『はいむるぶし』南十字星が見える南国のラグジュアリーホテル

南の島へ生きたい、そんな時は『はいむるぶし』で宿泊しませんか?

『はいむるぶし』は沖縄県小浜島の南に広大な敷地をもつホテルです。日本にいながら、まるで外国のリゾート地に来たような気分になれますよ。

この記事では、『はいむるぶし』の魅力、お部屋、レストラン、アクディビティ、宿泊客の意見、アクセスをお伝えしています。ぜひ、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

40万㎡の広大なラグジュアリーリゾート『はいむるぶし』

沖縄県小浜島にある『はいむるぶし』は、西表石垣国立公園の中にある、広大なリゾートホテルです。敷地はなんと40万㎡。

東京ドームの9倍ほどの敷地の広さがある当ホテルには宿泊棟や、プール、大浴場などが点在しています。歩いてまわるのには、大変な大きさです。

ホテルの目の前には、ゆうなの浜、あんだの浜が広がっています。ターコイズブルーの海と白砂のビーチ。『はいむるぶし』からは綺麗な夕焼けが見られますよ。

スポンサーリンク

『はいむるぶし』=『南十字星』というな名の楽園

ホテルの名前にもなっている「はいむるぶし」は、南十字星という意味です。日本最南端に位置するリゾートホテルで、『はいむるぶし 』からは、南十字星を見ることができますよ。

南十字星がきれいに見られるのは、日本では八重山諸島だけ。ホテルを出てビーチに行き、沖合の黒島の上空を見てください、南十字星が輝いていますよ。

南十字星が見られるのは、1月〜6月頃です。それ以外の時期に南十字星は見られませんが、天の川など満点の星空を見ることができますよ。

ゆったりとすごせる『はいむるぶし』の客室

『はいむるぶし』のお部屋タイプは大きく分けると、オーシャンビューとガーデンビューがあります。どのお部屋も明るくてシンプルなデザイン。

お部屋の窓辺とテラスに設置された、2つのデイベットが特徴的なゲストルームです。

お部屋タイプは全部で8種類ですが、大きくわけると、スィート、プレミア、デラックス、スペーリア、スタンダートとなります。

一番小さなお部屋でも47㎡の広さ、大きいお部屋だと60㎡あるので、ゆったりと過ごすことができますね。

こちらはハンモックのあるテラスがついた、オーシャンビュースィートです。お部屋は60㎡の広さです。

南国らしいお庭が見られる、スタンダードのガーデンビューのお部屋です。

オーシャンビュープレミアのお部屋です。ベッドに寝転びながら、海がみられますよ。

価格帯はスタンダードで1人消費税込で、約¥8,200〜、スペーリアで約¥10,000〜、オーシャンビュースイートで約¥29,000〜です。

スポンサーリンク

リゾート気分をグッと高めてくれる素敵なレストランがいっぱい!

『はいむるぶし』には、リゾート気分を盛り上げてくれる、素敵なレストランやカフェが全部で5つありますよ。

ブッフェダイニング・グリルダイニング・クラブダイニングの3つのレストランと、オープンカフェ&バー・海cafeの2つのレストランです。

時間帯によっては、営業していないこともあるので、営業時間は確認してくださいね。

いろんなお料理が楽しめる・ブッフェダイニング

ブッフェダイニングは、琉球料理、和食、洋食にアレンジしたブッフェスタイルのレストランです。(朝食・夕食)

カジュアルなレストラン・グリルダイニング

は、三方をガラスで仕切った明るいレストランです。(昼食・夕食)

美味しそうな大きなハンバーガーです。オリオンビールが沖縄らしいですね。

優雅なコース料理・クラブダイニング

クラブダイニングは、コース料理がいただける優雅なレストランです。和食、洋食、和洋折衷を選ぶことができます。

沖縄の食材でお料理された、沖縄らしい器でいただくコース料理ですね(夕食)

