初めての方にもオススメ!京都観光のオススメなモデルコース5選。

日本有数の観光地である京都。この記事ではそんな京都観光のモデルコースを5つご紹介します!

京都は観光地が多すぎてどういう風に回ればいいのか分からない、と迷っているあなたにオススメの記事です。ぜひ、最後まで読んでください!

スポンサーリンク

京都観光コース① 人気No.1の定番コース

まず1つ目は、京都観光の定番の清水寺を巡る観光コースです。ではどのようなコースか見て行きましょう。

定番コース
  • 清水寺 ⇒ 二寧坂・三寧坂 ⇒ 金剛寺 ⇒ 法観寺 ⇒ 建仁寺 ⇒ 八坂神社 平安神宮

ここでは、赤字で示した4つの観光地について詳細に紹介していきますね!

京都観光人気No.1 清水寺

京都観光の定番といえば清水寺。清水寺は世界遺産にも選ばれており、大変有名な寺院です。約13万平方メートルという広大の敷地の中に、歴史ある建物が30近く建ち並んでいます。

全ての建物の紹介は難しいため、ここでは清水寺に来たら必ず見てほしい建物をご紹介します。

仁王門(重要文化財)

清水寺の正門である仁王門。16世紀初めに再建された歴史ある建物で、重要文化財に指定されています。私たちが清水寺を訪れた際に一番最初に通る場所です。

西門と三重塔(重要文化財)

仁王門をくぐった後に見えてくるのは西門三重塔です。西門は1631年、三重塔は1632年に再建されています。三重塔は高さ約31メートルと日本最大級の三重塔です。

随求堂

西門・三重塔から少し進むと随求堂が見えてきます。隋求堂で修行の1つと言われる、暗闇の中を数珠や壁を確認しながら進んでいく胎内めぐりをぜひ体験してみてください。

本堂(重要文化財)

その先に進むと本堂が見えて来ます。本堂も1633年に再建、重要文化財に指定されています。清水の舞台から飛び降りるという言葉で使用される清水の舞台となる場所です。

奥の院(重要文化財)・音羽の滝

音羽の滝の真上に位置する奥の院は本堂と同じく、1633年に再建され、現在は重要文化財に指定されています。

その下には3筋に分かれて清水が落ちる音羽の滝があります。3筋はそれぞれ、学業成就恋愛成就延命長寿のご利益があり、3筋のうちの1筋の清水を飲むと願いが叶うと言われています。

基本情報
  • 住所  :京都市東山区清水1丁目294
  • 電話番号:075ー551ー1234
  • 拝観料 :一般 400円 /中学生以下 200円
    ※胎内めぐりなどは別途料金が必要になります。
  • 拝観時間:時期によって異なるため、ホームページをご確認ください

インスタ映えスポット 金剛寺

続いて紹介するのは金剛寺です。ここは清水寺から徒歩約10分ほどのところにあり、別名八坂庚申堂(やさかこうしんどう)とも呼ばれるお寺です。

ここではくくり猿と呼ばれる御守りがあります。自分の欲を1つ捨て、くくり猿に願いを込めながら吊り下げることで願いを叶えてくれると言われています。

そんな八坂庚申堂はくくり猿がとてもカラフルで鮮やかなため、インスタ映えスポットとしても人気です。ぜひカメラを片手に訪れてみてください。

https://www.photo-ac.com/main/detail/1834942?title=八坂庚申堂5

 

基本情報
  • 住所  :京都市東山区金園町390
  • 電話番号:075ー541ー2565

パワースポットの代表 八坂神社

https://pixabay.com/ja/photos/日本-祇園-京都-八坂神社-1432866/

続いて紹介するのは八坂神社です。こちらも京都観光の定番スポットです。祇園さんという呼び名で親しまれています。疫病除けの神美の神縁結びの神商売繁昌の神など数多くの神様が祀られています。

