【カップルで宇宙旅行気分】日本国内のおすすめ絶景星空スポット8選!

今回は、カップルにおすすめの日本国内にある絶景の星空スポットを8か所紹介していきます。

日本国内には星空が美しいと評判のある場所は多く存在していますが、本記事ではそんな中から、カップルにおすすめすることを前提として厳選した8か所を紹介したいと思います。

「恋人と綺麗な星空を見たい!」と考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。本記事を読んで、恋人と行く次の旅行先の参考にしてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

紹介する日本国内の星空スポット

今回紹介するおすすめの星空スポットは以下の8つとなります。本記事では関東から関西と順を追って紹介していきます。

日本国内のおすすめ星空スポット8選
  • 北海道 『銀河の森天文台』
  • 岩手県 『ひろのまきば天文台』
  • 長野県 『富士見台高原ロープウェイ』
  • 長野県 『涸沢(からさわ)カール』
  • 山梨県 『精進湖(しょうじこ)』
  • 鳥取県 『鳥取砂丘』
  • 岡山県 『井原市星空公園』
  • 沖縄県 『波照間島星空観測タワー』

次章からは、一覧にある一つ一つの星空スポットの説明や場所を詳しく紹介していくので、ぜひお気に入りの星空スポットを見つけてみてください!

スポンサーリンク

日本でオーロラを観測できる!?銀河の森天文台

日本で観測史上最も低い気温を記録した北海道陸別町にある『銀河の森天文台』では、季節ごとの美しい惑星や遠く遥かにある星雲、銀河などを見学することができます。

『銀河の森天文台』ではオーロラを観測・研究しており、近年では2004年と2015年に観測されています。訪れば見ることのできるものではありませんが、館内にオーロラを観測した展示パネルがあるので必見です。

また一般公開型の天文台として日本最大級の望遠鏡を備えているのもこの場所の魅力です。施設内にはこの他にもプラネタリウムがあるので、昼間のデートスポットとしても利用できますよ!

夏~冬にかけて天の川を肉眼ではっきり目視でき、冬にはオリオン座や冬の大三角などの星座を眺めることができます。天の川や、オリオン座、あわよくばオーロラをカップルで見れたら一生の思い出になることでしょう。

基本情報
  • 住所:北海道足寄郡陸別町宇遠別
  • 営業時間:4月~9月 14:00~22:30、10月~3月 13:00~21:30
  • 休館日:月曜日・火曜日
  • 料金:小中学生200円、高校生以上300円
  • 公式サイト:銀河の森天文台

360°広がる星空を恋人と一緒に、ひろのまきば天文台

岩手県にある『ひろのまきば天文台』は、2007年の環境省の冬季全国星空継続観察で、「日本一星空が見やすい場所」に選ばれています。

周囲は人口の灯りが少ない牧場に囲まれており、星を見るための天文台は丘の上に建っているので360°視界が開けた天体観測を楽しむことができますよ。

施設内には北東最大級の「反射式望遠境」や「太陽望遠鏡」があるため、昼夜を問わず天体観測ができるのもこの場所の魅力の一つです。昼でも星空デートをできるなんていいですよね!

またイベントも定期的に行われており、「ひろの星空教室」という教室では天体について詳しく勉強することができます。カップルで参加して、一緒に見てみたい星座を探してみましょう。

基本情報
  • 住所:岩手県九戸群野町大野66-8-142
  • 営業時間:日金土13:00~21:00(入館受付~20:30)
  • 料金:小中学生100円、高校生以上210円
  • 公式サイト:ひろのまきば天文台

スポンサーリンク

恋人と日本一の星空旅行!富士見台高原ロープウェイ

『富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら』は、平成18年に環境省によって「星が最も輝いて見える場所」第1位に選ばれた長野県南部の阿智村に位置しているスキー場です。

山々が複雑に入り組んでいるこの場所では、夜間照明はなく、美しい星空のみを堪能することができます。夜空にはあまねく数の星が広がり、肉眼ではっきり天の川を見ることもできるそうです。

そんな『富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら』では、毎年春から秋にかけて星空見に行くナイトツアー「天空の楽園」を開催しています。このナイトツアーはカップルにはとてもおすすめです。

ロープウェイに乗って、星空ガイドとともに星の明かりだけが頼りの標高1400mまで登ることができるので、カップルだけのドキドキの星空旅行を楽しめますよ!

