日本と台北間を飛行機格安チケット比較サイトでお得に利用しよう

この記事は、日本と台北間の飛行機をより安く利用したい方に向けてを紹介しています。

日本と台北間の航空券が予約できるサイトは数多くありますが、ポイント制度があるなど価格以外の特典もサイトによって変わってきます。

そこで、台北行きの航空券予約を価格と特典の面から比較し、「よりお得に日本と台北間の飛行機チケットが取れるサイト選び」ができるようにこの記事は書かれています。

飛行機を利用する時期によっても航空券の価格は変動しますので、ぜひ記事を参考にしてよりお得になるサイトを見つけ、日本と台北の航空券を取得してください。

スポンサーリンク

日本と台北間の飛行機チケットの相場

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%8A%95%E8%B3%87-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-2724241/

日本と台湾の台北を結ぶ航空券は、時期によって価格が上下します。

日本と台北間にはANAやJALを始め、ピーチエアーやバニラエアなどのLCCなど日本からも数多くの航空会社の便が就航していますので、手ごろな価格で航空券を手に入れることができます

往復の航空チケットを年間を通してエコノミーシートでの相場を見てみると、33,000円から48,000円ほどで、最も高い月が4月で48,000円ほど、最も安い時期が6月で33,000円ほどです。

相場を踏まえて、日本と台北間の航空券が取れるサイトを見ていきましょう。

スポンサーリンク

日本から台北まで飛行機で移動する時間について解説

この章では、日本から台北まで飛行機で移動する時間について解説します。日本から台北までの移動時間は、往路が3時間20分、復路が2時間25分ぐらいかかります。

行きと帰りの時間が違うのは、偏西風の影響です。偏西風は西から東に吹いているため、日本から台北へ移動する際は、向かい風が吹いていることになります。

反対に、台北から日本に帰る際は追い風が吹いています。これによって、往路と復路の移動時間が違うのです。

台北へ旅行に行く際は、行きと帰りの時間を考慮して、旅行のスケジュールを立ててください。

紹介する日本と台北間の飛行機チケットが取れるサイト7選

https://pixabay.com/ja/photos/mac-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC-459196/

この章では、日本と台北間の飛行機チケットが取れる7つサイトについて紹介します。

紹介する日本と台湾の台北間の航空券が取れるサイトは以下の7サイトです。

  1. トラベルコ
  2. エアトリ
  3. HIS
  4. 楽天トラベル
  5. サプライス
  6. エクスペディア
  7. スカイスキャナー

少しでも航空券を安く取得できるよう、格安で飛行機チケットが取れるサイトを中心に紹介します。

価格以外にもポイントのありなし、支払い方法も記載しているので、そちらも参考に自分の都合に合ったサイトを選んでください。

スポンサーリンク

日本と台北間の飛行機チケット取得サイト1:トラベルコ

トラベルコは国内外の航空チケットや宿泊先、ツアーを取り扱う総合旅行サイトで、日本と台北間の格安航空券の予約ができます。

レガシーキャリアー(フルサービスの航空会社)にLCC(格安航空会社)も比較ができ、比較対象が多い分より安い航空券を探すことができますので、とにかく最安値で飛行機に乗りたい方におすすめのサイトです。

出発空港と到着空港を入力して検索すると料金早見表が表示されるので、いつ出発したらお得なのかも一目で分かります。

  • 支払い方法:銀行振込、クレジットカード、コンビニ払い
  • ポイント還元:なし
  • 運営者:株式会社オープンドア(日本)
  • 公式サイト:https://www.tour.ne.jp/w_air/
  • 往復参考料金:22,000円~
  • 取り扱い航空会社:チャイナエアライン、スクート、JAL

日本と台北間の飛行機予約サイト2:エアトリ

エアトリの旧名がDeNAトラベルで、航空券の取得において時間の融通がきく格安航空券の予約サイトです。

エアトリでは出発時間の2時間前までチケットの予約ができますので、急に台北に行くことになってもチケットを取ることができます。

また、予約は出発に日よりも半年以上前からできますので、長期から出発の直前まで時間の融通が利くのが特徴です。

無料メルマガに登録することで、サイト上では公開していないさらに格安のチケットや割引クーポンが配布されていますので、よりお得な利用をしたい方はメルマガ会員もおすすめです。

  • 支払い方法:銀行振込、クレジットカード、コンビニ払い、Amazon Payなど
  • ポイント還元:利用額に応じエアトリポイントが加算
  • 運営者:株式会社エアトリインターナショナル(日本)
  • 公式サイト:https://www.skygate.co.jp
  • 往復参考料金:23,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、大韓航空、アシアナ航空、JAL、ANA

スポンサーリンク

日本と台北間の飛行機予約サイト3:HIS

HISは日本企業の株式会社エイチ・アイ・エスが運営するサイトで、ウェブ上のみならず全国各地に実店舗の営業所があります

実店舗の営業所では、HISのスタッフと対面して台北行きの航空券や、宿泊先などの相談から手配までできるので強い安心感となるでしょう。

台北市にも営業所があり、日本語にも対応できるスタッフがいるので、台湾でのホテルの予約、オプショナルツアーまで台北で手配してもらうこともできます。

  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ決済、Paidy
  • ポイント還元:Tポイント、楽天ポイントと連携(要 楽天IDでのログイン)
  • 運営者:株式会社エイチ・アイ・エス(日本)
  • 公式サイト:https://www.his-j.com/
  • 往復参考料金:28,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、JAL、チャイナエアライン、ジェットスター

