし事前に海外旅行に行く予定が決まっているのであれば、『早割』を利用することがオススメです。

イモトのWiFi

アメリカでおすすめのレンタルWi-Fiルーターについてまとめ

今回は、アメリカで使えるレンタルWi-Fiを5社紹介しました。各社それぞれの特徴があり、選択肢が広がると思います。

その中でおススメなのが、GLOBALWi-Fiでしょう。様々なプランから選ぶことが出来るので、迷ったらGLOBALWi-FIを選べば安心です。

日本の通信回線を利用すると莫大な金額がかかるので、事前にレンタルWi-Fiをしっかりと準備をして、より快適なアメリカ旅行にしてくださいね。