乾燥にも注意!ラスベガスの気温・気候・降水量、季節の服装も紹介!

ラスベガスと聞くと「砂漠に囲まれてるから気温が高そう」とイメージしませんか?

夏のシーズンは長いですが、日本の暑さ・気候とは異なります。また、ラスベガスにも冬があるので注意が必要です。

本記事では、ラスベガスの気温や気候について紹介していきます。季節にあった服装も紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ラスベガス-ストリップ-2550386/)

スポンサーリンク

ラスベガスの気候

出典:https://pixabay.com/ja/photos/パノラマ-風景-旅行-空気中-3130907/

ネバタ州にあるラスベガスは、砂漠気候であり、空気がとても乾燥しています。日本のように四季がありますが、春と秋の季節は短いです。

夏になると、日中40℃を超えることもあります。日本のように湿度は高くなく、カラッとした暑さが特徴的です。(ラスベガスの平均湿度:約20%)

温暖なイメージがあるラスベガスですが、冬は冷え込みが強くなり、防寒対策が必要です。

1年を通して、寒暖差がはっきりとしています。次の章では、月別の気温について紹介します。

スポンサーリンク

ラスベガスの気温

下記の表は、月ごとの平均気温(平年値)です。時期により気温が異なるので、季節にあった服装・持ち物が必要となります。

気温的には、春(3月・4月)、秋(10月・11月)の観光がおすすめです。

ラスベガスが最も暑いのは7月であり、最高気温は40℃を超えてきます。

反対に1番寒くなる冬の季節(12〜2月)は、最低気温が1℃辺りまで下がります。

月平均気温(℃)
1月 8.8
2月 11.2
3月 15.0
4月 19.2
5月 24.8
6月 29.9
7月 33.2
8月 32.2
9月 27.7
10月 20.4
11月 13.1
12月 8.3
参考:気象庁

ラスベガスの降水量

下記の表は、月ごとの降水量(平年値)です。1年のうち、300日近くが晴天であり、年間を通して降水量が少ないです。

ほとんど雨が降らないラスベガスですが、2月・3月は雨季にあたり、比較的雨が多くなります。

雨季と言っても、日本の梅雨のように、毎日降ることはほとんどありません。また、1日中降り続けることも少ないです。

ラスベガスは乾燥しているので、雨による湿度もあまり感じません。

月降水量(mm)
1月 13.6
2月 19.3
3月 11.9
4月 4.2
5月 3.0
6月 2.1
7月 9.9
8月 8.4
9月 6.8
10月 7.1
11月 9.8
12月 12.1
参考:気象庁
スポンサーリンク

ラスベガスの春(3〜4月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ラスベガス-1062729/

ラスベガスの春は、温暖な気候であり、観光にもおすすめの季節です。日中は20℃以上と暖かく、過ごしやすい陽気となります。

ただし、最低気温が10℃近くまで下がることもあるので、寒暖差には注意が必要です。特に朝晩は冷え込むので、ジャケットやカーディガンがあると便利です。

基本的には、長袖シャツまたは半袖シャツに、春用のボトムスで問題ありません。

また、雨季である3月は、他の時期より雨が多いです。雨具が必要な時もありますが、ラスベガスは乾燥しているので、多少濡れてもすぐに乾きます。

ラスベガスの夏(5〜9月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ラスベガス-ヴェネツィアのホテル-4849981/

5月から気温が上昇し、ピークである7月では、40℃を超える日もあります。

服装は、Tシャツ+ショーツ・スカート、サマードレスといったカジュアルなスタイルがおすすめです。

日差しが強く照りつけるので、肌に合ったUVクリームも用意しておきましょう。また、帽子やサングラスがあると便利です。

湿度は約20%であり、過ごしやすいとも言われていますが、暑いことには変わりありません。こまめな休憩、水分補給を必ず行いましょう。

ホテルやレストランなどでは、冷房がよく効いています。薄手のカーディガンなど、軽く羽織れる物があると便利です。

スポンサーリンク

ラスベガスの秋(10〜11月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/カボチャ-野菜-装飾-1051538/

秋のシーズンは短く、夏から冬への移行期間となります。最高気温は、10月が約28℃、11月が約20℃ほどです。

基本的に、春と同じような服装で問題ありません。寒暖差があるので、ジャケットやカーディガンなど羽織れる物があると便利です。

特に11月は、最低気温が10℃を下回ることがあるので、コートなどの防寒着が必要になります。

屋内外によって気温が変わるので、体温調節が行いやすい服装がおすすめです。

ラスベガスの冬(12〜2月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ラスベガス-クリスマス-ツリー-561768/

温暖なイメージがあるラスベガスですが、冬になると冷え込みが強く、雪が降ることもあります。最高気温は15℃前後、最低気温は1℃辺りまで下がります。

ラスベガスの冬は、コートやダウンジャケットなど、防寒対策が必須です。また、手袋やスカーフがあると、より安心です。

特に、ラスベガスからグランドキャニオンへ行く方は、注意が必要です。氷点下を記録することもあるので、入念な防寒対策を行いましょう。

ラスベガスは乾燥に注意!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ホワイエ-ホテル-エレガントです-2276303/

湿度が低いラスベガスでは、乾燥対策が必要です。呼吸器系(口や鼻)が乾燥すると、防御機能が低下し、風邪などのウィルスが体内に入りやすくなります。

屋外はもちろん、ホテル内も乾燥していることが多いです。加湿器がないホテルもあるので、事前に確認・対策をしておきましょう。

乾燥対策
  • こまめな水分補給
  • 保湿クリーム・パック
  • 旅行用加湿器
  • バスタブにお湯を溜める

特に女性の方は、健康面だけでなく、美容面も気になると思います。「肌が砂漠状態に…」とならないよう、乾燥には気をつけましょう。

グランド・キャニオン、アンテ・ロープ・キャニオンは雨に注意!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/アメリカ-グランドキャニオン-空-1183571/

ラスベガスの観光だけでなく、アリゾナ州にあるグランド・キャニオン、アンテ・ロープ・キャニオンへのツアーに参加する方も多いと思います。

グランド・キャニオンに雨季はありませんが、天候が変わりやすい特徴があります。

また、アンテ・ロープ・キャニオンでは、スコール鉄砲水への注意が必要です。

ラスベガスとは天候が異なるので、ツアーに適した雨具を携帯しましょう。また、雨によりツアーが中止する場合もあるので、事前の気象確認が重要です。

ラスベガスの気温まとめ

ラスベガスは、砂漠に囲まれていることもあり、1年中温暖なイメージがあります。

冬は日本のように寒くなるので、防寒対策が必要になります。また、湿度が低いラスベガスでは、乾燥対策も必須です。

屋外だけでなく、ホテルなども乾燥しているので、保湿クリームや旅行用加湿器などを準備しておきましょう。また、こまめな水分補給も重要です。

訪れる時期により気温が異なるので、季節に合った服装で観光を楽しみましょう。