小江戸・川越で外せない観光名所5選!グルメ・イベント情報も紹介!

“埼玉の小江戸”として知られる「川越」は、風情ある街並み・絶品グルメを楽しなど大人気の観光地です。

魅力的なスポットが多いため、中には「どこへ行けば良いんだろう…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回は、川越観光で絶対に外せない5つのスポットを紹介します!より川越観光を楽しめるものづくり体験やグルメ・イベントについても紹介しているので、川越観光へ行く方はぜひ参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/o2USpjbsOEg)

スポンサーリンク

小江戸・川越ってどんなところ?

埼玉県の南西部にある「川越」は、江戸時代に城下町として栄えた場所であり、今も残る「蔵造り」の町並みは多くの観光客を魅了しています。

関東の「小江戸」とも呼ばれており、昔から「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われるほど、江戸の情緒が溢れている魅力的なスポットです。

近年ではおしゃれなカフェや雑貨屋なども増えているので、ひとり旅はもちろん、家族での観光やデートスポットにもおすすめですよ!

次の章からは、魅力たっぷりの川越にあるおすすめの観光スポットを5つ紹介しますね!

スポンサーリンク

①川越観光の超定番!【川越一番街】

1つ目に紹介するスポットは、城下町の面影を色濃く残す「川越一番街」です。このエリアは、古き良き蔵造りの町並みが最も残されており、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分に浸れます。

そもそも「蔵造り」とは、類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町屋形式として発達したものです。今の東京では見ることができない、江戸の面影をたくさん残しているのが川越最大の魅力ですね!

尚、川越一番街にある蔵造りの町並みは、1999年に「重要伝統的建造物群保存地区」・2007年には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されています。

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市仲町
  • 電話番号:049-236-3367(一番街商店街組合)
  • 営業時間:店舗によって異なる
  • 公式サイト:川越一番街商店街

②観光に来たら見ておきたい川越のシンボル!【時の鐘】

続いて紹介するのは、蔵造りの町並みを代表する観光名所「時の鐘」です。時の鐘は、江戸時代の寛永に川越城主・酒井忠勝によって建設されたのが始まりですが、現在の鐘楼は4代目となります。

高さ16m・3層構造の塔は、地元では「鐘撞堂(かねつきどう)」という名で親しまれており、川越市のシンボルとして認知されています。川越に来たら必ず見ておきたいスポットの1つですね!

かつては「鐘撞き守」が決まった時間に時を知らせていましたが、現代は機械式となっており、1日に4回(6・12・15・18時)川越の城下に時を告げています。

目で楽しむのはもちろん、江戸時代から続く音色にもぜひ耳を傾けてみてくださいね!尚、時の鐘は、1958年に「川越市指定有形文化財」に指定・1996年に「日本の音風景100選」に選定されています。

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市幸町15-7
  • 電話番号:049-224-6097(文化財保護課)
  • 鐘撞き時間:6:00・12:00・15:00・18:00
  • 公式サイト:小江戸川越観光協会

スポンサーリンク

③食べ過ぎ注意!懐かしい食べ物が溢れる【菓子屋横丁】

続いて紹介するのは、蔵造りの町並みと共に川越を代表する観光スポット「菓子屋横丁」です。

菓子屋横丁の始まりは、鈴木藤左衛門という人物が江戸っ子好みの気取らないお菓子を製造したのがきっかけと言われています。現在は20軒ほどしかありませんが、懐かしい味が楽しめると観光客から大人気です!

100mほど続く通りには、ラムネニッキふ菓子醤油団子などなど、懐かしい食べ物がたくさん販売されています。ついつい買い過ぎてしまう方も多く、お菓子だけに甘い誘惑があるちょっと危険なスポットですね!

中には、お菓子の製造風景を見られるお店もあり、目で見て楽しむこともできますよ!様々なお菓子が製造されており、一帯に甘い香りが漂うことから、環境省が選定した「かおり風景100選」にも選ばれています。

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市元町2
  • 電話番号:049-222-5556(川越市観光案内所)
  • 営業時間:店舗によって異なる
  • 公式サイト:小江戸観光協会

④観光客からも大人気!良縁のパワースポット【川越氷川神社】

続いて紹介するのは、川越屈指のパワースポットとして有名な「川越氷川神社」です。川越氷川神社は、古墳時代の欽明(きんめい)天皇2年に創建されたと言われる歴史の深い神社です。

氷川神社に祀られている「五柱の神様(ご祭神)」が家族であることから、「夫婦円満」「縁結び」の神様として信仰を集めており、現代でも良縁のパワースポットして人気を集めています。

名物の1つに「鯛みくじ」というおみくじがあり、釣竿で鯛形のおみくじを釣り上げるユニークな仕組みとなっています。

色によって「縁結び」「一年安泰」など内容が分かれているので、自分が気になる運勢を選んでみてくださいね!また、1日20体限定の「縁結び玉」も、遠方から足を運ぶ方がいるほど大人気ですよ!

例年7〜9月頃には「縁結び風鈴」という夏の催しが行われています。約2,000個の風鈴が飾られ、夜になると境内の小川がライトアップされるなど、幻想的な光景を楽しめますよ!

