観光特急しまかぜって知ってる?こんなお得な列車知らなきゃ損!

近鉄電車の観光特急しまかぜの名前は聞いた事あるけど、どんな列車か知らないと言う方も多いと思います。名古屋・大阪・京都から三重県の近鉄賢島駅(かしこじま)へ行く観光列車です。

しかし、それだけの列車ではなく、観光列車と言う名前に負けないサービスや、食事、施設が整っています。今回の記事を読めば、きっとしまかぜの魅力を再確認できると思います。

最後には、しまかぜにお得に乗る方法や、終着点、賢島周辺の観光スポットも紹介していくので、是非、最後まで読んでくださいね。参照はしまかぜのホームページです。(アイキャッチ画像https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A6274ISUMI_TP_V.jpg

スポンサーリンク

観光特急しまかぜがなぜ人気?

観光特急しまかぜを支持する多くの方は女性です。それもそのはず、しまかぜの設計をする際に、女性客をターゲットにした取り組みや内装にこだわりを持っているからです。

例えば、大きな鏡があるパウダールームや、着替える為のチェンジングボード、安心感が持てる鍵付きのロッカーが用意されていて、2時間前後の電車旅を気兼ねなく楽しむ工夫が施されています。

更に、入り口には芳香器が取り付けられた空調機や、鮮やかな黄色に統一されたシート、シート前後の窮屈さを全く感じさせない圧倒的な広さなど、快適な旅ができるように考えられています。

観光特急しまかぜには、個室シートと呼ばれるワンランク上の旅が楽しめる部屋が用意されています。次に各車両について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

長旅でも快適!こだわりのシートと様々な車両

しまかぜに乗車する際に、一般的に利用するシートは『プレミアムシート』と呼ばれるシートです。このシートは3列シートとなっていて、前後の広さも1m25cmとてもゆったりしています。

更に、電動レッグレストと、腰部分のシートの硬さを調節できるランバーサポート機能もあり、どんな方でも快適に過ごせること間違いないでしょう。さて、これだけではなく、他にも快適なシートを紹介しいきます。

多様なシートと個室
  • プレミアムシート(1・2・5・6号車両)
  • 展望シート(1・6号車両)
  • カフェ車両のシート
  • 個室シート(和洋各1室)
  • サロンシート(3室)

展望車両はその名の通り、景色を楽しみたい!という方にとてもお勧めで、床を72cm高くし、壁をガラス張りにし、大迫力の景色が味わえます。

プレミアムシートや展望車両で楽しむことができない食事は、カフェ車両のシートで景色を楽しみながら行えます。以下の目次で詳細を載せますが、各沿線のご当地メニューが楽しめる為、とても人気車両となっています。

最後の個室シートとサロンシートは別途予約と料金がかかりますが、より、観光列車旅をくつろいで味わえる為、とても予約倍率が高くなっています。プライドベート感を味わうにはお勧めです。

観光特急しまかぜ 近鉄名古屋~賢島間

近鉄名古屋~賢島間もしまかぜは1日1往復で、近鉄名古屋発は、平日・土日祝共に10時25分発、賢島に12時27分着です。賢島発は、平日・土日祝共に15時40分発、近鉄名古屋に17時44分着です。

残席案内から空いている席を確認する事ができます(情報が古い場合はブラウザ更新が必要です)

しまかぜ運賃の計算方法は前述の通りで、普通料金+特急料金+しまかぜ特別車両料金の合計額になります。

例えば、近鉄名古屋駅から賢島までしまかぜを利用する場合、1番左の列の1番下の段を見る必要があります。この場合、普通券2,010円+特急券1,640円+しまかぜ特別車両券1,050円の合計4,700円になります。

子ども料金は大人料金の半額(10円以下は切り上げ)の計算です。個室を利用する場合は、別途1050円の追加料金が必要なので注意が必要です。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/assets/img/home/nagoya_price.png

停車駅まとめ
〈大阪難波 ~ 賢島〉
大阪難波、大阪上本町、鶴橋、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島
〈京都 ~ 賢島〉
京都、近鉄丹波橋、大和西大寺、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島
〈近鉄名古屋 ~ 賢島〉
近鉄名古屋、近鉄四日市、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島
スポンサーリンク

観光特急しまかぜ 大阪難波~賢島間

しまかぜは1日1往復で、平日・土日祝共に大阪難波を10時40分発、賢島に13時03分着です。賢島発の場合平日・土日祝共に16時発、大阪難波に18時23分着です。

残席案内から空いている席を確認する事ができるので、利用する予定日が決まっている場合は早めに残席を確認することをお勧めします。毎日12時に更新しているので情報が古い場合はブラウザ更新を押してください。

