京都旅行に来るなら“絶対”に外せない5ヶ所のド定番観光地

日本が世界に誇る有名観光地、京都。みなさんも修学旅行や社員旅行などで立ち寄ったこともあるかも知れません。

今回は個人で京都旅行の計画を立てるときに、ぜひ立ち寄るべき5ヶ所のド定番観光スポットを紹介ます。この記事を読めば、京都旅行の計画がきっと捗ります。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/kiyomizudera-temple-kyoto-japan-1497618/)

スポンサーリンク

修学旅行の大定番!京都一有名な観光地『清水寺』

ここは京都の観光スポットで最もメジャーと言えるのではないでしょうか。当然みなさんのプランにも組み込まれていますよね?その最大の魅力は、何と言っても“撮影映えするスポットが多い”点にあります。

清水の舞台はもちろん、仁王門、西門(さいもん)、三重塔など1時間半ほどでまわれる敷地に、思わず写真を撮りたくなる情緒的な場所が多数存在し、四季で移り変わる風景が美しいので年中楽しめます。

修学旅行生や外国人観光客も多数訪れるので、かなり混みやすい観光地ですが、その美しい情景はぜひ目に焼き付けて写真に残しておきたいですね。

スポットの情報
  • 住所:京都府京都市東山区清水一丁目294
  • 電話:075-551-1234
  • アクセス①(京都駅から):京都市交通局(市バス)206系統・東山通北大路バスターミナルゆき、100系統清水寺祇園 銀閣寺ゆきで『五条坂』下車、徒歩約10分
  • アクセス②(京都駅から):京都バス(土・休日のみ運行)18系統・大原ゆきで『五条坂』下車、徒歩約10分
  • 定休日:年中無休
  • 入館料(境内利用):大人…400円、中学生以下…200円
  • 拝観時間:通常…6:00〜18:30(時期により変動)、夜間(季節ごとに期間限定解放)…17:30〜21:00(時期により変動)
スポンサーリンク

『清水寺』の口コミを紹介

清水寺を訪問され、その景色の美しさに魅了された方の口コミを紹介します。

Aさん

古い町並みや、清水寺に到着するまでの道中にある神社仏閣も見ごたえあります。また、お土産屋さんも多く、時間をかけて ゆっくり散策したい場所。桜や紅葉時期の夜間拝観ではライトアップされ、別の世界に迷い混んだような美しさがあります。

(参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_26105ag2130012063/kuchikomi/page_7/?screenId=OUW2202&reviewRefineCompanion=all&reviewRefineMonth=all&resultSort=pd)

Bさん

ライトアップされた清水寺は実に幻想的で、夜空にサーチライトが当てられ、紅葉は真っ赤に光り輝き、京都の夜景も素晴らしく、お寺と言うか遊園地などのテーマパークに来ているかのような華々しさでした。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g14124527-d321401-Reviews-or60-Kiyomizu_dera_Temple-Higashiyama_Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)

夜間のライトアップが幻想的で綺麗という感想がありますね。旅行プランを組むなら夜間に立ち寄るのがオススメです。(※夜間入場可能な時期は限られていますので、気をつけてください)

千本鳥居の圧倒的迫力!京都で定番の観光地『伏見稲荷大社』

筆者には京都在住の友人がいるのですが、その友人が「京都府民ですら何度言っても楽しめる最強スポット」と豪語するイチオシ観光地がここ『伏見稲荷大社』です。

美しい朱色の鳥居がトンネルのように連なった『千本鳥居』の迫力が圧倒的で、運良く人のいないタイミングで鳥居内に入れると本気で異世界を感じることが出来ます。

なにより、地元民お墨付きの観光地ですから、素敵な思い出が作れること間違いなしですね。

スポットの情報
  • 住所:京都市伏見区深草薮之内町68番地
  • 電話:(075)641-7331
  • アクセス:JR奈良線『稲荷駅』の目の前
  • 定休日:年中無休
  • 入館料:無料
  • 営業時間:24時間参拝可能
スポンサーリンク

『伏見稲荷大社』の口コミを紹介

伏見稲荷大社を訪問され、大量の鳥居が引き込む独特な世界観の虜になった方の口コミです。

Aさん

訪れたことはあったのですが、今回、時間がたくさんあったので稲荷山制覇!してきました。まさに鳥居は圧巻です!四ツ辻からみちがわかれるのですが、時計回りが正式?なのか左から登りました。途中神秘的な箇所があり、人も途絶えたのでパワーがもらえた感じがしました。

(参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_26109ag2130015470/kuchikomi/page_7/?screenId=OUW2202&reviewRefineCompanion=all&reviewRefineMonth=all&resultSort=pd)