そのため、多くのご利益があるとされており、パワースポットとして有名な神社です。

基本情報
  • 住所  :京都市東山区祇園町北側625
  • 電話番号:075ー561ー6155

日本の歴史を感じる 平安神宮

https://pixabay.com/ja/photos/平安神宮-神社-京都-66480/

定番コース最後にご紹介するのは、平安神宮です。1895年(明治28年)に平安遷都1100年を記念し、京都の復興を願って創建されました。

平安神宮は平安京の正庁であった朝堂院を再現した建造物であると言われています。平安時代にタイムスリップしたと思いながら観光すると趣深いですね。

平安神宮の広大な敷地内には神苑と呼ばれる美しい日本庭園もあり、そちらも見所となっています。

基本情報
  • 住所  :京都市左京区岡崎西天王町97
  • 電話番号:075ー761ー0221
  • 拝観料 :参拝は無料。神苑拝観料 一般 600円/中学生以下 300円
  • 拝観時間:08:30~17:30
    ※3月1日~14日・9月~10月は17時、11月~2月は16時半
  • 公式ホームページはこちら


移動方法はこれ!
  • 清水寺〜八坂神社
    清水寺から八坂神社は徒歩がオススメ!約20分で移動できる距離です。清水寺から八坂神社の間にある、様々な寺社や土産屋に立ち寄るとより京都を堪能できます。
  • 八坂神社〜平安神宮
    八坂神社〜平安神宮はバス移動がオススメ!市バス100系統に乗り、約15分で到着します。
スポンサーリンク

京都観光コース② フォトジェニックなコース

2つ目は、写真映えする観光地を巡るコースを紹介します。インスタ映えする写真で素敵な思い出を残しましょう!では、紹介します。

フォトジェニックコース
  • 伏見稲荷神社 ⇒ 東福寺 ⇒ 三十三間堂

こちらも有名な観光地の数々ですね。ここでは赤字の2つの観光地について詳しく紹介しますね!

圧巻の千本鳥居 伏見稲荷大社

出典:https://pixabay.com/ja/photos/伏見稲荷大社-京都-日本-文化-1497697/

写真映えするスポットの1つ目は伏見稲荷大社です。日本全国にあるお稲荷さんの総本山として有名です。この伏見稲荷大社の見所はなんと言っても千本鳥居。朱色の鳥居がとても美しく、圧巻の風景です。

https://pixabay.com/ja/photos/伏見稲荷-京都-日本-神社-4392017/

鳥居のトンネルを抜けたら、ぜひやってほしいのがおもかる石。灯篭の上にある石を持ち上げてみて思っていたより軽いと感じたら願いが叶う日が近いそうです。

おもかる石の祈願の方法!願いが叶う日は近いのか、ぜひやってみてくださいね。

  1. まずは灯篭の間にある賽銭箱にお賽銭を入れます。
  2. 灯篭の上にあるおもかる石を両手で掴んでください。この時はまだ持ち上げないで!
  3. おもかる石を両手に掴んだら、自分の願い事を呟いてください。願い事ははいいいえで答えられるものが望ましいです。
  4. おもかる石をゆっくり持ち上げてください。
  5. 重さを感じたら、静かにおもかる石を元の場所に戻してください。
基本情報
  • 住所  :京都市伏見区深草藪之内町68
  • 電話番号:075ー641ー7331

千体の観音様が圧巻 三十三間堂

https://pixabay.com/ja/photos/日本-三十三間堂-回廊-2097314/

続いて紹介するのは三十三間堂です。正式名称は蓮華王院と言います。国宝である千手観音坐像千体千手観音立像が最大の見所です。

1,001体並んでいる千手観音立像はそれぞれ表情が異なり、1,001体の中に会いたい人に似た観音像が必ずあると言われています。ぜひ、会いたい人を想像しながら拝観してみてくださいね。