(台北市・HIS営業所:H.I.S. TAIWAN CO.,LTD)

  • 住所:台北市南京東路二段69號10樓
  • 電話番号:(国番号:886)02-2568-2288
  • 営業時間:9:00~18:00(アウトバウンドは 土日祝日 休業)
  • 公式サイト:https://www.his-j.com/ovsbranch/

日本と台北間の飛行機予約サイト4:楽天トラベル

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97-%E7%A0%B4%E3%82%8B-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-1209008/

楽天トラベルは楽天が運営する航空券や宿泊先を取り扱う旅行総合サイトで、台北の格安航空券も取り扱っています。

楽天トラベルも、他の楽天サービス同様に利用額に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントを使って航空券を取ったり値引きしたりできるので、普段から楽天を利用している人はお得な利用ができます。

ホテルを予約をするとスーパーポイントが利用料金の2%貯まるほか、さらに楽天カードを利用すると決済額の1%がポイントとして還元されるので、ホテルや楽天カードの利用でよりポイントの還元が大きいです。

  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ決済、楽天スーパーポイント決済
  • ポイント還元:楽天スーパーポイントが加算
  • 運営者:楽天(日本)
  • 公式サイト:https://travel.rakuten.co.jp/kaigai/
  • 往復参考料金:31,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、チャイナエアライン、JAL、ANA、エバー航空

日本と台北間の飛行機予約サイト5:サプライス

サプライス(Surprice)は、HISが運営している国内外の航空券やホテル、旅行プランが予約できるサイトで格安航空券も取り扱っています。

サプライスには対象の目的地への航空券や旅行プランの料金が、最大で10,000円戻ってくるキャッシュバック制度や割引クーポンなど、航空券ホテル料金以外のプログラムが魅力的です。

キャッシュバックの対象は、変化しており、変化の周期も不明です。また、公式サイトのトップページから検索するしかキャッシュバックの対象の航空券や旅行プランを見つけることはできません。

割引クーポンは無料の会員登録をするか、ニュースレター会員(無料)になると不定期に配布され、クーポンは航空券やホテルなど予約時に料金が割引されます

  • 支払い方法:クレジットカード、デビッドカード決済、銀行振込
  • ポイント還元:マイル
  • 運営者:株式会社エイチ・アイ・エス(日本)
  • 公式サイト:https://www.surpricenow.com
  • 往復参考料金:27,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、大韓航空、チャイナエアライン、JAL

日本と台北間の飛行機予約サイト6:エクスペディア

エクスペディアはアメリカのエクスペディア・グループが運営する、世界の航空券やホテルが予約できるサイトで、台北の格安航空券も取り扱っています。

エクスペディアは、ホテル代が最大で無料となるAIR+割というエクスペディア独自のサービスがあり、他の予約サイトと差別化を図っているのが特徴です。

AIR+割とは、AIR+割の対象となっているホテルと航空券を同時に予約することで、最大でホテル代が無料(ホテルによって割引額は異なり、10%程度~最大で無料)になるので、よりお得な旅ができます。

  • お支払方法:クレジットカード(一部 デビットカード)
  • ポイント還元:宿泊代金に応じてポイントが加算
  • 運営者:Expedia Group(アメリカ)
  • 公式サイト:https://www.expedia.co.jp/air
  • 往復参考料金:28,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、マカオ航空、アシアナ航空、チャイナエアライン

日本と台北間の飛行機予約サイト7:スカイスキャナー

https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A9%BA%E6%B8%AF-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%A5%B3%E6%80%A7-2373727/

スカイスキャナー(Skyscanner)はイギリスに運営拠点がある、世界中の航空券やホテルを比較して予約ができるサイトで、プライスアラートという独自のサービスが特徴です。

PCでもスカイスキャナーのスマホアプリでも無料で利用できるプライスアラートは、興味のある航空券やツアーなどを設定しておくと、価格の変動(上下とも)があった時に通知してくれるサービスです。

通知は無料登録時に入力するメールか、スマホアプリならプライスアラート設定時にベルのマークのボタンをクリックするとプッシュ機能で通知を届けてくれ、安くなったタイミングを逃さなくなります。

プライスアラートの解除は、メール通知の場合は解除のリンクが貼られているのでそちらをクリック、スマホの場合はベルのボタンをもう1度押すと解除になるので気軽に利用するとよいでしょう。

  • 支払い方法:予約先航空会社による
  • ポイント還元:宿泊代金に応じてポイントが加算
  • 運営者:Skyscanner(イギリス)
  • 公式サイト:https://www.skyscanner.jp/
  • 往復参考料金:22,000円~
  • 取り扱い航空会社:スクート、ピーチ、チャイナエアライン、ジェットスター

まとめ

日本と台湾の台北間の飛行機は多くの飛行機会社が就航していることもあり、手軽に飛行機チケットを取得できます。

飛行機チケットが取れるサイトは数多くありますが、より安くチケットを取りたい方向けに、「格安の飛行機チケットを取り扱うサイトの中」から、安心の日本国内に運営会社を持つ会社を中心に紹介しました。

ポイントや支払い方法など、自分の都合に合わせて最適なサイトを見つけ、お得に日本と台北間の飛行機チケットをゲットしてください。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

ABOUTこの記事をかいた人

しょうご

しょうごと申します。 福祉用具の提案営業の仕事からコンサルティング会社へ転職をした経歴があります。所持資格 ・福祉用具専門相談員 ・住環境コーディネーター2級 ・認知症サポーター の資格を持っています。