Bさん

外国人に人気の伏見稲荷大社へ行きました。阿吽像が狐でお稲荷さんを感じました。一番上までは結構遠く、坂もきつかったですが、景色が良かったのと、一番上の神社が趣深かったので登って良かったです。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g14124535-d321456-Reviews-or60-Fushimi_Inari_taisha_Shrine-Fushimi_Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)

膨大な鳥居の数に圧倒されるという声が多いですが、その分距離も長くて坂もきつくて疲れてしまう方もいるので体力配分には注意したいですね。鳥居をくぐり切った先の頂上の美しさは一生モノです。

『車折神社』は芸能人も訪れる京都の観光地

芸能・芸術の神様を祀っている『車折神社』には、数多くの芸能関係の人たちがお忍びで参拝されています。

憧れの芸能人が訪れた場所というのはそれだけで聖地巡礼的価値がありますし、運が良ければ芸能人と偶然遭遇!なんてこともありえるので芸能人が好きな人は特に楽しめる場所です。

神社の周りをぐるりと囲む朱塗りの玉垣には、奉納した芸能人や劇団の名前がズラリと並んでいます。自分が好きな芸能人の名前があるか、探してみるのも楽しいかも知れません。

もちろん芸術・芸能方面のご利益もしっかりありますので、芸術や芸能関係の仕事を目指している方はぜひ一度参拝されてみてはいかがでしょうか。

スポットの情報
  • 住所:京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
  • 電話:075(861)0039
  • アクセス:京福電鉄嵐山本線『車折神社駅』の南側すぐ
  • 定休日:年中無休
  • 拝観料:無料
  • 営業時間:9:00〜17:00
スポンサーリンク

『車折神社』の口コミを紹介

車折神社を訪問し、朱塗りの玉垣に書かれた芸能人の名前を見て楽しまれた方の口コミになります。

Aさん

TVでも度々紹介されパワースポットとして、また境内にある芸能神社には芸能関係者の名前の玉垣がぎっしりあって女性参拝者が多いです。清少納言を祀る摂社もあり、才色兼備の御守りが女性受けしています。5月の第3日曜日に嵐山の大堰川で催される例祭、三船祭は平安時代の舟遊びを再現した雅なお祭りです。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298564-d1386140-r302830688-Kurumazaki_Shrine-Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)
Bさん

駅のすぐ近くにあります。芸能人の名前が書いてある玉垣を
見てました。有名人の名前もたくさんあって楽しかったです。
境内は広くないので短時間で見てまわれるかな・

(参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_26108ag2130013441/kuchikomi/page_5/?screenId=OUW2202&reviewRefineCompanion=all&reviewRefineMonth=all&resultSort=pd)

可愛らしいお守りが手に入るということで、若い女性の参拝客が多いようですね。それほど広い場所でもないので、気楽にまわれるというのもポイント高いです。

むしろ雨の日に映える京都の観光地『永観堂(禅林寺)』

旅行の時、天候って結構気にしますよね。快晴で巡れたら最高ですが、あいにくの雨になってしまうことも少なくありません。しかし、ここ『永観堂(禅林寺)』はむしろ雨の日に行きたくなる観光スポットなんです。

建立1200年以上の歴史を誇る緑豊かな境内は、雨が降ることで非常に趣のある風景になり、悠久の時を感じられて心が落ち着くこと間違いなしです。

ちなみに『永観堂』は平安時代後期に活動していた僧侶の永観律師が由来の”通称”で、正式名称は『禅林寺』ですが通称の「永観堂」の方が有名になっているようです。

スポットの情報
  • 住所:京都府京都市左京区永観堂町48番地
  • 電話:075-761-0007
  • アクセス:JR京都駅から市バス5系統『南禅寺永観堂道』から徒歩約3分
  • 定休日:年中無休(秋の寺宝展を除く)
  • 拝観料:一般…600円、小・中・高…400円
  • 拝観時間:9:00〜17:00

『永観堂(禅林寺)』の口コミを紹介

永観堂に訪れ、その趣ある風景に心打たれた方の口コミを紹介します。

Aさん

永観堂は紅葉がとても綺麗で有名ですが、私は雨の日の永観堂も大好きです。雨のでこけが濡れたり、木の枝にしずくがたまっているといつもと違うしっとりとした雰囲気を味わえます。ここに来ると、雨の日の京都ってセクシーだなぁ・・と思います。京都旅行で雨が降った時は、がっかりせず是非永観堂を訪れてみてください。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298564-d479881-r59782124-Eikando_Zenrinji_Temple-Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)