基本情報

雪とテントが輝く絶景星空スポット、涸沢(からさわ)カール

上記と同じく長野県にある『涸沢カール』は、3000m級の山々が連なる北アルプスの穂高に位置している日本でも有数の氷河圏谷です。

氷河圏谷とは~氷河の侵食作用によって形成された椀状の地形

この場所では四季折々の景色を楽しめることから有名であり、特に秋の紅葉が最盛期になる10月初めの頃には、登山者の数がピークに達するそうです。

標高2300mほどの高地『涸沢カール』からの星空はとても美しく、年によっては夏場でも雪が残っていることもあるそうです。また登山者が多いシーズンには、カラフルなテントが立ち並ぶ姿も見ることができます。

夜になればテントが光り輝き、テントと雪景色が織りなすイルミネーションと、満点の星空を同時に楽しむことができます。アウトドア好きのカップルには、特におすすめなスポットです。

基本情報

スポンサーリンク

湖に映る星空と富士山の姿は圧巻!精進湖(しょうじこ)

山梨県にある『精進湖(しょうじこ)』は、富士山周辺の富士五湖の一つとして有名です。

富士五湖の中では一番小さい湖ですが、この場所の北岸から眺める富士山は景観を邪魔する人工物がないため、とても美しいと定評があります。

富士山が美しいだけでなく、星空もまた格別なので、ここでしか味わうことのできない富士山と星空の競演を眺めることができます。夜の湖に映る逆さの富士山と煌びやか星々には息を吞むことでしょう。

冬の星空はもちろん美しいですが、夏の天の川やペルセウス流星群はほぼ確実に観測できると言われています。富士山と一緒に静かな夜空をカップルで楽しむには持って来いの場所です。

基本情報

アラジンの世界を恋人と体験!星空鳥取砂丘

観光地としても有名な『鳥取砂丘』は、実は星空が綺麗な場所としても挙げられることが多いです。鳥取県は空気が澄んでいたり、街灯や空を遮るような建物少ないので、星空が美しく見えるための環境が整っています。

見渡す限り限りの砂丘と、その頭上に広がる星空のコントラストは一見の価値があります。砂丘に恋人と寝転びながら星空を楽しむなんてロマンチックですよね!

昼間にはパラグライダーやラクダの背中に乗る体験もできるので、昼夜どちらでもデートスポットとして楽しむこともできます。

また夜にもイベントを行うことがあり、ナイトツアーや星空観測会に参加して、カップルでアラビアンナイトな天体観測を楽んでみましょう。

基本情報

日本の「星空の街」にあるロマンチックスポット、井原市星空公園

岡山県にある『井原市星空公園』は「日本三選星名所」にも選ばれるほど、星空が美しい公園です。

この場所がある美空町は、1988年に旧環境省から「星空の街」に認定されました。1989年から光害防止条例を実施しており、地域が一丸となって星空の輝きを守るよう徹底されています。

そんな環境が生んだ星空を標高514mの高台にある『井原市星空公園』から眺めれば、そこには宇宙のような世界が広がっています。カップルで行けば、そこに二人だけが取り残されたような気分に陥るはずです。

またこの場所には、夜に光る石が敷き詰められた「願いが叶う小径」というスポットもあるので、そこに立ち寄って、カップルで幻想的な世界を味わいましょう。

基本情報

日本最南端の星空スポット、波照間島星空観測タワー

最後に紹介するのは、日本最南端の沖縄県波照間島にある『波照間島星空観測タワー』です。この場所は昼夜ともに営業しています。なので日中は屋上で景色を眺めることができ、夜は満点の星空を楽しむことができます。

屋上には望遠鏡が設置されており、天の川はもちろんのこと全天88星座の中で最も小さいとされる南十字座を見ることができます。

南十字座は天候に恵まれなかったり、周囲に街灯などの明かりがあると観測できないほど、非常に観測が難しい天体です。そんな日本では中々観測できない南十字座を見ることができるのは、この場所だけでしょう。

夜には星空ガイドも行われているので、星についてより詳しく知れる機会になるかもしれません。沖縄の心地いい波音を聞きながら、満点の星空を満喫するステキなデートをぜひ!

基本情報
  • 住所:沖縄県八重山郡竹富町字波照間3905
  • 営業時間:4月~10月 10:00~17:00・20:00~22:00、11月~3月 10:00~17:00・19:00~21:00
  • 休館日:月曜日・年始
  • 料金:子供300円(夜間400円)大人400円(夜間500円)
  • 公式サイト:竹富町観光協会| 星空観測タワー

一度は見てみたい日本国内にある絶景星空スポットまとめ

今回は、カップルにおすすめの日本国内にある絶景星空スポットについて紹介しました。おさらいとして今回紹介した場所の一覧を再度貼っておきます。

日本国内のおすすめ星空スポット8選
  • 北海道 『銀河の森天文台』
  • 岩手県 『ひろのまきば天文台』
  • 長野県 『富士見台高原ロープウェイ』
  • 長野県 『涸沢(からさわ)カール』
  • 山梨県 『精進湖(しょうじこ)』
  • 鳥取県 『鳥取砂丘』
  • 岡山県 『井原市星空公園』
  • 沖縄県 『波照間島星空観測タワー』

日本国内にまだまだ星空が美しいスポットはありますが、今回紹介した8か所は間違いなく美しい星空を堪能することができます。

筆者のおすすめとしては山梨県にある『精進湖』ですね!富士山と湖のコラボレーションで生まれる宇宙のような空間は、ぜひ多くのカップルに体験してもらいたいです。

本記事によって日本国内の星空スポットに興味をもっていただけたのなら幸いです。恋人と行く次の旅行先に悩んでいる方は、ぜひ今回紹介した8か所を視野に入れてみてください!