基本情報
  • 住所  :京都市東山区三十三間堂廻町657
  • 電話番号:075ー561ー0467
  • 拝観料 :一般 600円 / 中高生 400円 / 子供 300円
  • 拝観時間:8:30〜17:00
    ※11月16日~3月は9時~16時
    ※受付は30分前まで。
  • 公式ホームページはこちら

移動方法はこれ!
  • 伏見稲荷神社〜東福寺
    伏見稲荷神社から東福寺までの移動は徒歩、もしくは電車がオススメです!所要時間はどちらも20分です。
  • 東福寺〜三十三間堂
    東福寺〜三十三間堂までの移動はバスがオススメです!市バス88系統、もしくは208系統に乗ると、約5分で到着します。

京都観光コース③ 豪華世界遺産コース

3つ目に紹介するのは、京都観光の定番といえる金閣寺を含む、有名な世界遺産3寺院を巡るコースです。京都らしさがつまったコースですよ。では、見ていきましょう!

世界遺産コース
  • 金閣寺 龍安寺仁和寺

世界遺産を一気に3つも巡れるとは贅沢ですね。ここでは、赤字で示した2つの世界遺産を詳しく紹介しますね!

豪華絢爛 金閣寺

https://pixabay.com/ja/photos/日本-金閣寺-京都-文化-4163792/

まず紹介するのは、金閣寺です。京都に訪れたら必ず訪れたい観光スポットの1つと言えるでしょう。正式名称は北山鹿苑禅寺です。

特別史跡に指定される回遊式庭園、金色に輝く舎利殿、舎利殿を鏡にように映す鏡湖地、鯉が急流を登って龍に変化するという言い伝えがある竜門の滝など、他にも多くの見どころがあります。

基本情報
  • 住所  :京都市北区金閣寺町1
  • 電話番号:075ー461ー0013
  • 拝観料 :一般 400円 / 中学生以下 300円
  • 拝観時間:9:00〜17:00
  • 公式ホームページはこちら

美しい石庭が有名 龍安寺

https://www.photo-ac.com/main/detail/211699?title=京都%E3%80%80龍安寺

次に紹介するのは龍安寺です。この龍安寺ではあのイギリスのエリザベス女王が賞賛をしたという石庭が有名で、観光のメインになっています。

また龍安寺の広大な敷地のうち3分の1は鏡容池と呼ばれる池が占めており、春には桜、夏には睡蓮、秋には紅葉、冬には雪景色と四季折々の風景で観光客を楽しませてくれます。

基本情報
  • 住所  :京都市右京区竜安寺御陵下町13
  • 電話番号:075ー463ー2216
  • 拝観料 :一般 500円 / 中学生以下 300円
  • 拝観時間:3月〜11月 8時〜17時 / 12月〜2月 8時30分〜16時30分
  • 公式ホームページはこちら


移動方法はこれ!
  • 金閣寺〜龍安寺〜仁和寺
    金閣寺周辺を巡る場合は、バス移動がおすすめ!いずれも市バス59系統約5分で到着します。
    ただこの3つのお寺はきぬかけの道という道で繋がっており、徒歩約40分で移動できる距離です。体力に自信がある方は世界遺産に囲まれた空気を感じながら、歩くのもいいかもしれないですね!
スポンサーリンク

京都観光コース④ 自然と歴史の満喫嵐山コース

京都は寺社ばかりでなく、自然を満喫できるところもあります。4つ目は歴史と自然を満喫することができるコースを紹介します。

自然と歴史満喫コース
  • 渡月橋 ⇒ 野宮神社竹林の小径 ⇒ 天龍寺

世界遺産天龍寺もあり、まさに自然と歴史を楽しめる贅沢なコースです!ここでは赤字で示した2つの観光地を紹介します。

縁切り・縁結びのパワースポット 野宮神社

まず紹介するのは野宮神社です。絶縁・縁結び・恋愛成就で名高いパワースポットとして有名です。かの有名な源氏物語の一幕にも登場する歴史ある神社です。

また野宮神社入り口にある鳥居は黒く、樹皮を剥がさずに樹木そのものを使用した鳥居となっています。実は、この鳥居は日本最古の鳥居と言われており、かなり歴史あるものなのです。

