仙台のおしゃれカフェ4選を紹介!【写真好き必見】

仙台旅行に来たけど、おしゃれなカフェに行きたいな」「仙台のおしゃれなカフェはどこにあるの?」という疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、厳選した仙台のおしゃれカフェ4選と、お店おすすめのメニューを紹介しています。

味はモチロンのこと、雰囲気も良いお店を紹介しています。「どこのカフェに行くのがいいだろう?」という悩みが劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

(出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF-1209863/)

スポンサーリンク

仙台のおしゃれカフェを紹介【思わず写真を撮りたくなる】

旅行の醍醐味に『写真を撮る』ことが上げられますよね。旅の思い出として記憶に残る、つい写真を撮りたくなるおしゃれカフェが仙台にはたくさんあります。

今回はたくさんのカフェの中から厳選して4つ紹介します。今回紹介する内容は下記の通りです。

おしゃれカフェ
  1. 青山文庫
  2. Cafe mythiQue(ミティーク)
  3. Cafe Pamplemouse(パンプルムゥス)
  4. SABO Lab
おすすめメニュー
  1. クリームソーダ
  2. アートスムージー
  3. パンケーキ
  4. SABO MILK

次の章からは、仙台おしゃれカフェを詳しく紹介していきます。ぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク

仙台のおしゃれカフェ① 青山文庫

1つ目は、青山文庫です。「本と珈琲とインクの匂い」がコンセプトのカフェ。

店内もコンセプト通り、本の世界に誘い込まれるような作りで、入り口からカメラを構えたくなりますよ。

もちろん、カフェとしてのメニューも充実しています。昼夜問わずお客さんが多い理由の1つといえるでしょう。

仙台駅から徒歩3分の立地にあることも、嬉しいポイントですね。

基本情報
  • 住所:宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-27 ever‐i中央ビル5F
  • 電話番号:022-209-5115
  • 営業時間:11:00〜24:00(ラストオーダー23:00)
  • 公共交通機関:仙台駅から徒歩3分
  • 公式サイト:https://green-coffee-farm.com/aoyamabunko/

青山文庫のおすすめメニュー

青山文庫のおすすめメニューは、『クリームソーダ』です。もちろん、ただのクリームソーダではありません

観光客

でもクリームソーダって、なんの変哲もない飲み物じゃ…

ソフトクリームが丸ごと突き刺さっている、天気によって変化するクリームソーダなんです。見た目のインパクトもさることながら、天気によってフレーバーを変えているのが特徴です。思わず写真を撮りたくなりますよ。

天気によって変わるフレーバーは、下記にて紹介します。旅行の際の悪天候は、テンションが下がりますが、雨の日しかでないクリームソーダを目的にするのも1つの手かもしれませんね。

天気で変化するクリームソーダ
  • 晴れの日:メロン
  • 雨の日:イチゴ
  • 雪の日:レモン

特にレモンは雪が降ったときしか提供されない、幻のメニューと呼ばれていますよ。

スポンサーリンク

仙台のおしゃれカフェ② Cafe mythiQue

2つ目は、Cafe mythiQue(ミティーク)です。「目で楽しんで、食べて美味しい」がコンセプトのカフェ。

まるで、海外に来たかのような雰囲気が店内には広がっています。真っ赤な電話ボックスがあったり、おしゃれなソファーがあったりと、どこを見てもおしゃれな雰囲気が伝わります。

仙台発祥のアートスムージーを作ったお店としても有名です。人気テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」や「マツコ会議」でも紹介されていますよ。アートスムージーについては、後ほど紹介します。

基本情報
  • 住所:仙台市青葉区中央2−4−11 水晶堂ビル3F
  • 電話番号:022-393-7738
  • 営業時間:平日11:00〜20:00 土日祝11;00〜18:00
  • 公共交通機関:仙台駅から徒歩7分
  • 公式サイト:https://cafemythique.wixsite.com/sendai

Cafe mythiQue(ミティーク)のおすすめメニュー

Cafe mythiQue(ミティーク)のおすすめメニューは、『アートスムージー』です。

やすたび編集部

アートスムージーとは、「飲むケーキ」をイメージすると分かりやすいです。ここでしか味わえないデザートスムージー。パリジェンヌやパリジャンにも認められた、見るのも食べるのも楽しいスムージーですよ。

