ワンランク上の旅行を楽しみたいならオーベルジュ!おすすめ5選

あなたはオーベルジュをご存知ですか?最近じわじわと人気を集めている宿泊施設なのですが、まだまだ周知されていないこともあり、今、旅行先に選ぶにはぴったりだと言えます。

しかし、オーベルジュと言ってもどこがおすすめなのかわからない人のために、後半でおすすめのオーベルジュを紹介しています。是非、最後まで読んでみてくださいね。(アイキャッチ画像https://cdn.pixabay.com/photo/2014/09/17/20/26/restaurant-449952_1280.jpg)

スポンサーリンク

オーベルジュはフランス発祥

オーベルジュはフランス語で、「郷土料理を提供するレストラン付きのホテル」を意味しています。そして、オーベルジュは郷土料理を主に振舞っていたことから、発祥したばかりの時は地方や郊外に多くみられました。

地元の新鮮で物珍しい食材や、シェフ厳選のワインを、帰宅の時間を考えずに楽しめる事がオーベルジュの特権と言えますね。

ここで注目して頂きたいことは、ホテル事業よりもレストラン運営がメインになっていることです。中には、1日1組の宿泊しか受け付けていないオーベルジュもある為、早めの予約が必要な場合もあります。

フランスが発祥のオーベルジュは、フランス料理のイメージで敷居が高く感じますが、現在、日本式オーベルジュと呼ばれるものもオープンされ、訪れやすくなっています。日本式とは何か、後ほど説明しますね。

スポンサーリンク

日本式オーベルジュが存在する

日本式オーベルジュとは、従来のオーベルジュとは異なり、日本料理はもちろん、世界各国の料理を提供する事が特徴とされているものです。

国内でいつもとは違う旅行を楽しみたい方には特におすすめです!地元の旬の食材をふんだんに使った料理を食べると、その地域がもっと好きになるはずでしょう。

ここで、ふと気になる事は、ホテルよりもレストランがメインとされるなら、ドレスコードが存在するのでは?と言う疑問です。マナーやドレスコードについて、次の章で説明しますね。

マナーやドレスコードについて

フレンチと聞くと、タキシードにドレスを纏って食事をする光景が思い浮かびますが、日本のオーベルジュではそれらのドレスコードの指定がない場合がほとんどです。

ですが、オーベルジュを予約する際にはきちんと、ドレスコードが必要かどうか確認することをおすすめします。そして、最低限の食事マナー、テーブルマナーは押さえておきましょう。

大切な人と楽しむ食事で、恥をかいてしまうような事があれば雰囲気が台無しになってしまいます。食事中に他のお客様の会話を遮るような大声話をするなどはもってのほかです。

テーブルマナーに関しては、テーブルにセットされているフォークやナイフは外側から使っていく必要がある事などは最低限覚えておきましょう。

スポンサーリンク

オーベルジュの探し方

現在、日本でオーベルジュを探すにはオーベルジュ協会と言うサイトがおすすめです。他の大手旅行会社でもオーベルジュは表示されるのですが、食事メインの宿泊施設ではない場合が多いです。

オーベルジュ協会と言うサイトは、フランスのオーベルジュの定義を元に設立された宿泊施設だけを表示しているので、間違いがありません。

本格的な食事メインであるオーベルジュを楽しみたい方は、是非、こちらのサイトから宿泊施設を選んでみてくださいね。

おすすめオーベルジュ①長野県 ホテルドゥ八ヶ岳テラス

出典:https://yatsugatake-terrace.com/お料理/

ホテルドゥ八ヶ岳テラスは2019年度において、楽天トラベルの「国内人気オーベルジュランキング」で1位に輝き、サービスと料理には定評があります。

提供される料理は、フレンチをベースに、イタリアンの要素が取り入れられている事が特徴です。少し遊び心がある料理を楽しみたい方におすすめです。

さて、こちらのホテルの周辺観光スポットと言えば、富士山、北岳、穂高から諏訪湖まで一望できる「創造の森」があります。そこには、季節ごとに咲き誇る花畑や広大な高原があり、自然を充分に満喫できます。

宿泊施設情報

おすすめオーベルジュ③神奈川県 葉山ホテル 音羽ノ森

出典:https://www.otowanomori.jp/shiosai/

レストランから観れる景色は南仏のリゾート地コートダジュールを感じさせてくれます。レストランで提供される食材は、目の前に広がる相模湾の海の幸、三浦半島の陸の幸をふんだんに使用している事が特徴です。

こちらのレストランでディナーを行う際に、ビーチサンダルやクロックスなどは禁止されているので服装に注意が必要です。

ホテルの客室は全てオーシャンビューであることも魅力的なポイントとなっています。モーニングは客室の広いバルコニーでも楽しむ事ができますよ。

宿泊施設情報
  • 住所 〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷5596-1
  • 電話番号  046-857-0108(代表) FAX : 046-856-7265
  • 公式ホームページURL https://www.otowanomori.jp

おすすめオーベルジュ④鹿児島 サンカラホテル 屋久島

出典:https://www.sankarahotel-spa.com/restaurant/

サンカラホテルは2020年で10周年を迎え、地元密着型のホテルとして親しまれています。その為、市場には出回らない食材が楽しめるので、素敵な食事時間が訪れる事間違いなしですね。

ディナーは、フレンチのフルコースとカジュアルなフレンチが楽しめるコースの2種類が選べますが、それぞれ屋久島の食材をふんだんに使用されている事が特徴です。

サンカラホテルの周辺には、樹齢1000年以上の歴史がある屋久杉を散策する事ができるトレッキングや世界遺産にも登録されている西部林道があります。是非、探索してみてくださいね。

宿泊施設情報
  • 住所 〒891-4402 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生字萩野上553
  • 電話番号 0800 800 6007(予約専用ダイヤル)
  • 公式ホームページURL https://www.sankarahotel-spa.com

おすすめオーベルジュ⑤熊本県 山小屋Holahoo

出典:https://holahoo.com/cuisine.html

山小屋Holahooは熊本県阿蘇地方の地産地消にこだわった食材を使ったフレンチが楽しめます。中でも、珍しいのは薪火を使った調理法であると言う事です。

料理のこだわりは調理法だけではなく、酵母パンにも力を入れています。野菜や果実、花、庭のハーブを組み合わせて、ここでしか味わえないパンを食べる事ができます。

周辺の観光スポットには、世界でも有数のカルデラ火山である阿蘇山があり、登山やトレッキングが楽しめます。更に、阿蘇山の傾斜を利用してパラグライダーを楽しむこともできるのでとてもおすすめです。

宿泊施設情報
  • 住所 〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4635-6
  • 電話番号・営業時間 0967-67-2008  年中無休営業
  • 公式ホームページURL https://holahoo.com

まとめ

今回紹介したオーベルジュは一部に過ぎませんが、たくさんのオーベルジュの中からより非日常を味わう事ができるようなホテルを選びました。

まだまだ日本に浸透しきっていない今、予約が取りやすいうちに人気のオーベルジュに宿泊するのもいいかもしれませんね。

いつもと一味違う旅行を楽しむ選択肢に、是非、オーベルジュを検討してみてはいかがでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。