そんな由緒ある神社で悪い縁を断ち切り、良縁に恵まれるように祈願してみてくださいね。

基本情報
  • 住所  :京都市右京区嵯峨野宮町1
  • 電話番号:075ー871ー1972

嵐山観光の定番の1つ 竹林の小径

https://pixabay.com/ja/photos/嵐山の竹林-竹-旅行の目的地-2281891/

嵐山といえば竹林も有名ですよね。高く生い茂った竹林の中を歩く竹林の小径。晴れた日には木漏れ日が心地よく感じられます。くもりや雨の日は昼でも薄暗く、また違った雰囲気をかもし出します。

竹林の緑と澄んだ空気に癒され、非日常の空間をぜひ楽しんでみてください。

基本情報
  • 住所  :京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
  • 電話番号:なし
移動方法はこれ!
  • 嵐山地区のオススメの移動方法は徒歩!紹介した場所は、約10〜15分で移動できる上、紹介した寺社以外にも多くの寺社があります。ですので、ぜひ自然と歴史を感じながら街歩きをしてみてください!

京都観光コース⑤ 時間がなくても楽しめる時短コース

最後に5つ目に紹介するのは、半日もかからず巡ることができる時短コースを紹介します。移動日はどうしても観光するための時間が短くなりがちですが、そんな時にオススメのコースです。

時短コース
  • 東寺 ⇒ 西本願寺 ⇒ 東本願寺 ⇒ 京都タワー

いずれも京都駅周辺の観光地ですので利便性も最高です。ここでは赤字で示した2つの観光地を紹介します。

東寺

まず紹介するのは東寺です。東寺は平安時代から現代に残る唯一の遺構と言われています。東寺には京都のランドマーク的存在である五重塔をはじめ、数多くの国宝、重要文化財があります。

これだけ多くの国宝や重要文化財を一度に見ることのできるスポットが街の中心部にある京都はさすがですね!京都駅からのアクセスも良いので、ぜひ訪れたいスポットの1つです。

基本情報
  • 住所  :京都市南区九条町1
  • 電話番号:075ー691ー3325
  • 拝観料 :金堂・講堂・五重塔は有料拝観。拝観料は以下の通り
    一般 500円 / 高校生 400円 / 小中学生 300円
    ※一部施設の特別拝観やイベント時には別途料金が発生します。
  • 拝観時間:5:00~17:00
    ※金堂・講堂は8:30から、宝物館・観智院は9:00から。受付は16:30まで。
  • 公式ホームページはこちら

京都駅の顔 京都タワー

次に紹介するのは京都駅目の前にあり、京都の顔とも言える京都タワーです。レストラン土産屋ホテルといった施設が入っています。

また地上100メートルのところには京都の街並みを見下ろせる展望台もあり、歴史ある京都を違った角度から楽しむことができます。特に夜は夜景が美しく心が満たされることでしょう。

京都駅の目の前でアクセスがとても良いので、旅の始まり・旅の終わりにぜひ立ち寄ってみてくださいね!

基本情報
  • 住所  :京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721−1
  • 電話番号:075−361ー3215
  • 入場料 :一般 800円 / 高校生 650円 /
    小中学生  550円 / 幼児 150円
  • 営業時間:9:00〜21:20(最終入場は21:00)
  • 公式ホームページはこちら

移動方法はこれ!
  • 東寺〜西本願寺〜東本願寺
    歩けない距離ではないですが、時短で巡るにはやはりバスがオススメです。ただバスの待ち時間がある場合は徒歩と変わらないこともあるので、予めバスの時刻を調べた上で利用することをオススメします。
  • 東本願寺〜京都タワー
    東本願寺から京都タワーは徒歩約5分で到着するため、徒歩移動がいいでしょう!