次に示すのは、相互運賃料金です。四角の中の上段から普通運賃・特急料金・しまかぜ特別車両料金を表しています。しまかぜを利用する場合は、普通券・特急券・しまかぜ特別車両券の全てが必要になります。

例えば、大阪難波駅から賢島駅までしまかぜを利用する場合、一番左の列の一番下の段を見る必要があります。2020年7月現在では、普通券2,350円+特急券1,640円+しまかぜ特別車両券1,050円の合計5,040円となります。

子ども料金は大人料金の半額(10円単位は切り上げ)の計算です。更に、上記で紹介をした個室料金は1室1050円のプラス料金が必要です。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/assets/img/home/osaka_price.png

観光特急しまかぜ 京都~賢島間

京都、賢島間のしまかぜも1日1往復になります。平日・土日祝共に京都駅10時発、賢島に12時47分着です。賢島発の場合、平日・土日祝14時50分発、京都駅に17時38分着です。

こちらも残席案内から空いている席を確認する事ができます。(情報が古い場合はブラウザ更新が必要です)

しまかぜ運賃の計算方法は前述の通りで、普通料金+特急料金+しまかぜ特別車両料金の合計額になります。

例えば、京都駅から賢島までしまかぜを利用する場合、1番左の列の1番下の段を見る必要があります。この場合、普通券2,590円+特急券1,930円+しまかぜ特別車両券1,160円の合計5,680円になります。

子ども料金は大人料金の半額(10円以下は切り上げ)の計算です。個室を利用する場合は、別途1050円の追加料金が必要なので注意が必要です。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/assets/img/home/kyoto_price.png

スポンサーリンク

観光特急しまかぜで味わう沿線毎の名店グルメ

車内では、プレートの食事だけではなく、お弁当やワゴン販売、カフェメニューも充実しているため、自分に合った楽しみ方ができるのが特徴です。

さて、その中でも、各沿線の名店の味を楽しめるスイーツと、特産物を使った食事が大変人気です。一部、紹介していきたいと思います。

スイーツでは、伊勢志摩の名産『赤福』や、『シトラスとパッションフルーツのシャーベット』。食事では、三重の『松坂牛カレー』、名古屋の『味噌カツ』などが特に人気となっています!

電車に乗っているだけなのに、その土地の名産が食べられるので、一層、旅が楽しくなりそうですね。是非、気になったメニューを注文してみてくださいね。

観光特急しまかぜには充実のサービスが溢れてる

ホームページにも書いてありますが、観光特急には専属のアテンダントが常時乗車をしています。

その為、専属アテンダントによるお出迎え、お見送り、軽食や飲料の販売、おしぼりの配布、記念乗車証の配布や記念撮影のお手伝いなどのサービスをいつでも受ける事ができます。

観光特急しまかぜでは、目的地に着くまでの間もゆっくりとくつろぎながらも、専属アテンダントによるサービスで、普通の電車旅とは一味違う楽しみ方ができる事が一番の魅力です。

観光特急しまかぜの特急券の予約・購入方法

ここまで魅力に溢れた観光特急しまかぜに乗るためには、しまかぜ特別車両券を手に入れないといけません。そこで、しまかぜ特別車両券の予約方法や購入方法について書いていきたいと思います。

特急券の予約・購入は、インターネット・近鉄駅窓口・旅行会社の3種類のみの経由しかありません。稀に、金券ショップなどでも販売されていますが、日にちの指定や席の指定があるのでオススメはしません。

インターネットの場合

インターネット経由の予約、購入の場合は、近鉄電車 インターネット予約・発売サービスと言うサイトで申し込みを受け付けています。

会員にならなくてもしまかぜ特別車両券の購入はできますが、予約ができないので注意が必要です。しまかぜの利用日が未確定だけど仮押さえをしておきたい方は、会員登録をする必要があります。

チケットの受取りのタイプは次のいずれかとなり、支払いはクレジットカード払いです。

  • チケットレスサービス(駅での受取り不要)
  •  特急券の予約→駅でお支払い、お受取り

近鉄駅窓口の場合

近鉄主要駅の特急券窓口にて、ご乗車日の1か月前の10時30分より特急券(しまかぜ特別車両券)の購入が可能です。

下記の図の点線の四角で囲まれている駅は券売機のみの販売となっていますが、緑の四角と実線の四角に囲まれている駅は、窓口による販売がされています。

https://www.kintetsu.co.jp/gyoumu/kippu/image/station_tokkyuken.gif

駅ごとに特急券(しまかぜ特別車両券)の発売時間が違うので、特急券販売時間一覧をご確認ください。

旅行会社の場合

大手旅行会社でも特急券(しまかぜ特別車両券)の販売が行われています。

今の所、ホームページで記載されているのは、近畿日本ツーリスト・JTB・日本旅行農協観光が挙げられています。賢島で宿泊もする方は、ホテルの予約も一緒にできるのでオススメです。