フルーツや生クリームをグラスの側面でデコレーションしており、思わず写真を撮りたくなってしまうビジュアルです。

お店のコンセプトである、「目で楽しんで、食べて美味しい」が詰まったメニューと言えるでしょう。

スポンサーリンク

仙台のおしゃれカフェ③ Cafe Pamplemouse

3つ目は、Cafe Pamplemouse(パンプルムゥス)です。どこか懐かしい「図書館」を思い出させるレイアウトが特徴。

お店の前には青いバイクが止まっており、入る前から楽しくなる作りになっています。店内には、本棚がズラりと並んでおり、図書館のようなゆったりとした時間を過ごせます。

お店のメニューはとても充実しており、軽食からアルコール、おつまみまで揃っていますよ。

メニュー
  • コーヒー類
  • 紅茶類
  • アルコール
  • おつまみ
  • サラダ
  • カフェ飯
  • トースト
  • パンケーキ
  • ランチメニュー

また店内には、多くのアヒルのフィギュアがレイアウトされています。至る所にいるアヒルを探すのも、このお店の醍醐味といえるでしょう。気に入ったアヒルを「パシャリ」と撮れば、思い出に残ること間違いなしです。

基本情報

Cafe Pamplemouseのおすすめメニュー

パンプルムゥスのおすすめメニューは、『パンケーキ』です。デザートパンケーキから、お食事パンケーキがあり、17種類ものラインナップがあります。

なかでもおすすめなのは、1日10食限定メニューの「季節のパンケーキ」です。旬な果物を使ったものや、季節に合わせたメニューで月ごとに変わっているのが特徴です。立ち寄る際にはこちらから確認してくださいね。

季節のパンケーキ以外でも、思わず写真を撮りたくなるようなパンケーキがたくさんあります。パンケーキを食べるなら、パンプルムゥスがおすすめですよ。

仙台のおしゃれカフェ④ SABO Lab

4つ目は、SABO Labです。和と洋を融合した新感覚カフェ。『SABO=茶房=喫茶店、Lab=研究所』が由来のお店です。

飲み物の提供は、ビーカーでの提供となり、研究所としてのこだわりを感じます。また、カフェでは珍しい「団子」があり、和と洋をかけ合わせた珍しいメニューが多いのも特徴です。

仙台駅から離れた位置にありますが、「仙台うみの杜水族館」「仙台港アウトレット」の中間地点に位置しています。SABO Labに行くついでに観光するのも良いですね。

基本情報
  • 住所:宮城県仙台市宮城野区中野3-4-17うみカフェエヌダイナーパーク内
  • 電話番号:022-352-3677
  • 営業時間:平日11:00〜1800 休日10:00〜18:00
  • 定休日:火曜日
  • 公共交通機関:JR中野栄駅から徒歩25分
  • 公式サイト:https://sabolab.jp

SABO Labのおすすめメニュー

SABO Labのおすすめメニューは、『SABO MILK』です。イタリアンなタピオカミルクと日本茶フレーバーのタピオカミルクがあるのが特徴です。7種類のメニューから選べます。

SABO MILKメニュー
  • モノブルーミルク
  • モノルージュミルク
  • ホウジチャアメールミルク
  • シーズンフレーバーミルク
  • ティーイートミルク
  • レモネードミルク
  • ティラミスミルク

7種類の中でもおすすめなのがティラミスミルクです。ティラミスらしい味わいと、飲む前に思わず写真を撮りたくなるビジュアルは、旅の思い出にぴったりです。

おすすめメニュー以外も、写真を撮りたくなるようなメニューばかりです。足を運んでみる価値ありですよ。

仙台のおしゃれカフェまとめ

今回は仙台のおしゃれカフェについて紹介しました。大事なところをもう一度紹介します。

まとめ
  1. 青山文庫:クリームソーダ
  2. Cafe mythiQue(ミティーク):アートスムージー
  3. Cafe Pamplemouse(パンプルムゥス):パンケーキ
  4. SABO Labo:SABO MILK

どのカフェもおしゃれで、写真を撮りたくなるような場所がたくさんあります。

上記のお店と、おすすめメニューを参考に素敵な仙台旅行のキッカケになれば幸いです。

あわせて宮城の観光地を知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね!仙台市の観光地も紹介していますよ。

宮城の観光地10選!絶景「松島」や伊達政宗ゆかりの地も紹介

2019年4月22日

ABOUTこの記事をかいた人

とみぃ

はじめまして、とみぃです。 現在は派遣社員として働いています。 1冊の本との出会いで人生が大きく変わりました。 出会いを大切にし、コツコツとライティングスキルを向上させています。 迷ったらやる!をモットーに、悩むより先に行動を起こすようにしています。