水田に浮かぶ魅惑のホテル『ショウナイホテル スイデンテラス』

「せっかく山形に行くなら、その土地の魅力を楽しみたい!」、そんな方におすすめなのが『ショウナイホテル スイデンテラス』。

水田に浮かぶユニークなホテルで、日本の原風景に山形の味覚、源泉掛け流しの温泉まで楽しめちゃうんです♪空間デザインがとにかくおしゃれで、女性の方に大人気のホテルなんですよ!

この記事では、『ショウナイホテル スイデンテラス』の魅力をたっぷりと紹介していきます。山形旅行を考えている方、おしゃれなホテルを探している方は、ぜひ読み進めてみてくださいね!

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4042670?title=田園風景%20山形県庄内平野&searchId=149611995#)

スポンサーリンク

水田に浮かぶ美しきホテル『ショウナイホテル スイデンテラス』

『ショウナイホテル スイデンテラス』があるのは、日本有数の米どころとして知られる山形県の庄内地方。(以下、スイデンテラス)

日本海に面していて、月山・羽黒山・湯殿山という「出羽三山(でわさんざん)」にも囲まれた自然豊かなエリアなんですよ!

そんな長閑な場所に建つスイデンテラスは、地域の人や旅行者までが楽しめる“コミュニティーホテル”として誕生。田園にあるとは思えない素敵なデザインですね!

こちらの写真は、水田に空や建物が映し出された幻想的な風景。タイミングによって景色の表情が変わるので、どんな風景が見られるのかも楽しみの1つですね!

水田に浮かぶ館内には、全119室の客室をはじめ、天然温泉・ライブラリー・レストラン・バー&ラウンジなどを用意。

美しい風景にも目を奪われますが、外の景色に負けないぐらいインテリアも素敵なんです!

スイデンテラスに宿泊すれば、一生忘れられないようなホテルステイを満喫できますよ♪

スポンサーリンク

まるで美術館?木の温もり溢れるおしゃれな空間デザイン

スイデンテラスの魅力は、何と言ってもおしゃれなデザイン!ホテルのデザインを手掛けたのは、“建築界のノーベル賞”とも言われる「プリツカー賞」を受賞した建築家・坂茂氏。

エントランスに入ると、木の温もりを感じる大空間が広がります。もはやホテルと言うよりも、美術館みたいなデザインですね!

特に目を引くギザギザの屋根は、「折板(せつばん)構造」と呼ばれていて、紙と同じように折ることで強度が高まるそうですよ。

また、柱の数を減らして仕切りをなくし、開放感を演出しているのも特徴的です。こんな素敵な空間に泊まれるなんて、気持ちがワクワクしてきますよね!

ショウナイホテル スイデンテラスの客室はシンプルで快適!

スイデンテラスには、「月山(GASSAN)」「羽黒山(HAGUROSAN)」「湯殿山(YUDONOSAN)」という3つの客室棟を用意。先程紹介した「出羽三山」の名前ですね!

客室タイプは、シングルからファミリーまで用意しているので、用途に合わせて選ぶことができますよ。

スイデンテラスの客室は、木の温もりを感じられるようにシンプルさを追求

至る所に坂茂氏のアイコンである「紙管(紙製のパイプ)」を使っているのも特徴ですね!

より景色を楽しみたい方は、田園ビューの客室がおすすめ!長閑な自然の風景が、日頃の疲れを癒やしてくれますよ。

また、無料Wi-Fi・薄型テレビ・冷蔵庫など一般的な設備も備えているので、不自由なくホテルステイを楽しめます。

スポンサーリンク

気分爽快!ショウナイホテル スイデンテラスは天然温泉も完備

スイデンテラスには、地下1,200mから汲み上げる源泉掛け流しの天然温泉も完備。

大浴場も自然を感じるデザインで、とっても居心地が良いですよ!

女湯には、開放感のある「露天風呂」と天窓から光が差し込む「内湯」を用意。

ここの温泉は、「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉」という泉質で、少しとろっとした感触が特徴ですね。湯冷めをしにくく、体の芯から温まりますよ!

こちらの写真は、緩やかなカーブが特徴的なパウダールーム。ずらっと並ぶ丸い鏡や木材の屋根も印象的ですね!

女性が気になるアメニティーには、松山油脂の「LEAF&BOTANICS」を用意。(クレンジング・洗顔・化粧水・乳液)

体に優しい成分を使っているので、女性の方も安心して利用できますね!