観光特急しまかぜに乗る際は、必ず特急券(しまかぜ特別車両券)が必要になるので、自分に合った予約・購入をしてくださいね。

観光特急しまかぜをお得に乗る方法

観光特急しまかぜに乗る際に、基本的にはクーポンやキャンペーンが無いので、特急券や乗車券が割引されているチケットを買う事で全体の料金を抑える事ができます。3つ厳選して紹介します。

近鉄の株主優待券

近鉄の持ち株が1000株になると優待で株主優待乗車券が貰えます。もちろん、株主になる必要はないです。では、株主でもないのにどうして株主優待乗車券が手に入るのでしょうか。

それは、金券ショップに販売されているタイミングで近鉄の株主優待乗車券を手に入れる事です。必ずではないですが、お得に乗るために近鉄の株主優待券を求めて、金券ショップを覗いてみる価値があります。

ただし、株主優待乗車券だけでは、しまかぜには乗車する事ができないので注意が必要です。特急券としまかぜ特別車両券を追加で購入する必要があります。

少し手間になりますが、安く乗りたい方や時間に余裕がある方は是非、検討してみてくださいね。

まわりゃんせ

伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポートまわりゃんせ、通称まわりゃんせでは、伊勢志摩方面を周遊観光をするなら、かなりお得な格安チケットとなっています。

  • 近鉄電車発駅からフリー区間(松阪~賢島間)までの往復乗車券とフリー区間の乗車券
  • 近鉄電車「ゆき」(発駅→松阪~賢島間)と「かえり」(賢島~松阪間→着駅)の特急券引換券
  • 近鉄電車フリー区間(松阪~賢島間)用特急券引換券4枚
  • 三重交通バス(松阪・伊勢・鳥羽・志摩エリア内)・鳥羽市かもめバス4日間乗り放題
  • 鳥羽市営定期船・志摩マリンレジャーあご湾定期船4日間乗り放題

上記の特典がついていることが特徴です。中でも、三重交通バス4日間乗り放題はとてもお得ですね。しかし、しまかぜに乗るには特別車両券も購入しなければならなく、注意が必要です。

伊勢神宮参拝きっぷ

伊勢神宮参拝きっぷ」は、伊勢神宮の式年遷宮を記念して発売された期間限定の割引きっぷです。大阪、京都、奈良、名古屋などから伊勢方面への、特急券付きの往復割引きっぷです。

      • 近鉄電車発駅からフリー区間(松阪~賢島間)までの往復乗車券とフリー区間の乗車券
      • 近鉄電車「ゆき」(発駅→松阪~賢島間)と「かえり」(賢島~松阪間→着駅)の特急券引換券
      • 近鉄電車フリー区間(松阪~賢島間)用特急券引換券2枚
      • 伊勢・二見・朝熊エリア指定区間の三重交通路線バスが3日間乗り放題
      • 上記の乗車券がついてくるためしまかぜを利用する際に必要な料金は、最寄りの近鉄駅からは

    しまかぜ特別車両券のみの料金が必要

      になります。

更に、観光中の移動もバスを利用すれば料金がかからない為、全体的な旅行費を抑える事ができますね。

終着点 賢島駅周辺の見どころ

賢島駅周辺にあるテーマパークと言えば、志摩スペイン村パルケエスパーニャです。異国の雰囲気が漂う事でとても人気なスポットであり、海外旅行に行った気分を味わえますよ。

アトラクションやたくさんのジェットコースターがあるのもオススメなのですが、上記でお伝えした通り、異国の雰囲気が漂っているのもあり、写真好きな女性や大人も楽しめるテーマパークとなっています。

更に、志摩マリンランド、金比羅山、志摩地中海村など、たくさんの観光スポットがあります。少しバスを利用すれば、伊勢神宮やおかげ横丁もあり、1日では楽しみ尽くせないので、宿泊の旅行にぴったりですね。

観光特急しまかぜ まとめ

観光特急しまかぜは、乗車中のサービスやご飯や、乗車した後の賢島も楽しめる為、とてもお得に感じる事間違いないです。

この記事を読んで、観光特急しまかぜに乗る決心がつけばと思います。お得に乗る方法も記載しているので、是非、活用していただけたらと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。いつもの三重の旅を観光特急しまかぜを利用し一味変えて、更に素敵な旅をしてみてくださいね。