Bさん

11月の初めに訪れたので、紅葉のベストシーズンよりは少し早かったのですが、その分大混雑は免れ、色づき始めの紅葉のライトアップを楽しむ事ができました。車で行ったのですが、開門の少し前に行ったので、思ったよりも駐車場もスムーズに止める事が出来ました。ベストシーズンはかなりの混雑が予想されるので、対策を練られたほうが良いと思います。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298564-d479881-Reviews-or60-Eikando_Zenrinji_Temple-Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)

紅葉のシーズンに行くのが最も楽しめそうですが、その分混雑するのは悩みどころですね。だとしても人生で一度はその美しさを目にしておきたいです。

レジャーを楽しむ京都観光地!家族全員満足『東映太秦映画村』

時代劇や東映特撮作品の実際の撮影にも使われるオープンセットがある『東映太秦(うずまさ)映画村』は、世代を問わず楽しめるので、小さいお子さんがいるご家族にオススメのスポットです。

映画村らしく時代劇の殺陣ショーや俳優の撮影会・握手会・トークショー、東映特撮作品である仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズのショーが行われています。

また、時代劇に登場する人物の衣装を体験できるスタジオなどもあり、憧れの侍や舞妓に変身して再現された江戸の町を歩けますよ。

他にはからくり忍者屋敷やお化け屋敷、立体迷路など映画村の『和』の雰囲気を生かしたアトラクションが多数存在し、様々な楽しみ方が出来るのもポイントですね。

スポットの情報
  • 住所:京都市右京区太秦東蜂岡町10番地
  • 電話:0570-064349
  • アクセス①(撮影所口):JR『太秦駅』より徒歩約5分
  • アクセス②(正面口):JR『花園駅』より徒歩約13分
  • 定休日:1月14〜24日は休村
  • 入村料:大人…2200円、中高生…1300円、子供(3歳以上)…1100円
  • 営業時間:基本9:00(冬期は9:30)〜17:00、GWとお盆休みは9:00〜19:00

『東映太秦映画村』の口コミを紹介

タイムスリップした気分になれる『東映太秦映画村』で遊んだ方の口コミを紹介します。

Aさん

JRだと太秦駅が最寄りになります。帰りは試しに花園駅から帰ったのですが、やはり太秦の方が近かったです。小生はセットの見学だけで十分だったので、アトラクションは殆ど見学しなかったのですがいろいろやってます。1日中いれば全て見れると思いますので事前に計画を立てて見に行くのもありでしょう。アトラクション込の料金と考えれば高くはないのでしょう。

(参考:https://www.jalan.net/kankou/spt_26108cc3540060127/kuchikomi/page_7/?screenId=OUW2202&reviewRefineCompanion=all&reviewRefineMonth=all&resultSort=pd)

Bさん

数々の催し物がありますが、芝居小屋での忍者劇は映画やテレビで見るより迫力があり、思ったより感動しました。俳優さんたちのアクションも迫力があり上手でした。芝居小屋には大阪から見えたコメディアンの方も二人生で見る事が出来ました。

(参考:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g14111816-d321414-Reviews-or60-Toei_Kyoto_Studio_Park-Ukyo_Kyoto_Kyoto_Prefecture_Kinki.html)

生で、間近で観賞するアクション劇の迫力は大人も子供も大興奮ですね。コストパフォーマンスの高さも魅力かも知れません。とにかく時代劇・特撮好きな人はプランに組み込んで当然と言えるでしょう。

京都でいきたい観光地情報のまとめ

今回紹介した京都のオススメ観光スポット5選の情報まとめです。

施設名 住所 特徴
清水寺 京都府京都市東山区清水一丁目294 撮影スポット多数
伏見稲荷大社 京都市伏見区深草薮之内町68番地 大量の鳥居に圧倒される
車折神社 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23 芸能人御用達・周りやすい
永観堂(禅林寺) 京都府京都市左京区永観堂町48番地 歴史があり雨の日は特に風情を感じる
東映太秦映画村 京都市右京区太秦東蜂岡町10番地 家族で楽しめる・アクティブ

以上、京都観光に来たら絶対に外せないド定番観光スポット5ヶ所の紹介でした。全て予定に入れていた・既に行った方は多いかも知れません。

まだ京都観光したことがない人はとりあえずこの5ヵ所への訪問を予定に入れてみてください。絶対に楽しめますよ。

ということで最後まで読んでいただき、ありがとうございました。この記事があなたの京都観光計画の手助けになれば幸いです。

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

ごはん

ごはんと申します。桃屋・ドラゴンボールとは一切関係ございません。 理想の生き方実現に向け、生活環境改造計画進行中。忠犬のごとく「待つ」ことが得意です。webライターとしては主に旅行・映画関係の記事を執筆しております。何事もやり過ぎてしまう傾向があり、ブレーキの踏み加減を日々確かめています。座右の銘は“求めよさらば与えられん”。