やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
ヨーロッパ・中東

中世の街、ミュンヘンの絶品グルメ8選!【地元民からも大人気】

ミュンヘンやドイツのグルメと聞くと、まずはソーセージとビールが思い浮かぶと思います。しかしミュンヘンには、ソーセージとビール以外にも、まだまだあなたが知らないグルメがたくさん隠れているのです。

あなたもせっかくなら、地元民に愛されてやまないグルメを食べてみたいですよね?今回はそんな知られざるミュンヘンのグルメを8つご紹介します。

この記事を読めば、ミュンヘンの絶品グルメにいとも簡単に辿り着くことができますよ。ぜひ最後までお読みくださいね。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/photos/eat-restaurant-food-meat-french-1705556/#content)

ドイツの物価と外食事情

まず最初にドイツの物価と外食事情について解説していきます。ドイツの通貨はヨーロッパでお馴染みのユーロで、1ユーロは約117円です。(2020年4月現在)

物価は日本とほぼ同じか、もしくは安めです。しかしミュンヘンのレストランは予想以上に高いので注意してください。グルメを楽しみにドイツを旅行するなら、外食は計画的に利用しましょう。

例えばミュンヘンの料理店では、通常だとディナーは少なくとも20ユーロ(約2,350円)ランチでも15ユーロ(約1,750円)はかかります。このように、ミュンヘンは日本より圧倒的に外食代が高いです。

ただでさえ高いのに、さらに美味しくなかったらかなりショックですよね?そんな悲しい思いをしないためにも、次からはハズレなしの美味しいミュンヘングルメを8つご紹介していきます。

ミュンヘンのおすすめグルメ① ビアホールでドイツ料理を

まず最初にご紹介するのは「ホーフブロイハウス」というビアホールです。店内には1,000人以上を収容することができ、規模はミュンヘンで最大です。生バンドの演奏が店内を盛り上げます。

ビアホールはとても混んでいるので相席になる可能性が高いですが、相席でも誰も嫌な顔をしないので勇気を持って座ってみましょう。

ここはミュンヘンのビアホールなので、おすすめメニューはお約束のビールとソーセージ。ちなみにビールはダークビールが人気です。

ホーフブロイハウスで提供されるダークビールは、「ドゥンケル」という種類です。チョコレートやキャラメルといった、甘い香りや味わいのビールになります。口当たりもマイルドなので、とても飲みやすいです。

注文すると、なんとビールが1ℓほども入ったジョッキで運ばれてきます。

でもダークビールはまろやかで苦みが少ないのでゴクゴク飲めてしまうという…。ソーセージはミュンヘン名物のヴァイスヴルスという白いソーセージです。

日本のハーブソーセージが好きな人ならきっと気に入るでしょう。ダークビールとも相性ばっちりです。ドイツのビアホールの雰囲気を味わいたいなら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ホーフブロイハウス(Hofbräuhaus München)の基本情報
  • 住所…Platzl 9, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 290136100
  • 営業時間…9:30~23:30
  • 定休日…年中無休
  • 予算…1人約8.5~25ユーロ(1,000円~3,000円)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ② バイエルン最古の白ビール

2つ目にご紹介する「シュナイダー・ブロイハウス」は、1540年創業のビール醸造所が直営しているビアホールです。このビアホールで提供されるビールは、バイエルン州で最も歴史のあるヴァイツェンの1つです。

ヴァイツェンとは、小麦麦芽を50%以上使ったドイツの伝統的なビールです。 フルーティーな香りと、苦みのないまろやかな口当たりが特徴的です。ヴァイスはドイツ語で「白」という意味があります。

観光客もそれほど多くはなく、どちらかというと地元密着型のビアホールなので、地元の人たちもよく飲みに来ています。

常連さんのイチオシは、ヴァイツェンのTAP7メインオリジナルというビールで、1872年からレシピが変わっていないドイツの伝統的なビールです。

TAP7はトロピカルで濃厚な香りが特徴的で、味わいは非常にクリーミーです。ヴァイツェン特有の酸味もあります。何を頼んだらいいのかわからない時は、とにかくTAP7を頼めば間違いないでしょう。

