やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
ファッション・旅行用品

韓国で使えるおすすめのレンタルWi-Fi3選!使い方や注意点も。

「今回初めて韓国へ旅行に行くんだけど、現地でも普通にスマホを使いたい。こんな時レンタルWi-Fiがいいってよく聞くけど、実際にどれを選べばいいの?」

この記事では韓国旅行でレンタルWi-Fの利用を検討しているあなたのために、おすすめのレンタルWi-Fi会社を3つご紹介します。

さらにレンタルWi-Fiを選ぶポイントや、レンタルWi-Fiを使う時の注意点も併せて解説していきますよ。

旅行前に自分にぴったりのレンタルWi-Fi会社を選んでおけば、旅行中ネットに困ることなく快適に過ごせます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

(アイキャッチ出典画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/2614761?title=wi-fi%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC)

レンタルWi-Fiとは一体何なのか。

レンタルWi-Fiとは、インターネットを利用するためのモバイルルーターをレンタルできるサービスのことです。

モバイルルーターはスマホと同じくらいの大きさで、そのルーターさえあれば電波の届くとこならどこでもインターネットを利用できます。

ですから海外旅行や出張の時も、LINEはもちろんネット検索地図アプリで現地の情報を調べたり、SNS(ツイッター、インスタグラムなど)をリアルタイムで使ったりすることも可能です。

海外でレンタルWi-Fiを使うメリット

ここでは、海外旅行でレンタルWi-Fiを使うメリットをご紹介していきます。ぜひレンタルWi-Fiを利用するかどうか決めるための参考にしてください。

レンタルWi-Fiのメリット
  1. 1日あたりのネット料金が安い
  2. 複数の機器を同時に使用できる

①1日あたりのネット料金が安い

携帯電話会社のプランの中に、海外でインターネットが使えるプラン(海外パケット通信定額サービスなど)があります。それと比較すると、レンタルWi-Fiの方が1日あたりの料金が安いです。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手3社は1日あたり実質2,980円程かかりますが、Wi-Fiレンタル会社でルーターを借りると1日あたり数百円から利用できる場合が多いです。

②複数の機器を同時に使用できる

現地で購入できるSIMカードの使用や、携帯電話会社のプランと違い、複数機器で同時使用が可能です。1台ルーターがあるだけで、友だち同士でネットが使えるのは嬉しいですよね。

1つのモバイルWi-Fiルーターをレンタルして複数人で使用すれば、割り勘でさらに出費を少なく抑えることができるので、非常に経済的です。

ただしルーターが1つしかない場合、別行動時には注意が必要です。

海外でレンタルWi-Fiを使うデメリット

お次は海外旅行でレンタルWi-Fiを使うデメリットをご紹介します。

レンタルWi-Fiのデメリット
  1. 事前に申し込み手続きを行う必要がある
  2. レンタルWi-Fiだけでは利用できないサービスもある。

①事前に申し込み手続きを行う必要がある

モバイルWi-Fiルーターを借りるためには事前にネットや電話で申し込みを行い、当日空港で受け取り手続きを行う必要があります。

また、利用する空港にモバイルルーターの受け取り場所がない場合は、宅配で受け取れるように申し込まなければなりません。それが少し面倒だと感じる人もいるでしょう。

②レンタルWi-Fiだけでは利用できないサービスもある

レンタルWi-Fiでは利用できないサービス
  • 携帯番号による音声通話
  • ショートメール(電話番号宛てに送信するショートメールの場合)
  • 各携帯会社のキャリアメール(@softbank.ne.jp等)

これらのサービスは日本で契約している携帯電話会社の回線を利用するため、Wi-Fiルーターの通信回線下では使うことができないのです。

ただしLINE電話やスカイプでの通話はネット回線を使うので、レンタルWi-Fiがあれば利用することができます。

韓国のフリーWi-Fiは使いやすい?

韓国はWi-Fiの普及率が比較的高く、様々な場所にフリーWi-Fiがあります。ただしこれらのスポットは速度が遅かったり、通信が不安定だったりすることが多いです

さらに韓国の通信会社の契約者や、プリペイド式Wi-Fiの購入者しか利用できないWi-Fiスポットが多く、日本のスマホをそのまま持っていくだけでは、フリーWi-Fiすら使えないこともあります。

そのため韓国は日本人の旅行者にとって、必ずしもネット環境がいい国とはいえません。

レンタルWi-Fiを利用することに多少のデメリットはありますが、それを考慮しても韓国に旅行に行く際は、レンタルWi-Fiを借りて旅行することを強くおすすめします。

韓国での旅行に最適なレンタルWi-Fiを選ぶポイント

最近では海外用のレンタルWi-Fiを提供している会社がどんどん増えてきています。その会社ごとによって様々なプランやオプションがあり、いろいろなお客さんのニーズに対応しているのです。

しかし安いというだけで適当にレンタルWi-Fiを選んでしまうと、後々旅行先で不便な思いをすることになるでしょうここではレンタルWi-Fiを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを解説します。

レンタルWi-Fiを選ぶ際のチェックポイント
  1. 通信速度
  2. 通信容量
  3. オプション・サポート体制

①通信速度(3Gか4G)