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
  • 電話番号:049-224-0589
  • 拝観時間:9:00〜17:00(縁結び風鈴は19:00〜21:00)
  • 拝観料:無料
  • 公式サイト:川越氷川神社

スポンサーリンク

⑤ノスタルジーな世界観を堪能できる【大正浪漫夢通り】

出典:やすたび編集部撮影

続いて紹介するのは、古き良き大正の雰囲気を楽しめる人気スポット「大正浪漫夢通り」(旧川越銀座通り商店街)です。

元々はアーケードのある商店街として親しまれてきた「川越銀座通り商店街」ですが、1995年に大正浪漫の街づくりを本格的にスタートさせ、アーケードの撤去・御影石の石畳の設置・電線の地中化を行いました。

開放的な空間には、土蔵造りや洋風看板建築が軒を連ねており、まさに大正浪漫の世界を体現しています。更にこのエリア一帯には、随所に近代建築が点在するので、よりレトロな雰囲気が味わえるのも魅力の1つです!

また、レトロ感溢れるカフェ川越の名産を販売する個性的なお店もあるので、町並みを楽しみながら観光も楽しめますよ!

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市
  • 電話番号:049-222-5556(川越市観光案内所)
  • 営業時間:店舗によって異なる
  • 公式サイト:川越大正浪漫夢通り

川越へ行くならグルメ観光も楽しもう!

ここまで紹介した5つのスポットもおすすめですが、川越には美味しいグルメがたくさんあるので、グルメ観光を楽しむのもおすすめですよ!

川越と言えば「サツマイモ」が有名であり、1つ目に紹介した「川越一番街」だけでも以下のようなグルメが販売されています。

名物サツマイモを使ったグルメ(店名)
  • おさつチップ(小江戸おさつ庵):薄くスライスしたサツマイモをパリパリに揚げた大人気商品
  • 川越芋のモンブランソフト(川越プリン):濃厚なプリン味のアイスに川越芋で作ったモンブランをトッピング
  • 芋乃蔵さんでー(菓匠 芋乃蔵):ブッセ・紫芋アイス・チョコサンドクッキーなどが入ったお芋スイーツ

上記はほんの一部であり、他にも魅力的なグルメが溢れているので、お腹を万全な状態にして観光に臨んでくださいね!

また、「うなぎ」も川越名物として有名で、歴史あるうなぎ料理店が軒を連ねています。

どのお店にしようか迷った場合は、川越一との呼び声が高い、1807年創業の「小川菊(おがきく)」という店がおすすめですよ!

公式サイト:小川菊

ものづくり体験で観光の思い出を形に残そう!

川越観光をより楽しみたい方は、ものづくり体験もおすすめですよ!

川越にある「grass Art Blue moon」では、様々なガラス作品作りを体験でき、世界に1つだけのオリジナル作品を作ることができます。

体験教室
  • 吹きガラス体験:1人4,200円(所要時間:30分程度)
  • 箸置き作り体験:1人800円(所要時間:15〜30分程度)
  • ペンダント作り体験:1人1,300円(所要時間:15〜30分程度)

特に「吹きガラス」は体験できる機会があまりないので、この観光を機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

貴重な体験は宝物となり、自分が作った作品がお土産となれば、川越観光の思い出もより一層濃くなりますよ!

所要時間もそれほど長くないので、興味のある方はぜひ体験してみてくださいね!

体験教室に参加する方は、事前予約が必要となります。(以下の電話番号から予約を申し込むことが可能です。)

基本情報
  • 住所:埼玉県川越市仲町10-13 醸ん楽座内
  • 電話番号:049-226-0833
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:水曜日
  • 公式サイト:grass Art Blue moon

川越の代表的なイベント!

川越では、季節によって様々なイベントが開催されています。イベントに参加すれば川越の魅力をより感じられるので、観光へ行く前にイベント情報もチェックしておきましょう!

川越の代表的なイベント
  • 小江戸川越春まつり(3月下旬〜5月上旬):桜まつり・落語会・こいのぼりなどイベントが目白押し
  • 小江戸川越花火大会(7月下旬〜8月下旬):約8,000発ほど打ち上げられる人気の花火大会
  • 川越まつり(10月中旬):小江戸川越が一年の中で最も賑わう祭り

中でも「川越まつり(川越氷川祭)」は、「石岡のおまつり」「佐原の大祭」と並び「関東三大祭り」と称されており、国の重要無形民俗文化財ユネスコの文化遺産にも登録されている由緒ある大祭です。

特に「曵っかわせ(ひっかわせ)」と呼ばれる山車が囃子(はやし)で共演する姿は、迫力満点で見応えたっぷりです!

川越では、「8」の付く日を「川越きものの日」として着物・浴衣を着ている方を対象に、協賛店での割引など様々なサービスを提供しています。

レンタル着物も充実しているので、興味のある方は着物・浴衣で観光を楽しんでみてはいかがでしょうか?(詳細については以下のリンクをご覧ください。)

小江戸・川越観光のまとめ

今回は、小江戸・川越観光で絶対に外せない5つのスポットを紹介しました。川越では、江戸時代・大正時代の情緒が強く感じられ、現代にはない世界観を楽しめるのが大きな魅力です!

都会では撮れないフォトジェニックな写真もたくさん撮影できるので、SNSを活用している方は特におすすめですよ!

また、今回紹介したスポット以外にも、蔵造りを活用したおしゃれなお店や歴史ある寺院などが点在しています。紹介した内容も参考にしていただきながら、存分に川越を楽しんでくださいね!