ミュンヘンには多くのビアホールがありますが、ヴァイセス・ブロイハウスはビール自体の美味しさはもちろん、お店の雰囲気、料金、伝統のどれをとっても一流なので、ビアホールの中でも特におすすめです。

シュナイダー・ブロイハウス(Schneider Bräuhaus)の基本情報
  • 住所…Tal 7, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 2901380
  • 営業時間…8:00~0:00
  • 定休日…年中無休
  • 予算…1人約17ユーロ~(2,000円~)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ③ 特大シュニッテル

3つ目にご紹介するのは、バー兼レストランの「シュタインハル 16」ここの名物はとにかく大きなシュニッテルです。

シュニッテルとは、叩いて伸ばした牛肉や豚肉にパン粉をまぶして油で揚げた料理で、日本でいうカツレツのようなものです。

お肉自体はジューシーなのに脂っこくなく、衣がとてもサクサクしていて美味しいですよ。しかもミュンヘンの外食にしてはコスパがいいのも嬉しいポイントです。

地元の人気店なので、前日に電話かネットで予約して行くことをおすすめします

ネット予約は公式サイトからが一番手っ取り早いです。(サイトの言語は英語とドイツ語)ビールと一緒に特大シュニッテルをお腹いっぱい食べちゃいましょう!

シュタインハル16(Steinheil 16)の基本情報
  • 住所…Steinheilstraße 16, 80333 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 527488
  • 営業時間…10:00~1:00
  • 定休日…年中無休
  • 予算…1人約15ユーロ~(1,700円~)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ④ 夢にまで見た肉の丸焼き

4つ目にご紹介するのが「ハクスンバウアー」というレストランです。お店の外からは豚肉がぐるぐる回転しながらグリルされている様子を見ることができます。

当店のおすすめは言うまでもなく、このぐるぐる回る豚肉のグリルです。皮はパリパリ、中身はジューシーで、まさに肉の中の肉といった感じです。

付け合わせでは、ザワークラフト(キャベツの乳発行させたもの)やマッシュポテトがついてきます。特にザワークラフトは口当たりがさっぱりしているので、豚肉と本当によく合いますよ。

このレストランも「シュタインハル16」同様地元の人気店なので、18時~20時の夕飯時は避けた方がいいでしょう。少々値が張りますが、ミュンヘンに行ったら必ず食べておきたいバイエルンの伝統料理です。

ハクスンバウアー(Haxnbauer)の基本情報
  • 住所…Sparkassenstraße 6, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 2166540
  • 営業時間…11:00~0:00
  • 定休日…年中無休
  • 地図こちらをクリック
  • 予算…1人約30ユーロ(3,400円~)

ミュンヘンのおすすめグルメ⑤ コスパ最高、あったかスープ

5つ目にご紹介するのが「ミュンヘンスープキッチン」です。マリエン広場の外れにあるスープの専門店で、安くて美味しいと地元の人からも愛されています。

メニューの品数も豊富で、ビーフやレバーなどの肉系から野菜系まで様々なスープが用意されており、一番人気はGoulash Soupというシチューのようなスープです。クリーミーな味わいで腹持ちもいいですよ。

パスタを追加したり、パンを別に頼んだりもできるので、お腹いっぱい食べたい時も安心です。

日替わりメニューのスープもあるので、長期間ミュンヘンに滞在する人でお昼を安く済ませたい人は、ぜひ散策ついでに毎日通ってみてはいかがでしょうか?

ミュンヘンスープキッチン(Muenchner Suppenkueche)の基本情報
  • 住所…Viktualienmarkt 3, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 2609599
  • 営業時間…10:00~18:00
  • 定休日…日曜日
  • 予算…1人約4.2ユーロ~8.4ユーロ(500円~1,000円)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ⑥ ミュンヘンっ子の定番おやつ

6つ目にご紹介するのが、「カフェ・フリッシュフート」シュマルツヌーデルです。簡単に説明すると、真ん中がへこんでいる揚げパンです

カフェ・フリッシュフートは、ミュンヘンっ子なら知らない人はいないほどの有名店です。その実力は、トリップアドバイザーのミュンヘンのパン部門で1位に選ばれるほど。

店頭にあるオープンキッチンでは、熟練の職人さんが生地をこねたり、生地を油で揚げたりする姿を見ることができます。

シュマルツヌーデルは日本の揚げパンと違って、別途で付いてくる砂糖をまぶして食べます。あとは鮮度が命なので、お店で揚げたてを食べてみてください。ふわふわでもっちりな食感が癖になりますよ。

カフェ・フリッシュフート(Schmalznudel Café Frischhut)の基本情報
  • 住所…Prälat-Zistl-Straße 8, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 26023156
  • 営業時間…9:00~15:00
  • 定休日…日曜日
  • 予算…1人約5ユーロ~(600円~)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ⑦ 休憩にドイツケーキはいかが?

