やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
アメリカ・カナダ

【必見】ここだけは外せない!オアフ島の人気観光スポット9選!

海外旅行の代表地とも言えるハワイ。その中でも観光地として人気の高いオアフ島にはビーチから、山、ショッピングスポットに至るまで非常に多くの魅力があります。

魅力が多いが故に「どこを観光すればいいのかわからない」という方も多いですよね。

そこで今回はそんなあなたに向けて、ここだけは外せない、絶対に訪れるべきおオアフ島の人気観光スポット9選をご紹介しようと思います。是非、参考にしてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4-%E3%83%9B%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%AB-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%82%AD-3700185/)

オアフ島の人気観光スポット1:ワイキキビーチ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ワイキキ-ビーチ-ホノルル-553621/

まずご紹介するのは、ハワイを代表する世界的に有名な「ワイキキビーチ」です。ハワイと聞いてこのビーチを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

約3キロに渡って広がる広大なビーチは8つに分類され、それぞれのビーチで異なる雰囲気、特徴を持っています。

ワイキキビーチ沿いには多くのホテルやレストラン、ショップが立ち並んでいるので、ビーチだけではなく優雅なリゾートホテルでの滞在や、グルメ、ショッピングも楽しむことが出来ます。

オアフ島の人気観光スポット2:ダイヤモンドヘッド

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ホノルル-スカイライン-ホテル-726470/

次にご紹介するのはハワイのシンボル的存在の火山である「ダイヤモンドヘッド」です。

初心者にも優しいハイキングコースがあり、トレイル口から頂上までは約30分の道のりです。お子様からご年配の方まで幅広く楽しむことが出来る観光スポットです。

山頂からは、ワイキキビーチやワイキキの街並みを一望でき、圧巻の絶景が広がります。また、ダイヤモンドヘッドから見る朝日は別格にきれいで、日の出前から山頂を目指す方も大勢います。

オアフ島の人気観光スポット3:アラモアナセンター

次にご紹介するのは、350以上の店舗数を誇る世界最大のオープンエア・ショッピングセンター、「アラモアナセンター」です。年間約5,300万人が訪れるハワイの大人気スポットです。

世界の有名ブランド店や、ハワイ発の個性豊かなショップ、日本未上陸ブランド店など、様々なジャンルの魅力的なお店があり、1日かけても見て回れないほどの広さです。

ショッピングの合間にはグルメを満喫することが出来ます。地元ハワイのローカル料理のほか、様々な国の料理を楽しむことが出来ます。

オアフ島の人気観光スポット4:カイルアビーチ

出典:https://unsplash.com/photos/1w2xsyc2wwI

次にご紹介するのはオアフ島で一番美しいビーチともいわれる「カイルアビーチ」です。2019年の全米ベストビーチ1位(注)に輝いています。

オアフ島の南東にあるビーチで、エメラルドグリーンの海と、どこまでも続く白い砂浜が非常に美しく、ワイキキでは味わえない開放感を味わうことが出来ます。

カイルアビーチのすぐ隣にはラニカイビーチがあり、ラニカイビーチも非常に海が透き通っていて大人気のビーチです。カイルアビーチを訪れる際には、是非ラニカイビーチにも足を運んでみてください。

(注)フロリダ国際大学教授、ステファン・レザーマン博士(Dr.Beach)が毎年発表する、「アメリカズ・ベストビーチ」に基づいています。「全米No.1に輝いた○○ビーチ」とはこのベストのことです。

オアフ島の人気観光スポット5:ハナウマビーチ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ハナウマ湾-ハワイ-ビーチ-240145/#content

次にご紹介するのはシュノーケリングで有名な「ハナウマビーチ」です。オアフ島の東南部に位置し、色鮮やかな魚たちに近付くことができる、島随一のシュノーケリングスポットと言われています。

自然保護区に指定されており、2016年の全米のベストビーチ1位に輝いています。波が穏やかで浅瀬でもカラフルな熱帯魚が泳いでいるので、小さなお子様でも安心してシュノーケリングを楽しめます。

なんとウミガメが優雅に泳ぐ姿もすぐ目の前で見られることもあります。是非、訪れてほしいスポットです。

オアフ島の人気観光スポット6:クアロア・ランチ

出典:https://unsplash.com/photos/kI00pEcN4bg

次にご紹介するのはオアフ島の大自然を満喫できる「クアロア・ランチ」です。オアフ島と言えば、綺麗な海と白い砂浜を思い浮かべる方が多いと思いますが、海以外にも豊富な自然があります。

