金沢の女子旅で外せないスポット8選!名所とグルメ・お土産も

この記事は「金沢で女子旅を楽しめるスポットはどこにあるのか」を知りたい方に向けて書かれています。

金沢は、2013年に金沢駅と東京駅との間に北陸新幹線が開通し、首都圏からの移動が便利になったことから、観光客が一気に増えました。

この記事では、金沢女子旅のスポットの様子を知りたい、スポットまでのアクセスも知りたい方に向け記事を書いていますので、ぜひ金沢の女子旅に記事を役立ててください。

スポンサーリンク

紹介する金沢の女子旅おすすめの人気スポット8か所

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E9%87%91%E6%B2%A2-%E5%85%BC%E5%85%AD%E5%9C%92-2902290/

金沢の女子旅でおすすめのスポットを、観光名所、グルメスポット、お土産スポットとバランス良く8か所紹介します。

  • ひがし茶屋街(東山)
  • 近江町市場(上近江町)
  • 兼六園(兼六町)
  • 石浦神社(本多町)
  • 21世紀美術館(広坂)
  • のど黒めし本舗 いたる(柿木畠)
  • 長町武家屋敷(長町)
  • 金沢駅百番街「あんと」(木ノ新保)

金沢は地下鉄がなく交通インフラが良いとはいえないので、女子旅での移動手段は、車以外ですとバスか徒歩、またはタクシーになります。

公共シェアサイクルの「まちのり」は、1日500円(9:00~18:00)でレンタルでき、金沢駅をはじめ大抵の観光地でレンタルができるので、シェアサイクルを利用しての観光もおすすめです。

また、「まちのり」は1日1,000円で、電動自転車も貸出を行っているため、体力に自信のない方でも気軽にサイクリングを楽しめますよ。

紹介する順に回れば、無駄なく金沢の女子旅ができるように組み立ててありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

金沢女子旅おすすめスポット1:近江町市場(上近江町)

近江町市場は200あまりの店が軒を連ねる藩政時代から続く庶民の市場で、鮮魚や精肉、青果、食料品や日用品が売られているほかに、新鮮な海産物の飲食店もあります。

近江町市場の中にあるお店「井ノ弥」で食べられる人気の海鮮丼は、新鮮な海鮮のネタが丼を覆いつくし美しく盛り付けされる様は、インスタ映えもする女子にも人気の海鮮丼です。

近江町市場へは、JR金沢駅の東口(鼓門のある側)より徒歩約7分か、バスなら「3番」「8~10番」のバスならどのバスでも「近江町市場前」に行け、約5分で着きます。

近江町市場
  • 住所:石川県金沢市上近江町50
  • 電話番号:076-231-1462
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:https://ohmicho-ichiba.com/

井ノ弥
  • 住所:石川県金沢市香林坊2-11-7 川岸ビル1F
  • 電話番号:076-265-7006
  • 営業時間:(月~土)10:00~19:00(日・祝)10:00~16:00
  • 平均予算:1,000円~3,000円
  • 公式サイト:http://ohmicho-inoya.com/

金沢女子旅おすすめスポット2:ひがし茶屋街(東山)

江戸時代の藩政体制の頃の茶屋が今も残る、金沢で最も大きな茶屋街がひがし茶屋街です。

女子に大人気なのが、着物をレンタルしてひがし茶屋街を歩く「着物の着付け体験です。

ひがし茶屋街にある着物レンタルの椿では、着物や履物一式が全てセットになったものを3,500円からレンタルすることができます。

着付けや着物に合わせたヘアスタイルなども行っているので、着物を着てひがし茶屋街を歩くことでより思い出深い女子旅となるでしょう。

ひがし茶屋街

金沢着物 椿
  • 住所:金沢市東山1-3-2
  • 電話番号:0120-557-352
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 着物レンタル料金:3,500円~(着物一式)
  • 公式サイト:https://kimono-tsubaki.com/

スポンサーリンク

金沢女子旅おすすめスポット3:兼六園(兼六町)

兼六園は水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、霞ヶ池や翠滝など六つの美しい景観を兼ね備えていることから、兼六園といなりました。

兼六園は国宝クラスの名勝に与えられる特別名勝に指定され、ミシュラン・グリーンガイドでも最高ランクの三ツ星を獲得したことにより、世界中から多くの観光客が訪れています。

園内で有名なのが霞ヶ池にある徽軫灯籠(ことじとうろう)で、灯篭と霞ヶ池を背景に写真を撮る人が多い、インスタ映えするスポットです。

兼六園へのアクセスは、ひがし茶屋街からはバス石引線「橋場町」で乗車、「兼六園下」で下車し徒歩約3分、JR金沢駅からは東口より鈴見線乗車、「広坂」で下車後、徒歩約5分です。

  • 住所:石川県金沢市兼六町1
  • 電話番号:0760-234-3800
  • 営業時間:(3月1日~10月15日)7:00~18:00 (10月16日~2月末日)8:00~17:00
  • 入場料金:(18歳以上)320円 (6歳~18歳未満)100円
  • 公式サイト:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

金沢女子旅おすすめスポット4:石浦神社(本多町)

石浦神社の草創は547年と金沢で最も古い歴史を持つ神社で、大国主大神を主祭神に祀る縁結びや安産ご利益でも有名な神社です。

石浦神社は金沢城の守護神社として役割を持っていた由緒ある神社で、石浦神社でお参りをすると「何事も丸くきまる」と言い継がれてきました。

社務所にはハート模様の縁結び絵馬のほか、水玉模様のカラフルなお守りや御朱印帳が並び、どれもデザイン性の良さから女性に人気があります。

石浦神社へは、兼六園からは真弓坂口より出て徒歩1分、JR金沢駅からは東口より鈴見線に乗車、「広坂」で下車し徒歩約3分です。

  • 住所:石川県金沢市本多町3丁目1-30
  • 電話番号:076-231-3314
  • 営業時間:参拝常時(社務所)9:00~17:00
  • 入場料金:参拝無料
  • 公式サイト:https://www.ishiura.jp/