7つ目にご紹介するのが、「Vollaths」というケーキ屋さんのドイツケーキです。1カットが大きく、甘さ控えめなのがドイツケーキの特徴です。

ドイツケーキには2種類あり、Kuchen(クーヘン)とよばれるずっしりとしたケーキと、Torte(トルテ)とよばれるクリームやフルーツを使ったケーキの2種類があります。

ショーケースにはホールケーキが所狭しと並んでいます。並んでいるケーキは併設されているカフェで食べることもできますよ。ケーキの値段は1切れ3ユーロ(約350円)からです。

ケーキが提供される時は、ケーキの横にフォークをグサッと刺した状態で出てくるのがドイツの定番のスタイルなので、びっくりしないでくださいね。

店内はおだやかで、インテリアもおしゃれです。ちなみにWi-Fiも使えるので、好きなケーキを食べながらPC作業をしても大丈夫です。

ミュンヘン中央駅からも歩いて20分ぐらいなので、観光の休憩にでも立ち寄ってみるといいですよ。

Vollathsの観光情報
  • 住所…80337, Thalkirchner Str. 1, München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 54760554
  • 営業時間…(月)~(金)8:00~22:00、(土)9:00~22:00、(日)9:00~18:00
  • 定休日…年中無休
  • 予算…1人約8.4ユーロ~(約1,000円)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンのおすすめグルメ⑧ 王家御用達の高級コーヒー

最後にご紹介するのは、「ダルマイヤー」という高級デリカテッセンのコーヒーです。デリカテッセンとは、日本で言うデパ地下のような感じで、お土産の購入にもおすすめです。

ダルマイヤーのコーヒーは、バイエルン王室の御用達として重用されていたこともあり、生豆の選定から焙煎まで徹底してこだわっています。また、特別な訓練を受けた専門の人が品質を管理しているのです。

また、こだわりのコーヒーは2階のカフェで飲むこともできます。もちろん、そのコーヒーは一流のバリスタさんがいれてくれますよ。

優雅に美味しいコーヒーを飲みながら、高級デリカテッセンの雰囲気を堪能してみてはいかがでしょうか。

ダルマイヤー(Dallmayr)の基本情報
  • 住所…Dienerstraße 14-15, 80331 München, ドイツ
  • 電話番号…+49 89 21350
  • 営業時間…9:30~19:00
  • 定休日…日曜日
  • 予算…1人約4.2ユーロ~25.2ユーロ(500円~3,000円)
  • 地図こちらをクリック

ミュンヘンで必ず食べておきたいグルメ8選 まとめ

今回はミュンヘンで必ず食べておきたい絶品グルメを8つご紹介しました。

ミュンヘンで必ず食べておきたい絶品グルメ8選
  1. ホーフブロイハウス黒ビールとヴァイスヴルス(白ソーセージ)
  2. ヴァイセス・ブロイハウスヴァイツェン(白ビール)
  3. シュタインハル 16巨大シュニッテル(ドイツのカツレツ)
  4. ハクスンバウアー豚のグリル
  5. ミュンヘンスープキッチンGoulash Soup(シチュー風スープ)
  6. カフェ・フリッシュフートシュマルツヌーデル(南ドイツの揚げパン)
  7. Vollathsドイツケーキ
  8. ダルマイヤーコーヒー

こうして見てみると、ミュンヘンのグルメはビールとソーセージだけではないということがわかります。見てるだけでたちまちお腹が空いてしまうようなラインナップですね。

グルメは旅行の醍醐味です!ミュンヘンに行った際は、ぜひ今回紹介したお店に立ち寄ってみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
三國鈴香
2019年からライター開始。現在200本以上の記事執筆を手掛ける。得意ジャンルはWebマーケティング・DX・金融。