インターネットを快適に使うためには「通信速度」が非常に重要になってきます。通信速度は利用するインターネットの回線によって決められるのです。

よく3G回線とか4G回線という言葉を耳にすると思います。「数字+G」というのは通信の規格を示しており、数字が大きくなればなるほど通信速度が速くなりインターネットも快適に使えるわけです。

今はモバイル通信も4Gが主流になってきているので、普段から4Gの速度に慣れてしまっている人は3G回線のプランだと遅く感じるかもしれません。

ですので、通信速度を重視する人は4Gに対応したレンタルWi-Fiを選択するようにしましょう。

②通信容量(MBやGB)

海外で使うレンタルWi-Fiは、インターネットをどれだけ使えるかによってプランが変わります。容量制限有のプランだと会社ごとに500MBとか1GBのように1日に使える容量が限られてくるのです。

1GBだと大体、中画質の動画を3時間程度視聴することができます。

一方容量無制限のプランだと1日中ネットが使い放題です。それだけに料金は制限有のプランより割高になります。

旅行先でずっとネットを使う予定だったり、動画を視聴したりする予定があるなら、無制限プランか1GBのプランが安心でしょう。

③サポート体制・オプション

万が一旅行先でWi-Fiのルーターが壊れた!紛失した!となってもサポートが充実していると心強いですよね。大半のレンタルWi-Fi会社は日本語によるカスタマーサポートを無料で実施しています。

オプションには予備のバッテリーや、壊れたり紛失したりした時のための補償パックなどが用意されています。自分に必要なオプションの料金もしっかりチェックしておきましょう。

特に日本と韓国ではコンセントの規格が異なるので、変換プラグが必要です。会社によっては変換プラグを無料で貸し出してくれるところもあります。

次からは韓国で使えるおすすめのレンタルWi-Fi会社を3つご紹介します。

韓国でおすすめのレンタルWi-Fi① イモトのWi-Fi

1つ目は「イモトのWi-Fi」です。テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」でお馴染みのイモトさんがイメージキャラクターを務めています。

2008年に国内初の海外用通信サービスを開始しており、業界の中では最も老舗です。

イモトのWi-Fiのおすすめポイント
  1. リピーターへの特典がある
  2. 通信容量の追加購入ができる

①リピータへの特典がある

イモトのWi-Fiで会員登録をすると、利用回数に応じて会員レベルが上がっていき、様々なリピーター特典がもらえます。

例えば会員登録するだけで、端末補償のグレードアップが無料で出来ちゃいます。

さらに利用回数が2回目~4回目になると補償が無料でグレードアップする上、モバイル充電池が1台と、ルーターの受け渡し手数料が無料になります。他の会社にはない特典が満載ですよ。

②通信容量の追加購入ができる

「もし仮に1日の通信容量を使い切ってしまったとしても、現地ですぐに追加できるという業界初のサービスです。

事前申し込みナシで何回でもチャージできます。500MBあたり500円です。お金はかかりますが、いざという時にとても頼りになりますよ。

※デメリットは料金

デメリットは次に紹介する2社に比べて料金が高いことです。しかしそれ以外特にデメリットはありません。

早割りで「30日前→10%オフ、45日前→15%オフ、60日前→20%オフと他の会社に比べてイモトのWi-Fiは割引率が高いので、早めに予約して安く借りましょう。

イモトのWi-Fiの基本情報
  • プラン…500MB680円/1日、無制限2080円/1日他(渡航先が韓国のみに限る)
  • 受け取り…成田・羽田・中部国際・関西国際・新千歳・福岡
  • 空港受け取り手数料…540円/1台
  • 自宅への宅配料金…540円/1台
  • 返却手数料…空港返却ボックスは無料(宅配返送は送料負担)
  • 支払い方法…クレジットカード、コンビニ払い
  • サポート体制…電話:0120-800-540(渡航前・帰国後平日9時から20時,土日は10時から19時)/渡航中+81-3-5766-2721(24時間年中無休)/メール:info@imotonowifi.jp

【イモトのWi-Fi】の公式HPを見てみる

韓国でおすすめのレンタルWi-Fi② jetfi

2つ目にご紹介するのが、MAYA SYSTEMという企業が提供している「jetfi(ジェットファイ)」です。

まだまだ歴史の浅いサービスではありますが、料金面で他社と差をつけているのが特徴で、最近旅行者の間でも特に注目度が高いです。

jetfiのおすすめポイント
  1. お財布に優しい価格設定
  2. 指定のコンビニや郵便局でも受け取りができる

お財布に優しい価格設定

アジアプラン(指定されたアジアエリア内なら1か国でも複数国でも同一料金のプラン)を利用すれば500MB980円/日無制限プランでも1日1580円で利用できます。

しかも8台まで同時接続可能なので割り勘にすると非常に安くなります。その上いつも何かしらのキャンペーンをやっているので、さらに安くなる可能性もありますよ。

指定のコンビニや郵便局でも受け取りができる

全国51,000カ所でルーターの受け取りが可能です。都合のいい時にコンビニや郵便局でもルーターを受け取れるというのは、忙しい人にとっては大きいメリットだと言えます。

