夏の暑さは香川で乗り切ろう!オススメの観光スポット10選

「夏だからこそ、香川県のおすすめの観光地に行きたいな」と思っている方もいるのではないでしょうか?夏休みやお盆休みを利用して、家族で旅行へ行きたいですよね。

そこで、当記事は夏におすすめの香川県の観光地を10ヶ所紹介していきます。夏の香川県へ旅行に行く予定の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

(トップ画像出典:https://www.my-kagawa.jp/photo/10003033)

スポンサーリンク

香川県で夏におすすめの観光地!①金刀比羅宮

https://www.photo-ac.com/main/detail/540271?title=こんぴらさん本殿%E3%80%8204

金刀比羅宮は、参道から奥社までの石段沿いに大門、五人百姓、国の重要文化財「書院」があります。境内には重要文化財「旭社」など由緒ある建造物が多数点在しています。

御本宮まで往復約1時間、785段の石段の旅です。奥社までの合計は1,368段にも及びます。参道途中にはお土産屋さんや飲食店が立ち並んでおり、寄り道も楽しみの一つですよ。

登るのは大変ですが、登り切った時の爽快感は不思議と皆を笑顔にする魅力があります。御本宮の展望台からは天気が良ければ讃岐富士や瀬戸大橋を見ることもできますよ。

個人的におすすめなのがグルメスポットを楽しみながらの帰り道です。夏に食べるなら、その名も「かまたまソフト」がおすすめです。見た目もうどんみたいでカワイイのでインスタ映えしますよ。

基本情報
  • 住所:香川県仲多度郡琴平町892-1
  • 電話番号:0877-75-2121(金刀比羅宮)
  • 営業時間:表書院・高橋由一館・宝物館→8:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 入場料金:参拝は無料
  • 公式サイト:金刀比羅宮

スポンサーリンク

香川県で夏におすすめの観光地!②エンジェルロード

https://www.photo-ac.com/main/detail/2215517?title=エンジェルロード

エンジェルロードは、小豆島の中でも人気の高い観光地で、潮の満ち引きによって海の中から現れたり消えたりする砂の道です。

エンジェルロードの別名は天使の散歩道で、「大切な人と手をつないで渡ると、2人の間に天使が舞い降り、願いを叶えてくれる」というロマンティックな言い伝えがあります。

2009年には、恋人の聖地にも認定され、映画「八日目の蟬」のロケ地にもなりました。今では年間20万人以上の観光客が訪れる人気の開運スポットとして有名ですよ。

夏の小豆島へ瀬戸内海の風に抱かれながら、幸せを願いに出かけるのもおすすめです。

エンジェルロード の潮見表があります。エンジェルロード の公式ホームページを下に用意しておきますので、ご確認ください。
基本情報

香川県で夏におすすめの観光地!③屋島(山上)

https://www.my-kagawa.jp/photo/10001513

屋島は屋根の形をした溶岩台地で「メサ」と呼ばれ、国の天然記念物にも指定されています。源平合戦の古戦場として有名で歴史深い場所で有名ですね。

屋島の頂上には展望台がいくつかあり、中でも屋島三大展望台と呼ばれる「談古嶺(だんこれい)」「獅子の霊巌(ししのれいがん)」「遊鶴亭(ゆうかくてい)」は瀬戸内の素敵な景勝を楽しめるのでおすすめですよ。

https://www.photo-ac.com/main/detail/2983476?title=屋島%E3%80%80遊鶴亭%E3%80%80展望台

屋島(山上)
  • 住所:香川県高松市屋島山上
  • 電話番号:087-841-9443(屋島山上観光協会)
  • 営業時間::6時30分~22時(※屋島山上観光駐車場)
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:屋島ナビ

夏におすすめなのが全国でも珍しい、山上にある水族館の新屋島水族館です。特に夏休みはアシカ、あざらし、イルカによるライブイベントが毎日開催されており、笑いに包まれること間違いなしですよ。

https://www.my-kagawa.jp/point/278/

新屋島水族館
  • 住所:香川県高松市屋島東町1785-1
  • 電話番号:087-841-2678
  • 営業時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 定休日:年中無休
  • 入場料金:大人(高校生~)1,200円、小・中学生700円、3歳~未就学児500円、2歳以下無料チケット、障害手帳をお持ちの方無料チケット ※当ページ記載の料金は、令和元年10月以降(消費税増税後)の料金です。
  • 公式サイト:新屋島水族館

スポンサーリンク

香川県で夏におすすめの観光地!④父母ヶ浜

http://www.mitoyo-kanko.com/chichibugahama/#

父母ヶ浜は三豊市にある海水浴場で、香川県で今最も熱いスポットのひとつです。南米の「ウユニ塩湖」と見間違えるほど美しい水鏡が見られると、SNSで話題を呼んでいますよ。

