リクルートカードは還元率1.2%!旅行好きに嬉しい特徴もいっぱい!

知名度があまり高くないリクルートカード。しかし、ポイント還元率がとても高く、電子マネーチャージでもポイントが貯まる、とってもおすすめなクレジットカードなんです!

また、旅行好きな人におすすめなメリットもありますよ。リクルートカードについて少しでも興味がある方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

リクルートカードはポイント還元率が1.2%

出典:https://recruit-card.jp

クレジットカードを作るときに1番気になるのは、ポイント還元率ですよね。還元率が低ければ低いほど、ポイントが貯まりづらくなりクレジットカードを作るメリットがありません。

気になるリクルートカードの還元率は、1.2%です。エポスカードが0.5%、楽天カードが1%であることを考えると、リクルートカードの還元率がいかに高いことが分かるでしょう。

例えば、10万円分をクレジットカードで支払った場合、エポスカードが500ポイントなのに対し、リクルートカードは1,200ポイント貯まります。つまり、10万円分の支払いで700ポイントもの差が出てくるのです。

スポンサーリンク

提携企業での支払いならポイント還元率UP!

ただでさえポイント還元率が高いリクルートカードですが、提携企業で支払いをすると還元率は最大で21.2%にもなります!

例えば、通販サイト・ポンパレで買い物を行い、リクルートカードで支払うと最低でも4.2%以上の還元率です。商品によって還元率が異なるので、その点は注意してくださいね。

還元率が高くなる提携企業は以下の通りです。

  • ホットペッパービューティー
  • ホットペッパーグルメ
  • じゃらん
  • ポンパレ

上記4つのサイトを利用する際は、リクルートカードで支払うのがおすすめですよ。

電子マネーチャージでも還元率1.2%!

リクルートカードは、クレジット決済だけでなく電子マネーチャージでも還元率が1.2%です。電子マネーチャージでも高還元率なのは嬉しいですね。

電子マネーチャージでポイントが貯まるサービスは、以下の通りです。クレジットカード会社によって、利用できるサービスが異なるので注意してくださいね。

VISA・マスターカード楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
JCBモバイルSuica

VISAとマスターカードの方が、ポイントが貯まるサービスが多いので、クレジットカードを作成しようと考えているのならこの2つがおすすめですよ。

コンビニやレストランなどで使える楽天Edyと、交通系ICのチャージができるので、使い勝手は抜群です!

ポイント加算対象は、月間3万円分までとなります。3万1円からは、対象外となりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

リクルートカードのポイントの使い道は?

この章では、リクルートカードのポイントの使い道について説明しますね。

リクルートカードのポイントは、1ポイント=1円として利用することができ、じゃらんやホットペッパービューティー、レストランなどで利用することができますよ。

また、Pontaカードに交換することができるので、ポイントを使える幅がグンと広がります。利用可能なお店が多く書ききれないので、詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね。

JALのマイルが貯まる・使える!

旅行好きな人に朗報なのですが、リクルートカードのポイントはJALのマイルに交換することも可能です!

2ポイント=1マイルですので、ポイントが貯まったらマイルに交換するのも良いですね。マイルに交換して、無料で飛行機を利用することも可能ですよ!

ちなみにマイルは飛行機だけでなく、ツアーの支払いやJALホテルズの宿泊代としても利用できます。

スポンサーリンク

旅行好き必見!リクルートカードなら旅行保険が付いてくる!

出典:https://unsplash.com/photos/uE2T1tCFsn8

旅行好きな方に知ってもらいたいのが、旅行保険が付いてくるということです。

海外旅行国内旅行
VISA・マスターカード最高2,000万円(利用付帯)最高2,000万円(利用付帯)
JCB最高1,000万円(利用付帯)最高1,000万円(利用付帯)

旅行保険はカード送付時から利用することができ、旅行中の事故、病気や怪我の治療、携帯品の破損時など幅広く補償してくれますよ。

ただし、利用付帯ですので注意が必要です。旅行代金をリクルートカードで支払わないと適用されないので、覚えておくと良いでしょう。

リクルートカードの審査は厳しい?審査までの期間は?

リクルートカードの魅力について、たっぷり説明してきましたが「審査は厳しいの?」「審査の結果が出るまで長いの?」と不安に感じる方もいることでしょう。

ですので、この章では審査の厳しさや期間について説明しますね。

審査の基準

Twitterにて審査状況について調べてみたところ、審査が通りづらい無職の方やフリーランスの方でも通るようです。ですので、会社員の方なら基本的に通ると推測できます。

しかし、中には審査が通らなかった人もいるようです。この方の職業については分かりませんが、短期間に複数のクレジットカードを申請すると通りづらくなると言えるでしょう。

確実に審査を通したい場合は、短期間に複数のクレジットカードに申請しない方が良いですね。

審査結果までの期間

こちらもTwitterで調べたところ、人によってバラ付きがあるようです。1週間〜2週間ほど期間を要すると思っておいた方が良いでしょう。

「今すぐ、クレジットカードを用意したい!」と考えている方には、不向きなカードかもしれません。

リクルートカードは入会費があるの?

リクルートカードには、入会費がありません!いつまでも無料ですので、安心してくださいね。

還元率が高く、年会費無料のクレジットカードですので、「取り敢えず作ってみようかな」という気持ちで作成しても大丈夫ですよ。

リクルートの会員になっていれば、すぐにでもカード申し込みができるので、公式サイトから申し込みをしましょう!会員登録をしていない方は、登録してから申し込みをしてくださいね。

新規入会で6,000円分のポイントプレゼント!

リクルートカードは、新規加入+利用で最大6,000円分のポイントを貰えますよ。年会費無料なのに、6,000円分のポイントが貰えるのは嬉しいですね。ポイントの内訳は以下の通りです。

  • 新規入会:1,000円分
  • カード利用:1,000円分
  • 携帯電話料金の支払い:4,000円分

新規入会

クレジットカード発行後、リクルートカードのマイページにログインをすると、マイページから1,000ポイントを受け取ることができますよ。

リクルートカードを発行したら、マイページにログインすることを忘れないようにしましょう。

カード利用

カード発行の翌日から60日以内に、クレジット決済をすると1,000ポイント貰えますよ。

「〇〇円分利用しなければいけない」という文言がなかったので、おそらく利用金額の規定はないと考えられます。不安な方は、1度問い合わせてみると良いでしょう。

携帯料金の支払い

カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社の携帯料金をリクルートカードにて自動振替で支払うと4,000ポイント貰えます。対象会社はdocomo・au・ソフトバンク・Y!mobileの4つです。

60日以内というのは携帯料金が支払われた日であり、支払い変更手続き日ではないので注意してくださいね。

「期限内に支払いができなかった!」ということにならないためにも、リクルートカードが届いたらすぐに手続きをすると良いでしょう。

リクルートカードまとめ

リクルートカードの特徴について紹介しました。リクルートカードはポイント還元率が1.2%と高いことが特徴です。

また、旅行代金をリクルートカードで支払うと、旅行保険がついてきますよ。メインカードの1つとして利用してみてはいかがでしょうか?

旅行のたびに保険に入らなくて済むので、旅費を節約できますよ。

リクルートカードは年会費が無料ですので、カードを作成するか迷っている方でも、”とりあえず”作ってみるのも良いですね。