『Nazuna 京都 椿通』京好きには堪らない1棟貸切の町屋宿!

京都の町屋を見ていると、「こんな風情ある所に泊まれたらなぁ…」と憧れたことはありませんか?『Nazuna 京都 椿通』は、そんな願いを叶えてくれる素敵な宿なんです♪

客室には独立した町屋を使っているので、全て一棟貸切。和モダンのインテリアがとってもおしゃれで、全室に半露天風呂まで付いているんですよ!

この記事では、京都好きには堪らない『Nazuna 京都 椿通』について紹介していきます。京都旅行を格上げする魅力的な宿なので、ぜひ読み進めてみてくださいね!

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/SsYjyVXGT1o)

スポンサーリンク

町屋郡一帯を改修した『Nazuna 京都 椿通』

『Nazuna 京都 椿通』があるのは、四条大宮付近の一角。

「大宮駅」から徒歩約5分、「京都駅」からタクシーで約10分と、アクセスしやすい好立地にあります。(以下、椿通)

実はこの旅館、約1,400㎡もあるL字型路地一帯を改修した宿なんです!

まさに“THE 京都”と言える町並みで、京都好きには堪らない風情ある空間となっています。

そんな椿通には、築110年以上の町屋をリノベーションした全23室の客室と、2つの美食レストランを用意。

客室は1棟貸切となっているので、気兼ねなく町屋ステイを楽しめますよ!

「せっかく京都に行くなら、京都らしい風情ある旅館に泊まりたい!」、そんな方におすすめしたい旅館です。

スポンサーリンク

旅情をグッと高めてくれるおしゃれなレセプション棟

最初に訪れるのが、京都らしい造りが印象的なレセプション棟。この佇まいを見るだけで、自然とワクワクしてきますよね!

レセプション棟の1階には、作庭家・重森千靑(ちさを)氏が設計した石庭がお出迎え。

重森氏の祖父は、「東福寺方丈庭園」などを手掛けた日本を代表する作庭家で、ご自身も「東福寺塔頭 一華院」など国内外で数々の作品を手掛けている方なんです。

「玄関」という空間は、客人を最初にもてなす場所。そこに細やかな配慮をしているのは、如何にも京都らしいおもてなしですよね!

レセプション棟の2階には、ラウンジスペースを用意。チェックイン後のおもてなしとして、お茶やお菓子を頂けますよ!

このお茶とお菓子を提供するのは、京都府和束町で宇治茶の生産・加工・販売を手掛ける「d:matcha」。京都自慢の宇治茶の味は、心をほっこりさせてくれます。

尚、このラウンジスペースは、深夜時間以外であれば自由に使ってOK!(時間の詳細はスタッフの方に要確認)

宇治茶の飲み比べなども行っているので、滞在中はぜひ利用してみてくださいね。

京都の自然美をテーマにした『Nazuna 京都 椿通』の客室

椿通の客室は、京都の自然美をテーマとした「TAKE」「MIZU」「IWA」「HANA」「HA」の5タイプ(全23室)を用意。

それぞれにテーマ性を持たせているので、客室によってインテリアが異なるのも特徴。いざ京都の町屋に泊まるとなると、何だかドキドキしてきます♪

1棟貸切の客室には、ゆったり浸かれる「半露天風呂」・高級ホテルにも採用される「シモンズ社製マットレス」を完備。

「スキンケア」や「加湿器」なども用意しているので、女性の方も快適に過ごせるでしょう。

尚、客室は「ラグジュアリールーム」と「デラックスルーム」の2パターンがあるので、簡単に特徴を紹介しますね!

ラグジュアリールーム

まず紹介するのは、計9室あるラグシュアリールーム。5つのタイプのうち、「TAKE」「MIZU」がラグシュアリータイプとなります。(写真は「TAKE」)

1階には「半露天風呂」と「リビング」、2階には「ベッドルーム」を用意。

1〜2名利用となっているので、カップルはもちろん、シングルステイで利用するにもおすすめですよ。

デラックスルーム

続いて紹介するのは、計14室ある「デラックスルーム」。5つのタイプのうち、「IWA」「HANA」「HA」がデラックスタイプとなります。(写真は「HANA」)

1階には「半露天風呂」と「ベッドルーム」、2階には布団も敷くことができる「畳部屋」を用意。

最大3名利用となっているので、女子旅のグループで利用するにもおすすめですよ。

スポンサーリンク

『Nazuna 京都 椿通』のどこかにある美食のレストラン

椿通には2つの美食レストランを用意。まず紹介するのは、6席限定の秘密のシェフズテーブル「q」。

この「q」というお店は、「ミシュランガイド京都・大阪2020」で3つ星を獲得した割烹「祇園さゝ木」をはじめとする、一流シェフが入れ替わりで腕を振るうレストランなんです!