※デメリットは返却ボックスがないこと

デメリットは空港に返却ボックスがないので、必ず同胞のレターパックに入れてポスト投函する必要があることです。

別途で650円かかるので注意です。あとは支払い方法がクレジットカードしかない点もデメリットと言えるでしょう。

jetfi (ジェットファイ)の基本情報
  • プラン…500MB980円/1日、無制限1580円/1日
  • 受け取り…成田・羽田・中部国際・関西国際・新千歳・福岡・広島・那覇・鹿児島・松山・秋田・指定のコンビニ・郵便局でも受け取り可
  • 空港受け取り手数料…無料
  • 自宅への宅配料金…1台600円
  • 返却手数料…650円
  • 支払い方法…クレジットカード
  • サポート体制…24時間365日サポート、電話:+81-3-6625-4515/メールhelpjetfi@mayass.com

jetfiに今すぐ申し込む!

韓国でおすすめのレンタルWi-Fi③ 韓国DATA

最後に紹介する「韓国DATA」はグローバルモバイル社が運営する韓国専用のポケットレンタルWi-Fiです。韓国でしか利用できませんが、その分コスパバツグンです。

韓国DATAのおすすめポイント
  1. 価格が安く、プランがシンプル
  2. 安定した通信

価格が安くプランがシンプル

料金プランは簡単で1日590円のデイリープランか、1ヵ月15,000円(1日約500円の計算)のマンスリープランの2つです。いずれも通信料無制限のプランとなっています。

オプションと保険をつけなければ、追加料金などはかかりません。郵送で送ってもらう場合の往復宅配料や、空港で受け取る場合の手数料も基本的に無料です。(羽田空港での受け取りのみ手数料がかかります)

安定した通信

韓国の大手通信会社LG U+回線を使用。韓国で一般的に使用されている回線なので、速度も安定性も非常に優れています通信エリアは韓国全土をしっかりカバー。

他社のプランで韓国DATAのデイリープランと同じくらいの値段となると、通信速度が3Gのものがほとんどですのでかなりコスパがいいです。

※デメリットは当日申し込みが不可なことと、サポート体制

強いていうなら当日にレンタルの申し込みができないことです。もう1つはサポート体制が24時間365日対応ではないので、海外旅行初心者やモバイルルーターを使い慣れてない人には少し優しくないかもしれません。

韓国DATAの基本情報
  • 通信量無制限のプラン…590円/1日
  • 空港受け取り…成田・羽田・中部国際・関西国際
  • 空港受け取り手数料…無料(22時以降は200円)
  • 自宅への宅配料金…無料(1泊2日の場合は540円かかる)
  • 返却手数料…無料(郵送)
  • 支払い方法…クレジットカード、Amazonアカウント、楽天アカウント
  • サポート体制…受付時間10:00~18:00(日本時間)祝日定休/電話:03 – 3265 – 1058

韓国DATAに今すぐ申し込む!

レンタルWi-Fiを韓国で使う時の注意点

最後に韓国でレンタルWi-Fiを使う時に注意しなければいけない点を2つご紹介します。これを頭に入れておかないと、韓国で痛い目を見ることになるかもしれません。

レンタルWi-Fiを海外で使う時の注意点2つ
  1. 出発前にスマホの設定を見直す
  2. モバイルバッテリーを持っていく

出発前にスマホの設定を見直す

今のスマホはかなり高性能なので、そのままの状態で海外に持っていくと、勝手に現地の電波を探し当てて送受信を行ってしまうので、高額請求されてしまうことがあります。

ですので海外旅行中はスマホを機内モードにしておくといいでしょう。さらにスマホのバックアップ機能や、アプリストアの自動ダウンロード機能もオフにしておくことをおすすめします。

モバイルバッテリーを持っていく

Wi-Fiルーターのバッテリーの持ち時間には限りがあり、毎晩ホテルで充電していても利用頻度によっては途中でバッテリーが切れてしまうことがあります。

そこでおすすめなのがモバイルバッテリーを持っていくことです。あなたも普段外出先で使っているのではないでしょうか。

大半のモバイルバッテリーはスマホ以外の電子機器も充電できるので、万が一Wi-Fiルーターの電源が切れてしまっても安心です。

韓国でおすすめのWi-Fi3選! まとめ

今回は韓国の旅行におすすめなレンタルWi-Fi会社を3つご紹介しました。

おすすめレンタルWi-Fi会社3つ
  1. イモトのWi-Fi
  2. jetfi(ジェットファイ)
  3. 韓国DATA

他にも実際に韓国でレンタルWi-Fiを使う時の注意点や、最適なレンタルWi-Fi会社を選ぶポイントについても解説していますので、もし読んでいない方は確認してみてください。

ネット環境に左右されない快適な韓国旅行にするために、自分に合ったレンタルWi-Fiを選んでくださいね。

ABOUT ME
三國鈴香
2019年からライター開始。現在200本以上の記事執筆を手掛ける。得意ジャンルはWebマーケティング・DX・金融。