スポンサーリンク

金沢女子旅おすすめスポット5:21世紀美術館(広坂)

21世紀美術館は「街にある公園のような美術館」がコンセプトの美術館で、来関数が日本国内でもトップクラスを誇ります。

館内は展示作品を見ることができる有料の展示会ゾーンと、ウサギの耳のような形をした不思議な椅子や緑の中のトンネルなど、ユニークな作品に触れることができる無料の交流ゾーンがあります。

21世紀美術館でおすすめなのが「スイミングプール」で、服を着たままの人がまるで水の中にいるかのような不思議な体験ができるでしょう。

21世紀美術館へは、石浦神社より道路を挟んで対面の所に位置し、JR金沢駅からは東口より鈴見線に乗車し「広坂」で下車して徒歩約2分です。

  • 住所:石川県金沢市広坂1丁目2-1
  • 電話番号:076-220-2800
  • 営業時間:(展覧会ゾーン)10:00~18:00(金・土は20:00まで)(交流ゾーン)9:00~22:00
  • 入場料金:交流ゾーン 無料、展覧会ゾーン:大人 450円、大学生 310円、小中高生 無料、65歳以上 360円
  • 公式サイト:https://www.kanazawa21.jp/

金沢女子旅おすすめスポット6:のど黒めし本舗いたる(柿木畠)

のど黒めし本舗 いたるは、アカムツの名でも知られる高級魚のノドグロが味わえる店です。

ノドグロは栄養価が高く、むくみ解消や肌荒れ解消に良いと言われるビタミンB1・B2や、老化防止によいとされるビタミンAなど、女子に嬉しい栄養が豊富な魚です。

いたるはテレビでも放送される人気店で、開店の1時間前に出される予約ボードに名前を書いて順番を待ちますが、開店前に相当な数の待ちになることもあるので、電話での予約をおすすめします。

のど黒めし本舗 いたるへのアクセスは、21世紀美術館からはすぐ裏手になり徒歩で約2分、JR金沢駅からは東口より鈴見線に乗車し「広坂」で下車して徒歩約5分です。

  • 住所:石川県金沢市柿木畠2-8
  • 電話番号:076-233-1147
  • 営業時間:12:00~14:30、17:30~21:30(日曜定休)
  • 平均予算:3,000円
  • 公式サイト:http://www.itaru.ne.jp/kakinoki.htm

金沢女子旅おすすめスポット7:長町武家屋敷跡(長町)

長町武家居屋敷跡は、金沢城に仕えた武家の屋敷があった跡で、土塀や屋敷跡を見ることができます。

江戸時代に武士が住んでいた武家屋敷跡は、まるで当時にタイムスリップしたかのような土塀や武家屋敷が残り、歴史を感じさせる土塀や屋敷跡はインスタ映えする風景でもあります。

香林坊側にあるせせらぎ通りには、猫をモチーフにしたポーチなど「乙女心がキュンとくるもの」をコンセプトに雑貨や服を取り扱うショップRallye(ラリー)という、女子におすすめのショップがあります。。

長町武家居屋敷跡へのアクセスは、兼六園や21世紀美術館からは徒歩で約10分、JR金沢駅からは東口より8~10番のバスに乗車し「香林坊」で下車、徒歩約5分です。

長町武家屋敷跡
  • 住所:石川県金沢市長町
  • 電話番号:076-232-6200(金沢市観光情報センター)
  • 営業時間:常時
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:http://www.nagamachi-bukeyashiki.com/

Rallye ラリー
  • 住所:石川県金沢市香林坊2-11-7 川岸ビル1F
  • 電話番号:076-265-7006
  • 営業時間:11:00~19:00(水曜 定休)
  • 平均予算:1,000円~
  • 公式サイト:http://rallye-kanazawa.com/

金沢女子旅おすすめスポット8:百番街 あんと(金沢駅構内)

「百番街 あんと」は金沢駅構内にあるショッピング・グルメエリアで、金沢をはじめ北陸のお土産やグルメを食べることができます。

あんとでは金沢で人気のお土産のきんつば、柴舟、芝寿司などを始め、金沢のお土産や名物はほぼ揃っていますので、金沢の女子旅のお土産探しにおすすめです。

金沢のご当地カレーの金沢カレーや、鮮度が高く質の高い回転寿司が味わえるグルメエリアやカフェもあるので、食事や休憩での利用もできます。

あんとはJR金沢駅構内にあり、駅の西口・東口どちらからでもあんとのエリアに入ることができます。

まとめ

金沢の女子旅におすすめのスポット8選
  • ひがし茶屋街(東山)
  • 近江町市場(上近江町)
  • 兼六園(兼六町)
  • 石浦神社(本多町)
  • 21世紀美術館(広坂)
  • のど黒めし本舗 いたる(柿木畠)
  • 長町武家屋敷(長町)
  • 金沢駅百番街「あんと」(木ノ新保)

金沢は長町武家屋敷跡やひがし茶屋街など、江戸時代の古い町並みが残る古都です。

グルメの美味しい場所でもありますので、景観もグルメも楽しめる女子旅となるでしょう。

古都金沢を満喫する女子旅となるよう、記事を参考におすすめスポットにぜひ足を運んでみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。