世界中のテレビや映画の撮影地としても有名で、『ジュラシック・パーク』や『ゴジラ』などのハリウッド映画や、数々の日本のテレビCMの舞台にもなっています。

乗馬や四輪バギー、ジップ・ラインなど、多様なアクティビティがあるので、ハワイの大自然を感じながら貴重な体験をすることが出来ます。

オアフ島の人気観光スポット7:マノア渓谷

次にご紹介するのはパワースポット「マノア渓谷」です。アラモアナショッピングセンターの裏手からバスで約20分で行けるので、多くの観光客や地元の方が気軽にトレッキングを楽しんでいます。

トレッキングのゴールは、マノアの滝です。落差約60メートルを誇り、その迫力に息をのむこと間違いありません。

森と滝でマイナスイオンをたくさん浴びることで、ビーチとは異なる心地よさを感じることができ、気持ち的にリラックスすることが出来るでしょう。

オアフ島の人気観光スポット8:カメハメハ大王像

次にご紹介するのは、ハワイの象徴、「カメハメハ大王像」です。カメハメハ大王の歌を、子供のころに歌った方も多いのではないでしょうか。

ハワイ諸島を初めて統一したハワイ王国初代国王である、カメハメハ大王との写真はハワイに旅行に来た際の思い出としてぴったりです。

カメハメハ大王像を後ろにはイオラニ宮殿があり、アメリカ合衆国でただひとつと言われる宮殿です。バロック調の優美な外観をしており、王家の威厳を感じられる必見のスポットです。

オアフ島の人気観光スポット9:モアナルア・ガーデン

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ツリー-日立-森林-林-緑-18480/#content

最後にご紹介するのは一度はテレビで見たことがある光景が広がる「モアナルア・ガーデン」です。ワイキキから車で約30分で行くことが出来ます。

「♪この木なんの木、気になる木~」で有名な日立のCMに出てくる巨大な木がここにはあり、その壮大なスケールを間近で感じることが出来ます。

広大な敷地面積を誇るこのモアナルア・ガーデンは、元々カメハメハ王家の所有地でしたが、現在は市民の憩いの場として賑わっています。

オアフ島観光の際のコツ・注意点

以上、ここだけは外せない、オアフ島の人気観光スポット9選をご紹介しました。

ここからは簡単にオアフ島観光の際のコツや注意点をご紹介しようと思います。以下に紹介することを意識して観光してもらえると、トラブルを避けることができ、より良い思い出を作ることに繋がります。

治安には十分に気を付けて

オアフ島は治安が安定していると言われていますが、特に夜間は、一通りの少ない地域などでは窃盗の危険性があります。夜間に出かける際には、カラカウア通りなど人通りの多い通りを利用するようにしましょう。

また、自分の貴重品は常に肌身離さず所有するようにして、レンタカー利用時は車内に貴重品を残さないなどの注意をしてください。

予定を詰め込まないように

今回ご紹介した以外にもオアフ島には魅力的な観光地が数多くあります。しかし、出来るだけ多くの観光地を訪れようとして予定を詰め込みすぎてしまうと良くありません。

一つ一つの観光地をじっくりと味わうことができなかったり、疲労が溜まってしまい観光を楽しめなかったりします。滞在先のホテルで少し暇な時間が出来るくらい、余裕がある方がいいでしょう。

レストラン・アクティビティの予約は事前に

人気のレストラン、アクティビティは当日利用しようとしても予約で埋まってしまっていたり、待ち時間が発生してしまったりする場合があります。

観光時間は限られているので、事前に予約を済ませておくようにしましょう。可能であれば、出国前に日本で予約するのが賢明です。

オアフ島の人気観光スポット:まとめ

今回は、ここだけは外せない、オアフ島の人気観光スポット9選をご紹介しました。今回ご紹介した観光スポットはどれも非常に魅力的であり、訪れれば一生モノの思い出になることは間違いないでしょう。

今回取り上げた観光スポット以外にも、リゾートホテルでの滞在、グルメなどオアフ島の魅力には限りがありません。

是非、観光の際には十分な日程を確保して、存分にオアフ島の魅力を味わってください。

この記事があなたのオアフ島旅行に少しでも参考になれば非常に嬉しく思います。

ABOUT ME
Raku
都内国立大学在学の20歳で、体育会の部活に所属しています。2年後に世界三周予定です。2019年9月に陸マイラー活動を開始し、半年間で12万マイル貯めることが出来ました。その方法を皆さんに知ってもらい、多くの人に旅に行ってほしいという思いでブログを2020年2月に開始し、同時にwebライター活動も始めました。