潮風に吹かれてお食事

こんな風に、綺麗な海を眺めて潮風を感じて、外でお食事するのって、楽しいですね。

夕陽が美しい『はいむるぶし』の展望大浴場

『はいむるぶし』には、眺めの良い展望大浴場があります。展望大浴場の建物の中に入ると、休憩所があり自動販売機や椅子が置かれています。

大浴場には、お風呂は内風呂と露天風呂がありますよ。晴れていると大浴場の景色は素晴らしく、夕陽がとても綺麗です。海の向こうには、西表山がみえますよ。

難点といえば、展望大浴場は敷地内に独立して建っているので、雨の日は不便かもしれませんね。

スポンサーリンク

美しい海と亜熱帯の島『はいむるぶし』のアクティビティ

小浜島のある八重山諸島は、サンゴ礁を抱いた美しい瑠璃色の海です。『はいむるぶし』では、多彩なアクティビティが用意されています。ここでは人気のある2つのアクティビティをご紹介しますね。

熱帯魚に会える・スノーケル

小浜島の周辺は素晴らし珊瑚の海です。ぜひアクティビティに参加し、舟でスノーケルポイントまで行ってください。美しい珊瑚やカラフルな熱帯魚に出会えますよ。

八重島観光・3島めぐり

人気の西表島・由布島・竹富島の3島を周遊するツアーをガイドが案内します。竹富島では水牛観光がついています。

八重山ならではのお土産が買えるギフトショップ

『はいむるぶし』のギフトショップでは、沖縄八重山の島ならではお土産が買えますよ。

食品では、小浜島産の「もずく佃煮」は人気商品です。沖縄の銘菓「ちんすうこう」のほか、小浜島産の黒糖も売っていますよ。

アクセサリーでは、沖縄の美しい貝のペンダントや、八重山独特の柄のブレスレットやキーホルダー、かわいらしいシーサーも売っています。

工芸品では、ネクタイやカバン、小物などミンサー織の商品が多数そろっていますよ。美しい琉球ガラスのコップもあります。

八重山ミンサー織

八重山諸島竹富島発祥の織物です。その昔は求婚された女性がその返事に男性に贈っていました。藍色を何度も重ねて染めるので、「愛を重ねて」という意味もあります。

『はいむるぶし』移動はカートが便利

『はいむるぶし』はとても敷地が広いので、移動はカートが便利というより、ないと不便かもしれません。

カートのレンタル料金は、24時間で¥5,800円になります。雨の日など、移動に便利です。(注:普通免許が必要です)

チェックインしたあとに、借りることもできますが、割高になります。最初から、カート付きのプランで予約するのがおすすめです。日にちやプランによっても変わりますが、¥500円〜¥1,000ほどお得ですよ。

カート付きのスタンダードツインタイプを予約すると、1泊朝食付きで、1部屋2名で宿泊した場合は税込みで約¥35,000です。1人だと約¥17,500になりますね。

みんなの感想『はいむるぶし』に宿泊してみた

ここで、Tripadvisorの『はいむるぶし』に宿泊したみんさんのご意見をご紹介します。評価の平均は4.5とても良いでした。

敷地の広さ、部屋の作りが東南アジアのビーチリゾートのような雰囲気。アクティビティも充実しており敷地で1日過ごせる。もっとも立地の小浜島は小さい島で敷地外にさほど見るものはないが。外国へ行けない中、外国へ行った気分になれる宿だと思う。もちろん、接客サービスのレベルは日本水準で素晴らしいし。
出典:https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g1131115-d1167723-Reviews-or10-Haimurubushi-Kohama_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefecture.html#REVIEWS

滞在中、あまり良い天気ではなく曇空が多かったですが、ホテルの方々の気遣いや施設はとても素敵でした。奇跡的に深夜になって雲がなくなり星空を満喫することができ、とても素敵な思い出になりました。