絶景が見られるのは、干潮と日の入り時刻が重なる時です。特にキレイなのは日没直前やマジックアワーと呼ばれる日没後30分なので、ぜひ絶景を撮影してみてくださいね。

「日本の夕陽百選」にも選ばれていて、夏は海水浴場がおすすめですね。周辺には、海岸を望むカフェもあり潮風にあたりながらゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

基本情報
  • 住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙203‐3
  • 電話番号:070-2272-7061(父母ヶ浜ポート事務局)
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:三豊市観光交流局
「公式サイト」には、絶景の見られる時間帯や写真の撮り方についての説明が記載されています。父母ヶ浜の公式ホームページを下に用意しておきますので、ご確認ください。

香川県で夏におすすめの観光地!⑤道の駅 小豆島オリーブ公園

https://www.photo-ac.com/main/detail/98450?title=風車

道の駅「小豆島オリーブ公園」はギリシャの雰囲気が味わえる人気のスポットです。瀬戸内海を見下ろす小高い丘には約2,000本のオリーブの木や130種類以上のハーブが栽培されています。

あの実写版「魔女の宅急便」で使用されたセットが雑貨ハーブカフェとして営業していますので、インスタグラム好きな方やハーブティー好きには是非とも訪れてもらいたいスポットです。

https://www.photo-ac.com/main/detail/2224196?title=オシャレな雑貨屋

園内にはエーゲ海を思わせる「ギリシャ風車」、天然温泉の「ザ・オリーブ温泉」、宿泊施設の「オリベックスうちのみ」など施設も充実していますよ。夏の開放感と異国の雰囲気が味わえるおすすめのスポットです。

基本情報
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
  • 電話番号:0879-82-2200
  • 営業時間:オリーブ記念館 8:30~17:00
  • 入場料金:入園:無料
  • 公式サイト:道の駅 小豆島オリーブ公園

スポンサーリンク

香川県で夏におすすめの観光地!⑥栗林公園

https://www.photo-ac.com/main/detail/268819?title=栗林公園

香川で忘れてはいけないのが特別名勝「栗林公園」です。お庭の国宝とも言われる特別名勝に指定されています。日本に数ある文化財庭園の中でも栗林公園の庭園は日本一の大きさを誇ります。

一千本もの手入れ松と共に四季折々の景色が楽しめる回遊式庭園となっており、一歩一歩歩くごとに景色が変わる様子は一歩一景と言われ親しまれています。

特に夏の栗林公園はライトアップが人気です。「紫雲山」からの眺めが特におすすめで、訪れた方は必ず観て帰る絶景スポットですよ。海外からの評価も高い栗林公園は、夏にこそ立ち寄りたい観光地ですね。

基本情報
  • 住所:香川県高松市栗林町1丁目20番16号
  • 電話番号:087-833-7411
  • 入場料金 一般 大人 410円 / 小人 170円
  • 公式サイト:うどん県 旅ネット

「公式サイト」には、お得な回数券と年間パスポートの情報や季節によって変わる営業時間が記載されています。詳しくは栗林公園の公式サイトをご確認ください。

香川県で夏におすすめの観光地!⑦寒霞渓

https://www.photo-ac.com/main/detail/2479150?title=小豆島%20寒霞渓

寒霞渓は小豆島を代表する景勝地で、日本三大渓谷美のひとつに数えられています。四季折々の表情を持つ寒霞渓では、200万年の歳月が作り出した日本屈指の渓谷美を見ることができます。

風雨の浸食で作られた奇岩や絶壁の中を行くロープウェイからの眺めはまさに絶景で、夏の深緑が織りなす景色は一見の価値ありですよ。

登山道を歩けば鳥のさえずりが聞こえてきたり、違った角度から寒霞渓の景色を楽しめたりするので、行きはロープウェイで帰りはハイキングというのもおすすめですね。

基本情報
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168(山頂駅) 小豆島町神懸通乙327-1(こううん駅)
  • 電話番号:0879-82-2171(寒霞渓ロープウェイ山頂駅)0879-82-0904(寒霞渓ロープウェイ こううん駅)
  • 公式サイト:国立公園 寒霞渓

「公式サイト」にはロープウェイのお得な割引情報や季節によって変わる営業時間が記載されています。寒霞渓の公式ホームページを下に用意しておきますので、ご確認ください。