尚、大浴場には「ジャムレーベル」のオールインワンシャンプーを用意していますよ。

約2,000冊の本がずらり!心地良い空間で本の世界を旅しよう

スイデンテラスには、2つのライブラリーも完備。1つは誰でも利用できる共用棟のライブラリー、もう1つは宿泊客専用のライブラリーとなります。

“オトナもコドモ コドモもオトナ”というコンセプトのもと、誰もが楽しめるような本を取り揃えていますよ!

こちらのスペースは、田園風景も楽しめる共用棟のライブラリー。開放感があって読書に没頭できそうですね!

背面にある本棚には、「自然や生き物」「世界を見渡す」「未来について考える」など、10のテーマに沿って約1,000冊の本が用意されていますよ。

もう1つのライブラリーは、大浴場やバーの近くに設置。湯上がりやお酒を片手に読書を楽しめますよ!

こちらのライブラリーでは、「一冊一献」「わからないことを考える」「確かな時代を生きる本」など、7つのテーマに沿って約1,000冊の本を用意。

尚、どちらのライブラリーにある本も客室へ持ち込むことが可能です。おしゃれな空間で本の世界を旅するのも贅沢な一時ですね!

スポンサーリンク

開放的なレストランで庄内の魅力をたっぷり堪能♪

2階にあるレストランでは、山形庄内の素材を活かしたディナーや朝食を頂けます。

レストランも優しい雰囲気に包まれていて、自然の景色を堪能しながら食事を楽しめますよ!

ディナーには、山形庄内の味覚がたっぷり詰まった3段重を用意。見た目がとても綺麗なので、自然と食欲も湧いてきます♪

特選山形牛フィレ肉」など厳選した食材を使っていて、見た目もさることながら味も抜群です!

庄内にある18の酒蔵のお酒、県内にある14のワイナリーのワインも用意しているので、マリアージュを楽しむのもおすすめですね。

朝食には、和風弁当庄内の季節の汁物を用意。素材の旨みを感じる和朝食で、これがまた身に染みるおいしさなんです!

農家直送の野菜や新鮮な卵、山形県産「つや姫」を使った炊き立てのご飯など、食材にとことん拘っているんですよ。

月山を望みながら食べる和朝食は、お腹も心もしっかりと満たしてくれるでしょう。

山形と言えばお酒!バー&ラウンジで至福の時間を満喫

スイデンテラスには、カジュアルに楽しめるバー&ラウンジも用意。米どころである山形には、おいしいお酒もいっぱいです!

館内着のまま楽しめる心地良いバーには、山形県の地ビールやスパークリングワイン、初めての方でも味わいやすい日本酒などを用意。

バーの対面にあるラウンジスペースでは、お酒を片手にゆったりと語らうこともできますよ。

尚、バー&ラウンジは大浴場のすぐ近くにあるので、湯上がりの1杯にもピッタリ!1日の締め括りにぜひ利用してみてくださいね。

ショウナイホテル スイデンテラスの宿泊料金はどれくらい?

公式サイトにあるスタンダードプラン「シンプルステイ(朝食付き)」を見てみると、1名1室10,050円〜・2名1室7,530円〜となっています。(2020年11月時点の宿泊料金)

おいしいディナーも楽しめる「一泊二食付きプラン」の場合は、1名1室13,850円〜・2名1室1,1330円〜。

紹介したサービス内容や館内設備を踏まえると、かなり魅力的な料金ですね!

「安くておしゃれなホテルに泊まりたい!」という方は、要チェックのホテルですよ♪

ショウナイホテル スイデンテラスの基本情報とアクセス

最後に、スイデンテラスの基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
  • 電話番号:0235-25-7424(9:00〜18:00)
  • チェックイン/チェックアウト:15:30〜24:00/6:00〜10:00
  • 公式サイト:SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE
アクセス
  • 飛行機:「庄内空港」からバス・タクシー・レンタカーで約20分
  • 電車:「鶴岡駅」からタクシー・レンタカーで約10分
  • 車:山形自動車道「鶴岡I.C」から国道7号線で約10分
  • アクセスの詳細: SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

『ショウナイホテル スイデンテラス』のまとめ

今回は、水田に浮かぶおしゃれなホテル『ショウナイホテル スイデンテラス』を紹介しました。外観の美しさはもちろん、館内のデザインもとっても素敵でしたね。

おしゃれなデザインに加えて、大自然の絶景に天然温泉、山形の美食まで楽しめるのがスイデンテラスの魅力!

こんなに魅力がたっぷりで、約10,000円で泊まれるコスパの良さには少し驚きです。

山形でホテルステイを満喫したい方は、ぜひ1度利用してみてはいかがでしょうか?