カートがないと充分敷地内は周れませんし、島内の移動もレンタカーやレンタルバイクなどがないと厳しい感じです。ただ、離島でゆったり過ごすにはとても良いと思います。私たちもスクーターを借りて島内を観光しました。
夜はミュージシャンの方が沖縄の歌を披露していたり、ホテル内のお土産屋さんも広くて充実しています。ただ、朝食はそこまで美味しい!と感激するほどではありませんでしたが、また行きたいと思います。

出典:https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g1131115-d1167723-Reviews-or15-Haimurubushi-Kohama_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefecture.html#REVIEWS
念願のはいむるぶしへ最終日に一泊しました。 施設内は広いのでカートで移動です。 晴れていれば良いと思いますが、天気は雨。雨の中カートで大浴場まで行き、せっかくお風呂に入ってもビショビショで部屋へ。 夜ご飯は施設内で食べましたが、とにかく部屋から離れているのでその時も雨でびしょ濡れ。他の方が使い捨ての雨ガッパをもらっているのを見てフロントに言い、帰りはカッパを着て部屋に戻りました。(もう少しアナウンスがあってもいいのに)  せっかくの良いホテルなのにテンションガタ落ちです。 アリは部屋にもいます。殺虫剤があるのでそれで対処しました! 翌日は晴れたので散策したりやっと楽しめました! 雨だとホテルの良さ(プライベート感を楽しめる)が裏目に出ます。 雨以外ならオススメのホテルです
出典:https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g1131115-d1167723-Reviews-Haimurubushi-Kohama_jima_Taketomi_cho_Yaeyama_gun_Okinawa_Prefecture.html#REVIEWS

 

皆さんのご意見を読んでみて、高評価と低評価の意見をまとめてみました。

高評価の意見
  • 敷地が広く、ゆったりと過ごせる。
  • 部屋は広くて満足できる。
  • プライベートビーチにあるカフェは雰囲気が良い。
  • スイートに泊まった人限定で使えるラウンジがあり、ドリンクお酒、軽食など無料でよかった。
  • 窓から海が見えてよかった(オーシャンビューのお部屋)
  • バルコニーに寝そべることができる椅子があり、良かった。
  • スタッフの対応が良かった。
低評価の意見
  • 蟻が多かった。
  • アメニティはビジネスホテルと対してかわらない。
  • 料理は期待外れ
  • 朝食が残念だった
  • スタッフの対応がわるかった
  • 雨だと移動が大変

スタッフの対応については、良かったという意見と、悪かったという意見があり、意見が別れるところでしたが、概ね良かったです。

『はいむるぶし』の基本情報とアクセス

『はいむるぶし』へのアクセスをご案内します。新石垣空港からタクシーで25分、石垣港離島ターミナルへ、そこから船で小浜港へいきます。

最終便だと欠航になる可能性があるので、最終便は避けたほうがよいでしょう。

その後は『はいむるぶし』の宿泊者専用送迎バスが小浜港まで迎えにきてくれますので、乗車してくださいね。予約は必要ないので、安心してください。


『はいむるぶし』基本情報

リゾート気分を堪能できる『はいむるぶし』のまとめ

ここまで、『はいむるぶし』の魅力、お部屋、レストラン、アクティビティ、お土産、宿泊客の意見、アクセスをお伝えしてきました。

『はいむるぶし』は沖縄県にある離島で、都会の喧騒から離れ、のんびりしたい人にはとてもおすすめです。

一方、移動が大変、島にお店が少ないなど、都会と同じような、便利さ、快適さをもとめると、少し大変かもしれません。そういった不便さも含めて楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

粘土団子です。好きなことは旅、好きな動物は猫です。 現在、web+で、ライティングを学んでいます。 「読者の気持ちを考える」というライティングの基本中の基本は、人の気持ちを考えるのが苦手なコミュ障の私には、よいリハビリになっています。目標はライターとして自立することです。 頑張ります!