香川県で夏におすすめの観光地!⑧津田の松原・琴林

https://www.my-kagawa.jp/photo/10000355

津田の松原は「日本の渚百選」に選ばれたさぬき市を代表する風雅な景勝地です。樹齢600年を超える老松をはじめ、3千本の松が約1kmにわたって続いています。

夏になると県下最大の海水浴場として、毎年13万人の海水浴客が県内外から訪れます。ヨットやカヌー、ウインドサーフィンなど穏やかな津田の海はマリンスポーツもおすすめですよ。

温泉やフィットネスが楽しめる「クアタラソさぬき津田」や国民宿舎「クアパーク津田」も隣接しているので、疲れたら温泉で汗を流すのも良いですね。

基本情報
  • 住所:香川県さぬき市津田町津田
  • 電話番号:087-894-1114(さぬき市商工観光課)
  • 入場料金:入園自由
  • 公式サイト:香川県 さぬき市

香川県で夏におすすめの観光地!⑨二十四の瞳映画村

https://www.my-kagawa.jp/photo/10001349

二十四の瞳映画村は1987年公開の映画「二十四の瞳」のロケ地として有名です。映画と文学のテーマパークで、映画で使用されたオープンセットを保存公開しています。

館内は日本映画黄金期の名作を紹介しているキネマの庵や、昭和レトロなギャラリー松竹座映画館があります。映画二十四の瞳の常時上映も行われているので、ゆっくり鑑賞するのも良いですね。

映画村内では絣(かすり)の着物をレンタル(1着500円)することもできるので、昭和初期にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな気分でレトロな町並みを散策するのも良いですね

お腹が空いたらCafeシネマ倶楽部で、昭和の懐かしい給食セットやコーヒーを味わうのもおすすめですよ。昭和レトロな雰囲気の中で懐かしさに浸れること間違いなしです。

基本情報
  • 住所:香川県小豆郡小豆島町田浦
  • 電話番号:0879-82-2455
  • 営業時間:AM9:00~PM5:00
  • 公式サイト:二十四の瞳映画村

「公式サイト」には、お得な割引券や、「年間」パスの紹介もあります。詳しい内容は二十四の瞳映画村の公式サイトをご確認ください。

香川県で夏におすすめの観光地!⑩中山の棚田と虫送り

https://www.photo-ac.com/main/detail/2091499?title=%E7%94%B0%E8%88%8E%E3%81%AE%E6%A3%9A%E7%94%B0%E3%81%A8%E5%B1%B1%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF

小豆島で忘れてはいけないのが日本の棚田百選にも選ばれている中山の棚田です。三方を山に囲まれた標高150〜250mの傾斜地におよそ700枚もの棚田があります。日本の美しい原風景は心を癒してくれますよ。

夏の小豆島と言えば、伝統行事「虫送り」がおすすめです。映画「八日目の蟬」をきっかけに、数年間途絶えていた虫送りが復活しました。村人たちが豊作を祈りながら松明を田にかざして歩く様子はとても幻想的です。

3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭のアート作品「竹の家シリーズ」も中山地区で見ることができます。2019年はワン・ウェンチー(王文志)氏の「小豆島の恋」という作品で、歴代最高傑作と言われていますよ。

ランチが食べたくなったら、中山の美味しいお米が食べられる「こまめ食堂」がおすすめですよ。看板メニューの「棚田のおにぎり定食」が特におすすめで、主菜には瀬戸内で採れた旬の海の幸もいただけますよ。

https://shodoshima.or.jp/member/detail.php?id=222

中山の棚田
  • 住所:小豆郡小豆島町中山
  • 電話番号:0879-82-1775(小豆島観光協会)
  • 公式サイト:小豆島観光協会
こまめ食堂
  • 住所:小豆郡小豆島町中山1512-2
  • 電話番号:080-2984-9391
  • 営業時間:11:00〜16:00  ※ラストオーダーは15:00
  • 定休日:火曜・隔週水曜(不定休)
  • 公式サイト:こまめ食堂

まとめ

本記事では、夏に行きたい香川県のおすすめな観光地を10ヶ所紹介してきました。

自然と開放感を一緒に感じたいという方は、夏の「小豆島」がオススメです。絶景フォトと海水浴を満喫したい方は「父母ヶ浜」を訪れてみてはいかがでしょうか。

また、「屋島」や「寒霞渓」のような景色が楽しめる観光地は、登山道や遊歩道が整備されているので、自然を満喫しながら身体を動かすのも良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

てつや

人との出会いがきっかけで、ライターの世界に飛び込みました。現在は空いた時間でブログを書いたり、youtubeに挑戦したり、ベースを弾いたりしています。将来の夢はPCと楽器を持って世界を周り、色々な人と繋がりつつ、自分らしい記事を書くことです。「常に前向きに行動」がモットーです。