京都観光はどうしても寺社巡りが中心になってしまいます。しかし、子供たちにとって寺社巡りは退屈と感じることも多いでしょう。せっかく行くなら子供達にも楽しんでもらいたいですよね。

ということで、ここからは子供達が必ず楽しめる観光スポットを中心に紹介します!

スポンサーリンク

子供にオススメ観光スポット① 梅小路公園エリア

まず1つ目に紹介するのは梅小路公園エリアです。梅小路公園内には遊具やチンチン電車があり、子供達もしっかりと楽しめます。またいのちの森というビオトープがあり、実際に生物や植物に触れることができます。

そのほか、公園の敷地内には京都水族館、公園からほど近い所に京都鉄道博物館があり、子供たちも充実した1日を過ごすことができるでしょう。

基本情報
  • 梅小路公園
    • 住所  :京都市下京区勧喜寺町56−3
    • 電話番号:075ー352ー2500
  •  朱雀の庭・いのちの森(梅小路公園内)
    • 入園料 :小学生以上 200円
    • 開演時間:9:00〜17:00(最終入園は16:30)
    • 休園日 :毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
      年末年始 (12月28日~1月4日)
  • チンチン電車(梅小路公園内)
    • 乗車賃 :1日乗車券 310円 / 片道乗車券 150円
      ※小学生未満は無料。
    • 運行日 :土曜日・日曜日・祝日、夏休み期間の一部
      夏季の詳しい運行日についてはお問い合わせください。
    • 運行時間:10:00〜16:00(夏季は17:00まで)
  • 京都水族館
    • 住所  :京都府京都市下京区観喜寺町35−1
    • 電話番号:075ー354ー3130
    • 入館料 :大人 2050円 / 大学・高校生 1550円 / 小中学生 1000円 / 幼児(3歳以上) 600円
    • 開館時間:4〜10月は9:30〜18:00
      11〜3月は9:30〜17:00
    • 休館日 :年中無休
  • 京都鉄道博物館
    • 住所  :京都市下京区観喜寺町
    • 電話番号:0570ー080ー462
    • 入館料 :大人 1200円 / 大学・高校生 1000円 / 小中学生 500円 / 幼児(3歳以上) 200円
    • 開館時間:10:00〜17:30
    • 休館日 :毎週水曜日・年末年始(12月30日〜1月1日)

詳細が気になる方は、梅小路公園のホームページをご確認くださいね。

子供にオススメ観光スポット② 嵐山エリア

https://pixabay.com/ja/photos/トロッコ列車-嵯峨野-京都-1816081/

2つ目に紹介するのは嵐山エリアです。まず子どもたちと嵐山に行くなら、ぜひトロッコ列車を利用してください。

少し変わった車両に乗りながら風を感じ、景色を楽しみつつ乗ることができる、いつもと違う電車の旅は子供達の思い出に残ること間違い無いでしょう。

嵐山周辺で子供達にオススメの観光スポットは2つ。ジオラマ京都JAPAN嵐山モンキーパークいわたやまです。

ジオラマ京都JAPAN

ジオラマ京都JAPANは京都の史跡や街並みを精巧に再現した鉄道ジオラマです。その大きさは、縦12.3m✕横17.3m、路線の長さは2.7kmで、日本最大級の鉄道ジオラマです。

ジオラマ内を走る様々な列車は、本物の列車運転席と同じマスターコントローラーを使っています。自分で操作することができるので、子供はもちろん、大人もワクワクすることができるスポットです。

基本情報
  • 住所  :京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
  • 電話番号: 075ー882ー7432
  • 入場料 :一般 530円 / 子供 320円
    ※トロッコ列車利用時には割引があります。詳しくはホームページを確認してください。
  • 営業時間:9:00〜17:30(最終入場は16:30)
    ※臨時列車運行中は9:00〜18:00(最終入場は17:30)
  • ホームページはこちら

嵐山モンキーパークいわたやま

嵐山モンキーパークいわたやまは、野生で暮らす約120頭ニホンザルと触れ合うことが出来ます。

こんなに可愛い姿がすぐ目の前で見ることができます。猿たちの可愛さと嵐山の自然の景色に癒されてみてください!