椿通のどこかに存在する「q」は、まさに秘密のレストラン。“どこかの壁の向こう側”がお店を探すヒントです♪

わずか6席という空間では、匠の技やここでしか味わえないスペシャルコースを堪能できます。

シェフによって振る舞う料理が変わるので、どんな料理が食べられるのか楽しみですね!

ちなみに、「q」というレストランは「TOROMI PRODUCE」の会員制レストランとなりますが、宿泊者であれば事前予約で利用可能とのこと。

尚、会員制レストランと言うこともあり、あまり情報が公にされていません。気になる方は、宿泊予約時または「TOROMI PRODUCE」の方へ問い合わせてみてくださいね!

公式サイト:TOROMI PRODUCE

肉好き必見!“焼かない焼肉”を楽しめる

もう1つのレストランは、極上の肉料理を楽しめる「和牛料亭 bungo」。

厳選した国産和牛を最高の状態で提供する、まさに肉好きには堪らないレストランなんです!

このレストランで頂けるのは、「おおいた和牛」をはじめとした全国の様々な和牛。

スタッフによるオールサーブとなっているので、焼き方で失敗することはありません!

最高の肉を最高の焼き加減で食べる”、そんな“焼かない焼肉”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

公式サイト:和牛料亭 bungo
スポンサーリンク

禅の心と京料理の伝統が詰まった朝食

椿通の朝食は、古くから伝わる「精進料理」を用意。「精進料理」とは、“殺生”や“煩悩”への刺激を避けることを重点とした料理のこと。

「肉」や「魚介」といった動物性の食材を使っていないのが特徴ですね!

ここの朝食は、穀物・豆類・野菜など食材の味を活かすために、あえて調味料の使用を抑えています。素材本来の味を楽しめられて、体にも優しい料理なんですよ。

四季折々の味覚も盛り込んでいて、料理や器も色鮮やか!すっきりとした朝が迎えられそうですね♪

旅を一生の思い出に♪着物で京都を散策しよう!

「京都旅行を存分に楽しみたい!」という方は、着物姿で京都の街を散策してみてはいかがでしょうか?

椿通では、「着物 de 京都の街を散策しませんか?」というアクティビティー(着物レンタルサービス)を用意。(料金3,500〜8,000円・所要時間約40分)

ヘアセットサービス(髪飾り付)も行っているので、より新鮮な気分で京都散策を楽しめますよ!

古き良き町屋をはじめ、歴史ある社寺で写真を撮ればフォトジェニックな1枚になりそうですね。

『Nazuna 京都 椿通』の宿泊料金はどれくらい?

公式サイトを見てみると、「デラックスルーム」の素泊まりは43,300円〜、朝食付きは50,400円〜となっています。

また、「ラグジュアリールーム」の素泊まりは51,400円〜、朝食付きは58,600円〜。(上記の宿泊料金は、2名1室利用時・2020年11月時点のもの)

一般的なホテルに比べると高く思えてしまいますが、“京都の町屋1棟貸切”と考えると魅力的な料金にも感じますね!

より素敵な時間を楽しむためにも、ボーナスなどを利用して特別感を味わってみてはいかがでしょうか?

『Nazuna 京都 椿通』の基本情報とアクセス

最後に、『Nazuna 京都 椿通』の基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:京都市下京区高辻通大宮西入坊門町838
  • 電話番号:075-748-0402
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/11:00
  • 公式サイト:Nauna 京都 椿通
アクセス
  • 阪急電鉄京都本線「大宮駅」から徒歩約5分
  • 京福電気鉄道 嵐山本線「四条大宮駅」から徒歩約5分
  • JR「京都駅」からタクシーで約10分

町屋ステイを楽しめる『Nazuna 京都 椿通』のまとめ

今回は、1度は泊まってみたい京都の宿『Nazuna 京都 椿通』を紹介しました。路地全体が旅館となっているのには、少し驚きでしたね!

京都にはいろんな宿泊施設が存在しますが、これほど町屋の雰囲気を楽しめるのは椿通ならではの魅力。

また、インテリア・料理・おもてなしの全てに、京文化が活かされているのも魅力の1つです!

今までにない京都の時間を満喫できるので、これから京都へ遊びに行く方はぜひ利用してみてくださいね。