詳細情報
  • 住所  :京都府京都市西京区嵐山中尾下町61
  • 電話番号:075ー872ー0950
  • 入園料 :一般 550円 / 中学生以下 250円
  • 営業時間:9:00〜16:00
  • ホームページはこちら

子供にオススメ観光スポット③ 東映太秦映画村

3つ目に紹介するのは東映太秦映画村です。実際に時代劇の撮影でも使われるセットがあり、運がよければ撮影現場に遭遇できるかもしれません。

また忍者や侍の格好をして、侍講座や忍者教室、様々なアトラクションができます。子供と一緒に忍者や侍になりきって思い切り楽しみましょう。

詳細情報
  • 住所  :京都市右京区太秦蜂岡町10
  • 電話番号:075ー864ー7716
  • 入園料 :一般 2400円 / 中高生 1400円 / 小学生以下 1200円
  • 営業時間:基本的には9:00〜17:00
    シーズンによって、営業時間が異なることがあるため、ホームページをご確認ください。
  • 休園日 :メンテナンスによる休園日あり。ホームページをご確認ください。
  • ホームページはこちら

京都観光には絶対オススメ!バス1日券

ここまで様々な観光スポットを紹介してきました。最後に京都観光をするのにオススメなバス1日券を紹介します。

このバス1日券とは、市バス・京都バスで京都市内の均一運賃区間内、つまり運賃230円で移動できる場所であれば、1日乗り放題というお得なチケットです。

この均一運賃区間には京都の主要な観光地はほとんど含まれており、今回紹介したスポットは全て巡ることができます。体力に自信がない天候が悪くて徒歩移動は辛いという時はこのバス1日券を利用してみてください!

バス1日券について
  • 販売期間:通年
  • 販売額 :大人 600円 / 子供 300円
  • 販売場所:バス・地下鉄案内所、定期券発売所、バス営業所、地下鉄駅窓口、など
    ※バス車内でも購入は可能ですが、売り切れている可能性もあるため、バス乗車前に購入しておくことをオススメします良い。
  • 路線図や時刻表など詳しい情報はこちらをご覧ください。

京都観光のコースまとめ

この記事のまとめ
  • モデルコース5選
    • 定番コース
      清水寺 ⇒ 二寧坂・三寧坂 ⇒ 金剛寺 ⇒ 法観寺 ⇒ 建仁寺 ⇒ 八坂神社 ⇒ 平安神宮
    • フォトジェニックコース
      伏見稲荷神社 ⇒ 東福寺 ⇒ 三十三間堂
    • 世界遺産コース
      金閣寺 ⇒ 龍安寺 ⇒ 仁和寺
    • 自然と歴史の満喫コース
      渡月橋 ⇒ 野宮神社 ⇒ 竹林の小径 ⇒ 天龍寺
    • 時短コース
      東寺 ⇒ 西本願寺 ⇒ 東本願寺 ⇒ 京都タワー
  • 子供も楽しめる観光エリア3選
    • 梅小路公園近辺:梅小路公園・京都水族館・京都鉄道博物館
    • 嵐山周辺   :ジオラマ京都JAPAN・嵐山モンキーパークいわたやま
    • 東映太秦映画村

京都を効率よく満喫するためのモデルコース5つと子供達も楽しめる観光エリアを3つご紹介しました。

1つのコースを日帰りで満喫するもよし、いくつか組み合わせて泊りがけで満喫するもよし。この記事を参考に京都旅行を満喫してくださいね!

5155

京都のホテルをあわせて確認したい方は、以下の記事を参考にしてくださいね!